ここから本文です

投稿コメント一覧 (1744コメント)

  • 手慣れた手口で犯行してるから、余罪も多そう
    犯行も就活生の弱みに付け込んでるから
    カラダで面接して、合否判定してるから
    オチた子は泣き寝入りだろうな

  • 海上自衛隊舞鶴地方総監部は25日、不倫相手の女性に護衛艦に関する情報を漏らしたとして、護衛艦「みょうこう」の男性3等海曹(34)を停職6日の懲戒処分にしたと発表した。

     総監部によると、3等海曹は2017年6月ごろから10月ごろまでの間、当時所属していた護衛艦の修理日程に関する情報を女性に無料通話アプリLINE(ライン)で複数回送信した。情報は部内規則で取り扱いが「注意」に該当し、重要度は低いが漏えいが禁じられている。

     女性から昨年5月、防衛省に相談があり発覚した。3等海曹は「少しくらいなら影響ないだろうと思った」と話しているという。みょうこうの牧孝行艦長は「再発防止に万全を尽くしたい」とコメントした。

  • 青森県おいらせ町の住宅に昨年11月、航空自衛隊三沢基地の大型トラックが突っ込んだ事故で、防衛省は24日、運転手の男性3等空曹(30代)が事故直前に意識を失って運転不能になったとする調査結果を発表した。事故後の検査で、一時的に意識を失う持病があったことが分かったという。

     防衛省によると、大型トラックは昨年11月7日午前8時半ごろ、国道338号をそれて住宅に突っ込んだ。助手席にいた男性2等空曹(30代)は調査に対し、「事故現場の手前で右カーブにさしかかったのに速度が落ちなかったため、運転手に声をかけたが、反応がなかった」と証言しているという。2人は両足を打撲するなどした。住宅の住人は留守だった。

     事故前、3等空曹は持病に気づいていなかった。同僚は、意識低下を疑わせるしぐさを見たことがあったが、病気とは思わなかったという。

     こうしたことから防衛省は、脳の疾患、心臓の不整脈、低血糖症、睡眠時無呼吸症候群など、自覚症状なく意識を失う可能性のある疾病について、周囲が気づいて早期受診を促せるよう自衛隊内で教育を徹底するという。防衛省はプライバシーを理由に、3等空曹の病名を明らかにしていない。

     丸茂吉成航空幕僚長は「被害者に誠心誠意対応し、再発防止に取り組む」などとするコメントを出した。(古城博隆)

  • 自衛官は出勤後に腹部からの出血に気付いたということです。

     消防によりますと、23日午前8時ごろ、長野県松本市の陸上自衛隊松本駐屯地から「男性がけがをしている」と119番通報がありました。警察と自衛隊によりますと、男性は33歳の3等陸尉で出勤途中に何者かとぶつかりました。駐屯地に到着後、左下腹部に刺されたような傷があることに気付いて病院で治療を受けました。けがの程度は軽いとみられます。自衛官は規定通り、迷彩服で通勤していました。警察は傷害事件の疑いもあるとみて捜査しています。

  • 海上自衛隊佐世保基地の50代の2等海曹が上司の腕をねじったうえで、
    ほかの上司に反抗的な態度を取ったなどとして停職30日の懲戒処分を受けました。

    懲戒処分を受けたのは、佐世保基地業務隊総務課の50代の2等海曹です。
    海上自衛隊によりますと、2等海曹は去年10月、総務課の事務所内で上司に握手を求め、
    応じた上司の手をねじったということです。

    さらに、2等海曹は止めに入った別の上司に「なめるなよ」などと言って反抗したほか、
    その場にいた複数の上司にも
    「2つ3つ年上だからといって偉そうにするな」などと話したということです。

