ここから本文です

投稿コメント一覧 (3209コメント)

  • 先週末の信用残と貸株残です。
    信用買い残高   1697万1500株
    貸付残高     2048万7196株

    やはり貸株が大きく減っています。
    外資を助けるためにトランプが・・・・・・・・・
    行使が終わるまでは、暫く我慢が必要かも知れませんね。

    今週は信用残も日々公表ですね。
    15日には信用残が大きく減っているのが目立ちます。

  • No.1558

    強く買いたい

    【中医協 総2-2 新医薬品…

    2019/05/16 21:46

    【中医協 総2-2
    新医薬品の薬価基準収載の時期等新医薬品の薬価基準収載が施行されるまでの標準的な事務処理期間は、当該新医薬品の承認から原則として60日以内、遅くとも90日以内とする。ただし、(4)⑤によって決定された薬価算定案に不服がある場合、(1)①のただし書若しくは③に該当する場合、薬価基準収載希望書に係る不備の補正の指示に応じない場合又は必要な資料が提出されない場合には、この限りでない。】

    実際にこのような件で過去に収載が遅れたことが有るのでしょうか?
    確かに薬価選定は行政側と企業の間の綱引きに変わりわないでしょうが、
    実質は医療や患者の立場と、
    医療保険制度からの高額医療費に難色を示している立場の方との間の凌ぎあいでしょう?

    私には、行政側と企業側との不服あり無しの二元的は算定方式ではなくて、
    調停のための第三者の組織もあっても良いように感じます。

    90日を経ても収載出来ない事態は双方にとって得るところはありませんので、
    期日内での収載を信じています。

  • >>No. 14

    全くその通りだとおもいます。

    これは昨日別スレに投稿したものです。

    【今日のゆいさんの投稿に次のようにありま。

    「妥協したら
    他の遺伝子治療薬を開発してる会社にまで迷惑がかかります
    アンジェスの提示した額までは了承しないのだと思いますよ😊」

    私もまったく同じ考えでいます。
    【承認前には私はよく、条件の付かない通常承認もあり得るのではないかと投稿していました。
    期限及び条件付きの承認であれば、
    薬価が高額になり過ぎることがはっきりしているからです。
    国内初で世界であまり類のない遺伝子治療薬ですから、安全第一立場から、アンジェスも誠実にそれを実行しやっと承認を得るまで漕ぎつけました。
    治験等の承認に慎重であることは当然のことと理解出ます。
    その結果としてこの手の医薬は、当初はかなり高額になることもまた当然でしょう。
    医療保険の立場から、高額な薬価に異論を述べたい気持ちも理解できます。
    私は条件付きケチをつけるつもりではありませんが、もし安全性を優先するのであれば、それに対する等価は絶対に必要でしょう。
    高価になるのが厭であれば、通常承認で他の国で上市できるような方法を採るべきであったろうし、安全性を優先する期限及び条件付きの承認を選択した以上、
    遺伝子医薬を開発を目指す各会社の意欲を萎えさせるような薬価収載のすべきでは無いでしょう。】

  • 今日は行使をすのなら三田証券にとっては、
    最良の日と考えました、やはり行使はしなかったようですね。
    考えてみれば、昨日よ大幅な下落からの回復を妨げる行使の、
    他の投資者から避難には耐えられないでしょうね。

  • 今日のゆいさんの投稿に次のようにありま。

    「妥協したら
    他の遺伝子治療薬を開発してる会社にまで迷惑がかかります
    アンジェスの提示した額までは了承しないのだと思いますよ😊」

    私もまったく同じ考えでいます。
    承認前には私はよく、条件の付かない通常承認もあり得るのではないかと投稿していました。
    期限及び条件付きの承認であれば、
    薬価が高額になり過ぎることがはっきりしているからです。
    国内初で世界であまり類のない遺伝子治療薬ですから、安全第一立場から、アンジェスも誠実にそれを実行しやっと承認を得るまで漕ぎつけました。
    治験等の承認に慎重であることは当然のことと理解出ます。
    その結果としてこの手の医薬は、当初はかなり高額になることもまた当然でしょう。
    医療保険の立場から、高額な薬価に異論を述べたい気持ちも理解できます。
    私は条件付きケチをつけるつもりではありませんが、もし安全性を優先するのであれば、それに対する等価は絶対に必要でしょう。
    高価になるのが厭であれば、通常承認で他の国で上市できるような方法を採るべきであったろうし、安全性を優先する期限及び条件付きの承認を選択した以上、
    遺伝子医薬を開発を目指す各会社の意欲を萎えさせるような薬価収載のすべきでは無いでしょう。

  • >>No. 2340

    中医協 総2-2
    新医薬品の薬価基準収載の時期等新医薬品の薬価基準収載が施行されるまでの標準的な事務処理期間は、当該新医薬品の承認から原則として60日以内、遅くとも90日以内とする。ただし、(4)⑤によって決定された薬価算定案に不服がある場合、(1)①のただし書若しくは③に該当する場合、薬価基準収載希望書に係る不備の補正の指示に応じない場合又は必要な資料が提出されない場合には、この限りでない。

    双方、長引かせることに利はないでしょうから、
    90日以内をめでに、調停されるのでは無いでしょうか?

  • >>No. 2339

    何処かにその様な情報が有るのでしょうか?

