ここから本文です

投稿コメント一覧 (1291コメント)

  • 株価を捜査する「官製相場」をやってる政権
    外交も失敗しているよ!
      ↓
    ①ロシア・・・・北方領土は放棄
    ②北朝鮮・・・・対話のための対話はしない!絶対的な
            北朝鮮制裁から、無条件に対話したい
    ③中国・・・・・中国の拡大主義に対抗して中国包囲網を
            しかし、政権浮揚のため中国の一帯一路
            に参加
    ④アメリカ・・・TAG交渉と言ってたが、実態はFTA交渉

  • 最近の日本人は、「セブンイレブン」・「ローソン」
    「ファミリーマート」がないと、生きて行けない!
    コンビニで、1日が終わる人が急増中なのだ。
    スマホばかりではなく、時代が流れている。
    Hの感覚は、薄れ自分の人生はより便利で、より手軽で
    自分を満足させてくれる世界に埋没する。
    インターネットの「電脳」の世界もその範疇かもしれない!

  • ①-「羽田ではなく、横田米軍基地に着陸」➡「羽田空港」に変更
    ②-「相撲は、マス席に米国大統領杯を授与」
    ③-「令和天皇になって、1ケ月もたたない中で無理やり接見」
    ④-「日米共同声明は、なし」
    ⑤-「海外旅行を楽しむ」

  • なんで~~~~?トランプは羽田空港に着陸するの?
    いつものように、米軍横田基地に着陸すればいいものを
    おかしいな!ゴルフの場所が千葉で、相撲が両国だから?

  • ブクレジットで、英国がEU離脱の国民投票してから、ちょうど
    3年たった。メイ首相は、力の限りに英国のEU交渉を行ったが
    矢が折れ、弾もなくなった。しまいには、EU離脱の再国民投票
    を含む提案にまで混迷してしまった。

    英国人が、いまだに夢を見る「大英帝国」はEU離脱の方法でも
    実現はできない。すでに覇権は、アメリカや中国、時にロシア
    に移っている。歴史は時代の流れの中にある。

  • つまり、言えることは「適応障害」なる人物を
    国会議員にさせるべきでない!

  • 丸山議員が、「適応障害」なる病名で2ケ月も国会を休む
    なら、ロシアへの戦争発言も「適応障害」のなせる業だった
    に違いない。間違いないです!

  • デイール(取引)が、基本のトランプにとって
    観光旅行だけで、日本には来ない。
    裏で、馬鹿な〇ベをいいように指図して交渉事を
    進めるに違いない。共同会見はするが共同声明は
    出さない。国賓で来日しても共同声明さえ出せない!
    おかしいだろ?

  • 国賓として、「来日」なのでたぶん急遽米軍横田基地
    ではなく、羽田空港に着陸する方針に変わったと思う。
    本来は、宗主国として米軍横田基地に飛来し着陸する
    ことが今後も続いていくはず。。。。。。。。。。。

  • 追加
     ↓
    ⑥-「青木功と捏造とゴルフ」

  • トランプの非礼な訪日
      ↓
    ①-「羽田ではなく、横田米軍基地に着陸」
    ②-「相撲は、マス席に米国大統領杯を授与」
    ③-「令和天皇になって、1ケ月もたたない中で無理やり接見」
    ④-「日米共同声明は、なし」
    ⑤-「海外旅行を楽しむ」

  • トランプは、「ゴルフ」が大好きで休日になると
    ワシントンの郊外でゴルフをしてます。
    2年前にワシントンのホワイトハウスに旅行で行った時に
    今日は、トランプ大統領がゴルフでホワイトハウスにいないが
    もうすぐ戻って来るので、ホワイトハウス前の道路は封鎖され
    るかも知れないので、ホワイトハウスの見学は中止になるかも
    とのJTBガイドの説明があったが、運よくホワイトハウスを眺め
    ることができた。
      ↓
    「ゴルフ」をしたいためにわざわざ、米軍横田基地に
    飛来し、ゴルフの接待を受けてその後に大相撲を観戦し
    米国大統領杯を優勝力士に渡すことが目的です。
    観光旅行です。間違いありません!

  • 地政学的には、アメリカは世界を支配したい。
    第2次世界大戦で、実質アメリカの世界制覇の野望が
    実現しかけた。しかし、その前にソ連が立ちはだかった。
    しかし、そのソ連も1989年のベルリンの壁崩壊で1990年
    に崩壊した。
    しかし、ロシアとして生き残りプーチンの強国政治になって
    ロシアの地政学的優位性とロシアの保守的な国民を鼓舞して
    ロシアをまとめている。
    一方で、アジアの大国であった中国は、じっと欧米の中国侵略
    (日本が一番侵略したが)に耐え、国家の独立と権威を取り戻
    そうとして、国力の発展と体制の一体維持を図って来た。
    いまや、その目標が結果として現実になってきて、世界の第2の
    大国として、アメリカに「西太平洋支配の分割を提案」するまで
    になってきた。南シナ海問題は、この流れの一環でもある。
    結論として、日本がいくら頑張っても東洋の極東の島国にとって
    大国に「戦争」などと叫ぶ力は毛頭ない!

  • 軍国少年➡「丸山」と「安倍」だね!

  • しかし、中国を非難し批判することはたやすいが
    今の現在の技術レベルや特許申請件数を考えると
    いちがいに中国が悪いとも言えない。
    昔は、日本もアメリカやヨーロッパの技術を物真似し
    安かろう悪かろうで、売りまくった。
    5Gでは、存在感すらなく、AIでも中国やアメリカに大きく後れを
    取っていることを、誰も気にしていない現状はまさに危機!

  • 年金支給のゴールは、80歳支給か?
     ↓
    年金制度を維持するためには、
    ①-「支給開始時期を遅らせる」
    ②-「年金支給額を減らす」
    ③-「年金保険料を引き上げる」
    の3つしかない!

  • 「100年安心年金改革」➡「人生100年時代」と
    また、やってくれました。

  • 「100年安心年金改革」➡「人生100年時代」と
    また、やってくれました。

    こんなはずでは、なかった。。。。。。。。。。
      ↓
    平均寿命が延びる一方、少子化や非正規雇用の増加で、政府は
    年金支給額の維持が難しくなり、会社は退職金額を維持すること
    が難しい。老後の生活費について、「かつてのモデルは成り立た
    なくなってきている」と報告書案は指摘。
    国民には自助を呼びかけ、金融機関に対しても、国民のニーズに
    合うような金融サービス提供を求めている。

    報告書案によると、年金だけが収入の無職高齢夫婦(夫65歳以上
    、妻60歳以上)だと、家計収支は平均で月約5万円の赤字。
    蓄えを取り崩しながら20~30年生きるとすれば、現状でも
    1300万~2千万円が必要になる。

  • 「100年安心年金改革」=「人生100年時代」
    にすり替わった!・・・・・・・・・・・・
    やっぱり、信用しちゃぁ~~~あかん!!!

  • トランプは、何をしに日本に来るのか?
    実は、「ゴルフ」をしたいためにわざわざ、米軍横田基地に
    飛来し、ゴルフの接待を受けてその後に大相撲を観戦し
    米国大統領杯を優勝力士に渡すことが目的です。
    観光旅行です。間違いありません!

本文はここまでです このページの先頭へ