ここから本文です

投稿コメント一覧 (194コメント)

  • Svf2の規模を縮小させるかもというのは、投資スピードが落ちて儲け損なう、というマイナス面がある一方で、一旦しゃがみ込みますという謙虚な姿勢も孫さんらしく賢明な判断だと思いました。

    そして、SBG株価が上がると、評論家気取りのマスコミが、「ファンド縮小によるリスク減を交換した株価上昇」といった捻くれた見出しを付けることを容易に想像が尽きます 笑

  • 成り行き50万株の売り気配が見えるんだけど、これは見せ玉だよね⁉︎

  • もしも今日1兆円の自社株買いが発表されたら、、、

  • Next1000のpbr上昇ランキング見ると、軒並みpbr20倍とか出してる銘柄多いね。鎌倉新書とかも、マッチングサービスだし、エイチームのメディア事業は同じ評価基軸にいつなってもおかしくないと思ってる。
    同じc向けマッチングサービス提供のレアジョブみたいな一気に10倍化することも十分にあると思ってる。
    ゲーセクの爆発力と、ネットサービス銘柄としての見直しで時価総額1千億は、ちょっとした切っ掛けであり得るし、粗利に近い意味での売上がそこそこ規模感あるので、場合によっては2千億円もあると思う。

    もちろんその時は、弁護士ドットコム高いなぁ、バブってるなぁと思うのと同じくらい割高感あるが、市場ではそういったオーバーシュート感は生じ得ると思ってる。

  • 初音ミクのは、開発パイプラインのスマホカジュアルの作品に該当という理解で良いですか?

    エンタメ部門のカタリストはマルチデバイスゲームの発表、リリース、収益の経過という時間軸で徐々に発動していくと見ているので、寧ろ、今回の下げは単価下げる押し目機会かと。

  • 来月にスプリントの合併に関する訴訟に方がついたら、6千円までは一瞬で価格調整するでしょう。
    今年、ソフトバンクグループの売買を手掛ける全ての株主にとって1番の大勝負どころ。

    先に降りて逃げてもいいし、乗り続けても良いし、発表があった後に飛び乗ってもいい。其々の投資スタイルのチョイス。

    勿論、俺は乗り続ける。大勝負の時に、孫さんが乗ってる船から降りる気はないよ。

  • 石炭は環境に悪い、ゲームは子供の教育に良くない、タバコは健康に良くないって、今日現在社会に流布している1つのイデオロギーに過ぎない。
    社会も人もそんな単純じゃない。

    別に皆んなが勉強に生真面目に取り組まなきゃいけない訳でもない。
    皆んなが肺がんにならずに健康な人生を送らなきゃいけない訳じゃない。
    AIの進化で、人々は仕事に殆ど時間を割かなくても生きて行けて、どう人生を充実させるかに頭を悩ます時代になる。

    その時に、タバコをボンヤリと吸う時間に価値を見出す生き様はそれはそれで幸せであり、敬われるべき生き方なのだと思う。

    健康で医療費が掛からない人生を過ごすことだけを考える人生なんて、生きているって言えるのかい?

    Stay foolish! リクスを取らない人生なんて面白くないぜって、JTの将来性の無さを解く人々に言ってやりたいぜ。

  • 何度も書くけど、株価300-400円に落ちるよ。本当に、大和は個人を嵌めるようなIPOばかりやって偽物ばかり上げて、日本の資本市場の基盤を弱らせている。
    自らの首を締めてアホかと。

  • MRT6034とやってる事同じじゃん。
    いずれ、期待と現実の答え合わせのタイミングが来て、時価総額40ー50億円に真っ逆さま。
    経営幹部も必死に売出し。
    大和に嵌められた個人かわいそう

  • どっかからゲームのIP漏れ始めてる⁉️

  • もはやこのしゃがみ込んでいる状態で、上下に数億-5億円ぶれても、乖離率にしたら大きいけれども、もはや誤差に過ぎない、、、
    だから進捗率が前後しても気にしてもしょうがない。

    四半期か月ごとに投下する広告予算決めているんだろうから、売り上げのブレを予算管理で完全に一致させるのは無理でしょ。時差や誤差があるのはそれはしょうがない。

  • ネガティブなコメントも多いようですが、可もなく不可もなく、という印象です。
    あえて、ポジティブな面を深読みすると、ゲーム開発費用を資産化しないで費用化していながら、黒字を維持している所。
    会計基準上、資産化は出来ない事は無いけど、別のゲームでの減損を受けて、セーブサイドをとって契約上の要請という監査向け説明を用意して費用化している。
    これは、失敗した時に償却での赤字を回避出来るし、上手くいったときは、費用を先行させている分これまで以上の利益率を叩き出すという利益のジャンプアップが見込める賢明な手法。