    私は単に中医協との価格に折り合いがつかない状態では無いかと思っています。
    今回のIRはキムリアの収載と期をせずに、
    調整が長づき遅れることにるからでしょう。

    アンジェスは当然薬価収載が早期に決定することを願っていますので、
    販売開始のおくれとは、当局との調整の遅れであり、
    交渉自ら延期させることはあり得ないでしょう。

  • 薬価収載見送りはアンジェス側に責任はありません。
    薬事承認を与えた以上は正当に原価計算や調整加算等により、
    原則60日以内に中医協裁定されるべきものです。
    恐らく、かなり高価になるために、薬効などにケチをつけ価格を抑え込みを図ったのではないでしょか。

    コラテジェンがどうしても高価になるのは、どちらかといえば厚労省側の不手際に過ぎません。
    遺伝子治療への理解がしっかりできていれば、前回の申請時上市を果たせた筈です。
    その様なことを棚に上げて、希望薬価にケチをつけるのは筋違いでしょう。
    確かに今薬価は高価であっても、この先全世界での要求を考慮すれば、
    遥かに安価にできる筈です。
    また、適用患者を緩和すれば、そのまま単価を下げることが出来る筈です。

    もし中医協がこのような姿勢では、日本の創薬の意欲は廃ってしまうのでは心配です。

    日本初の遺伝子治療にこのようなケチが付いてしまった、株価の大幅な下落を招いた厚労省の責任は大きく非難されて当然でしょう。

    ただ、90日内の収載は間違いなくされるものと信じています。

  • 行使残が愈々なくなりそうですね ♪
    おめでとうございます。

  • 2019/05/11 09:03

    >「期待感で買う個人を狙い撃ちする売り方(個人、機関)」の図式が作りやすく、素直に株価が上がってくれない

    狙い撃ちしたい売り方に、今現在、
    果たしてどれ程の株を用意できるの見ものですね。
    私は、これ以上の株の調達には限度の様に感じられますが・・・・・??

    来週が楽しみです。

  • 先々週末は
    信用買い残高 1676万7300株
    貸付残高  2186万7565株

    あまり大きな変化が見当たりません。
    その中で行使残は少しづつですが、確実に減ってきています。
    薬価が決まる前後には行使完了できそうですね。

  • >>No. 2306

    野村の解消7日
    一括に全量を解消なのですね。
    何か野村に関する情報でも?

    私はこれに関する材料には疎いので知る由もありません。
    ただ、先月末の状況から、行使完了が目前に迫っていると野村が感じた結果、
    一日も早く空売りを解消したかったのではないでしょうか。
    この日(7日)に貿易問題が無く通常であれば、寄りから価格上昇になると誰もが予想していたと思います。
    少なくとも、空売り解消には千載一遇のチャンスでした。
    (その後の一両日の下げは単に結果論に過ぎません)
    この日の出来高もその53万株の買い戻しから膨らんだ結果でしょう。

    行使完了まで、後ひとIRです。
    もうすっかり準備はされたいるでしょうね。

  • >>No. 2312

    昨日の下げは貿易問題に発する不安材料の余波に過ぎないでしょう。
    ただ、野村の空売り解消のために、7日に逆行高になったせいで、他の売り筋が
    無理やり売り攻勢をかけたための影響もあったのではと思います。
    調子に乗って売りました分は、やがて買い戻しの負担となる筈ですであり、
    反発時が楽しみですね ♪

  • >>No. 2299

    aot*****さん
    ありがとうございます。

    やはり5月15日の総会にて審議、5月22日、薬価収載が一番スッキリしそうですね。
    楽しみにしています。

  • 令和の初市場 プラス引け♪
    おめでとうございます。

  • >>No. 2267

    適応拡大は同様の医薬で多くの患者さんを救うことが出来ます。
    また、とかく高額になりがちな医療費(薬価)削減にとても有効です。

  • No.1295

    強く買いたい

    あはは! あなたなら、そ…

    2019/04/26 17:24

    あはは!

    あなたなら、そうかも知れません (笑)
    ただね、今後どのようなお付き合いが待ったわかりません。
    自分たちの一時の利益だけを優先させることが、果たして本当の得策なるかどうか・・・・・?

  • 2019/04/26 16:53

    そうですね、三田証券を収益だけから見れば、期日にも余裕があり前回残して450万株を1300円以上での行使も不可能ではないとの見方もできます。
    それだも4月中に行使を進めている、アンジェス側からの行使完了を要請されているのではないでしょうか?
    三田としても、既に予定の調達以上の収益が確実である以上、早期の行使完了に同意しているのではないでしょう。
    私の単なる憶測に過ぎませんが。

  • 2019/04/26 16:18

    昨日と今日は出来高薄の中で行使したのですね。
    これは何としても行使を早く完了させるとの姿勢だと思います。
    連休明け早々に完了しそうですね。

    今日の終値は残念ながら少し下がってしまいましたが、行使5万株分を考慮すれば
    寧ろ上出来でしょう。

    まだ、もう少し前の出来高の日なら、もっと楽に消化できていたはずですが・・・
    余りやり方は上手くないですね。

  • 2019/04/26 10:47

    月間で行使があれば、上場規程第434条に基づく行使制限の遵守状況から
    必ず月末の公表が必要でしょう。

本文はここまでです このページの先頭へ