ここから本文です

投稿コメント一覧 (1608コメント)

  • ありがとうございます。
    とじともの焼き直しと思っていたので、VA、サバスロ並のサプライズ。
    DIV10は縁がないですね。
    しかし、何を作っているんでしょうかね?

  • とある、ヘッドロックはクレジットに載ってたんですか?
    スマホが古すぎてダウンロードできない。

  • >>No. 426

    ⑨今、はやりのeスポーツとかVR、Vtuberとかで何か取り組みしているのでしょうか。する予定はあるのでしょうか
    ⑩新規事業は今の業務の周辺事業での展開を考えているいうことでしたが、そうなるとゲーム関連ということになると思うのですが、何か進捗はあったのでしょうか。

  • 今日、総会に行けなくなった。
    どなたか行かれるようでしたら、報告いただけたらありがたいです。
    ちなみに質問しようと思っていたこと。
    株主総会
    ①株主優待について
    ・優待を導入しても株主が750人位で大して増えてません。
     株主還元としても安定株主を増やす目的からも、中途半端の印象しかありません。どのように考えているか。今後変更する可能性はあるのか。

    ②開発遅延について・人員増強について
    ・ヴァンガードも配信延期、2016年の大型案件も一向に配信されない。開発遅延なのか、
    ・去年の総会で、開発は順調と言っていたが、結局ミストギアしか出なかったと思うが、開発遅延とかしていないのか、大丈夫なのか。本当に順調なのか。
    例えば、2016年に受託した大型案件の開発期間が3年近くになると思うが、表面化していないだけで赤字プロジェクトになっていないのか。
    ・開発に関する契約について詳しくないので教えていただきたいのですが、
    ヴァンガードも配信延期になっているが、これはいいことなのか、悪いことなのか。
    仕様変更に伴う追加開発とすれば、NJにそんなにマイナスはないと思うが、単なる要求レベルに至っていないための追加開発なのか、開発遅延による延期なのか。開発レベルの低さや開発遅延だとするなら、人数は増えているがスキル不足や組織としてのオペレーションが人数についていっていないということではないのか。やみくもに人員を増やしているだけなら、将来的に不良債権化しないか心配している。
    ・新中期計画どおり急速に人員数は増えているようですが、各子会社のその内訳を教えて下さい。ザクっとでいいので、開発人員と運営人員の割合を教えてください。

    ③来期予測ではゲームセクター売上が、グラフから読み取るとは87億くらいの予測になっているが、開発売上が増えるのか、運営売上が増えるのか,csp売上が増えるのか、ザクッとした割合を教えて下さい。
    (表に出ている中型以上の開発案件だとあまり開発案件も運営案件も増えていませんが、ゲーム事業売上自体は伸びているんで、小型の開発案件や他社案件への人員の派遣などが伸びているのかなと思うのですが、)

    ④トライエースについて
    ミストギアをどのように総括されているのでしょうか。
    以前、クオリティーチェックはパブリッシャーの範疇というような返答だったと思うのですが、ミストギアの配信開始時の惨状はトライエースの技術力不足がおおきいんじゃないのか。
    負荷の掛からない状態ならなんとか動くアプリも負荷が高まると破綻するプログラムがあるみたいだが、それを出さないようにするのが技術力なのではないのか。元のプログラムが駄作だとバグ潰しをしても限界がある。
    ミストギアのような惨事を起こすとゲーム自体の評価をするに至らないま
    ま、見向きもされなくなる。パブリッシャーの信用もユーザーの信用も失うハメになる。
    トライエースは技術力に自信があるようだが、出て来る作品を見ていてそれを感じない。3dモデルをサクサク動かすことには定評があるようだが、作品全体としては完成度が低い(導線がわかりづらい、動作が重い、ちゃんと動かない)。SOAはチャージアサルトによる爽快アクションに絞ってシンプルにしたからスマホでかろうじて成功したと思っている。
    トライエースには期待している。トライエースらしいゲーム性について議論する前に、まともに動くあぷり、わかりやすいアプリ、サクサク動くアプリについてとことん追求してほしい。一度、引き算の美学というか、とことんシンプルに精米度を上げた吟醸酒のようなアプリを作って欲しい。
    ⑤四季報に「ゲームは多様な顧客やジャンルの開発受託に一段注力」とあったが、ポノスとのひよこ、ブシモとのトリモン、エイリムとのミストギアとあっという間にサービス終了する案件が続いている。そろそろ実績を残さないと信用を失いかねないと思うのですが、どうなんでしょうか。
    腐ってもスクエニという感じですが、セガ、コナミ、バンナムといった大御所との案件はないのでしょうか。ウィットワンが加わったことで顧客層の広がりはあったのでしょうか。
    新しいジャンルは、ポノスのひよこぐらいであまり多様性を感じないのですが、もう何か作っているのでしょうか。これから受託していきたいということでしょうか。
    ⑥波多野氏がやめられたみたいですが、予定通りの人事なのでしょうか
     波多野氏はNJで何をしたのでしょうか
    ⑦リスクテイク案件をもう始動しているのでしょうか
    ⑧将来的に自社IPを考えられているのでしょうか。何か取り組みをされているのでしょうか。スマホアプリで自社IPを立ち上げるのはかなりの難易度と思うのでコンシューマーからの立ち上げになると思うのですが、どうなのでしょうか。

