ここから本文です

投稿コメント一覧 (324コメント)

  •  前回、チバ銀が見切り売りしたことで1500円台を叩いたのだが、今回 BNYメロン、フィディリティ、みずほ(アセットONE)のうちどれかひとつでも一人抜け駆けして売っただけで2000円割るな。多分・・・・

     金融の世界で3社協調など無理。

  • ここのVRたって、写真集をVR配信するって奴よ。

     もうね。絶望しかないでしょ。

     要は既存の写真集を視野を狭くして、一部分だけ見せるという。

     これって週刊大衆かなんかでよくやっているジーパンの一部が破けていたりする妄想エロ写真のようなものと一緒。(大衆?現代?)

     本気でこんなものがコンテンンツ足り得ると思ってんの?美〇さんさん。

     世の中が期待している医療系や建築系でコストかけて作る本気VRとはかけ離れたクズコンテンツ。

  • 一番期待できる第3Qで営業利益が75%達成できなかったことで、
    通期の営業利益未達は、ほぼほぼ確定的になってしまった。
     
     この未達見込み状況でPER46.4倍に何の意味があるのでしょうか?
     まず会社公表のEPS58.3円に対して40倍の2332円前後での探り合いが妥当。

     未達確定で2000円割れ。数年前まではPER20倍前後の銘柄ですからね。(過去の株価を調べれば分かる事実。)

     まあ、勝手なひとり言ですわ。

  • まだ会社は売上マイナスについてノーコメントを貫いている。
     推奨したフィスコもノーコメント。

     そもそも上場とは何か。IRとは何かの根本に関わる大問題にも拘わらず、この危機意識の欠如。

     やっぱ経営者は1回東証や金融庁からの通告などの痛い目にあってもらわんとあかんのじゃないでしょうか?

  •  フィスコとフィディリティ間違って書いてたの。寝ててハッと思い出したわ。
     フィスコはレポート屋,フィディリティはここの10%株主。
     誤表記ごめん。

     とろこで、やっぱゴールドマンは強いし、正しいわ。

     >>
    今回の上昇はフィスコの柴田というアナリストがチケット事業の拡大とVR事業の拡大をネタに鉛筆なめなめ適当な作文をしたことから起こったのだが、
     チケット事業においては本来かき入れ時の第3Qが横ばった結果、赤字幅が拡大し、年間10億円程度のゴミ売上さえ達成できるか微妙になり、VR事業においては第3Qがまさかまさかのマイナス売り上げ!
     アナリストとしてどう責任取るんでしょうか?

  • 6.09% 55万4300株持っているBNYメロンの報告日が1月30日ということからすると、1/10~1/24までの株価での取得。
     つまり2720円~3305円での簿価。(フィディリティのレポート読んで安易に買ってもうたんやろうけど。)

     まあ、2300円円割ると損切ルールから叩き売ることになるんかなあ。知らんけど。

  • ファンダメンタル云々より、発表している数字が出鱈目なら上場廃止
    にならずとも、東証1部降格レベルの話でしょ。

     まあ前期から財務諸表も信用できないので、ファンダメンタル分析も出来ないし。この異常事態を東証が放置するなら・・・・・・

  • もうね。呆れたよ。
     
     チケット事業全然伸びてなくて赤字拡大は予想通りだが、
     大問題は、VR関連事業の「その他」の事業の売上高!!!!
     2019年4月~9月の売上累計が66,092千円。
     そして2019年4月~12月までが64,511千円。
     詰まり2019年10月~12月の売上が1,581千円マイナス。
     
     こんなことあり得ない。売上調整した結果なんだろうが、仮にも
     東証1部の会社の決算で、全く項目の連続性もなく、前回の決算が
     間違って仕分けしてましたという事態。

     前にも前期決算と今期決算の負債項目が連続していないと述べたが、今回売上でマイナスの事態。というか期中に勝手に仕分けを変える。前期は資産評価で監査法人と弁護士立てて対立!
     なんなのこの会社??
     
     業績や財務諸表など見ずに買いあがる投資家なんぞ馬鹿だと思っているのだろう。

     この異常な決算についてなぜこうなったのか注釈もない。

     社長変わった方がいいんじゃない?
     こんな会社がなんで東証1部なの?

  • 第3四半期はEMTGとの合併後の部門別前期比較が可能。
     まあ、来期以降も織り込んだこんなに強気の株価なのだから、ファンサイト部門はいうに及ばず、チケット部門なども前期比大幅増なんだろうねえ。

     そうでなければ、来期もくそもない・・・・

  • 今日発表されたぴあの第3四半期の業績
    前期比 売上▼5.9%、営業利益▼45.4%。

    少なくともチケットやイベントの業界全体に関しては俺がさんざん言ってきたとおりやな。フィディリティの糞アナリストがマクロ無視して過去からの線引いて永遠に成長するなぞと言っていたが・・・(アナリシスの欠片もない老害連中。)

    エムだけが業績がいいとする根拠は?

