ここから本文です

投稿コメント一覧 (4571コメント)

  • >>No. 12285

    >今月中にはコインチェック認可予想

    いつもそんなこと言ってるけど、いつも予想が外れ、いつも先延ばしにしてるね。

  • >>No. 12287

    >eスポーツは、現在12兆円市場だ。

    ドリームサポーターは、アイドル、ミュージシャン、パフォーマー、インフルエンサー、 映画製作者、画家、スポーツ選手、E-スポーツ選手等に対して 表現発表の場と収益獲得のためのプラットフォーム「パテルシステム(PTRsystem)」を開発し、提供いたします。

  • 11月6日に、仮想通貨ステラ(XLM)の開発を行う非営利団体Stellar Development Foundationが、世界的に有名な仮想通貨ウォレット提供会社Blockchainと提携し、総額1.25億ドル(約140億円)相当のXLMをBlockchainウォレット顧客にAirdropすることを発表した。
    2011年に設立されたBlockchainは、現時点で3000万近いウォレット発行数を誇っており、140カ国の国々でサービス提供を行なっている。
    そして、既存対応通貨のビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュに加え、今月11月には、仮想通貨ステラへの対応も開始している。
    今回のAirdropは全てのユーザーを対象に行われることが以下のように示唆され、1人あたり25ドル(約2800円)相当のXLMを受け取ることができると予想されている。

    まあ、こんなの貰っても値上がりきたいどころか逆に配布されたものの売り圧力で下げるリスクが大きいだろうけど、とにかく仮想通貨は最初に売り出された時に購入しなければ大きく勝つ期待ができないよね。

  • >>No. 12281

    >最高税率が55%にもなる日本の懲罰的税制をなんとかしろよ。

    この問題は私も何度も指摘していますけど、ここの投稿者は仮想通貨の税金は支払わなくてもいいので、ここで訴えても効果はありません。

  • >>No. 12280

    >ゲームが上手ければお金を稼ぐ事が出来るという事なのですから。

    オンラインで世界中のユーザーと対決可能。対戦相手に勝利すれば敗者からMINDOLポイント(MINDOLポイントは専用ウォレットを通じて仮想通貨MINDOLと等価交換可能)を獲得でき、白熱したバトルが世界中で繰り広げられます。

    って、賭博やん~

    賭け麻雀もスキルでお金を稼ぐことが出来るけど、日本の法律では禁止されていますよね。

  • >>No. 12275

    >上がってから買うのではなく、
    >下がったら買う

    400円から下がって買ったら、さらに半値以下になっただろ?

  • >>No. 12277

    >投機と違い、投資は時間がかかる


    昨日は、上がれば売り、下がれば買いだと投稿していたはずだが・・・

  • >>No. 12272

    オンラインで世界中のユーザーと対決可能。対戦相手に勝利すれば敗者からMINDOLポイント(MINDOLポイントは専用ウォレットを通じて仮想通貨MINDOLと等価交換可能)を獲得でき、白熱したバトルが世界中で繰り広げられます。

    って、賭博やん~

    MINDOLは日本の中で眠っている才能、埋もれているコンテンツ、これらの貴重な資源を発掘して、世界へアピールするための応援プロジェクトです。

    代表者:福原 史洋

    所在地:東京都新宿区四谷4-27-16NKビル3F?

    所在地:Suite2012 20/F Tower1 TheGateway 25 CantonRoad TsimShaTsui Kowloon HongKong?

    日本から出た?

    アヴァンティ・インターナショナル⇒MINDOL株式会社
    このプロジェクトのためにわざわざ社名を変更したのでしょうか。
    社名変更前の株式会社アヴァンティ・インターナショナルを検索してみましたが、こちらも情報は見つからず、唯一見つかったそれらしき情報は
    革製品を扱っている企業だったということです。
    ついでに住所も書いてあったので検索して調べて見たのですが、どうやら該当している帝国ホテルにはレンタルオフィスがあるそうで、詳しい情報は掴めなかったのですが、怪しさ満載なのは間違いなさそうです。
    怪しいポイントが多く見つかる結果となりました。ICOを見極める上で最も重要な要素のプロジェクトの運営会社と責任者からすでに信用できない状況ですね。

    社名も所在地も変更しているようですし、社長の経歴を検索してもでてこない日本人が作った賭博の仮想通貨でしょうか?

  • >>No. 12272

    ロナウジーニョも広告塔ですね。

  • つまり、まっとうなコインかどうかもわからない、松居一代氏は広告塔でも外国では無名のミンドルでさえ上場した時に買っていれば10倍以上になったわけです。

    しかも、このミンドル
    オンラインで世界中のユーザーとフリーキック対決が可能。対戦相手に勝利すれば敗者からMINDOLポイント(MINDOLポイントは専用ウォレットを通じて仮想通貨MINDOLと等価交換可能)を獲得でき

    って、賭博やん~

    法律云々より、問題になりそうですね。

    それでも法的問題さえなければ、投資対象としてはXRPはよりは期待出来そうですね。

  • ミンドル9/13coinsuperに上場


    松居一代はミンドルの広告塔として契約したが、広告塔としての仕事をしなかったので揉めているようですね。

    MINDOL(ミンドル)は”オタク文化”などのサブカルチャーを全世界に広げるために「クールジャパン」を基本軸とした新しいコンテンツ創出を目指すICOプロジェクトです。

