ここから本文です

投稿コメント一覧 (98コメント)

  • 配当込みでチョイ利益+貸株料で全株売却。
    相場状況を考えれば上出来だが、もう少し期待したので少し残念。
    まぁ定期預金よりは良かったけど…

  • >>No. 970

    書き忘れましたが株主数は、
    一昨年 2700人強→昨年 1700人強です

  • 議決権行使の案内資料によると、
    株主数が1700人台まで減ってます。
    やはり上昇過程で個人は利食った人が多いようです。
    株式分割が必要だし、期待します。

  • 結構下がったので、久しぶりに戻ってきました。
    (忙しかったので掲示板自体も久しぶりですが…)

    シンメンテ(6086)との差は、提携先から紹介があるか無いかでしょうか?
    増収増益基調に変化がなく、このPERなら気長に保有できると思いますがどうでしょう??

  • やはりレーティングの影響『大』ですかね
    四季報の来期予想EPSの20倍としても7766円なので割高感はないです
    8000円トライもあり得ますね

    これだけ上昇すると個人の利食いで株主数が減少しているはず
    2200名を割り込まない(昨年11月で2700名強)にしても、
    余裕を持たせるために分割が有力だと思います

  • 退屈な銘柄ですねぇw
    でもこの退屈を乗り越えた人だけが果実を手に出来ると信じていますよ。
    最近工事現場の足場を見ると、どんな足場を使っているのか気になってしまいます。

    日足のチャートを見ると煮詰まってきているように見えますけがどうでしょう?
    2部で地味な銘柄にしては出来高があるので、コツコツ集めている気もしますが贔屓目かな。
    とりあえず8月8日の1Q発表を見守ります。

  • ここを保有の方々は中長期でしょうか??
    私は超々長期ですw

    流動性確保のためにも、そろそろ分割して欲しいですね。
    3分割が適切だと思いますが…
    もちろん5分割でも大歓迎。

  • 株価は順調ですが、どの程度がフェアバリューですかね??
    個人的には2800円を目指した後、2500~2600円での安定を望んでいますが…

    ここのリスクは売り上げ上位3社への依存度が高いことで、
    今回の上方修正の原動力になったセブン・イレブン向けは売り上げの25%程度。
    経営を安定させる為にも、新規開拓に励んで欲しいですね。

  • 昨日、大量保有報告が提出されていたようです

    提出者名:ゴーディアン・キャピタル・シンガポール・プライベート・リミテッド
    株数:711,100
    保有割合(報告前):0%
    保有割合(報告後):5.16%

  • そろそろ下げ止まりつつあるようなので少し買いました。
    正確には買い戻し。
    と、言うと高く売却し安く買い戻したように聞こえますが、
    売却したのは持ち株の半分だけで、残りの半分は高値を見たもののそのまま保有中(苦笑)

    投資元本はほぼ回収しているので買い増ししなくても良かったのですが、
    今期予想はかなり厳しめに見積もっているとの読みです。
    過去の決算でも上方修正が多いですしね。
    何より鶏卵価格に左右される決算より、事業規模の拡大に期待しています。

  • ファンドマネージャー:苦瓜氏のレポートからの一部抜粋です。
    ご参考まで。

    ー以下引用ー
    足場は工事完成後に撤去されるため注目されにくい分野ですが、
    日本における建築コストの高さの一因と言われ、マンション外壁リフォームなどでは費用の約2割を占めています。
    また、建設業の墜落事故による死亡者数は年間百数十名に及んでおり、安全性の向上が急務となっています。
    そういった業界で、現在は二つの技術革新が進んでいます。

    第一は、施工時にまず上段の手すりを組み立ててから足場本体を設置する「手すり先行工法」です。
    十数年前から国土交通省・厚生労働省の指導下で普及が図られており、認知度・品質の向上が進んだため、
    近年では国の直轄工事に加え大手ハウスメーカーなどでも業者に採用を義務化する場合が増えています。

