ここから本文です

投稿コメント一覧 (628コメント)

  • 今度は国会内、記者団に安全保障関連法案に批判的な報道機関を懲らしめなければと発言
    今や自民党議員は右翼、戦前体制賛美と退化している。

    >「報道機関を懲らしめる」=広告自粛を―自民・大西議員
    自民党の大西英男衆院議員は30日午後、安全保障関連法案に批判的な報道機関について「懲らしめなければいけないんじゃないか」と述べた。また、「誤った報道をするようなマスコミに対して広告は自粛すべきじゃないか」とも語った。国会内で記者団の質問に答えた。(時事通信)<

  • 日本防衛のためのアメリカ軍基地は1つもない!(米国防省)


    最近、アメリカ国防省が、沖縄を含む日本には、「日本防衛のための基地は1つもない」と書いた文書(1968年12月付)がNCAにより公開された。

    米軍は日本防衛のためでなく米国と米軍の利益のために戦後日本に基地を造ったのである。米軍基地は、アジア諸国の紛争地に介入するため、出撃し易いところに置かれている。

    したがって戦後70年の平和は日本国憲法(9条)によって守られてきた。9条は米軍の戦争加担の要求を退け、また、平和国家日本の国際的な信用を高めて海外からの日本侵略を防いできた。

    国際紛争に介入しないという平和憲法は、国際的なテロからも日本を守ってきた。

    安倍内閣の戦争・武力行使法案は、平和憲法が築いてきた国際的信用を壊し、アメリカに尻について行き国際武力紛争に巻き込まれ、海外からのテロを招きやすくなるだろう。

    戦争になれば兵役で青年がいく。安倍自民/公明党と維新の憲法蹂躙・戦争法案に反対しよう

  • 転機だぞ 安倍暴走止める 参院選

    野党協力の国民連合政府の動きに 参院選は自公対民共と安倍首相が敵愾心で燃える。
    国民は安倍内閣を打倒して、戦争法廃止、改憲防止、消費税10%撤回 派遣・非常勤社員の希望者の正社員化して
    結婚できる待遇・給料を得よう。

    >時事通信 3月2日(水)20時44分配信

     安倍晋三首相は2日夜、東京都内で開かれた自民党額賀派のパーティーで、夏の参院選について「民主党と共産党が協力にする状況になっている」と指摘、「自公対民共の対決になっていくのではないか」と述べた。
     民主党支持層に根強い「共産党アレルギー」に訴え、離反を促す狙いだ。<

  • 「ノーと出た 原発停止、近畿守る」万歳 

    もうけ第一で、国民の命を脅かし、原発動かす危険な安倍内閣打倒に向け一歩前進! 
    これで葵祭も見にいけるぞ。
    さらに野党一致の連合政府目指して参院選で安倍内閣に痛打を浴びせ、安心安全な日本にしよう。

    >高浜原発3、4号運転差し止め 大津地裁、住民申し立て認める
     関西電力高浜原発3、4号機(高浜町)の運転差し止めを求めて滋賀県の住民が申し立てた仮処分について、大津地裁(山本善彦裁判長)は9日、差し止めを命じる決定をした。仮処分は即時効力があるため、関電は不服申し立て手続きなどで決定を覆さない限り、2基を法的に運転できない状態となった。営業運転中の3号機も即時、停止の手続きに入る必要がある。(福井新聞ONLINE)<

  • 「日は過ぎて 5年たっても、廃炉まだ」 

    廃炉どころか、人類が経験したことがない廃炉作業はスタート地点にも立っていない。ほぼ同時に4基の原発事故で世界に例のない日本の原発事故、行き場のない、たまった放射能水 80万トン 

    >汚染水から62種類の放射性物質を除去できる設備「ALPS(アルプス)」にも期待がかかるが、放射性トリチウムは取り除くことができない。水からトリチウムを取り除くことは技術的に困難で、約61万トンたまったトリチウム水をどう処理するかも課題だ。5年経過しても「汚染水との闘い」は続くことになる。【鳥井真平】

     政府と東京電力は、福島第1原発の廃炉を終えるのは2041~51年になると想定している。しかし事故後5年経過しても、1~3号機で溶け落ちた核燃料(デブリ)の場所は確認できず、人類が経験したことがない廃炉作業はスタート地点にも立っていない。<

