ここから本文です

投稿コメント一覧 (1333コメント)

  • だいぶ戻しましたね!
    日銀さん、ありがとうございます!!

  • 今日上がっていますよ!
    良かったですね!
    これから上がっていくでしょう!

  • 昨日は久しぶりに日銀の指数連動型のETFの爆買いがありました。今日もありそうですね!

  • 今日もまた午後から日銀の指数連動型のETFの爆買いがありそうです。それによって少し戻すでしょう。

  • また米中貿易戦争が不透明になってきたし、ソンドランド駐欧州連合(EU)大使がトランプ政権がホワイトハウスでの米ウクライナ首脳会談開催などの見返りとして、野党・民主党のバイデン前副大統領の不正調査を同国に求めたと証言したからね。しばらくゴタゴタしそうですよ。

    もっともっとさがるかも。

  • 日経平均が2万3千円を切りましたので、今日も日銀さんのETF買いがありそうですね。

  • リスク回避優勢か 米中協議に再び懸念(先読み株式相場)
    2019/11/21 7:06
    21日の東京株式市場で日経平均株価は続落か。米中貿易協議が難航しているとの報道が相次ぎ、前日の米株式市場で主要3指数がそろって下落した。東京市場でも運用リスクを回避する動きが優勢となるだろう。ただ、外国為替市場で円相場がやや円安・ドル高に振れており下値は限られそうだ。市場では2万3050円が下値メドになるとの声があった。

    20日の米株式市場で米ダウ工業株30種平均は続落し、前日比112ドル安の2万7821ドルで終えた。ロイター通信が20日、米中貿易協議の第1段階の合意について「来年にずれ込むかもしれない」と米政権に近い関係者の話として報じ、投資家心理が悪化した。中国は追加関税の撤廃を要求し、米政権も知的財産保護などで中国への要求を強めているという。19日には米ウォール・ストリート・ジャーナル紙が元米政府高官らの話として「米中の貿易協議は行き詰まる危険がある」と報じていた。

  • WSJ

    アリババ、香港IPOで1.2兆円調達 投資家の応募殺到

    アリババは香港IPOで公開価格をADRの2.9%安に設定し、880億香港ドルを調達した
    Joanne Chiu
    2019 年 11 月 20 日 23:00 JST

     中国の電子商取引最大手 アリババグループ は20日、香港での新規株式公開(IPO)で880億香港ドル(約1兆2200億円)を調達したことを明らかにした。

     公開価格は1株176香港ドルに設定した。これはニューヨーク市場に上場しているアリババの米国預託証券(ADR)の直近終値を2.9%下回る水準だ。

     中国では「8」は縁起の良い数字だ。社名中の「ババ」の発音は「88」に似ている。香港市場での銘柄コードは「9988」だ。

     アリババは旺盛な需要を受けて、米国での注文受け付けを早期に終了した。

     関係者によれば、当初予定していた個人投資家への配分は全体の2.5%だったが、応募倍率が40倍を超えてクローバック条項が発動されたため、10%に相当する5000万株に引き上げられた。

     11月26日の取引開始後に引受会社が追加割当権を行使すれば、調達規模は130億米ドル近くに拡大する可能性がある。

  • WSJ

    アリババ、香港IPOで1.2兆円調達 投資家の応募殺到

    アリババは香港IPOで公開価格をADRの2.9%安に設定し、880億香港ドルを調達した
    Joanne Chiu
    2019 年 11 月 20 日 23:00 JST

     中国の電子商取引最大手 アリババグループ は20日、香港での新規株式公開(IPO)で880億香港ドル(約1兆2200億円)を調達したことを明らかにした。

     公開価格は1株176香港ドルに設定した。これはニューヨーク市場に上場しているアリババの米国預託証券(ADR)の直近終値を2.9%下回る水準だ。

     中国では「8」は縁起の良い数字だ。社名中の「ババ」の発音は「88」に似ている。香港市場での銘柄コードは「9988」だ。

     アリババは旺盛な需要を受けて、米国での注文受け付けを早期に終了した。

     関係者によれば、当初予定していた個人投資家への配分は全体の2.5%だったが、応募倍率が40倍を超えてクローバック条項が発動されたため、10%に相当する5000万株に引き上げられた。

     11月26日の取引開始後に引受会社が追加割当権を行使すれば、調達規模は130億米ドル近くに拡大する可能性がある。

  • <日経>
    ブロックチェーン中国急伸 特許出願、首位アリババ
    2019/11/21 2:00
    知的財産データベースを運営するアスタミューゼ(東京・千代田)がブロックチェーンの特許出願数を調べた。米中と日韓ドイツ5カ国の企業などが出願した累計の関連特許数は09~18年春に計約1万2千件だった。14年までは年100~200件台で推移したが、16年以降急増した。

    国別では「米国対中国」の構図が鮮明だ。累計出願数を出願人の国別に見ると、中国が約7600件と全体の6割強を占め、米国(約2600件)の3倍に達した。各年では15年まで米国が中国を上回ったが16年以降逆転した。日本は18年までの累計で約380件と、韓国(約1150件)に次ぐ4位だった。

    一方、知財サービス会社、日本技術貿易(東京・港)が米特許情報会社イノグラフィーの特許データを使って算出した企業別の出願ランキング(09~19年8月)では、中国のネット通販大手アリババ集団が512件で首位だった。2位はブロックチェーン企業の英nChain(468件)、3位が米IBM(248件)と続いた。

    「ビットコイン」のような暗号資産(仮想通貨)で使われるブロックチェーンは近年、用途が広がっている。食の安全を高める新しい生産・物流管理や、学習履歴に応じた新しい教育システムなどの開発が期待される。

    アリババはネット通販や傘下のスマホ決済「支付宝(アリペイ)」でブロックチェーン技術の活用を進める。ネット通販では商品の製造から物流、販売までのデータをブロックチェーンで管理し偽造品を防止したり、フィリピンと香港間で電子送金の仕組みを築いたりしている。

  • >>No. 834

    コンビニには銀行のATMがあるし、公共料金等の様々な支払いもできます。24時間営業をやめたとしても、銀行や郵便局よりもずっと長く窓口業務をやってくれています。
    宅配授受もコンビニにすると料金が割引になりドライバーの負担も軽減され宅配業者、利用者もWinwinですし、利用できるサービスが多岐にわたっています。

    コンビニのスイーツは値段の割に驚くほどおいしいです。
    コンビニはこれから拡大しなくても利益率を増やす工夫はたくさんできると思いますよ。

  • 今日久しぶりに日銀の指数連動型のETF703憶円の買いがありました。

    Credit Suisse Securitiesが空売りを追加しました。日銀さん一緒に外国機関投資家を踏み上げてください。
    <計算日> <空売り者><残高数量> <増減量>
    2019/11/18 Credit Suisse Securities 309,900株 +73,900

  • >>No. 834

    将来性なしと思うならコンビニを使わないでね。

  • 全体が下がっているときに日銀さんの指数連動型のETF買いがあるとここは上がりやすくなっています。買いだと思いますよ。

  • 今日久しぶりに日銀の指数連動型のETF 703億円の爆買いがありました。
    ファミリーマートは浮動株が少ないからその恵みは大きく受けられます。
    売り方注意した方がいいですよ。

  • 今日久しぶりに日銀の指数連動型のETF703億円の爆買いがありました。
    下がっている日が続いたから買うことにしたのかもしれませんね。
    明日から空売り気を付けた方がいいかもしれません。

本文はここまでです このページの先頭へ