ここから本文です

投稿コメント一覧 (103コメント)

  • TDKのセラミック全個体電池「セラチャージ」の発表でセラミック製品のニッカトーが本日ストップ高に。

    TDK「セラチャージ」は積層セラミックコンデンサーを活用した製品。

    電池関連で最も量産期待できるのはコンデンサーとのことですが、

    ここは積層セラミックコンデンサー向けのセラミック材料を展開。

    ということは・・・・!!!!!

  • いよいよ米国の年末商戦がスタート!ここ数年の間に国内企業は例年以上の盛り上がりになっているブラックフライデーなど、海外の「爆買い」イベントまでも取り入れており、強いテーマ性が発生しています。

    特に販促の最強テーマ「インスタ映え」を狙う企業が急増中で、飾りつけや特設でイベントを開催したり、SNS戦略は当たり前。こちらは販促POPでは国内最大級eコマースサイト「POP GALLERY」を展開する割安好業績企業。法人向け販促グッズ売り上げはここ数年で急増中です。

    これからクリスマス、年末年始などイベント強化は必至なことからも業績UPは濃厚なものに。今後の成長に大きく期待できますね。PBR0.8倍と割安で、時価総額も20億円規模と急騰性がありますね!

  • 一株純資産600円以上の超割安銘柄。大手エア・ウォーターとの繋がり強化で160カ所の販売網を使うことで売上大幅UPに期待できますね!業績上方修正も発表済みで今後の成長性も高い。こちらはマスクや紙おむつなどを手掛けており、インフルエンザや感染症が流行すると急騰する可能性が高いですね。

  • 2017/11/21 13:26

    自動運転を加速させる『V2X』

    天候、道路状況、交通状況をはじめ、ドライバーの安全や走行など多様なパラメータも認識する、新しい時代の自動車の先駆けとなる可能性を備える注目の『V2X』。必要となる通信部分では恩恵が大きい企業です。

    輸出67%で105円想定。中間では過去最高益を達成。東証2部へ指定替え、通期控えめな決算後の利食い売り一巡で貴重な押し目ポイントに。アジア向けも多く、今後の成長性も抜群です。しかも非常に割安。通期業績の上方修正が濃厚ですね。

  • 10億近い利益はすごいですね。

    今期はさらに売上げ大幅UP。

    でも為替105円想定はありえない会社予想ですね。

    今期は想定為替レート何円で想定した数字なんだろう。

    引き続き105円前後で想定した業績予想なら、今期も大幅上方修正濃厚ですね。

    賢い方はここで大量に買って大儲けするんだろうな。リバウンドだけでも相当な幅が出そうだけどな。

  • 105円想定で過去最高益

    輸出67%で105円想定の自動車関連のこちら!中間では過去最高益を達成!
    東証2部へ指定替え、決算後の利食い売り一巡で再びチャンス到来!
    自動運転技術で注目の「V2X」関連ではメイン企業ですね。アジア向けも多く、今後の成長性も抜群です。しかも非常に割安。通期業績の上方修正が濃厚なことから、押し目は貴重なポイントですね。

  • 2兆円の「人作り革命」

    政府は「人作り革命」で2兆円の政策を発表。新しく「社会人教育の拡充」が追加されました。

    日本の社会人教育は先進国の中でも非常に遅れている日本。

    政府が特別会計から学び直しを支援する計画。

    こちらは日経新聞が大株主で社員教育支援を世界展開する注目のテーマ株。

    教育現場で「アクティブ・ラーニング」が広がっています。

    社員研修を世界展開しており、eラーニングに実績があります。

    大株主の日経新聞社と二人三脚で世界展開を図っており、思惑から人気化すると急騰性もあります。

    急騰性がある国策テーマの出遅れは貴重です。

    PBR0.7倍は割安ですね。

  • switch向け想定以上で第一四半期時点で既に進捗率57%。

    中間期決算で通期業績予想を超える可能性が濃厚に。

    新作を次々と投入。

    海外で10万本以上のヒットとなる「魔界ウォーズ」

    後半さらに上振れることも。進捗率から通期倍増修正もあり得ますね。

  • クリスマス商戦でニンテンドースイッチ向けソフトが売れ行き好調という展開に期待。
    小型材料株で新作複数投入しているのはここぐらい。海外ユーザーにも人気があり、今後の業績UPを織り込むと見て、チャート押し目は重要ですね。