    まあ、今期は800円位まで市況次第で沈む場面はあると思うので、その時に買い増す準備をする事と、IPが発表された時の期待先行の上げを焦れずに捉える事ですかね。

  • Weworkkは下手したら今期に黒字になるかもしれない。負債の時価評価で、評価益が出る部分で。
    再来年とかに信用が回復した時に逆に評価損がでますが。

  • ソフトバンクグループがまた6千円を超える上昇に入るのは、来年春ごろに想定される訴訟がすべて取り下げられて、スプリントとTモバの合併に正式に進むことと、ビジョンファンドが初期に投資した企業群が2ー3年の時間を経て、次の資金調達ラウンドに進んでビジョンファンド1の追加投資用キャッシュが投じられてくるフェーズが始まる時であろう。

    次の調達ラウンドに進めるのは、基本的にはバリューが上昇した成長著しい企業群なのでそこに投資するとともに、初回投資分の評価益がガンガン計上されてくる。

    再来年の春にはLINEとYahooの統合会社の新たな戦略が発表され、いくつかの大型IPOが出てきて、ビジョンファンド2が最終クローズされる。

    2022年には、ARMの上場が現れて、新生Tモバイルが5Gが本格化されるフェーズで販売施策が奏功し、米国シェアNo1に駆け上がる。ワンウェブのネットワーク網が構築され、世界中にリープフロッグ現象が生じ始める。

    全てが孫氏の構想通りに進み、全世界の最優秀経営者陣が孫氏の元に参集している。
    2023年の株主総会で孫氏は我々の前でこう言うだろう。1兆円、2兆円は全て誤差だと5年前申しました。どうですか、皆さん。あの時また孫がオオボラをこいていると思ったでしょうが、振り返ってみてどうでしょうか、と。

    その頃に時価総額は50-100兆円の間であろう。

  • エイチームはゲーム銘柄という宝くじがタダで付いてきてるネットサービス会社と見ると、今の時価総額は安すぎ。
    ライサポ事業は、広告投下のKPIを管理しながら中小企業に集客チャネルを提供する力は最強なのだから、これはこれで伸ばす。
    とは言え、引越しにせよ、金融にせよ、追客の後工程でまだまだ非効率感半端ないので、食べログみたいな予約機能的なツール的なサービスも開発、提供、アップセル狙っていく余地はまだまだある。

    例えば、引越しで見積もり訪問時間の電話での調整を省くツールを提供するとか顧客の粘着性も利便性も高まるようなサービス。電話じゃなくて、ブラウザ上のチャットやLINEやSMSでエイチームアカウントを通じて見積もり訪問のコミュニケーションを取れたりすれば、会話データを蓄積して自動化部分含めて、何人も人減らせる。

    まだまだ集客に困ってる業界沢山あるし、ネットの集客窓口を整えていない人たちが沢山あるので、そこを順次整えていって欲しい。
    先にSEO成果出てるメディアあれば買ってもいいし、広告投下してもいいし、もっとオンライン上でアクションが完結する世界を推し進めていって欲しい。
    広告予算かけられるニッチ市場(探偵とか)を見つけてどんどん便利にしていって欲しい。
    リクルートまで行けとは言わないので、時価総額でリクルートの1/10にはなって欲しい。

  • なんで、日経やウォールストリートジャーナルの記事が孫さんやソフトバンクグループに悪意持ちながら記事書くの理由として、もしかして、毎回孫さんに「記者の皆さん勉強して下さい」とニコニコ言われるからな気がします。
    ムッとしてるんだと思う。
    だけど、アナリストの質問や雑誌記者の質問はまともな一方で確かに日刊紙の記者の質問は表層的。

  • 先ずは来年中に時価総額20兆円達成!
    25年までに100兆円!

  • 株主なので当然Paypayの普及は応援しているし、個人飲食店でPayPayがあればなるべく使うようにしている。
    が、一個人から見たお得度という観点からすると1.5%還元と比較すると、普通のクレカで1%還元、有効期限無しでマイルがやはり1番お得。
    1マイルでビジネスクラス6円とかの価値があると言われているので、いつか暇になった時に旅行に使う為にクレカ決済が1番お得かと思っている。

本文はここまでです このページの先頭へ