    自衛隊の調査に対し2等海曹は一連の行為を認めているということです。

    これを受けて海上自衛隊は21日、2等海曹を停職30日の懲戒処分にしました。

    佐世保基地業務隊司令の生嶋正智2等海佐は
    「隊員の服務指導を行い、再発防止に努めてまいります」とするコメントを出しました。

  • 陸上自衛隊東千歳駐屯地に所属する30歳の自衛官が、自衛隊のトラックなどからバッテリーを盗み業者に売ったとして懲戒免職となりました。

    懲戒免職になったのは、東千歳駐屯地、第7後方支援連隊の30歳の2等陸曹の男です。
    第7師団によりますと、2等陸曹は去年1月から9月の間に自衛隊のトラックなどからバッテリーを盗んで民間の業者に売り、およそ7万円を受け取ったということです。
    去年9月に北恵庭駐屯地と島松駐屯地で車両のバッテリーが12個無くなっていることがわかり、その後、警務隊の捜査で発覚、逮捕したということです。
    2等陸曹は「去年1月から何回かバッテリーを盗んだ。借金があったので金が欲しかった」と話しているということです。

  • https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00000033-kobenext-l28

    陸上自衛隊伊丹駐屯地(兵庫県伊丹市緑ケ丘7)は17日、同僚2人から計約1775万円を借りて返済できなかったとして、
    中部方面会計隊に所属する40代の男性1等陸尉を停職60日の懲戒処分にしたと発表した。
    1等陸尉は18日付で依願退職するという。

    同駐屯地によると、1等陸尉は2012年4月ごろから15年2月ごろまで、「金銭に困った他の隊員を助ける」
    「投資の損失を補う」などの理由で、同じ隊に所属する2人から数回にわたって借金。
    その返済を投資で補おうとしてさらに損失を重ね、返済不能に陥ったという。14年1月ごろに内部告発があった。

  • 陸上自衛隊下志津駐屯地(千葉市若葉区)は17日、同じ部隊の後輩隊員を殴りけがを負わせたとして、第2高射特科群3等陸曹の30代男性隊員を同日付で停職15日の懲戒処分にしたと発表した。

     同駐屯地広報室によると、男性隊員は休日だった昨年4月14日、敷地外の飲食店で一緒に食事をしていた後輩隊員の顔を拳で1回殴り、全治3カ月のけがを負わせた。男性隊員は「言動にいらだった」と説明し、後輩隊員と示談交渉を進めているという。

     第2高射特科群長の力久健1等陸佐は「誠に遺憾。再発防止に努める」とコメントした

  • 京都市が住民基本台帳を基に18歳と22歳になる市民の宛名シールを作成し、自衛隊に提供することについて、市民団体「市民ウォッチャー・京都」(中京区)のメンバー3人が18日までに、提供の差し止めを求める住民監査請求を行った。
     市は自衛官の募集に協力するため、1月中にも自衛隊京都地方協力本部に提供する。初回は計約2万8千人分になるという。
     請求書によると、市が提供の法的根拠とする住民基本台帳法12条や自衛隊法施行令120条は根拠となり得ず、「プライバシー権の侵害は極めて重大で、提供は違法」としている。
     請求者で、市民ウォッチャー・京都幹事の井関佳法弁護士は「自衛隊に個人情報が提供されることに拒否感を覚える人は多いはずだ」と話している。

  • 海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿児島県鹿屋市)は15日、女性の車のドアノブに避妊具を挟み込んだとして、第211教育航空隊所属の40代男性隊員(2等海曹)を停職10日の懲戒処分にした。

     基地によると男性隊員は昨年3月ごろ、被害女性が鹿屋市内のドラッグストアに止めていた車のドアノブに使用済み避妊具(コンドー

  • 陸自隊員が児童ポルノ所持で処分
    01月15日 18時45分

    陸上自衛隊員の犯罪を取り締まる警務隊という組織に所属する50代の陸曹が、子どものわいせつな画像をおさめたDVDを購入し、所持していたとして、15日付けで懲戒処分を受けました。

    処分を受けたのは、陸上自衛隊の善通寺駐屯地で隊員の犯罪を取り締まっている第133地区警務隊に所属する50代の男性陸曹です。

    陸上自衛隊によりますと、この男性陸曹は平成28年11月ごろからおととし7月ごろまでにインターネットの通信販売で、子どものわいせつな画像をおさめたDVDを購入し、自宅で所持していたということです。

    去年、警察からの情報提供を受けて警務隊が調べたところ、男性陸曹がDVDの所持を認めたということで陸上自衛隊は15日、この男性陸曹を停職5日の懲戒処分としました。

    男性陸曹は警務隊の聴き取りに対し、「関係者に迷惑をかけたことや、陸上自衛隊の信頼を失墜させたことを悔やみ、真摯(しんし)に反省していきます」と話しているということで、今後、依願退職する予定だということです。

