IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (42コメント)

  • 先進国イギリスの首相が非接触型のテレビ電話を推奨するとは時代がきたね
    3/22(日) 12:02配信Yahooニュース 時事通信

    「母の日」気持ちは電話で 英首相
    ジョンソン英首相=20日、ロンドン(AFP時事)

     【ロンドン時事】ジョンソン英首相は21日、報道機関を通じた国民向けのメッセージで、新型コロナウイルスの感染拡大阻止で市民が適切な行動を取らなければ、医療体制が「イタリアと同じように圧倒されることになる」と述べた。

    【写真】外出制限で、すっかり客が消えたロンドンの地下鉄

     医療崩壊の恐れを警告したもので、自宅にとどまるよう改めて要請した。

     イタリアでは21日、死者が前日より793人増えて4825人に達した。医療施設は患者の急増に対応できなくなっている。

     英国では22日が「母の日」に当たる。首相はリスクの高い高齢の母親を念頭に「皆さんが母親を訪ね、食事を共にしたいのは分かるが、今回は電話やビデオ通話を使うのが最善だ」と接触を避けるよう呼び掛けた

  • イタリアと同じように圧倒されることになる

    3/22(日) 12:02配信Yahooニュース 時事通信

    「母の日」気持ちは電話で 英首相
    ジョンソン英首相=20日、ロンドン(AFP時事)

     【ロンドン時事】ジョンソン英首相は21日、報道機関を通じた国民向けのメッセージで、新型コロナウイルスの感染拡大阻止で市民が適切な行動を取らなければ、医療体制が「イタリアと同じように圧倒されることになる」と述べた。

    【写真】外出制限で、すっかり客が消えたロンドンの地下鉄

     医療崩壊の恐れを警告したもので、自宅にとどまるよう改めて要請した。

     イタリアでは21日、死者が前日より793人増えて4825人に達した。医療施設は患者の急増に対応できなくなっている。

     英国では22日が「母の日」に当たる。首相はリスクの高い高齢の母親を念頭に「皆さんが母親を訪ね、食事を共にしたいのは分かるが、今回は電話やビデオ通話を使うのが最善だ」と接触を避けるよう呼び掛けた)

  • コロナ>市川の20代会社員が感染 海外渡航なし、感染ルート不明
    3/22(日) 10:02配信Yahooニュース 千葉日報オンライン
     千葉県は21日、市川市に住む20代男性会社員の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。男性は37度台の発熱やせき、頭痛の症状があり、自宅療養中。発症前2週間以内の海外渡航歴がなく、感染者との接触も確認されておらず、感染ルートは不明。

     県によると、男性は14日、微熱やせきの症状が現れた。15日に車で病院を受診。症状が改善せず、その後も市川市内の二つの診療所を自転車で訪れ、検査の結果、20日に陽性と判明した

  • アンジェスの少女ハイヅ 倉らがたった?

  • 衆院が運用 とは もはや国策 サーモグラフィー いづれ下は上をまねる

    衆院は19日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、傍聴者用の受付にサーモグラフィーを設置することを決めた。来週から運用を始める。傍聴者の体温をチェックし、37.5度以上の熱がある場合は入館を控えるよう求める。
     本館と分館の2カ所に設置。19日の議院運営委員会理事会で了承した。参院は既に導入している。(2020/03/19-14:28

    下は上をまねる

  • ,コロナのせいで施設やイベントが休業させられ開けなくても経費はかかるから赤字は積み上がる一方。

    そんな企業が「うちは、やることやってますよ」と口に出せる行動は「サーモ」だから、サーモは貴重な免罪符的な存在かも!日本アビオ!サーモ サーモ サーモ

    なんとか再開したいという施設やイベント業者ができること サーモ もはや免罪符的な存在かも! 

