ここから本文です

投稿コメント一覧 (50コメント)

  •  予想通り権利をまたぐと新アカウントの売り豚が登場するんだよね。毎度のことだけど。

     中には1700円台から張り付いている売り豚君もいるが、それは無視で良い。上がれば実は両建てだの、売りはやめてましただの後出しジャンケン。掲示板では1番恥ずかしい行為を躊躇なくできる異常者だからね(笑)


     吉野家の全投資家の9割は勝ち組(ホルダー)で1割が負け組(売り豚)と珍しい銘柄です。

     つまり我々ホルダーの養分であるわけです。

  •  細かい情報ありがとうございます。権利通過で、これによると最高逆日歩になると配当も含めると純空売り家さんは100株で約12000円以上、1000株で12万以上、2000株(ここの掲示板に実際います)で24万以上支払うことになるわけですね。
     約ね。約。

     これは1000株で1年中ほぼ毎日牛丼並みが食べれる額に匹敵しますね。凄い。

  • この高値では空売り家さんは全員含み損。それどころか相当数刈り取られているはず。

     誰が見ても割高。だからこそ空売りが積みあがる訳だが。確かにここの空売り屋さんは需給を理解してない輩が養分になってくれるよね。

     以前空売り屋さんに絡まれたけど逆日歩日数すら理解してないのには閉口した。空売り準備といいながら上昇したら空売りしてませんでしたの言い訳もあったけどね。呆れました。

     もう2度と現れないでね。

  • そろそろここに寄生していた売り豚さんは壊滅したようだね。全くあらわれなくなった。昨年の「SASS」ってアカウントの売り豚は逆日歩の確定する最後の日まで寄生してたけど。ところが高逆日歩でとどめをさされ投稿全削除して逝ってしまった。

     流石にホルダーの自分でもここまで上昇するとは驚きだけど。結局権利落ちしても次回の権利にまた戻ってくるんだよね。

     どうせ権利後に、また新アカウントの品のない売り豚さんが登場するのは必至だけど。

     さてさて権利まではまだ十分な時間があります。今回の高値圏の動きは興味深い。この底堅さは、需給は絶対に無視できないよね。

  • 「yam*****
    4月27日 00:18


    ホルダーもそのうち気付くよ。
    年間6000円の牛丼券のためになんで赤字企業に1単位17万円も投資しているんだろうって。
    利回りが同じくらいの、ここよりは将来性ある企業がたくさんあるのに
    桐谷さんが悪いのかな?」

    この空売り屋さん、2000株売りと言ってたので現在100万越え含み損か。更なる売り乗せもする勢いだったから150万は含み損かも。株価倍までは損切りしないような投稿があったから間違いなく売り保有しているはず。まだまだ権利までは時間はたっぷりあります。どこまで上昇するのか興味深い。
     
     吉野家の超特盛1500杯は食べれる計算になります。

  • 昨年の今頃と同じ状況だね。これで売り豚ほぼ全員含み損。しかし上昇したら実は売ってませんでしたの売り豚の後出しジャンケンには笑うしかない。
     下がってれば空売って良かったとでも言うんだろうね。流石逆日歩日数も知らない輩の投資レベルの低さにはあきれるよ。

  • ここの空売り住人こそに「銘柄に惚れるな」が当てはまるよね。今日も含めて、他銘柄はフリーフォールなのに全く下げないここを空売る心境はいかに。

     逆日歩日数も知らない輩が空売ってるくらい無知なのがいるから仕方ないかも。あれには本当に驚いた。

  • ほとんどの株が高値から30%程落ちてるのに、ここはほぼ年初来高値付近。牛丼3社は今日は強かった。

     権利までは十分な時間があるし、今後の展開が興味深いね。上がるか下がるかは俺には一切わからないけれどね(笑)

     事実としてここは現在1700円を底に430円(約25%)も上昇しているし、他を見渡してもそんな株は少ないよね。ここより下げているの銘柄は山ほどあるけれど。

  •  約と書いてるでしょうが。約と。いちいち正確値なんて覚えとらんわ。

    それより君大丈夫かい?今回の逆日歩が1日だって?もしかして7月から何が変更も知らんのかね?いちいち説明しないけどね。

     そんなことも知らずに空売りするとは。やばいよ、相当にやばいよ。流石に空売り君もその投稿にそう思うは押せないだろうね(笑)

  •  当然吉野家も含めてゼンショー、松屋全て株主です。どこを買っても負けようがなかったが、吉野家のパフォーマンスが1番悪かった。それでも2倍以上にはなったが。
     ゼンショーのワンオペ問題の時の掲示板は、特に酷かった。今のここよりもそりゃあ酷かった。結果売り豚は全員排除されてから少しは改善されたけれど。

     松屋は安定して、版は荒れないよね。

     牛丼3社はそれぞれにメリット、デメリットがありますよ。

    さて今年の逆日歩はいくらになるかな?昨年は配当逆日歩で約1万円ね。たった100株で1万円。権利に売りで突っ込む勇者はいるのだろうか?

