IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (1227コメント)

  • 長期も上向きはじめ、雲にも片足を突っ込み始めた今日この頃、

    Zeals が なぜ こんな知名度のなさげな 銀玉と業務提携に至ったのか??

    ひとえに、レコメンド技術の高さ かな


    Zeals の チャットコマース って CMやってたんですね

    今年の 9月末くらいから、短期間。

    インパクト重視で炎上しちゃってるけど、加藤浩次をこの時期に起用して、
    大丈夫か??
    キャスターをCMに使えば、番組で宣伝してもらえるから多少はよかったんだろうけど、CMの内容は もう少し考えておくべきだったんだろうね 惜しい
    せめてもの救いは、徳井を使ってなかったことか・・

    軽くみてまわったところ、
    AIチャットボットって、まだ用途としてはコールセンターの代わりが多いのかな

    お隣の中国では、WeChat って、中国版の LINE みたいなんで、
    この チャットボットからの 商品購入、がもう圧倒的に主流みたいで
    先進国は facebook とか、他の SNS が すでにシェアを持っているから、
    中国で圧倒的にシェアを持っている WeChat が普及しなかったとかなんと
    か。そんな記事をどっかで見たな。

    キャッシュレス決済より、小銭文化だもんね

    そう考えると、すでに メッセンジャーアプリで国民の3分の2が使っている?
    LINEが、日本では 一番 使い勝手がいい というか、最初に普及するのかな

    政府の キャッシュレス普及したいってのも追い風になる

    チャットコマース 市場はまだ51億円 ぐらいらしいけど、
    そこだけに特化してる企業ってのは まだ少ない。

    手続き申請とか、ヘルプ機能、苦情対応、とか 
    その手の AIチャットボットってのは どこもやってるようで、
    シェアの削りあいが激しそうだ。

    銀玉のやってることは、結局、AIで販売促進 というか、
    1人1人の ニーズにあった商品提案を AIを使って リアルタイムでやることで(レコメンド)、 よくよくみれば、チャット機能がないだけで、
    やりたいことは Zeals と 銀玉 同じなんですよね

    てことは、そこの技術を 一から開発するより、あるものとくっつけれた方が
    もちろん 早く実現できる。

    銀玉のこの レコメンド機能は、物品の商品提案だけでなくて、
    人材派遣とか、化粧品の商品提案もやってきた実績があり、

    Zeals の 顧客とも、わりと被る。
    どっちも、名前聞いたことある企業ばっかりだけど、
    Zeals と 銀玉では 何気に 顧客のタイプが違うから、
    お互いにメリットあるよね

    実際に、チャットコマースみたいなんで、検索したら、
    とりあえず、代表的なもので ユニクロのアプリとかが出てきて、
    他には 男性用化粧品で Zeals がやってますよー ってのが出てくる。

    とりあえず、 AI って聞いたら、ディープラーニングとかそういう広く考えてたけど、とはいいつつも、専門分野というか、得意分野って決まってるんですね

    銀玉の AI って言ったら、この レコメンド特化で、
    導入まで数か月くらいかかり、アフターサービスにも定評があるけど

    これって、地味にしか 業績伸びないんじゃね??
    てところに、Zeals ってのが ほんと いいとこいったね

    Zeals が どうというより、ここの社長さん?の清水正大さんが
    目立ってる?
    ポストほりえもん世代的な 位置で、アベマTV(サイバーエージェントですよね)に出演して、ひろゆきさんとか、カドカワの社長さんとかと対談して
    夢を語る若者な イメージ で 注目されてる?