    コロナのせいで体温 熱のチェック機器 から もう一つの 免罪符的ニーズへ 

    ●過去の疫病には免罪符が登場  歴史は繰り返す●

    3/22(日) 6:03配信 Yahooニュース8カンテレ

    ■“見えない敵”を気にする毎日…神頼みも増える

    薄田キャスター:
    「大阪市内の神社に来ています。この場所で今、あるものが売れているそうなんです」

     製薬会社が立ち並ぶ薬の街、道修町にある少彦名神社。薬の神様が祀られていて、今、多くの参拝客が訪れています。中には製薬会社の人も…。

    田村薬品工業 総務部長:
    「薬も扱っていますので、1日も早くコロナウイルスの蔓延がおさまりますようにという意味を込めて」

     ここにある新型コロナウイルスの退散を祈願した『健康御守り』が人気を集めています。

    巫女:
    「新型コロナウイルスの退散を祈願いたしまして、こちらの健康御守りもありますが…?」

    参拝客:
    「はい。そちらもひとつ…」

    群馬県から来た人:
    「早くコロナが終息して無事に幸せに過ごせればいいなと思いまして」

     江戸時代、コレラが大阪で流行した時にも、この神社が病除けの薬と御守りを授けたと伝えられています。

    少彦名神社 宮司:
    「おそらく(国の対策が発表されてから)100個以上は売れているというようなことになっていると思います。お守りを持っていただくことによって自己防衛というような形で、皆さん防御していただきたいなという気持ちです」

     新型コロナウイルス、早く終息しますように…。


    (関西テレビ3月17日放送『報道ランナー』内「知っトク!ニュースなオカネ」より


    もう莫大な固定費赤字に悲しむ 悲報一方の 施設 イベント 経営者 企業 は 免罪符へ

    サーモ サーモ サーモ.

  • 2020/03/22 12:40

    ちいちゃん

  • 売上98%ダウンも...「あと何カ月我慢すれば」悲壮な飲食業者 宴会の中止・自粛が直撃

    3/20(金) 19:06配信 Yahooニュース京都新聞

    売上98%ダウンも...「あと何カ月我慢すれば」悲壮な飲食業者 宴会の中止・自粛が直撃
    金融相談会で、融資を受けられるよう相談する飲食業者(手前)=大津市内

     新型コロナウイルスの感染拡大に伴うイベントや宴会の中止・自粛が、滋賀県内の飲食業を直撃している。「あと何カ月我慢すればいいのか」「不安材料しかない」。16日、大津市内で開かれた日本政策金融公庫大津支店による業界団体向け金融相談会では、終息の見通せない現状に経営者が口々に不安や不満を訴えた。

    【写真】にぎわいどこへ...錦市場もガラガラ

     「東日本大震災も不景気もくぐり抜けてきたが、今回の打撃はすごい」。県立びわ湖ホール(同市)内のレストランの女性経営者は決算書に目を落とし、悲壮な表情を浮かべた。オペラなどの公演が軒並み中止や延期となった影響で客足ががくんと減り、3月の売上高は前年比98%ダウン。事前に仕入れた食材費などの月末支払いが迫る中、相談に訪れ、緊急融資を受けるのに必要な書類の準備に追われた。

     テナント料の支払いも悩みの種だ。女性経営者は「店を開けても利益が上がらないのに、休館時以外は保証がない。状況を考慮し、もっと柔軟にフォローしてほしい」とこぼした。

     この日、相談に訪れたのは県喫茶飲食業生活衛生同業組合に加盟する計7業者。1業者当たり30分で公庫の担当者と面談し、従業員の給料などに充てる資金の融資制度の説明に聞き入った。

     草津市内で複数の居酒屋を経営する男性(39)は、予約のキャンセルで足元の売り上げが約20%減に。「あり得ない。まさかこんなことになるとは」。歓送迎会シーズンの3月は例年、予約で埋まるが、今年は週末でも予約ゼロの日があるという。

     大津市内で飲食店を営む男性(56)も「先が読めない…」と何度も繰り返した。今月に入って夜の宴会予約が全てキャンセルとなり、売り上げがほぼ半減した。「来てくれるのは友人ぐらい。3、4月は稼ぎ時なのに数字が上がってこない。『いつまで続くのか』と飲食業の人はみんな、その話ばかり」と嘆息した

  • 早く実現してほしいが当然にまだまだ時間かかるよね?

