ここから本文です

投稿コメント一覧 (503コメント)

  •  GPCRは製薬業界で最も魅力的な薬物ターゲットの1つであり、モノクローナル抗体はGPCRの機能評価および治療用途に不可欠な薬剤です。従来、GPCRを対象とする製薬業界の主要な治療薬は小分子でしたが、モノクローナル抗体は癌、感染症、炎症性疾患の治療に最も効果的な治療薬の1つでした。治療用抗GPCR抗体の採掘は遅かった。抗GPCR抗体の開発におけるこの遅延の主な理由は、機能的および立体構造的に活性なGPCR抗原の調製であり、その発現および精製は、界面活性剤の不十分な安定性のために達成が難しいことで有名です。さらに、小さな細胞外領域と活性化状態に依存する立体構造の変動により、優れた抗GPCRアゴニストおよびアンタゴニストの分離が妨げられています。

     ただし、多くの研究者がGPCRの構造と機能を理解しようと努力しています。蓄積された知識は、抗GPCR薬の発見のための洞察を提供し、機能的GPCR抗原と新しいスクリーニングツールの調製のための新たな技術は、臨床的に重要な抗GPCR抗体治療薬の分離を加速します。これまでに1つの抗GPCR抗体、モガムリズマブのみが臨床使用のために商品化されてきましたが、より多くの抗GPCR抗体が臨床評価に入り、近い将来に診療所での使用のために商品化されます。抗GPCR治療抗体によって媒介されるGPCR機能の正確な制御は、癌、感染症および炎症を治療し、患者の医療ニーズを満たすために使用されます。

  •  GPCRの安定性と発現レベルを改善するために、タンパク質工学とハイスループットスクリーニングに多大な努力が払われています。
     アラニンスキャニングは、安定化変異を特定するためのタンパク質工学戦略の1つです。この方法では、アラニン自体を除く各アミノ酸は、アラニンと交換され、比較的低い立体障害と構造破壊をもたらします。
     この手法に基づいて、Heptares Therapeuticsは、標的GPCRの点突然変異を含む数百のバリアントを生成し、立体構造的に熱安定化された突然変異体を成功裏に分離することができました。界面活性剤は、ハイスループットスクリーニングツールと組み合わせて進化を指向しています。 Plückthunと同僚は、エラーを起こしやすいPCRまたはキメラ化技術を介してGPCRライブラリーを構築し、外膜を透過性にして蛍光標識GPCRリガンドに結合させました。フローサイトメトリースクリーニングを使用して、異なるレベルでGPCR変異体を発現する個々の細胞を調べると、有意に改善された発現を示す機能的GPCR変異体を分離できました。
     次に、選択されたGPCR変異体について界面活性剤の安定性を分析しました大腸菌で発現を高める遺伝子を分離するため、Georgiouらは、GFP融合GPCRを発現させるか、大腸菌の内膜にGPCRを表示して、スフェロプラスト形成後に蛍光リガンドを結合します。
     ゲノムフラグメントライブラリの有益な遺伝成分の共発現に起因する高蛍光性大腸菌のフローサイトメトリーによるソーティングを使用して、3つのモデル哺乳類GPCRの3〜10倍の改善された発現を可能にする3つの遺伝子を同定できました。

  •  さまざまなGPCRが感染プロセスで重要な役割を果たします。
    たとえば、CCR5とCXCR4は、HIVの侵入に対する共受容体であり、HIV感染に対する優れた薬物ターゲットと見なされています。
     CCR5遺伝子が欠損している人は、HIV感染に抵抗性があることが示されました。 HIV患者にCCR5-delta32として知られるCCR5遺伝子のホモ接合性遺伝的変異を運んだドナーの幹細胞は、正常なT細胞免疫機能の回復に有効でした。

