ここから本文です

投稿コメント一覧 (774コメント)

  • もしかしてM1

    昔似た様なことがあった。

    もう五年前過ぎたか

    【お知らせ】
    2014 年(平成 26 年)12 月 26 日
    そーせいグループ株式会社

    年末年始休業日に関するお知らせ

    弊社では年末年始を下記のとおり休業とさせて頂きますので、ご案内申し上げます。 休業期間中は何かとご迷惑をお掛けすることと存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
    年末年始休業期間 : 12 月 27 日(土)~1 月 4 日(日)まで
    なお、年末までに予定されている NVA237 および QVA149 の米国承認申請に関しましては、
    弊社および導出先のノバルティス社(スイス)の年末年始休みの関係で、弊社が確認できるのは
    2015 年1月7日(水)以降になりますので、予めご了承ください。

  • 相変わらず、律儀な窓埋め
    金を産む鶏になるのは今しばらくの辛抱じゃな

  • 回転蟲🐛が喜ぶチャート

    まあ、来年の大飛躍を考えれば些細なことは無視ですな

  • 出来高 ようよく 100万超え
    思いのほか時間がかかったが、早売り筋が少なくなった証であろう

    次なる材料が明らかになるまでは、株価上昇はじっくりでよい

  • 小さな実績の積み重ねが今のそーせいに求められている。

    着実な歩みは株主として喜ばしい

  • 恣意的な誤報でしたかな
    ★日刊薬業★と同じ穴の狢

    > 初耳  メモメモ
    >
    >
    >
    > > ここのところ株価が下がってる理由。
    > > この中でいったいどれだけの人が、M1の開発方針に関してIRに直接問合せしたかわからないけど、12月中には発表できないって明言されたよ。
    > > 第三四半期の決算レポートには発表するって書いてあるのにね。
    > > 理由は、アラガンが買収された影響でまだ開発方針を決められる状況ではないからだって。もうそう決まってるのだから、それは早く発表すべきだよ。
    > > 期待して待ってる人がかわいそう。。
    > > おそらく機関はこの情報をすでに知ってます。
    > > だから年内は株価は上がらないだろうと踏んで、空売りして個人の信用買いを刈り取ってるんでしょうね。
    > > どうかお気をつけください。

  • 初耳  メモメモ



    > ここのところ株価が下がってる理由。
    > この中でいったいどれだけの人が、M1の開発方針に関してIRに直接問合せしたかわからないけど、12月中には発表できないって明言されたよ。
    > 第三四半期の決算レポートには発表するって書いてあるのにね。
    > 理由は、アラガンが買収された影響でまだ開発方針を決められる状況ではないからだって。もうそう決まってるのだから、それは早く発表すべきだよ。
    > 期待して待ってる人がかわいそう。。
    > おそらく機関はこの情報をすでに知ってます。
    > だから年内は株価は上がらないだろうと踏んで、空売りして個人の信用買いを刈り取ってるんでしょうね。
    > どうかお気をつけください。

  • いるんだな
    こんなやつ

    時事川柳を応募する電話がつながらなかったことに腹をたて、通信大手「KDDI」に2万4000回以上のクレーム電話をかけたとみられる71歳の男が逮捕されました。

    ここにも同じような輩が棲みついておる。

  • リマインド

      第29回定時株主総会 質疑応答要旨 

    Q5 M 1に関する調査結果が発表され、問題なしとなった場合、レビー小体型認知症を対象とした日 本での開発の方針を教えて欲しい。 
    A5 
    ・前部省略
    ・M1に関する調査結果は本年下期に判明する予定であり、それに基づいてプロジェクトの取扱 いを決定することとなるが、結果発表後、まず規制当局との話し合いを行う必要がある。開 発を進めることとなった場合の進め方については、まだアラガン社とも話をしていない。デ ータが出てきた時点で、規制当局・アラガン社と話を進め方針を明らかにしていきたい。

    Q13  HTL0018318の臨床試験の自主的中断の理由、およびこの中断は最終的に中止につながるのか、 再開になるのか教えて欲しい。 
    A13  ・HTL0018318の臨床開発の自主中断は、動物を対象にした長期毒性試験において予期しない毒 性所見が見出されたことによるものである。サルを対象にした 9 ヵ月の毒性試験で希少な腫 瘍の所見が観察され、それ以前の試験では見られなかった所見であったため、その原因を理 解し、ヒトにおいてのリスクを評価する必要があった。重要な点は、臨床試験を行うために 必要なそれまでの全ての試験は、何ら懸念なく進められていたということである。しかし、 通常の開発プロセスとして、認知症の患者様に無期限で薬剤を投与する試験を行うために必 要な当該試験で、予期せぬ所見が見出された。それ以降、調査プログラムを立ち上げ、ヒト へのリスクがどの程度なのかという観点で、当該所見の重要性の評価を行っている。動物特 有の所見だったのか、ヒトへのリスクもあるものなのかという疑問に対し、現在実施中の調
    査に基づき解釈を行い、そして本年の下期に結果を報告できると見込んでいる。  ・強調しておきたいのは、万が一、HTL0018318の開発を再開しない方が良いだろうという結論 になったとしても、必ずしも M1プログラムが終了するということではない。アラガン社およ び当社グループも M1 のポテンシャルは非常に大きいと確信しており、バックアップ化合物 も複数あることから、仮にHTL0018318の開発を再開しないということになっても、バックア ップ化合物の開発を進める可能性は十分に残っており、ご安心いただきたい。

