IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (53コメント)

  • バイデン氏が環境政策発表、2兆ドル投資

    米大統領選の民主党候補のバイデン前副大統領は「クリーンエネルギーなどのインフラに4年間で2兆ドルを投資する」環境政策を発表した。

    電力発電による温暖化ガス排出を15年でゼロにする目標も掲げた。

  • 誰も言及していませんが先日発表されたIR

    「オリエンタルホテル」 ブランド等に係る商標権 の取得

    これはかなり将来的に大きな材料ですよ。

  • 紫外線消毒 徐々に広まってきています。

    全国の図書館で「書籍消毒機」需要増

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200508-00010030-chuspo-life

    書籍を紫外線により除菌。メーカーは「国内のほとんどの図書館から要望があると感じる。500件ほどの依頼がある」という。

    画像:日比谷図書館

  • 空気清浄機だけでなく殺菌棒も引き合いが多いとのことです。

    紫外線はあらゆるところに使用できます。

  • >>No. 922

    Withコロナ

    これは山中教授も言われているように長期戦になります。

    その中で今後、世の中に必要となるものが「除ウイルスによる安心」です。

    除ウイルスに使うものというとアルコールやオゾン、塩素系などあげられますが
    例えば、水に関していえば浄水場や下水処理場では実際にオゾン、塩素系が使われています(一部、紫外線も使われているところあり)

    ただ、ウイルスは変性したりクリプトスポリジウムのように塩素耐性があるものもあります。

    また、イニシャルコスト、ランニングコスト、安全性、作業性を考えるとオゾンや塩素より紫外線処理が圧倒的に良いので、今回のコロナ騒動により紫外線がどこかのタイミングで必ず見直されてくると考えらます。

    マスコミに取り上げられませんが、不特定多数が触れる「硬貨」が危険です。

    今後、スーパーなどで「当店のお釣りは全て紫外線殺菌しています」という流れになると思いますので、キャッシュレス化には追い風ですがコイン洗浄も必要です。

    まさに「こういうことしてます」が安心になると共に「あたりまえ」の世の中になると思います。今がその過渡期です。

  • ここ時価総額が低いですね。PER、PBRの指標も低すぎです。

    好業績であり今後はウィズコロナの生活になりますので、テーマは殺菌「紫外線」になるので株価2000円でも安いですよ。

    板が薄く安く買うのが難しい銘柄でありますが、飛ぶ前に仕込んでおきたい
    2020年のお宝銘柄です。

  • 深紫外線の水処理

    研究報告によるとコロナは下水中にかなり多いことがわかってきました。

    日本の下水処理は活性汚泥法→最終処理水は次亜塩素酸で殺菌後、川に流している

    ただ、今後、2重の対策が必須になると専門家から意見が出ているので
    全国の下水処理場は新たにUV殺菌の処理工程が標準化してくる可能性が高くなりました。

    大きな材料であるが、まだマスコミが取り上げる直近の話題ではないです。
    下水処理の情報は常にアンテナをはっていたほうが良いかと思います。

  • 本日、紫外線ランプの岩崎電気(6924)が業績上方修正を出した。

    20年3月期の営業利益30億円(146.9%増) 

    現在 PTSで200円以上の暴騰

    やはり紫外線照射装置が好調のようで、日機装も期待したい。

  • 空調関係者の話によると空調システムに紫外線ランプをつけ循環させコロナ対策を導入するビルが今後増えそうとのこと。

    新たな紫外線ランプの需要があると今期も上方修正や増配の可能性があります。

    株価も2000円~3000円にステージが変わると思います。

  • 真空地帯に突入しました。

    GW後のプレスリリース、決算発表を考慮するとGW前の安いところを仕込んでおきたいです。

    この株価水準で信用倍率3倍は過熱感なく600円までは軽いと思います。

    緊急事態宣言が延長されることからECに特化した会社が今後さらに上昇してきます。

    EC事業といっても他社との差別化、市場占有率、オンリーワン企業の選別投資になるので先日お話したモノタロウのような会社を探しだすことが極めて重要です。

    ちなみにコッタとモノタロウのビジネスモデルは非常に類似し「個人や小規模業者向けEC事業」です。

    ちなみにモノタロウは本日、上場来高値更新してきました。

  • コロナの感染経路が

    人→人 2割

    物→人 8割

    ということがわかってきました。

    物に対してアルコールや次亜塩素をかけるのは、抵抗がありますよね。
    人体に対してもフリーラジカルが体内に入るのは酸化を促進させます。

    現時点で深紫外線の殺菌技術が有望でありますが、メイドインジャパンなので
    自国ファーストのアメリカなどわかってはいるので太陽光が良いとか言ってますが、太陽光が良いのではなく太陽光の中の紫外線に効果があると言えないのです。

    今後、物の表面に付着するウイルスが問題視されてきますので、有効な対策は
    とにかく紫外線を当てることです。

    特に硬貨や不特定多数の人が触るスーパーなどの商品です。

    対策として紫外線装置の中にくぐらせる。空港にある手荷物検査装置のようなものをイメージすると良いかと思います。

    例えばカゴの中の商品をベルトコンベアに載せて紫外線装置を通過させると同時にICタグで料金も精算できる無人型のスーパーが多くなることでしょう。

  • コッタの株価はどこまでいくか?