    ロードマップ
    2018年4月:第一次セール開始
    5月:第2時セール開始
    6月:アニメプロジェクト詳細発表
    8月:ボカロアイドル製作開始
    10月:プロジェクト連動TV番組スタート、インフルエンサー企画スタート、女の子Ver小説発表
    12月:人気絵師&人気人形師フィギュア製作開始
    2019年1月:女の子Verコミック連載開始
    3月:海外(ドバイ)の取引所にて上場予定
    4月:男の子Ver小説発表


    しかし、上場はしたものの、上記ロードマップにあるプロジェクトが実施されてという開示がホームページに見当たりませんので、注意が必要でしょうね。

    9/13coinsuperに上場したミンドルですが、
    60円スタートから上場直後に700円
    その後40円付近まで落ち込むも
    9/13時点100円前後

    7月:秋葉原に声優カフェ開店予定、トークン決済可能、男の子Verコミック連載開始
    8月:2019コミックマーケットブース設置
    9月:ボカロアイドルメジャーレーベルよりデビュー
    2020年2月:2019ワンダーフェスティバル冬にてフィギュアを販売、出演声優発表
    4月:TVアニメ放送開始(1クール)出演声優によるラジオ番組開始、オープニング、エンディング曲CD発売
    7月:ファンイベント開催DVD化発表、ゲーム化発表アニメ第2弾制作発表

  • >>No. 12262

    松居一代が今度は仮想通貨でトラブル。イベントドタキャンで4億円分MINDOLの行方は?

    仮想通貨『MINDOL』を巡るトラブル


    今回、松居さんとトラブルとなっているというのは、仮想通貨『MINDOL(ミンドル)』を運営するMINDOL HOLDINGS LIMITEDだ。日本のアニメやハリウッド映画に出資し、将来はゲームの中でも利用できる通貨にしたいとしている。
    街中ではまだあまり知られていないこの仮想通貨『MINDOL』だが、それもそのはず、実は今年2月に設立したばかりの会社だ。
    そこで、知名度を上げるために起用を考えたのが、人気ブロガーでもある松居一代さんだったという。

    今年4月の初対面での様子について、MINDOL社の幹部は「『私がやったら間違いなく大成功するわよ』と言っていただけましたし、お会いした時もまともな印象を受けました」と振り返る。


    松居さんは投資にも前向きで、今年5月のパーティーでも広告塔として活動することも快諾したという。しかし、パーティー当日。芸能人や資産家など250人が集まる中、なぜか姿を見せなかったという松居さん。

  • 下がったら買い
    上がったら売る

    のならば、下がったから買った。上がったから売ったと書けばいいのでは?

  • >>No. 12255

    トラブルというか、松井氏とミンドルで揉めているようです。

    しかし、松井氏がミンドルで大儲けしたことは間違いないようで、仮想通貨で大儲けしたいのならばXRPでは難しいという事です。

  • >>No. 12256

    下がったら買い
    上がったら売るだけ
    まだリップル持ってないの?

    って、意味わかります?

    下がったら買い上がったら売るだけならば別にXRPでなくてもいいわけです。

  • 結局仮想通貨で儲かるのは、前から日本で売り出されているコインではない。

    松居一代は仮想通貨で大儲け 不屈の商魂でTV復帰も近い?
    公開日:2018/10/13 06:00

    ハイリスク・ハイリターン(C)日刊ゲンダイ

     船越英一郎(58)との離婚バトルで騒がれた松居一代(61)が、投資家として話題に。仮想通貨「MINDOL(ミンドル)」で大儲けし、同社が米ニューヨークのタイムズスクエアに掲げている広告を見るために息子とその友人2人を連れて米国旅行したとブログで明らかにした。

  • XRPまた下がりましたね。いったいいつになれば上がるんだ?

    BCHが独歩安、全体的に軟調な動き 仮想通貨ビットコイン相場市況(11月8日)

    8日のビットコイン相場(BTC/JPY,bitFllyer)は1日を通じて軟調な展開となった。先週末からビットコインキャッシュが上昇しているが、本日の市場の中では同通貨の下落率が他の通貨に比べて高い。

  • で、下がれば買い煽り軍団はいなくなる・・

  • まあ、これからは日本の取引所で時価総額上位の仮想通貨だけを売買しても勝てる確率は低いでしょう。

    足元のファンダメンタル材料は?
    近くの注目すべきファンダメンタル材料としては、韓国の仮想通貨取引所の取引高が増加している事と、ビットフューリー社が90億円もの新規調達をした事に関するニュースだ。
    直近、世界の仮想通貨取引所の取引高ランキングで韓国のビッサムとアップビットがトップ10入りをしている。
    2017年の上昇相場をけん引した重要国である韓国の取引高が増加している事が投資家のプラス材料となっており、この動きに対してCCNはビットコインと韓国ウォンのトレードペアが増加している事が背景にあると指摘している。
    またビットフューリー社が私募による資金調達を実施。今回の資金調達ラウンドでは8000万ドル、日本円にして約90億円もの調達に成功しており、日本の大手広告代理店電通や、仮想通貨の業界で著名な著名なマイク・ノボグラッツ氏が率いるギャラクシー・デジタルなどが参加。

  • 相変わらず拾った記事を毎日何回も貼る馬鹿がいますね。

    そんなの、仮想通貨のニュース一覧がでているサイトをお気に入りに入れておけばスグに見れますから、仮想通貨に関心のある人は役に立ちそうな記事ならみていますから・・

本文はここまでです このページの先頭へ