    ややキレキャラ?なんか知らんけど、

    あー だから 加藤浩次使ってんのか
    そういわれると なんとなく腑に落ちるな

    この 日本をぶち上げる って フレーズ
    実際にあがってほしいところではあるけど、

    こんな  目立った発言 銀玉 が することがないっていう点では
    異論がない。
    そして、派手にメディアに出演したり、キャラ濃いくて 話題になるってのも
    銀玉にはない要素。

    そして、 得意のレコメンド の 生きる道として、
    AIチャットボットとの連携って道を探し出した ってのは、
    このままじゃ 先詰まりしそうな銀玉にとって ほんとよかったよね

    あとは、この Zeals の チャットコマース であれb、
    清水正大さんの キャラであれ、近々リリースされるという
    革新的な音声事業? 調べたけど イマイチわからなかった・・・

    そのどれでも、目立てば 銀玉が多少は目立つ 
    今は 軽く死んでるから、そういう意味では大歓迎。

    有名人 × 株 って あがるやつやん?

    色々見たけど、 

    地味で技術に定評ある銀玉 × 若さと熱意と時代の先端を行くZeals

    うん よかったね

  • また下がった原因を特定することができれば、株で負けることはないのでしょうが
    想像するに、今日みたいに 中村さんがS高したりとか 新規IPO 上場したりすると、そういうところで短期で取引したい人が 動きの少ないところから、
    動きのある所へと移動するために、多少の損切して 移動していった ってとこらへんじゃないでしょうか??

    一昨日、噴いたから、また その勢いが続くのかも??
    でも、出来高も少ない となれば、そういうタイプの人からしたら、
    飛び降りるのには十分な理由なのかなと。

    自分は どちらかというと、これから おもしろくなりそうなところが好きなので。

    それに、この前の材料で 銀玉を見直した人 監視しだした人からすれば、
    いきなり買いあがるよりは、ちょっとずつ買い下がっていく方が賢いんじゃないかなと。自分なりの 下値を想定して ちょっとづつ増やしていくような種類の株なのかなと。

    そのタイプの人からすれば、投げてくれる人は いい人に見えるし、
    自分なりの高値を設定してある程度、中長期で持つ人からすれば、
    このあたりの価格の上下はそれほど気にするほどでもない。

    短期急騰を狙った人からすれば、歯がゆくて仕方ない
    ちょっと下がると、もう投げて他へ行こうか?という葛藤にさいなまれている

    デイするには そんなに向いてないような気もします。

    実際に、5月に DMSと提携した ダイレクトメールも10月に入ってから運用され始めてるし、提携から それが結びつくまで 多少のタイムラグがある企業だと思います。それを 差し置いても、ジールスはスピードが速いので、楽しみだなと。

  • テクニカルでみたら、まー もうちょい待ってても 遅くはない感じ。

    今日がこれだったからなー。
    大人がいない内はあれだけど、ジールスさんは 大人を引き付ける魅力あると思うけどなー

    すでに株価もこんだけ下がってるし、業績も期待されてないから
    下値不安より、上値期待の方が大きいし。

    ジールスのチャットボットも、銀玉のアイジェント・レコメンダーも、成果報酬だから、
    ジールスの導入企業の拡大に 銀玉はただ乗りできる立場。

    サイバーエージェントも、10月24日 昨日に、

    株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の子会社である株式会社AI Shift(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:米山結人、以下AI Shift)は、新事業として、国内企業のAI導入促進を支援するAI導入支援事業を開始いたします。

    近年、機械学習やディープラーニングなどのAI技術が注目され、様々な業界においてAI導入が進んでおります。その一方で、データサイエンティストや機械学習エンジニアなどのAI人材不足や、AI技術の活用に関する知見やノウハウを保有している企業が少ないことで、AI導入が思うように進まない企業も多くみられます。

    このような背景のもと、AI Shiftでは「AI導入を検討している企業」と「AI開発技術を保有している企業」のハブとなり、国内企業のAI導入促進を図るAI導入支援事業を新たに開始いたしました。