  • 既に第三四半期で7億超。通期7億5千で上方修正が濃厚では?
    事前に出ると速そうですね。見通しも期待できるし、安心ですね。

  • 上方修正の理由「グループ全体の売上UPとコスト削減効果」
    売られ過ぎている状態です。
    リバウンドは相当なものになるのではないでしょうか。

  • 期初計画は超保守的

    大幅上方修正の理由は「グループ全体の売上UPとコスト削減効果」で株価はストップ高となりましたが、期初計画の失望売りからなのか発表前の株価以下まで売られ過ぎている状態です。上方修正の理由から今後の見通しは非常に明るい。結局は昨期同様に上方修正が後付けされ、昨期並みで大幅上方修正の可能性も高い為、売り一巡後のリバウンドは相当なものになるのではないでしょうか。

  • こちらは電磁パルスシールドチューブを展開する数少ない電磁パルス関連です。注目したいのは割安・低時価総額という点です。買い安心感があり、しかも急騰性がある銘柄です。戸建てやマンションでは設置した場合には補助金対象になりそうですね。
    核シェルターでの電装品向け配線向けに需要が高まり、特需発生へ。
    割安・好業績で低時価総額で急騰性があるタイムリーな国策テーマでは残っているのはここぐらい。

  • インフルエンザ&ノロウイルス関連

    今年は冷夏でインフルエンザの感染件数が昨年の約10倍とのこと。

    既に学級閉鎖も報道され始めており、いよいよシーズン入りでインフル&ノロ関連銘柄に注目ですね。

    こちらはインフルエンザウイルスA型抗原およびB型抗原を検出する試薬「スタットマーク FLUスティック-N」を製造のほか、ノロ・ロタウイルス検査薬の拡販にも注力しており、流行りウイルス両方に絡んでいます。

    時価総額30億円以下のPBR0.7倍の急騰性がある割安株です。動き出しは一触即発なだけに事前に準備しておきたいですね。

  • 自民党圧勝で柏崎刈羽原発の再稼働が前進。

    ここは新潟地盤の建設コンサルで政府・自治体などの官公庁の公共事業がメイン。

    新エネルギー、ダムや道路、橋梁も。

    日本海側では最も試験・調査設備を保有する企業です。

    PER14倍、PBR0.85、1倍割れの割安、BPS391円の資産価値があります。

  • 割安テーマ株で時価総額が30億円前後の低時価総額の銘柄が次々と急騰しています。

    いよいよインフルエンザ・ノロウイルスが流行する季節に入ります。

    急騰性抜群でこれからのテーマ性を考えれば買い安心感もありますね。

  • 何があったんですか??

  • 今後『iPhone』の約8割が有機ELディスプレーに変わる見通しから、有機ELは今後最大のテーマに。JDIグループも1000億円増資する報道で、ようやく国内大手も本格稼働へ。

    有機EL物色の流れは製造装置⇒素材・材料に移り変わり、ディスプレイ用の有機EL材料を製造しているこちらも数少ない関連銘柄の一つ。1株純資産は1141円。PBR0.4倍台と超が付く割安水準でお宝銘柄ですね。

  • 来期業績大変貌に!
    四季報通りでも純益6倍増へ!
    来週発表の3Qから前倒しに期待!

  • EV関連の技術者争奪戦へ。
    世界中でEV・HV・FCVの供給準備が急ピッチで進みます。深刻な技術者不足に。

    こちらはEV等の自動車技術者派遣が昨年から2割の伸び、稼働率98%とすでに取り合いが始まっている模様。
    外国人や女性も採用するほどの引き合いです。
    最高益で配当性向30%以上なので、上方修正&増配の発表が期待されますね。

本文はここまでです このページの先頭へ