  • スクエニは、同じIPでは違う開発を使う傾向にあるらしいが、本当?
    ドラクエに関しては、テリーのワンダーランドとライバルズはトーセで一緒だし、
    星ドラ、モンスターパレード、スーパーライトは開発期間が被ってるんで、必然的に別会社になるだろうし。
    トーセは、ライバルズとかと開発期間が被ってそうなので、薄い気もするが、
    他の会社は新規も含めて可能性あるんじゃない?
    妄想を止めるな!

  • >>No. 316

    どうぶつの森的な箱庭アプリか?
    それとも、ポケモンゴーとどうぶつの森をまぜてパクリ、ドラクエの皮をかぶせたアプリなのたか。ドラクエゴーで獲得したアイテムやモンスターを箱庭で飼ったり育てたり料理したり戦ったり。

  • >>No. 315

    ドラクエアニメとなんか関係あるのかな?
    今度の発表会、スピードワゴン小沢はドラクエ好きで有名だからいいとして、徳光と平井を司会進行に持ってくる意図がわからない。老若男女、誰にでも楽しめるものというアピールなんだろうか。平井はランニングと料理愛好家で押してるみたいなので、健康増進に歩くためのポケモンゴー的なものがやっぱりくるのか?

  • >>No. 312

    最初からドラクエ新作がド本命です。
    PJLV(ProJectドラクエ新作LoVe)です。

  • 発端は監視費用の値上げ交渉なんでしょうけど、
    世界基準の監査法人ローテンション化、監査費用の低減目的の会計期間の変更、これからのNJ に必要そうなノウハウのある中小監査法人への変更と、堅い会社だなーという印象。TOPさんのような表面的な反応も、ままある反応でしょう。さてさてどうなるか。
    それより、私の妄想センサーは「監査の厳格化だけが理由でしょうか?これからなんか面倒くさい作業が始まるんで、契約更改の話になったのではないのでしょうか。分割、優待、はい、ちょめちょめ。なのではないのでしょうか。どうなんでしょうか。なんなんでしょうか。」反応しまくりなのです。

  • 三優監査法人
    Home > 業種別サービス > メディア&エンターテインメント

    メディア&エンターテイメント業界は、コンテンツ技術の高度化と普及促進に伴い、海外のコンテンツ市場においてもアジアを中心に市場拡大しています。
    私たち三優グループでは、メディア&エンターテインメント業界特有のビジネス環境の把握や多様な資金調達、海外展開手法など専門的知識・ノウハウの提供により、さらなる成長をサポートいたします。


    エンターテインメント業界は、コンテンツ(映像・音楽、ゲーム、SNS等)とメディア(インターネット、ディスク、マルチメディア放送等)の多種多様な手段を組み合せて、次々と新たなビジネスモデルが構築・発信されています。そして、日々進化するネットワークと複雑な権利関係が絡み合う中で、ビジネスチャンスを生み出しているダイナミックな業界です。また、エンターテインメント関連は、各国の戦略・政策を背景に多角的に産業育成を図るなど波及効果も有し、ベンチャー企業の台頭やM&A等、今後もボーダレスな拡張性が大いに期待される業界であります。