  •  昨年に居座ってたSASSって売り豚他数人は、1年後の株価1300円と毎度毎度繰り返していたよ。既に全員逝ってしまったけど。結果2300円の方が近いから仕方ないけど。
     それに比べて今の売り方さんは、株価2000円割れとかかなり控えめでかわいいもんですよ。
     今の売り方さんも、来年の今頃は全員消滅は毎年のことで間違いありません。また新しいのがでてくるけどね。

  • 「yam*****
    4月27日 00:18


    ホルダーもそのうち気付くよ。
    年間6000円の牛丼券のためになんで赤字企業に1単位17万円も投資しているんだろうって。
    利回りが同じくらいの、ここよりは将来性ある企業がたくさんあるのに
    桐谷さんが悪いのかな?」

    ついでに加えとくと6000円の優待をバカにしていた空売り屋さんの結末ね。投稿からすると株価1700円で2000株程の空売りだから現在80万以上の含み損かな。きっと売り乗せもする気配だったから100万オーバーかもね。

  •  て思うなら当然全財産空売りしてんでしょ。時々こういう輩がでてくるんだけど黙って全額空売ればいいだけだは?

     投資においてとても確信的に自分には言う自信はもてないね。

  •  だいたい空売り組は、吉野家でいくらの利益目指しているのだろうか?

     ホルダーはそもそも100株ホルダー優待目当てがほとんど。そんなたいそうな利益をここで求めてないよ。結果的に株価倍以上になったけどね。

     今日もここより下げている銘柄の方が多いのにね。現在空売りのほぼ全員が含み損のはずでもの凄い機会ロスかと思うけどね。

    笑っちゃうのが半年時間があると言っているのもあるけど、昨年の逆日歩は100株9000円程。配当も入れると1万円。1000株で10万円ね。ほぼこれで空売りさんは逝ってしまったよ。簡単な額じゃないからね。来月が権利であることをお忘れなく。

  • 年初来高値更新おめ。これで売り方さん全員含み損。逃げ道一切なし。

     含み損100万オーバー多数出現。

     売りは命まで。

  • 痛い目に合っているのは売り豚だよ。そもそもここは単元株主しかいない。上昇局面で買い増し等今更するわけないでしょ。勝手に売り豚が踏みあげてくれてます。

     買いそびれて悔しい気持ちもわからぬではないが。この株価では売り豚全員含み損でホルダーは全員含み益です。

  • 昨年の権利の逆日歩は9000円くらいだったかな。

    昨年のSASSってアカウント多量に売ってた売り豚は、この高額逆日歩でとどめを刺されて逝ってしまったね。投稿も全削除してたよ。このSASSはまずいまずいを連発しながら毎日吉牛に通ってたね。

     ホルダー的には売り上げも貢献し、お財布にもなってくれたから感謝しかないけれど。生かさず殺さずでもう少し粘れなかったのかあ。「売りは命まで」肝に命じよう。

    「yam*****
    4月27日 00:18


    ホルダーもそのうち気付くよ。
    年間6000円の牛丼券のためになんで赤字企業に1単位17万円も投資しているんだろうって。
    利回りが同じくらいの、ここよりは将来性ある企業がたくさんあるのに
    桐谷さんが悪いのかな?」

    大量に売り込んでたこのコメ主さんは大丈夫かな??



  • 「yam*****4月…


    2019/07/09 22:01


    「yam*****
    4月27日 00:18


    ホルダーもそのうち気付くよ。
    年間6000円の牛丼券のためになんで赤字企業に1単位17万円も投資しているんだろうって。
    利回りが同じくらいの、ここよりは将来性ある企業がたくさんあるのに
    桐谷さんが悪いのかな?」

    このコメ主は1700円で数千株空売りと宣言してたけど。今の含み損いくらなんだ?2000株としても88万か。てことは特盛1257杯食えるよ。約3年分ね。ちなみにつゆだくは無料だよ。

     で?何が気づくのですか?

  •  はい。きました年初来高値。これで売り豚さん全員含み損。

     これからの売り豚さんの行く末を見守ろう。毎年権利近くは同じ動きをするよね。

     毎回に売り豚さんは脂肪し入れ替わるけどね。

本文はここまでです このページの先頭へ