    AI Shiftではこれまでも、AIチャットボットや音声対話サービスなどのAIを活用した事業展開を行っており、AIの研究・開発を行う研究組織「AI Lab」とともに産学連携に取組むなど、AI技術に関する知見を蓄積してまいりました。
    これまで培った知見を活かし、当社では、「AI導入を検討している企業」に対して、課題のヒアリングから企画・要件定義、AI受託開発企業の選定、プロジェクト推進まで一気通貫で支援いたします。また、「AI開発技術を保有している企業」に対しては、最適な開発案件を紹介いたします。

    AI Shiftでは、今後もAI技術を活用した商品開発とともに、あらゆる業種の国内企業へのAI導入推進により、企業の課題解決に貢献してまいります。



    これは、藤田ファンドから融資をもらってる
    ジールスにとって援護射撃みたいなもんだし、桶屋レベルかもしれないけど、
    銀玉も恩恵を受ける可能性は十分ある。
    むしろ、昨日まとめて発表してんだから こことの思惑を妄想する大人がいてくれてもいいのに

    ウニクロとかは、自社で チャットボットを使った買い物アシスタント作ってるみたいだけど、
    そんな開発費出せるかって会社だったら、
    サイバーエージェント経由で ジールス × 銀玉 の 謎コラボ 使う可能性もなきにしもあらず。

    と、ここまで 事実をつなげた妄想をすると、テクニカルさえ こなせば、
    昨日の業務提携って 現実的でとてもよい材料だと思うんだけどなー・・・

    それより、ジールスの革新的な音声事業って なんだ??

    B to C な感じで
    チャットボットやって、商品販促してる会社が出す商品つったら
    自前のスマホを利用して、アマゾンエコーでアマゾンから商品買うみたいに
    アマゾン以外の通販サイトで 音声で会話しながら 買い物できるようにするとか??

    導入無料で、成果型の報酬制にすれば、シェアは伸びるわな。
    これも、結局 リアルタイムで 利用者にあわせたおすすめ商品を抽出するなら
    銀玉も役に立てるかもしれん。

    音声翻訳機が広がりだしてんだから、最後の商品の確定ボタンだけ目視するようにすれば
    技術的には すぐにできそうだけど。ここがしなくても、そのうちどっかやるでしょ。

    で、そこまで役に立つ技術持ってると認められるんなら、
    ジールス とか サイバーエージェントが
    銀玉買えばいいのに。市場価格の1.5倍くらいでいいし。

    と、脳内整理のために 掲示板を汚してしまいましたが、
    読み物としてみてもらえればなと。

    でも、昨日の 同時発表 を見るからに
    サイバーエージェント × ジールス × 銀玉 で ごはん3杯 は いけんじゃね?

  • そもそも くそ株ってことに疑いはないんだけど、

    今日のは、昨日 飛びついた人が投げたのと、
    大人がいなそうだから、空売りの人もちょっとしたお小遣い稼ぎに来たのかなぁと。

    ジールスが注目度高そうだから、ここにも大人が目を向けてくれないかなと。

    まぁ、この価格帯から 空売りしても そんなに期待できなそうだから、
    すぐ落ち着くんじゃない?

    この会社の社長さんなら、どっか 大手に会社ごと売りそうな気もするし、
    まぁ あせらないのが一番ではと?


  • 今日買った人、またこれから買う人、そして、これまで持ち続けた人
    さらに、なんといっても暇な人向け。。。

    ↓↓

    ジールスが3年以内に時価総額1000億やるために

    清水正大 / 日本をぶち上げる
    2019/04/01 08:49
    思い入れのあるサイバーエージェント藤田さんと既存株主さんから3.5億円出資してもらった。フリークアウト、JAFCO、サイバーエージェントの皆さんに累計8.5億円ベットしてもらってる。日本をぶち上げることで皆さんに報いてみせる。

    時価総額1000億円。これを未上場でやったらユニコーンって呼ばれる。
    みんなが知ってるUBERやOYOといった世界を変えてるスタートアップはだいたいこれ。「次なる産業革命を興し、日本をぶち上げる」ためにZEALSは3年以内にここに肩を並べ、次のステージへ駆け上がっていく。