    陸上自衛隊の善通寺駐屯地司令高橋武也1等陸佐は「本事案は、自衛官としてふさわしくない規律違反行いであり、極めて遺憾に思っています。
    さらに法令順守についての指導を徹底するとともに、この種の事案の再発防止に努めて参ります」と話しています。
    https://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/20190115/8030002890.html

  • 神戸市内の山陽自動車道で昨年11月、あおり運転をしたとして自衛官が逮捕された事件で、兵庫県警高速隊は17日にも、道交法違反(道路における禁止行為)などの疑いで、陸上自衛隊三軒屋駐屯地(岡山市)の陸士長の男(28)を書類送検し、捜査を終える方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。

     男は昨年12月10日に逮捕され、「道を譲ってもらえず腹が立った」などと供述。翌11日に釈放され、県警が任意で捜査していた。

     これまでの調べでは、男は昨年11月18日夕、神戸市北区の山陽自動車道下り線で車の蛇行運転や低速走行を繰り返し、女性(54)の車の進路を妨害。空き缶を路上に投げ捨て、女性の車を約20秒間停車させた疑いがもたれている


  • 10日午後、小美玉市の航空自衛隊百里基地に所属する戦闘機のパネルの一部が
    訓練飛行中になくなっていたことが分かりました。
    落下物によるけが人の情報などは入っていないものの、百里基地では
    去年10月にも同じタイプの戦闘機の部品がなくなるトラブルがあり、
    「入念で確実な点検と飛行安全に万全を期したい」としています。

    航空自衛隊百里基地によりますと10日午後、第7航空団に所属する戦闘機、
    Fー4EJ改が太平洋上で訓練をしたあと点検を行ったところ、左主翼のパネルの一部がなくなっていました。
    パネルはアルミニウム製の円形で直径およそ6センチ、重さはおよそ40グラムだということです。
    これまでに落下物によるけが人などの情報は入っていないということです。

    百里基地では去年10月にも同じタイプの戦闘機の部品がなくなるトラブルが起きていて、佐川詳二基地司令は
    「周辺住民のみなさんにご心配おけしていることを申し訳なく思っています。
    入念で確実な点検と飛行の安全に万全を期したい」とコメントしています。

  • 「借金返すため」職場のお茶代積立金に手を出す 鹿児島の航空修理隊技官、14万円盗み免職 
      2017.11.22 12:30

     海上自衛隊鹿屋基地(鹿児島県鹿屋市)は22日、お茶代などに充てるために隊員から集めた積立金を盗んだとして、第1航空修理隊の20代の男性防衛技官を懲戒免職にした。
    技官は「借金の返済に充てるためだった」と説明したという。


     同基地によると、防衛技官は平成28年11月4日と12月2日、事務所内の金庫から積立金の一部、現金計14万9千円を盗んだ。
    積立金は隊員64人から毎月一定額を集めていた。
    積立金の減りに気付いた同隊の上司が隊員らに問いただすと、技官が盗んだことを認めたという。

     第1航空修理隊司令内野誠1等海佐は「本事案を重く受け止め、再発防止に努める」とのコメントを出した。
    https://www.sankei.com/smp/west/news/171122/wst1711220046-s1.html

  • 顔を8回平手打ち 陸自3等陸曹を停職処分
    1/15(火) 13:37 Yahoo!ニュース

    陸上自衛隊の3等陸曹が高等工科学校で生徒を殴るなどしたとして停職の懲戒処分になりました。

    停職3日の懲戒処分になったのは、陸上自衛隊高等工科学校に勤務する26歳の男性3等陸曹です。
    陸自武山駐屯地によりますと3等陸曹は去年7月、生徒の生活指導をした際に反抗的な態度に腹を立て顔を8回平手打ちにしたうえ腹を1回殴る暴行を加え全治2週間のケガをさせたということです。

