IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (49コメント)

  • >>No. 376


    >あと10円程 手を延ばせば届くほどまでにほどに近づいた商事との差が また開きつつある  商事の株価も引き続き連日大きく下げているが それ以上に伊藤忠が下げているという事  商事との差が一挙に縮まったもっとも大きな理由は 商事の資源市況下落に伴う業績懸念による 株価の大幅下落だが 更に 商事が132円への増配をすでに発表済みで もはや増配期待がなかったのに対して 85円という業績に比し 低配当の伊藤忠には 増配期待が高まり 権利取りの買いが集中した結果によるもの  しかし 伊藤忠の経営者からは 増配を示唆するような景気の良い発言は一向に聞かれず むしろ決算に不安さえ生じてきたため 失望売りが株価急落を呼んでいるのが現状なのだろう  たとえ相手のエラーが主因であろうとも 勝ちは勝ち 株価逆転はまだまだ可能性が高く この際 是非増配の発表を (100円と言いたいがそれは無理でも)願いたいところだが 案外ケチな伊藤忠のこと さてどうだろうか。

    stockboyさんにはいつもご教示頂いており、差額に興味があるようなので、(恐らく)最接近の瞬間の画像をお送りします。
    本当にもう少しでしたね。

  • >>No. 18

    毎度ご丁寧にありがとうございました。
    CITICのニュースがありながら、逆にポジティブにとらえられたのかな、と期待しましたが、そうではなさそうですね。何れにせよ、大物の就任により停滞気味の協業が進展すると良いですね。

  • >>No. 16

    財務省の武藤さんの金融版のようなキャリアですね。
    ところでstockboyさんは、ADR2136円をどう見ますか?

  • 最近の良く分からない動きに拍車。当てにならないとは言え昨夜のダウ暴落に抗う伊藤忠ADRの高騰。このニュースは悪材料にも拘わらず。ますますわかりません。

    中信集団、知日派の経営トップ退任:日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57057070R20C20A3I00000/

  • PTS少額とはいえ、一体どうしましたかね

  • 今日の騰がり方を見ると、私も株式市場さんの意見に賛同です。
    自社株買いの委任を受けた幹事証券会社は
    ○如何に安く
    ○なるべく一定の価格で(いつぞや2,000円問題が起きたような)
    ○なるべく多くの株を消却するか
    が手腕の見せ所であり、値幅を気にせずに買い拐う買い方はしません。(offerを五円超えて一気に買う等)
    一方、海外のヘッジファンドを代表する機関投資家は、保有した株式が今後如何に評価益になるかが、勝負です。今日の値動きはまるで「これ以上売っても踏みあげさせるぞ」って感じの買い方でしたので、海外投資家が、商事や物産から乗り換えて来たのではないかと想像してます。
    あくまでも想像ですが。

  • マーケットには、単体の評価とは別にある対象を基準にしたスプレッド評価があります。(債券先物や株先における限月間スプレッドのような)。
    時々需給や、モーメンタム先取りにより、理屈に合わない動きをします。

    商事と伊藤忠が株価200円前後、昔は時価総額3倍、直近でも1.5倍を保って来たのに、この基準は今や崩れてます。今や数%。
    マーケットの特性としては、この差額200円、ヒトケタ%は「どうにかして埋めたくなる」んてすね。財務指標と関係なく、「世間が埋めたくなるだろう、ならば俺が先にポジションとる」というモーメンタムが働くんです。
    相場は恐いですね。「財務分析により割安だから、いずれ上がるから買う」ではなくて、「ワケわからず世間が上がると思って買うから先に買う」人が勝つ。

  • 大橋さんは東洋経済の記事を引用しただけであり、その真贋まで保証する義務はないですよね。株式市場さんは当初は根拠なしに書いている、と非難されてます。恐らく東洋経済の記事はご存知なかった(又はお忘れ)故のご発言。そして論点が今回は、ずれてます。マスコミの情報云々。記事が正しいか否かまで求められたら投稿なんて出来ませんよね。


  • >それは事実でしょうか?
    >根拠は何処にありますか?
    >また、いつを目途に追い抜くのでしょうか?
    >確かな根拠のない話を「事実」と断定して論を展開するのは、株式投資にとってとても危険だと思います。
    >少なくとも社外への公式な場では、利益首位を目指す計画には拘らないと話しており、議事録メモもあります。

    私も週刊東洋経済で、この記事を読んだ記憶があります。記者が根拠なく書いたと主張されたら禅問答になりそうですが、少なくとも大橋さんは根拠なく投稿したわけではないと思いますよ。