    今すぐできるのは 体温の警戒+チェック=6946日本アビオ あびーん

  • 収束が見えない新型コロナ

    どんどん世界中を巻き込んでいる

    もちろん日本も

    しかも世界中にどんどん広がって次から次へとニュースが追加 テレビはコロナだらけ もはや地球規模へ

    長いよ このソーバ

  • なかなか検査されないで群馬保育士重症 気の毒

    群馬 初の感染確認 40代保育士女性が重症
    2020年3月7日 23時15分NHK NEWS WEB
    新型コロナウイルス
    群馬県は、太田市に住む40代の保育士女性が、新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表しました。群馬県で感染者が確認されたのはこれが初めてで、県によりますと、県内の医療機関に入院していて重症だということです。

    新型コロナウイルスの感染が確認されたのは、群馬県太田市に住み、同じ市内の保育所に勤務する40代の保育士の女性です。

    県によりますと、女性は先月27日、勤務中に体調不良を感じ、2日後の29日に38度の熱があったため、1つ目の医療機関でインフルエンザの検査を受け、陰性と判定されました。

    その後、今月3日に2つ目の医療機関で受診しましたが、せきや息苦しさが続いたため、6日に改めて2つ目の医療機関で受診し、レントゲン検査で肺炎と診断されたため、3つ目の感染症の指定医療機関に転院し、7日に県衛生環境研究所のPCRと呼ばれる遺伝子レベルの検査で、新型コロナウイルスの感染が確認されたということです。

    群馬県で感染者が確認されたのはこれが初めてで、女性は入院していて重症だということです。

    女性はこの間、3日にわたってマスクをしたり、早退したりして勤務していて、県は現在、保育所に通っている子どもや同僚、それに同居している家族などの体調に、異常がないかどうか調べています。

    県によりますと、女性に海外への渡航歴はなく、体調不良を感じて以降、公共交通機関は使っていないということです。

    県は引き続き、感染経路や女性の詳しい行動歴などを調査することにしています

    検査は とっとと

  • 早く検査結果が出ていればとの思いが拭えない

    窓越しに最後の面会 「死を無駄にしないで」 新型肺炎で感染者遺族
    3/7(土) 7:39配信 Yahooニュース時事通信

     国内各地で猛威を振るう新型コロナウイルスに感染し、死亡した80代男性の遺族が6日までに時事通信の取材に応じ、「窓越しに防護服を着て臨んだ」と面会の様子を振り返った。

     「死を無駄にしないでほしい」。治療法の確立などに向け、遺族は感染に関するデータを医療従事者間で共有することに同意したという。

     遺族によると、男性に発熱の症状が出たのは2月上旬。インフルエンザの検査は陰性で、解熱剤などを処方されたが熱は下がらず、病院に搬送された。親族が医師に頼み込んで新型コロナウイルスの検査が実現。陽性が確認されたが、発熱を訴えてから1週間がたっていた。「もう少し早く検査結果が出ていれば」との思いが拭えない。

     男性は重度の肺炎で容体が悪化し、抗エイズ薬も投与された。症状が一進一退する中、遺族は2月下旬、減圧された集中治療室にいる男性との面会を病院側に申し入れた。

     認められたのは、隣接する部屋の小窓越しの面会。防護服や高性能マスク、ゴーグル、手袋、靴カバーの着用を求められ、ウイルスの付着を警戒してスマートフォンの使用も禁じられた。

     男性は人工呼吸器を付けベッドに横たわっていた。窓越しのため、声を掛けることもかなわなかった。面会時間はわずか数分。「おじいちゃん、頑張って」。回復への望みはかなわず、男性は翌日死亡した。「肩で呼吸をする感じでしんどそうだった。別人のように顔がパンパンに腫れていた」。男性の最期を思い出すと、今でも涙がこぼれる。自治体の紹介で、感染者を扱った経験のある業者に火葬を依頼したが、新型コロナウイルスの感染を告げるとちゅうちょされた。遺体は防疫のため専用の袋に包まれ、顔を見ることができなかった。霊きゅう車の利用も拒まれ、業者が用意した別の車両で火葬場に搬送したという(