  • 最近おもうのだが、HPの「知識」は田村社長の株主に対する 【踏み絵】 なのではないかと。
    株主たるものこれくらいは理解してくれと。


    サイエンス・センター - 知識

    ここではGPCRの分野における当社グループの研究についての最新情報をお知らせします。当社グループの研究開発の進捗や、GPCR領域へどのような貢献ができるかについて情報提供します。

  • そーせい新薬候補の提携・導出担当者は
    科学諮問委員会の答申は正に「鬼に金棒」といったところだろう


    ところで 薬事・食品衛生審議会(薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会)の審議委員の面々はこのメンバー構成をどう判断するか興味津々だ

    そーせい IR

    当社グループの目標達成に向けた戦略上の意思決定を支援する世界トップレベルの科学諮問委員会を新たに設置

  • 切り口豊富な そーせいヘプタレス

    A2A
    QVM
    MTL
    Mシリーズ

    等々楽屋で出番待ちの面々多数う

    しかし、Karuna Therapeutics 恐るべき爆発力ですな。

  • 非表示なのでもったいない
    > 3Qの決算短信のMシリーズに関して
    > 「2019年8月13日、当社グループとAllergan社とのグローバルなR&Dの提携における研究開発活動の最新の状況 につき報告しました。本提携は、アルツハイマー病及びその他の神経障害に対する新規ムスカリン受容体作動薬 の開発を対象としたものであり、順調に成果を上げています。脳内のムスカリン受容体を標的とする選択的低分 子M1、M4、及びM1/M4デュアル作動薬のポートフォリオに対する取り組みを行っているところです。新規治療薬 候補になり得る複数の化合物が創製され、初期段階の開発が行われています。」
    >
    > ……だよ‼

  • 現物保有組は是非読んでおきたいところ

    週刊東洋経済 2019年11月23日号
    田村眞一 そーせいグループ 会長兼社長
    「戦略転換し世界一の創薬技術に力を集中」



    ──社長復帰したのはなぜですか。
    3年前に外国人社長に私の後継を任せたが、コースを誤った。臨床試験(治験)第2相、第3相まで自社開発し、付加価値を上げる路線を取った。

  • 東証のマザーズと呼ばれる「どぶ池市場」では『石が浮かんで、木の葉が沈む』

    3Q黒字決算をうけ機関の空売りが大幅増
    JPモルガン証券
    Nomura International
    モルガン・スタンレーMUFG
    などの機関投資家がやりたい放題

    一番腹立たしく思っているのはこの人に違いない

    着実な成果で踏み上げさせよう

  • Sosei Heptares Official Blog より

    11月14日発行日刊薬業ニュースの当社に関する記事について

    2019年11月14日発行の日刊薬業ニュースにおいて、「そーせいグループは11月12日、レビー小体型認知症治療薬として開発中の選択的ムスカリンM1受容体作動薬HTL0018318の国内臨床第2相試験を中止すると発表した」との記載がありましたが、これは当社の第3四半期決算短信(11月12日)を基に記載されたもので、試験の中止については第2四半期決算資料(8月13日)の中で既に発表しております。 詳細については下記、短信からの引用をご参照ください。 尚、日刊薬行ウェブサイトにて発表日の訂正が既に掲示されております。

  • 年初来安値は確か1月4日

    ひぇ~

    さては持ち株売り払ったな

  • 編集長からの【おことわり】がでているようだが

    愚図日刊紙と決定する。

  • M1の一旦中止は以前の会社側から経費削減のためと公表されている。

    無責任は内容を検証してない記事を掲載した
    ★日刊薬業★ という業界紙レベルが判明したな。

    記事書いた記者はうまシカなのか?
    記事を掲載を指示した編集長の目は笊なのか?

    こんなことがつい最近ありましたな
    エーザイは今年3月、臨床試験(治験)第3フェーズでアデュカヌマブの開発中止を発表
    しかし、10月22日に、アメリカの製薬大手・バイオジェンと共同開発していたAD治療薬の「アデュカヌマブ」を、2020年初めにもアメリカ規制当局に新薬として承認申請すると発表

  • 誤情報を認識している確信犯による掲示板への焚き付け。
    見事に燃え上がりました。

    「悪貨は良貨を駆逐する」てなとこですかな。

本文はここまでです このページの先頭へ