    3等陸曹は「怒りを抑えられなかった」などと話しているということです。
    また、高等工科学校の40代の男性防衛教官が授業をまじめな態度で受けていなかった生徒に対し襟首をつかんで「お前を殺そうと思えばいつでも殺せる」と威圧的な発言をしたとして戒告の懲戒処分となりました。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00010001-tvkv-soci

  • 同僚の財布から金盗む…自衛隊員を懲戒免職「金欲しさにやった」〈仙台〉
    1/15(火) 12:12配信

    陸上自衛隊仙台駐屯地の30代の自衛隊員が去年4月、同僚の財布から現金1万円を盗んだとして15日付けで懲戒免職処分となりました。

    懲戒免職処分を受けたのは陸上自衛隊仙台駐屯地の第2陸曹教育隊に所属する30代の男性1等陸曹です。

    男性は、去年4月6日、勤務隊舎で同僚のバッグに入っていた財布から現金1万円を盗んだ疑いがもたれています。
    陸上自衛隊仙台駐屯地によりますと、男性1等陸曹は容疑を認めていて「金銭欲しさにやった」と話しているということです。

    この男性1等陸曹は若手の初級陸曹を教育する立場にあり、勤務態度については、「熱心に教育・指導をおこなっていた」ということです。

    陸上自衛隊仙台駐屯地の平田雄嗣第2陸曹教育隊長は「このような規律違反が発生したことを重く受け止め、全隊員に対して指導を徹底して参ります」とコメントしています。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00000001-hbcv-hok

  • 同僚のカード約30万円不正使用 26歳自衛官懲戒免職 スマホのゲーム支払い 北海道・陸自東千歳駐屯地
    1/15(火) 12:13 Yahoo!ニュース

    陸上自衛隊東千歳駐屯地の自衛官が、同僚のクレジットカードを不正に使用したなどとして懲戒免職処分となりました。

    懲戒免職となったのは、陸上自衛隊東千歳駐屯地に所属する26歳の男性3等陸曹です。

    第7師団によりますと、3等陸曹は去年1月、スマートフォンのゲーム料金を支払うのに同僚のクレジットカードを無断で使用し、およそ30万円を使い込みました。

    クレジットカードは、何度か使用した後、不正の発覚を恐れ処分したと話しているということです。

    第7師団は3等陸曹の処分について「誠に残念。本人の自覚の欠如によるもので、厳正に対処した」とコメントしています。
    ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00000001-hbcv-hok

  • 盗撮目的でトイレに侵入したとして、自衛官の男が逮捕されました。

     青森県むつ市にある海上自衛隊大湊病院の歯科技工士・田中康晴容疑者(43)は14日午前9時20分ごろ、八戸市立図書館2階の女子トイレに盗撮目的で侵入した疑いが持たれています。女性から「盗撮された」という連絡を受けた男性職員が早歩きで急ぐ田中容疑者を見つけて追い掛けたということです。
     容疑者を取り押さえた八戸市立図書館・小川賢太郎主査:「女性が被害に遭っていたので、何とかしなきゃいけないと思って、頑張って捕まえました」
     警察の取り調べに対し、田中容疑者は容疑を認めているということです

  • 防衛省が毎年発行する「防衛白書」で約二十年間にわたり、巻末図の竹島と尖閣諸島の位置が実際とは大きく異なる位置に示されていたことが、愛知大の近藤暁夫准教授(38)=地理学=の調査で分かった。
    防衛省は「あくまでイメージ図なので地図ではなく、誤りとは言えない」としつつも、二〇一八年版で位置を修正した。

     誤りがあったのは、巻末に掲載された「主要部隊などの所在地」。日本地図上に陸海空自衛隊の基地や活動拠点を示している。
    一九九七~二〇一七年版で、竹島(島根県)と尖閣諸島(沖縄県)がそれぞれ北西に百キロほどずれた場所に記載されていた。近藤准教授は、一九七〇年刊行の初版以降すべての白書を調査して論文をまとめ、昨年三月発行の学内誌に掲載した。

  • https://this.kiji.is/455982342650725473?c=39550187727945729

    陸上自衛隊西部方面隊は10日、昨年10月に宮崎県上空を飛行中のヘリコプターが
    地上からレーザー照射を受け、副操縦士が一時的に視力が低下したと発表した。

本文はここまでです このページの先頭へ