  • (もう少し早く検査結果が出ていればとの思いが拭えない

    窓越しに最後の面会 「死を無駄にしないで」 新型肺炎で感染者遺族
    3/7(土) 7:39配信 Yahooニュース時事通信

     国内各地で猛威を振るう新型コロナウイルスに感染し、死亡した80代男性の遺族が6日までに時事通信の取材に応じ、「窓越しに防護服を着て臨んだ」と面会の様子を振り返った。

     「死を無駄にしないでほしい」。治療法の確立などに向け、遺族は感染に関するデータを医療従事者間で共有することに同意したという。

     遺族によると、男性に発熱の症状が出たのは2月上旬。インフルエンザの検査は陰性で、解熱剤などを処方されたが熱は下がらず、病院に搬送された。親族が医師に頼み込んで新型コロナウイルスの検査が実現。陽性が確認されたが、発熱を訴えてから1週間がたっていた。「もう少し早く検査結果が出ていれば」との思いが拭えない。

     男性は重度の肺炎で容体が悪化し、抗エイズ薬も投与された。症状が一進一退する中、遺族は2月下旬、減圧された集中治療室にいる男性との面会を病院側に申し入れた。

     認められたのは、隣接する部屋の小窓越しの面会。防護服や高性能マスク、ゴーグル、手袋、靴カバーの着用を求められ、ウイルスの付着を警戒してスマートフォンの使用も禁じられた。

     男性は人工呼吸器を付けベッドに横たわっていた。窓越しのため、声を掛けることもかなわなかった。面会時間はわずか数分。「おじいちゃん、頑張って」。回復への望みはかなわず、男性は翌日死亡した。「肩で呼吸をする感じでしんどそうだった。別人のように顔がパンパンに腫れていた」。男性の最期を思い出すと、今でも涙がこぼれる。自治体の紹介で、感染者を扱った経験のある業者に火葬を依頼したが、新型コロナウイルスの感染を告げるとちゅうちょされた。遺体は防疫のため専用の袋に包まれ、顔を見ることができなかった。霊きゅう車の利用も拒まれ、業者が用意した別の車両で火葬場に搬送したという
    )

  • もう少し早く検査結果が出ていればとの思いが拭えない

    窓越しに最後の面会 「死を無駄にしないで」 新型肺炎で感染者遺族
    3/7(土) 7:39配信 Yahooニュース時事通信

     国内各地で猛威を振るう新型コロナウイルスに感染し、死亡した80代男性の遺族が6日までに時事通信の取材に応じ、「窓越しに防護服を着て臨んだ」と面会の様子を振り返った。

     「死を無駄にしないでほしい」。治療法の確立などに向け、遺族は感染に関するデータを医療従事者間で共有することに同意したという。

     遺族によると、男性に発熱の症状が出たのは2月上旬。インフルエンザの検査は陰性で、解熱剤などを処方されたが熱は下がらず、病院に搬送された。親族が医師に頼み込んで新型コロナウイルスの検査が実現。陽性が確認されたが、発熱を訴えてから1週間がたっていた。「もう少し早く検査結果が出ていれば」との思いが拭えない。

     男性は重度の肺炎で容体が悪化し、抗エイズ薬も投与された。症状が一進一退する中、遺族は2月下旬、減圧された集中治療室にいる男性との面会を病院側に申し入れた。

     認められたのは、隣接する部屋の小窓越しの面会。防護服や高性能マスク、ゴーグル、手袋、靴カバーの着用を求められ、ウイルスの付着を警戒してスマートフォンの使用も禁じられた。

     男性は人工呼吸器を付けベッドに横たわっていた。窓越しのため、声を掛けることもかなわなかった。面会時間はわずか数分。「おじいちゃん、頑張って」。回復への望みはかなわず、男性は翌日死亡した。「肩で呼吸をする感じでしんどそうだった。別人のように顔がパンパンに腫れていた」。男性の最期を思い出すと、今でも涙がこぼれる。自治体の紹介で、感染者を扱った経験のある業者に火葬を依頼したが、新型コロナウイルスの感染を告げるとちゅうちょされた。遺体は防疫のため専用の袋に包まれ、顔を見ることができなかった。霊きゅう車の利用も拒まれ、業者が用意した別の車両で火葬場に搬送したという
    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    新型コロナ検査+民間=4544 みらか