    僕らは「fanp (ファンプ)」というチャットボットを通じたアド×SaaSのサービスで爆進してる。既に単月売上は5000万円を超えてて、色んなチャットボットサービスの中でダントツの成長スピードだと思う。今期は通期で売上10億円超まで持っていく。

    市場ポテンシャルもデカイ。お隣中国にはWeChat上だけでも既に1400万体を超えるチャットボットが存在してて、会話広告やチャットコマースがぶんまわってる。日本でもまさにこの流れがきてる。そのど真ん中を走ってるのが僕らZEALS。

    で、このチャットボット事業で今期売上10億円超、来期25億円、3年目で40億円まで持っていく。今時点でチャットボット市場No.1のユーザー数と会話データ量。これから競合もガンガン増えてくると思うけど圧倒的No.1として市場を創っていく。

    でも、3年で時価総額1000億円は非連続な成長がなければ難しいと思ってる。だからチャットボット事業で爆進しながらも、その強みを活かしてまさに今、アジア展開と革新的な音声事業の立ち上げに挑んでる。

    3年の戦略

    まず、今期チャットボット事業で通期10億円超の売上を達成しアジア展開。さらに革新的な音声事業の立ち上げに挑む。これで時価総額100億円まで今期中に持っていく。MRR4000万円強の国内SaaSスタートアップが時価総額ポスト100億円やってるから十分可能性ある。

    次に、来期チャットボット事業で売上25億円(アジア含む)、音声事業で利用ユーザー300万人超を実現して時価総額300億円超までいく。Sansanの売上対時価総額は約10.3倍。株主のフリークアウトは通期売上21億円で421億円の時価総額つけてIPO。そしてFiNCはヘルスケアという新たなテーマでアプリ利用者330万人で時価総額356億円つけて55億円調達した。だからこの結果出して時価総額300億円超やる。

    そして、3年目にチャットボット事業で売上40億円(アジア含む)、音声事業利用者1000万人超まで持っていく。正直このフェーズはチャットボット事業の爆進だけでなく、上でも書いた通り非連続な成長、つまりチャットボット事業の次のテーマとなる音声事業で最低でも利用者1000万人超やらないと難しいと思う。近々リリースする音声事業の潜在的競合サービスが時価総額1兆円かましているので、僕らがそれをリプレイスしていくポテンシャルを評価されれば時価総額1000億のる可能性ある。

    とにかく逆算しかない。

    あっという間に時間はたつ。3年以内にこのぐらいまで持っていけんと日本はぶち上げられん。ハッキリ言ってこの宣言メリットない。ただのリスク。でも言わんとなにも始まらんし、何のリスクも無ければ人間じゃけん甘える。そんなんじゃ志は実現できん。じゃけんここから3年で勝負に出る。今日はZEALSの創業日、そして新年号発表日。新たな年号と共に今日から3年じゃ。爆速でいく。そうして3年やり切って次のステージじゃ。

    仲間募集

    ZEALSはチャットボット・音声などのテクノロジーをまとめて「コミュニケーションテック」って呼んでるんですが、これなんですよ産業革命が興るド真ん中は。1000億どころじゃない未来が待ってるんです。

    日本をぶち上げるために、このだいぶむちゃな計画を一緒に現実にしませんか?仲間がいないと実現できません。時価総額1000億3年以内にやるって宣言して走るスタートアップは少ないと思うんで、一緒にド派手に挑戦しませんか。

    ↑↑

    で、シルバーエッグとの業務提携で何がいいことあんのかというと

    ↓↓

    チャットコマースの強化で、よりリアルな接客体験を実現可能に

    インターネットの普及によりネット上で購買や予約などの意思決定をする機会が増えてきました。
    しかし現在のWEBサイトや広告では顧客に一方的な情報提供しかできておらず、本来顧客が求めているアイテムやコンテンツをヒアリングした上で個々の嗜好にあわせて提供することが困難でした。
    それによりWEB上のCVRが低迷、一方的な広告に対する顧客の不満などが課題となっています