  • アセットワン売却ショックってやつだわ。

     10%超えても買い進めて高値でも売らないアセットワンに市場は馬鹿に対する底知れない恐怖ってやつを感じていたのだが、決算前に売却したことでああ普通に下手糞だったのかと別の意味でショックを受けた。

  • 2900円台に値ごろ感なんてない。

     インサイダーなの? なんでこんなに強気なのか?
     分からんね。

  • ん~
     エムに関しては例年第3四半期だけはまあまあいい。
     決算前にこんなに強気なのは、インサイダーなのかとも疑う。
     
     3000円近辺。株式数増加前の水準で3600円。この株価を維持するためには、通期営業利益820百万円なので、第3四半期の営業利益610百万円以上は必達なのだが、これが漏れているのか?

     しかし筆頭機関投資家のアセットワンは市場予測未達でも、発表の前日に馬鹿みたいにテレビ出演し、エムアップを推奨した糞馬鹿なので、またエムアップ経営陣の煽りに騙された勝手な思い込みのようでもあるし。
     
     第3四半期(10月~12月)においては、消費税導入で、
     4カ月連続経済指標マイナス。
    【2019年9月5~9日頃】令和元年台風15号
    【2019年10月11~12日頃】令和元年台風19号
     このような状況で消費マインドが盛り上がったとは思えないのだが・・・・・。
     
     第4四半期は確実に悪いので、結局畏れることはないとは思うが。

  • 5Gについて
    武田邦彦の「ホントの話。」2020年1月31日放送
    https://www.youtube.com/watch?v=AiRCZrH1uLA
    35分10秒辺りから5Gについて話されている。

    科学者の視点から技術的には5Gは騒ぐ意味がない。誰かが仕掛けただけと述べている。
     私もずっと言っている。むしろエムアップのコスト増にしかならない。

  • チャートとか馬鹿かと。
     イベントが出来る状態ではない。
     第4四半期の業績は確実に落ちる。
     この状態は来期の第1四半期まで続き、第2四半期はオリンピックに
    よる会場不足。
     ファンダメンタル無視して、リスク無視して何が株式か。
     
     高値で買い上げて売ることもできないみずほ及びBNYメロンなんてマーケットリスクプレミアム分からないど素人以下。

  • 目が慣れてしまってんだなあ。
     ここが2800円台なんて超高いレンジであることも忘れている。

     令和2年5月の本決算で一段、8月の第1Qでもう一段。
     答え合わせが楽しみですな。みなさん。

  • 興味深いのは、世界的なVRの成長をうたっているのはゴールドマサンサックス。
     でもエムアップを空売っているのもGS。

     まあ、VRの成長で世界で一番遅れるだろうとしているのも日本で、
    その中でもゲームやアミューズメント分野のシェアは低いだろうとも言っている。
     
     つまりその中でもエムアップのVR成長なんてあり得んと思ってるということ。

  • 大丈夫、大丈夫。
     エムアップの顧客はパンデミックであろうが、地震であろうがライブで踊り狂うし、金がなくても自分の好きなファンサイトに10個加入する。

     コンテンツがなくても1つのVRを24時間観ることはできる忍耐力もある。

     だからエムアップもVRの視聴者が100人ぐらいでも黒字化するし、5Gに対する投資なんて屁みたいなもの。

     ファンドの大株主も12%超えているのに利確もせずに、リスクも考えずに2900円超えてもまだ仕込む。

     まあ、ファンダメンタル分析が出来てリスク管理のできる外資は空売りするけど気にするな。

  • 欲望の塊のような値動き。

     しかし経済指標が4か月連続で落ち込もうが、新型コロナウィルスが猛威を振るおうが、エムアップの顧客は人込みのライブに狂喜し、ファンサイトに加入しまくる。

     アナリストたちは、ここの顧客はバカしかいないと言っているんだな。

  • アセワンはファンドの決算期毎に評価変えしているので、2000円で買ったものも決算末が2800円なら評価は800円×100万株=8億円で、実現していない利益を元に彼らのボーナスも決める。

     このことで分かることは、最悪なのはここのファンドを買っている顧客。
     実現していない架空の利益でファンドの奴らの手元に勝手に1億6千万円がキャッシュアウトしている。
     100万株を売り抜くプランは多分ない。

     俺なら絶対買わない。仕手に金預ける方がマシ。

本文はここまでです このページの先頭へ