    新型コロナ検査+民間=4694BML

    検査

    //////////////////////////////////////////

  • コロナ新型コロナ感染抑止へ「行かない方がいい場所」とは? 専門家会議の見解まとめ
    3/8(日) 13:10配信 YahooニュースTHE PAGE
    新型コロナウイルスの感染が日本全国に広がり、連日、各地で新たな感染者の発生が伝えられています。政府の専門家会議から、感染拡大を最小限に抑えるために「できるだけ行かない方がいい場所」について呼びかけがありました。「10代、20代、30代の皆さん。(中略)皆さんが、人が集まる風通しが悪い場所を避けるだけで、多くの人々の重症化を食い止め、命を救えます」専門家会議によると、これまでに国内の症例を分析して分かってきたことは症状の軽い感染者が気づかないうちに感染拡大させてしまっている可能性、若い世代は重症化する割合が非常に低いことから、すでに感染はしていても症状が軽いため、活発に移動するなど通常の活動を持続し、結果として多くの中高年世代に感染が及んでいる可能性があることを示しました。
    さらに重要なポイントが加わります。「一定条件を満たすと、1人が複数人に感染させることがある」というのです。そして、その一定の条件というのが、呼びかけの中にあった「人が集まる風通しの悪い場所」なのです。新型コロナ感染抑止へ「行かない方がいい場所」とは? 専門家会議の見解まとめ
    「人が集まる風通しの悪い場所」感染者から複数の人たちに集団感染した事例が報告された場所です。人が集まる風通しの悪い場所」という同様の条件を満たす場所であれば、上記以外でも感染のリスクはあります。新型コロナウイルスの主な感染経路は、咳やくしゃみなどによる「飛沫感染」と、感染者が触ったものなどを通じた「接触感染」であることが分かっています。
    感染者と「濃厚接触」した人は感染リスクが高まりますが、濃厚接触とは必ずしも身体的な接触だけでなく、感染者と一定の時間、同じ空間で対面の会話をする場合なども含まれるといいます。専門家会議は、これまでに集団感染が発生した場所の共通点は「換気が悪く」「人が密に集まって過ごすような空間」で「不特定多数の人が接触する恐れが高い場所」だと指摘しています。
    「規模の大小にかかわらず、風通しの悪い空間で人と人が至近距離で会話する場所やイベントにできるだけ行かないこと」と呼びかけています 

    コロコロな

  • もう検査でしょ
     
    6日異変なし→7日急変し死亡…“死亡後の検査”で男性の新型コロナ感染を確認 感染者と接触あり

    3/8(日) 18:15配信 yahooニュース東海テレビ

    6日異変なし→7日急変し死亡…“死亡後の検査”で男性の新型コロナ感染を確認 感染者と接触あり
    新型コロナウイルス 画像提供:国立感染症研究所

     名古屋市は、7日病院に救急搬送され、死亡した男性について、その後新型コロナウイルスへの感染を確認したと発表しました。東海3県で感染者が死亡したのは初めてです。死後、新型コロナウイルスへの感染が確認されたのは、名古屋市の男性です。市によりますと、6日夕方、男性に異変がないことを家族が確認しましたが、7日朝には体調が急変していて、心肺停止状態で救急搬送された後、死亡が確認されました。

     男性にはすでに判明している別の感染者との接触があり、死亡後に検査したところ、新型コロナウイルスに感染していたことが確認されました。

     死因が新型コロナウイルスによるものかどうかは、市は把握していないとしています。

     また、7日感染を確認した段階で発表しなかった理由について、市は「遺族に連絡がつかなかったため」と釈明しました。

     東海3県で新型コロナウイルスの感染者が死亡するのは初めてです
    検査!

  • やっぱ とっとと検査でしょ!