    ジールス社とシルバーエッグ社は、両者のサービスを連携させたソリューションを提供することによって、この課題の解決を図ってまいります。

    ジールス社はチャットコマース業界最大規模の2億を超える会話データを保持しています。
    それらの会話データをAIによって解析改善していくことで、チャットボットをよりリアルな販売者に近づけました。
    また顧客の回答データを元にpush配信を行うbotCRMにより、中長期的なやり取りの中で購買を生み出すことが可能になりました。これによりWEBでは対応出来なかった顧客層の対応や販売の難しかったアイテムの購買をチャット上で完結させられるソリューションを実現。

    シルバーエッグ社「アイジェント・レコメンダー」は、月間平均1億1千万クリック、同671万件以上のコンバージョンを生み出し、AIによって自動化されたリアルタイムのユーザー行動分析で、ひとりひとりに最適なアイテムをレコメンドすることを可能にしています。

    「ジールス」と「アイジェント・レコメンダー」の連携により、WEB上の行動データとチャット内の会話データの紐付けが可能になりました。それにより顧客ひとりひとりのWEB行動データを元にチャット上でヒアリングを行い、アイテム・コンテンツの提案、push配信のタイミングまでを最適化することに成功。

    この機能連携により、チャットを介して企業から顧客へよりプロアクティブな提案を行うことができ、botCRMをより強固なものとすることで、企業が抱えるCVRの低迷と顧客が感じる広告の不満などの問題を解消します。


    ■『アイジェント・レコメンダー』について
    シルバーエッグ・テクノロジーが提供する、複数のレコメンデーション・アルゴリズムを搭載した、リアルタイムAI(人工知能)マーケティング・プラットフォームです。独自開発のAIをベースにしたアルゴリズムにより、サイトのアクセスや購買状況、各ユーザーの動線を「リアルタイム」に把握・分析し、一人一人の嗜好に合ったおすすめの商品を、瞬時に表示することができます。顧客企業は、利用場面に応じて最適な技術を容易に選択・導入することができ、ABテストによる効果検証も可能です。また、多機能な管理画面やレポーティングサービスにより費用対効果の検証を行い、売上増大に向けた対策などを、専任コンサルタントが継続的にサポートします。


    ■チャットコマース「ジールス (Zeals)」について
    ~エンタープライズ導入社数 200社突破! 国内No.1チャットコマース「ジールス」~
    ジールスは「ネットにおもてなし革命を!」をコンセプトにした、AIが会話しながら商品をご案内するチャットコマースサービスです。押し付け型のネット広告を、チャットボットの”ヒアリングファースト“な接客体験に変えることで、ランディングページと比較して約5倍の購買率向上を実現。2019年3月には史上初のチャットボットとLINE Payの決済連携を行い、チャットで完結する手軽な購買体験を届けることで、チャットコマースのさらなる購買率向上を実現しています。
    ※ZealsはLINE公式認定パートナー、facebook認定アクセラレーターです。

    で、大事なことだから もっかいのせとくけど

    「ジールス」と「アイジェント・レコメンダー」の連携により、WEB上の行動データとチャット内の会話データの紐付けが可能になりました。それにより顧客ひとりひとりのWEB行動データを元にチャット上でヒアリングを行い、アイテム・コンテンツの提案、push配信のタイミングまでを最適化することに成功。

    成功してるらしい。

    これって、売上10億くらい、時価総額35億の シルバーエッグ が 業務提携した相手としては、会心の一撃レベルじゃね??
    提携内容は ユニコーン狙いの成長性あふれる企業の中核技術となんだが。

    香港の AI・機械学習ベンチャー特化型スタートアップアクセラレーター Zeroth(本社:香港、CEO:Tak Lo)と業務提携してるし、
    これで ますます アジア展開に弾みがつく。

    これで3年以上死んでた株価がついてこないとかあんのか??