  • 「nature>experimental & molecular> medicine>review>article」

     癌、感染症、炎症、神経障害などの疾患の進行に対するGPCRの関連性を考えると、GPCRは優れた治療標的です。 GPCRの異常な発現と活性は、腫瘍発生のすべての段階に密接に関連しています。
     腫瘍細胞は、正常な免疫機能を回避するための血管新生、増殖、転移のためにGPCR機能をハイジャックします。多くの種類のGPCRがさまざまな腫瘍細胞で過剰発現していることは十分に実証されています。
     特に、CXCR4を含むケモカインGPCRは、血管新生および腫瘍微小環境における腫瘍細胞の動きに大きく関与しています。脂質リガンドであるリゾホスファチジン酸およびスフィンゴシン-1-リン酸に向けられたGPCRは、腫瘍細胞の表面で高度に発現され、異常な癌細胞の成長、増殖および転移を誘導します。
     ガストリン放出ペプチド、エンドセリンなどの神経ペプチドを標的とするGPCR、ブラジキニン、ニューロメジンB、コレシストキニンおよびアンジオテンシンIIは、小細胞肺がん、膵臓がん、前立腺がんおよび頭頸部がんなどの多くの種類のがんで活性化されます。
     GPCRは炎症誘発性機能を誘発し、一般的な癌の腫瘍形成を引き起こすことが知られています。

  • >>No. 220

    ここのスレでは、古くから、阿呆の代表選手、

    しかも、成り済まし、

    昔から、阿保寿司屋と呼んでいます。

    > うるせー、偽物め

  • ツイッターの世界では、

    ここは、阿呆スレと呼ばれているんだ。

    まったく、そのとおりだと思うよ。

  • バイオベンチャーの投資のスレで、

    創薬の「そ」の字もない、

    パイプラインの「パ」の字も無い。

    朝から晩まで阿呆投稿を連投して、阿呆の証明でもしたいのか。

  • この阿呆どもは、他にやることがないのか。

    さみしい人生だな、まったく。

  • >>No. 53

    >そーせいも補助金に頼った経営である

    どこに、補助金がはいってるんだ!!!

    そーせいG 2019年 マイル・契約一時金収入

    ・2019.01.07  AZD4635フェーズⅡ           1,500万ドル
    ・2019.02.04  Medicxi社 オレキシン作動薬プログラム    40万ドル
    ・2019.05.14 Pfizer社 リード化合物選定         300万ドル
    ・2019.05.24 ノバルティス社 QVM149 承認申請    250万ドル
    ・2019.06.10 Pfizer社 リード化合物選定         300万ドル
    ・2019.07.16 ジェネンテック社 契約一時金及びマイル 2,600万ドル
    ・2019.07.18  Formosa社 マイルストン         250万ドル
    ・2019.08.05 武田薬品 契約一時金及びマイル      2,600万ドル
                             合 計 7,840万ドル
                     (×106円=1ドル)  83.10億円 
    ・今後想定されるマイル
     第一三共 リード化合物選定 300~500万ドル

    ・今後想定されるライセンスアウト
     「CGRP」「EP4」

  • >>No. 53

    バイオベンチャーも理解出来ない阿呆ということだな。

    >商業的には失敗している

  • トレード日和ってのは、阿呆の塊みたいなもんやろ。

    だれも、相手にするやつおらん。

    キャノンで大爆死している阿保寿司屋でも、相手にしてろよ!!!

  • へーえ、随分、食いつきがいいんだね。

    こりゃ、大爆笑もんだな。

  • >>No. 28

    やはり、図星のようだな。

    > トレード日和ってのは、懲りない阿呆やな。まったく。
    >
    > > 「雨」が出て来ると、「海」が出てこなくなったな。

  • >>No. 27

    トレード日和ってのは、懲りない阿呆やな。まったく。

    > 「雨」が出て来ると、「海」が出てこなくなったな。

  • 「雨」が出て来ると、「海」が出てこなくなったな。

  • 「1文字視力改善」なんてIRだして、

    中村の阿呆ジジイは、だれを騙せると思ったのかな?

    あのIRをみたら、製薬企業は、大爆笑してただろうに。

  • へーえ、サイエンスが苦手なようだね、トレード日和

    >それが、「ガチホ」の理由です。

  • カマかけてるんだから、割り込んでくるな、阿呆!!!

    > 本人だよ。⭕
    >
    > >お前のような投稿は、トレード日和といい勝負だな、まったく。
    > >
    > >> ガチホのみぞ、大勝できますぞ。

  • 少しは、GPCRの創薬技術やパイプライン研究のリサーチでも

    したらどうかね。

    > ガチホのみぞ、大勝できますぞ。

  • お前のような投稿は、トレード日和といい勝負だな、まったく。

    > ガチホのみぞ、大勝できますぞ。

本文はここまでです このページの先頭へ