    私たち三優グループは、エンターテインメント業界特有のビジネス環境の把握や課題(多様な資金調達や海外展開手法等)を解決することで多くの経験を培い専門的知識(ビジネスリテラシー)を蓄積してきました。そして、培ったノウハウを最大限に駆使し、最先端のビジネスモデルにも対応した高品質な監査やタイムリーなアドバイスを提供し、顧客の企業価値向上をサポートしております。

  • >>No. 228

    愛は盲目!?
    ラブプラスはゲースタ元請け、トライエースは映像班として参加。
    大方のことはSOAの3Dホームで検証済み、故にアンドロイドのテストは必要なし。
    これがNJ案件なら、かなりサプライズ。株価はセルラン次第だが、このカテゴリもできるとなったら開発相談激増。
    ラブプラス自体もご当地キャラとかで無限に続けられそう。博多の彼女、函館の彼女とか増やして全国に聖地巡礼させて観光アプリ化もさせて。
    もう、妄想が止まりません‼

  • >>No. 206

    VP3
    VP20周年だから何かあるだろう
    201608頃の大型は受注に手こずった案件:201604配信開始のVAはトライエースがヘブイン開発していたため受注辞退した経緯あり、VAがいまいち、トライエースも似たアプリのヘブイン配信中、イグアカ、SO5がいまいち、の状況を受けて、VP3開発にGOサインがなかなか出なかったのではと推察。
    SOAのVPコラボはVP1とVP2の間を埋めるストリーだったが、クリア後に追加されたIFのストーリーは
    VP1からVP2につながらない新たな時空の話で序章だけで終わっている。→VPコラボ第3弾で展開と思っていたが、1年半音沙汰がない。VP20周年に合わせて大型コラボをするのかもしれないが、クリア後に追加されたIFのストーリーを受けてのVP3の発売となってもおかしくない。(VAはサービス終了にしないで3周年まで持ってきた→VP3を出すためには生きていてもらわなくてはならなかった(SOAのコラボのためではない?))
    VP3がVP1から直接つながるストリーならば、
    始まりの物語としてVPレナスはスマホ移植したが、
    直接つながらないVP2はリマスターが出てなくてもおかしくはない。

    情報元はかけないけど20170205の大型がミストギア(単なる勘違いかもしれない)とほぼ確信してます。集英社のキャラビズは201703開始だし。

    開発と運営
    サウンドとかUI・UXとか専門職っぽい人は開発終了でプロジェクト離れるだろうし、開発の人員のいくらかはプロジェクト離れるか運営人員と入れ替えになると思いますが、常に運営開発が必要なスマホアプリではメインのプログラマ、プランナー、アートディレクターとかは継続して運営に回るのでは。IRも運営が増えると開発人員を取られ、新規開発に手が回らなくなるが、どうにか頑張って今レベルの新規開発額は維持したいと言っていたし、コンシューマーの開発とはちょっと違うような。星ドラみたいに長くなれば徐々に入れ替えとかは起きるでしょうけど。
    最近はNJワンも充実してきてそういう切り替えも早くなっているかもしれないが。

    大型のFHが終了してそのまま大型(ゲースタのコンシューマー)の受注なので、採用強化して人は増えてるし、LOV4、ミストギアの後釜の大型2件受注も期待しています。

    ラブプラスは妄想です
    ただ、あらゆる仕様変更を喜々として受け止め開発魂を燃やすトライエースの変態性・あらゆる仕様変更を受け止め受託開発を極めたゲームスタジオのマゾ性があれば、ワンちゃんあり?

  • >>No. 203

    レべは、星ドラ、SOA、とじともの3件だと思います。
    201608頃の大型1件(VP3?、ラブプラス?もうすぐ3年だからコンシューマーなのかな?ラブプラスの妄想推しですが…、たぶんトライエースか共同プロジェクト)、20170911の中型2件(ヴァンガードゼロ・?、?は多分げーすた、何かは全くわかりません)20180205の中型1件(とある?)、201810の大型1件(ゲースタのコンシューマー、自前IP ?(共同版権?))
    LOV4が終わったので、ミストギアと合わせて2Qでは大型2件増えるかも。

  • レベ案件数は、「レベ収入がある案件数」でいいと思うんです。
    ミストギアは開発費を負担しソフトウェア資産として計上していたけど、レベ収入までには至らず、早期終了してしまったので、ソフトウェア資産も減損した、という感じだと思います。

本文はここまでです このページの先頭へ