  • 2019 10/23

    【アジア初成功事例公開】チャットコマース×不動産でCVR160%改善を実現。 東南アジアにおけるチャットコマース活用の裏側
    SNSを活用した “チャットコマース「ジールス」”を展開する株式会社Zeals(ジールス)(所在地:東京都品川区、代表取締役:清水正大、以下ジールス)は、タイで不動産仲介サービス「ESTOPOLIS」を運営するバンコクのIT企業Donuts Bangkok(所在地:バンコク、代表:荒金弘明)にチャットコマース「ジールス」を導入し、コンバージョンレートを160%改善することに成功したため、タイ初のチャットコマース成功事例を公開いたしました。

    これが昨日の記事。
    むしろ ZEALSが 2~3年以内に上場するような気がするんだけど

  • 「次なる産業革命を興し、日本をぶち上げる」をビジョンに、AI が会話しながら商品を案内してくれるチャットコマース『ジールス (Zeals)』を展開。2014年、明治大学在学中の清水が創業し、ロボットの会話エンジン開発を進める。2016年、ロボットの技術をLINEやFacebook Messengerのチャットボットに応用した自社サービス、チャットコマース『ジールス (旧fanp)』をリリース。2018年フォーブスの「アジアを代表する30才未満の30人の起業家」(正式名称 : Forbes30 Under30 Asia) のエンタープライズ・テクノロジー部門にノミネートされ、2019年には藤田ファンドより出資を受けアジア展開も開始。

     ■チャットコマース「ジールス (Zeals)」とは

     ~エンタープライズ導入社数 200社突破! 国内No.1チャットコマース「ジールス」~

     ジールスは「ネットにおもてなし革命を!」をコンセプトにした、AIが会話しながら商品をご案内するチャットコマースサービスです。押し付け型のネット広告を、チャットボットの”ヒアリングファースト“な接客体験に変えることで、ランディングページと比較して約5倍の購買率向上を実現。2019年3月には史上初のチャットボットとLINE Payの決済連携を行い、チャットで完結する手軽な購買体験を届けることで、チャットコマースのさらなる購買率向上を実現しています。

     ※ZealsはLINE公式認定パートナー、facebook認定アクセラレーターです。

    だって。

  • 今日はイナゴで上下しまくるだろうけど、そもそも底値付近だし、
    株価は上場以来 下降の一途。
    この会社にとっては けっこう大きな業務提携だと思うんだけどなー
    と、にわかな感想を言ってみた。

  • ホテルにお泊りの方が、お金持って返ってくるのかな?

  • 売り物の方がなかったのかな

    チャートもきれいですし、
    明日の朝から大きなお友達が 50000株くらい 成り買いいれたら
    S高くらいすぐしそうですねww

  • すげー。。無言の圧力でどんどん押し上げてる。

    これはたぶん、個人の人かな。

    残り10分。どうなんだろ。見てるだけでも楽しい。

  • ゲーム会社じゃないんだから、いきない利益が何十億はないでしょう・・

    ポケモン アマゾン て 響きがあれば、仕手化させるには十分な材料だけどなー

    昨日盛り上がったから、数日はおもしろそうだけど。

  • 出来高と、下げのスピードが一致してないきがするけどね。

    短期の人は、昨日 売って、今 買ってるところでしょ?

  • いくらなんでも、ポケモン甘く見すぎだと思う。

    昨日が初動なんだから、今日売ってるのなんて、売り煽られて手放した個人だけでしょ・・・

  • S高は無理かー

    でも、今週は楽しめそうだ。

  • ゆっくり集めて、引けでS高。明日は寄りから高そうだ って なると思うんだけどな

  • ポケモンって響きだけで、インパクト大。

    赤字会社で、株価低迷。一端 アマゾン効果で急騰も、ズルズル下がって拾い放題。

    株数もそこまであるわけじゃなく、やりたい放題できそう。

本文はここまでです このページの先頭へ