    もう一つは、接合部にロック機構を付けることで、より軽い打撃で組み立てを可能にする工法です。
    ロック機構を付けることで堅牢性が増し、高層専用足場より簡素な構造で比較的高い建物にも
    対応可能となることも利点です。近年はロック機構の改良で施工性が向上し、組立時間も大幅に短縮されました。
    こういった動きを主導している企業が信和(3447)です。
    同社は中低層向け足場のメーカーとしては40%のシェアを有する企業で、
    中低層向け製販一貫レンタルのダイサン(4750)とは競合、
    中低層向けレンタル/高層向けメーカーのアルインコ(5933)とはパートナー、
    高層向けレンタルのエスアールジータカミヤ(2445)とは潜在的・間接的競合という関係にあります。
    前期は新国立競技場スタンド向け工事などでロック機構付き足場が本格採用され、増収率が加速しました。
    鉄鋼価格の上昇により利益は伸び悩んだ模様ですが、今後価格転嫁を進めていく方向です。

  • あれ?
    賑わってるかと思いましたが相変わらずですね…(苦笑)
    上場来高値(分割考慮後)更新ですよ~

  • >>No. 103

    いえいえ、無理に返信いただかなくても大丈夫ですよ~
    残念ながらVXXにまでオプションがあるとは知りませんでした…時代から取り残されてますね(苦笑)
    ある意味オプションのオプションですね。頭が混乱しそう…

    プット買いは有効なヘッジ手段だと思いますが、その買いコスト以上に稼げるのかが難しいところです。
    オプションは最終的に大半のものが紙くずになりますし、毎月毎月繰り返すのでかなりのコストになります。
    私達はこれを別のプットオプションを売ることで捻出したりしますが、ハンドリングが難しいです。
    明確なお答えが出来ずに申し訳ないです。

  • >>No. 18

    おはようございます。
    この板でVIXTrader さんに出会って『すごく勉強されているな』と思っていたので、
    比較的手堅く投資する戦略として参考にしてみてください。

    ただし私はCFDに関しては全くの素人ですし、商品が存在するのかも知りません(苦笑)
    それを前提に…もし商品があるなら
    VIX短期指数インバースの買いではなく、VIX先物短期指数(1552に相当)を売り建て、
    VIX先物中期指数(1561に相当)を買い建てる。
    VIX短期先物指数の売りの優位性は理解されていると思いますが、
    追証や精神的に耐えられるかが問題ですね。
    対応策として中期指数を買います。
    (東証で検証出来ればいいですが、1552は売れないし1561の流動性がありません)

    平常時には中期指数も減価しますが、短期指数よりマイルドなのでその鞘を取る戦略です。
    私自身は検証した事がないので、どの程度の鞘が取れるのか分かりませんが
    実践しているブログ(オプション上級者)を見たことがあるのですが、見失ってしまいました…
    (興味が無ければ無視してください)

  • もう売り物は枯れているのでしょか、上昇した割に出て来ませんね。
    どなたかが書かれていましたが、次は時価総額1000億が目標ですね。

  • 11時頃の上げは何だったんでしょう??
    その後の売り板を見て、株数間違いの誤発注か思いましたが、
    ちょっと違うようですね。
    よく分かりません…

  • 堅調な動きですね。
    売り物が少ないので、玉を集めるのも苦労しそうな感じです。

    昨夏に続き、明日から北海道旅行に行くので、
    頑張って卵料理を食べてきますw

  • いよいよ3000円が見えてきましたね♪
    信用残も減少しているので、
    保有している個人は中長期投資家が大半かな?

  • ようやく時価総額100憶円到達で『大人』の仲間入りですね
    嬉しいものの、ちょっと上昇が早すぎて反動が怖いです…

  • かなり強かったですね。喜ばしい事ですが、ちょっとビックリです。

    ここまで来たなら是非1790円を目指して欲しい。
    ちょうど時価総額100億円水準です。

本文はここまでです このページの先頭へ