    参考になる会社がモノタロウです。類似します。

    工事関係者がボルトやネジなど必要になるとその会社にとりつく卸会社に発注する仕組みであった。もしくは少量ならホームセンターに行ったりしていた。

    そこに登場したのがモノタロウ

    ボルト・ネジなど1個から発注OK 豊富な品揃え 安価 短納期 をネット通販でおこない個人と小規模業者をターゲットにマーケティングにも力を入れた。

    徐々に口コミで広がり会員数が伸び株価も時間をかけてテンバーガー以上、現在の株価は3225円で今なお上場来高値を目指している。

    当時、私は700円で購入し今もホールド中です。この間に配当も増え優待も豪華になりました。

    コッタと似ていませんか?

    1個から発注OK 豊富な品揃え 短納期 安価 ネット通販 個人・小規模業者ターゲット マーケティング戦略・・・

    単純にモノタロウと比較はできませんが少なくとも中期で1000円は通過点であると考えます。1~2年はホールドして気長に会社の成長を見守りましょう

  • ヤフーヘッドラインニュースで取り上げられました

    コロナ禍「パンを作る人」が激増している

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200426-00345635-toyo-bus_all&p=3

    この中で阿古氏(生活史研究家)はアフターコロナ後「新しい料理文化の局面をもたらす」と言われている。

    すなわち、自分で作り通販に展開させたりとSNSは世界につながるのでオンラインビジネスが今後の主流になるでしょう。

    コッタはまさにこれからの企業でありお菓子屋の新しい企業価値をもつので株価は800円を目指すと思います。

  • クックパッド(+10.82%)も動いてきました。

    ここも押したところは積極的に拾っていきたい。

    まだまだ初動です。

  • 明日の株式相場戦略=意外高の宝庫「食材周辺に勝機」

    食材関連株にも意外性がある。

    ショクブン <9969> は食材の宅配を手掛ける企業。13日に466円の高値をつけた後、調整を入れていたが再び切り返しに転じてきた。出前館 <2484> などもショクブンと波動が似ている。

    食材周辺では和菓子や弁当などの包装資材を手掛けるcotta <3359> なども注目しておきたい。

  • アフターコロナが相場のテーマ

    マスクが繰り返し使えたり、例えば図書館の本、お金など複数の人が触るものには
    今後、紫外線ボックスを設置して除菌することが推奨されてきます。実践するところが少しずつ増えてきています。

  • 調整後の出来高膨らませての400突破は大相場の形です。

    460円程度超えたら青天井相場の可能性があります。

    ここは優待株なので長期でホールドして3000円のお菓子をもらいつつ
    株価800円は年内ありそうです。

    とにかく、不定期のビックIRや決算発表まで、時流にのった株は強気で良いです。

    コッタはGW明け後のコロナバブル相場の主役になるポテンシャルある会社です

  • 深紫外線LEDの用途

    航空機・列車内(移動空間をより安全・安心・快適に)

    航空機や列車内など、長時間にわたって扉・窓が開かない閉鎖空間では、空気が汚染されるリスクが高まります。空気を浄化する手段としては、これまではフィルタを併用した換気が一般的で、紫外線水銀ランプなど他の手段は、サイズ・消費電力の関係で実用化が困難でした。

    深紫外線LEDには小型かつ低消費電力という特長があり、これをフィルタと組み合わせてユニット化することで、より安全・安心・快適な空間の実現に貢献できます。また、水銀フリーですので、人体への有害性もありません。

    医療の現場で(病院内のあらゆる空間をより清潔に)

    病院内では、感染症防止のため、待合室・病室・診療室・手術室などあらゆる空間を清潔に保たなければなりません。このために、フィルタ、薬品、紫外線水銀ランプなど、あらゆる手段が使われてきましたが、一長一短があり、特に、紫外線水銀ランプや薬品などは、サイズや安全性という観点から、使用が限られている部分がありました。小型で水銀フリーの深紫外線LEDは、より清潔な院内環境の実現に大きく貢献できます。

    家庭・オフィス・ホテルで(より快適な空間をめざして)

    通常、家庭・一般用の空気清浄機では、フィルタのみを使用する方式が用いられます。しかしこの方式には、フィルタ自体の頻繁な洗浄・交換が必要になるという課題があります。紫外線水銀ランプを用いる方式であればある程度この課題を解消できますが、反面、小型化が困難でした。

    深紫外線LEDをフィルタと併用して用いることで、小型でも浄化能力がより高い空気清浄機を実現できます。

  • ニッポン放送「業界初、紫外線でコロナ対策」

    スタジオ2部屋に紫外線照射殺菌装置を設置した。

    やはり、プラズマクラスターでは新型コロナ対策できないので、深紫外線方式の空気洗浄機を採用している。

    オゾン、次亜塩素を使う除菌は体が酸化されるので、良いとは言えないです。

    GW後のテーマは「空気除菌」

    全国のオフィス、病院、医療施設、介護施設で深紫外線方式の空気洗浄機の設置があいつぐとみられます。

  • なんとかBBというところでしょうか?

    ここは日機装の代理店ですが、個人だと時間かかるので会社ですれば、すぐ送ってくれるのかな?

本文はここまでです このページの先頭へ