    6日異変なし→7日急変し死亡…“死亡後の検査”で男性の新型コロナ感染を確認 感染者と接触あり

    3/8(日) 18:15配信 yahooニュース東海テレビ

    6日異変なし→7日急変し死亡…“死亡後の検査”で男性の新型コロナ感染を確認 感染者と接触あり
    新型コロナウイルス 画像提供:国立感染症研究所

     名古屋市は、7日病院に救急搬送され、死亡した男性について、その後新型コロナウイルスへの感染を確認したと発表しました。東海3県で感染者が死亡したのは初めてです。死後、新型コロナウイルスへの感染が確認されたのは、名古屋市の男性です。市によりますと、6日夕方、男性に異変がないことを家族が確認しましたが、7日朝には体調が急変していて、心肺停止状態で救急搬送された後、死亡が確認されました。

     男性にはすでに判明している別の感染者との接触があり、死亡後に検査したところ、新型コロナウイルスに感染していたことが確認されました。

     死因が新型コロナウイルスによるものかどうかは、市は把握していないとしています。

     また、7日感染を確認した段階で発表しなかった理由について、市は「遺族に連絡がつかなかったため」と釈明しました。

     東海3県で新型コロナウイルスの感染者が死亡するのは初めてです。
    ]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]

    新型コロナ検査+民間=4544 みらか

    新型コロナ検査+民間=4694BML

    検査お先に

  • the WHO 新型ウイルス「夏場に消えるというのは誤った期待」

    2020年3月7日 4時22分NHK NEWS WEB

    新型コロナウイルス
    WHO=世界保健機関は、感染が拡大する新型コロナウイルスについて、「インフルエンザのように夏場になれば消えるというのは誤った期待だ」として、各国は自然に終息するのを待つのではなくいま取り得る対策に全力を尽くす必要があると強調しました。

    WHOで危機対応を統括するライアン氏は6日、スイスのジュネーブにある本部で開いた記者会見で「ウイルスが異なる気候状況でどのように変化するかまだ分かっていない。インフルエンザのように夏場は消えるというのは誤った期待だ」と述べました。

    そのうえで「ウイルスが消えるのを待つのではなく、いまこそ闘う必要がある」と述べ、各国は自然に終息するのを待つのではなく、いま取り得る対策に全力を尽くす必要があると強調しました。

    また、WHOのテドロス事務局長は世界の感染者がおよそ10万人になったことについて「低所得国や医療態勢がぜい弱な国にも広がっており非常に懸念している。感染のスピードを遅らせて病院や各国政府が対応できるようにし、さらに時間をかせぐべきだ」と述べ、各国に対して検査や感染者の隔離、感染経路の追跡などを強化するよう呼びかけました;
    /

  • (WHO 新型ウイルス「夏場に消えるというのは誤った期待」

    2020年3月7日 4時22分NHK NEWS WEB

    新型コロナウイルス
    WHO=世界保健機関は、感染が拡大する新型コロナウイルスについて、「インフルエンザのように夏場になれば消えるというのは誤った期待だ」として、各国は自然に終息するのを待つのではなくいま取り得る対策に全力を尽くす必要があると強調しました。

    WHOで危機対応を統括するライアン氏は6日、スイスのジュネーブにある本部で開いた記者会見で「ウイルスが異なる気候状況でどのように変化するかまだ分かっていない。インフルエンザのように夏場は消えるというのは誤った期待だ」と述べました。

    そのうえで「ウイルスが消えるのを待つのではなく、いまこそ闘う必要がある」と述べ、各国は自然に終息するのを待つのではなく、いま取り得る対策に全力を尽くす必要があると強調しました。

    また、WHOのテドロス事務局長は世界の感染者がおよそ10万人になったことについて「低所得国や医療態勢がぜい弱な国にも広がっており非常に懸念している。感染のスピードを遅らせて病院や各国政府が対応できるようにし、さらにワクチンや治療法を確立する時間をかせぐべきだ」と述べ、各国に対して検査や感染者の隔離、感染経路の追跡などを強化するよう呼びかけました。

    このほか、日本と韓国が互いに入国を制限する措置を打ちだしたことについて、ライアン氏は、「両国は感染を封じ込めるため、すばらしい措置を取っている。そのことに集中すべきで、両国の渡航制限は有益ではないしけんかをするべきでない」と述べました、

本文はここまでです このページの先頭へ