  • 株式市場さん
    不快だなんてとんでもありません。より丁寧な解説有難うございます。
    疲弊の意味を単純にストレートに解釈してしまい、勘違いしましたが、再投稿では成る程と思う部分が多くありました。
    ただ、私は社内の鼓舞は処遇とセットに行われているので、良い方に作用しているのではと思った次第です。
    確かに商事物産赤字の時は利益調整しましたね。どうやって監査法人を納得させたんでしょう。あの時は3Qの時点ではっきりしてたので、調整(利益の繰り越し)出来たでしょうが、今回は四月末~五月月初の決算集計の段階で商事の数字が洩れる事は(想像は出来ても)ないでしょうから、やはり自然体で行くと思います。また、来年度は単年度で競えば良いと思います。商事を突き放す絶対的首位になるのは、簡単ではなくここ10年と同じ成功を繰り返しても実現するかどうかなので待ってられないでしょう。
    そうそう倒産の危機、株価200円割れの時は我が家も沈痛でした。今や隔世の感です。

  • しつこくすいません。
    私の知る限り社員及びその部下は決して疲弊などしてません。と言っても知り合いは10名程度とその部下百名程度なので私の知らぬ所で疲弊しているのかも知れませんが知る限りでは働き方改革の先頭を走っている矜持に充たされてます。
    加えて商事の出方を見て決算調整等は、恣意性があれば監査法人が指摘するので出来ません。(多少の微調整はあれど)。今は監査法人の独立性が重要視されてるので、岡藤会長の匙加減で決算調整出来る時代ではありません。
    私は蓋を開けたら商事が5,200、伊藤忠が5,400もあり得ると思います。
    また、来期は来期で競い合えば良い話ではないでしょうか。将来の二大商社を標榜してるのだから。

  • 株式市場さん
    いつも、ご高説を有り難く拝読してますが、今回ばかりは2.3.の意味が理解出来ません。
    2.他の商社社員と比べて果たして疲弊してますかね?してないと思いますご、少数が疲弊してたとしても個々の活動が来期の反動に繋がりますかね?
    3.社員の慢心を理由に利益調整なんてしますか?或いは商事との相対性がそこまで重視されますか?私はもっと絶対性が勝ると思います。

  • 信用売残高がこの一月程で増加し、信用倍率は0.5倍程度迄になってます。直近だと去年の7月と同じレベルであり、その後の踏み上げ相場の再現を連想すると嬉しくなります。

  • 鈴木COOのコメントは就任以来一貫して変わらない。今年も年頭の社員向け挨拶から始まって、今週のダイヤモンドのP107にも岡藤会長賛美で必ず名前が出ます。勿論会長の功績は歴史に残るものですが今や伊藤忠の経営の舵取りは一人の巧拙だけでは揺るがない収益体質になってきたと思いますので、未来を見据えて名実共にバトンタッチをソフトランディングして欲しいものてす。

    株式市場さん、stockboyさん、morさん等、品位と格式ある投稿に戻り嬉しい限りです。

  • ポチの数を見るとどっちが気持ち悪いかハッキリしますね。もう少し平易な表現にすれば理解してもらえたかな。風説の流布に近い投稿との指摘を。

    なお、儲けた額を記載するのは、とてもはしたないので、やめることを勧めますね。無視ユーザーより。

  • 気を悪くされたのなら申し訳ないですが、善良な投資家読者に対して「○○円が下値」だの「機関投資家の見切り売り」だのと根拠なく困惑を招きかねない適当な投稿に堪えられず意見しました。
    (無視ユーザーのようなので他の方に読んで頂ければ幸甚です)
    機関投資家は綿密な議論に基づいてアセットアロケーションのセクターを決定し、その中から経営者のインタビューやIR、財務分析、今後の配当や決算予想を経て個別株式を投資決定しているので、取得から少し下がった(しかも1%)からといって「見切り売り」等しません。それでは当初の投資の責任(受託者責任、株主説明責任)が果たせません。
    つい先週の投資を見切り売りする合理的理由が新たに発生したなら別ですが。
    私はまーくんさんのように過去の投稿をイチイチ削除しないので、わざわざ調べたようですが、お金に色はないので相続だろうが自分で買おうが保有ポジションを持っている限り評価損益は常時動くので、投資でないという意見は笑止千万です。「売らない」というリスクテイクを取っている投資です。

  • 機関投資家が見切り売りの可能性?
    上がらないから?
    10円、20円上がらないからですか(笑)?
    投稿内容が余りにも適当過ぎますね。
    特定金銭信託勘定又は投資有価証券勘定での投資は商品勘定と違い、簡単には売り買いしません。
    委託者や投資勘定にフィデューシャリーデューティーに基づいて投資してますから。

  • レベルの高い投稿が集うこの掲示板で、自分を君付けする幼いネームで根拠のない上値下値予想をひたすら繰り返す幼稚な輩(未成年者?)が最近現れて有識者が皆呆れているのに、果ては「太陽は東から昇る」位の周知の事実まで知たり顔で載せられたら、他の有益な投稿が隠れてしまう。

  • 悪くないですよ。大半の人は見た瞬間から追加してますから。
    >悪いけどsugさんを無視リストに追加しました。伊藤忠の株価と関係ない超長文にコメント迷惑自分だけ楽しんでください

本文はここまでです このページの先頭へ