  • 「不可能な 除去できない トリチウム」

    知らない人が多い、トリチウム放射能の恐怖
     
    >トリチウムは一度放出されると、環境の中から取り除くことはできない。

    トリチウムは皮膚を通して吸収され、摂取される。

    トリチウム3Hを含んでいる食べ物を食べると、

    水に含まれるトリチウム3Hを飲むよりもいっそう傷つける。

    現在、ようやく人々はトリチウムの危険性が大きいことを知るようになっている。

    影響としてガン、遺伝子への影響、発達異常、生殖への影響が含まる(ストローム)、

    トリチウムは突然変異、腫瘍、細胞の死を生じさせる(リトマ)、

    トリチウムに汚染された水はマウスにおいて、

    脳及び生殖器の重さの深刻な減少に関連がある(トロク)、

    そして低量であってもマウスとサルにおける雌の胚芽細胞に取り返しのつかない損失を生じる(ドブソン1979)。<

  • 知らない人が多い、トリチウム放射能の恐怖
     
    >トリチウムは一度放出されると、環境の中から取り除くことはできない。

    トリチウムは皮膚を通して吸収され、摂取される。

    トリチウム3Hを含んでいる食べ物を食べると、

    水に含まれるトリチウム3Hを飲むよりもいっそう傷つける。

    現在、ようやく人々はトリチウムの危険性が大きいことを知るようになっている。

    影響としてガン、遺伝子への影響、発達異常、生殖への影響が含まる(ストローム)、

    トリチウムは突然変異、腫瘍、細胞の死を生じさせる(リトマ)、

    トリチウムに汚染された水はマウスにおいて、

    脳及び生殖器の重さの深刻な減少に関連がある(トロク)、

    そして低量であってもマウスとサルにおける雌の胚芽細胞に取り返しのつかない損失を生じる(ドブソン1979)。<

  • 「平成の 原発大事故 小児あわれ」

    小児甲状腺がん「家族の会」結成 福島県の調査で診断
    朝日新聞デジタル 3月13日(日)1時47分配信

     >東京電力福島第一原発事故後の福島県の県民健康調査で、小児甲状腺がんと診断された子どもたちの保護者による「311甲状腺がん家族の会」が12日、結成された。朝日新聞の取材に応じた家族らは、医師から原発事故との因果関係を否定され、手術後の再発の不安に苦しむ孤立感などを語った。

     5家族7人の結成メンバーのうち、2家族3人が福島県内で取材に応じた。福島県中通りの40代の母親は、検査・診断・手術の実施機関である県立医大の担当医が、いきなり高校生の長女本人の前でがん宣告をしたという。術前術後の体調不良についても「納得いく説明がもらえない。患者の家族同士で情報共有し、改善を求めたい」と家族会に参加した。

     別の家族の父親も、担当医が本人に突然、がん宣告し、「息子は顔面蒼白(そうはく)となり、数日立ち直れなかった」と憤る。原発事故との関係を尋ねても否定され、事故後の福島県で100人以上の小児甲状腺がんが発生している理由について「説明してほしい」と訴える。

     県立医大の担当医は取材に対し、広報コミュニケーション室を通じて「心のケアの専門家が不安や疑問を口にできる環境作りに心を砕いてきた。未成年へのがん告知はケア担当者が入り、事前に保護者と相談し、確認している」などとメールで回答した。(本田雅和)<

  • 「ホー、中国も、遂に対鮮、入港禁止」

    6カ国協定や国連で決めた実効ある経済制裁で水爆をもてあそぶ金政権に痛打を!もっと国民の生活改善に予算を使え!と。米韓国軍の対北朝鮮威嚇の軍事演習より効果ある。予算も安いし。

    経済制裁実施 中国の港で北朝鮮船の入港禁止
    テレビ朝日系(ANN) 3月14日(月)8時2分配信
     >北朝鮮に対する経済制裁を巡り、中国の貿易拠点の一つとなっている山東省の港で、制裁対象の北朝鮮船の入港が禁止されていることが分かりました。

     日照港集団・杜伝志会長:「港に入る船について、北朝鮮の船は当局から制裁リスト通り厳しく港に入るのを禁じている。真摯に国連の制裁に従う」
     中国・山東省にある港湾会社の幹部は、制裁決議が採択された今月初めから北朝鮮籍の船舶数隻の入港を禁止したと明かしました。新たな決議は制裁対象に指定した北朝鮮船舶の入港を禁じています。中国は北朝鮮の最大の貿易相手国で、その対応が制裁の実効性の鍵を握るとされています。今回、中国は着実に決議を履行しているとの姿勢を示した格好です。<

  • 「また、原発 再稼働させる 安倍退陣へ」

    NHKの福島原発88時間を見た。5年前原子炉容器爆発で大量の放射能が出て、寸でのところで東日本1帯が人間の住めないところになるところだった。東京を含めて数千万人が家を失うところだった。原発再稼働反対 直ちに停止、廃炉へ、もうけのために再稼働を進める安倍内閣、自民・公明政権を打倒しよう。みんなで選挙にいこう。みんなで行けば安倍内閣は倒せる。

  • 「面倒と 審議中に 読書・携帯・居眠り議員」

    審議中に読書・携帯・居眠り… 松島みどり元法相に批判
    朝日新聞デジタル 3月17日(木)22時55分配信

     >自民党の松島みどり元法相が、今月の衆院外務委員会の審議中に携帯電話を使ったり、読書にふけったりしていたことがネット上などで批判を浴びている。閣僚が提出法案と異なる説明書を読み上げるなど政権の「ゆるみ」に歯止めがかからない状態だ。

     国際情勢がテーマとなった9日の外務委で、松島氏は答弁に立った岸田文雄外相の隣席で、携帯を操作したり机の上に広げた本を読んだりした。下を向いて居眠りをする場面もあった。その様子は衆院のネット審議中継で配信され、ツイッターでは「態度が酷(ひど)すぎ」などと批判されていた。

     松島氏は事務所を通じて「今回の私の一連の所作につきましては弁解の余地もございません。深く反省しております」とのコメントを朝日新聞に出した。

     自民の稲田朋美政調会長は17日の会見で、記者の質問に対し、事実関係を「承知していない」としつつ、「たるんでいるという声は地元でもよく聞く。しっかりと引き締めてまいりたい」と述べた。公明党の漆原良夫中央幹事会長も「(政権復帰から)3年経ち、少し政権運営に慣れたという感じがしないわけではない」と戒めた。<

  • 「めど立たぬ 返済苦労 派遣・非常勤」

    サラ金のような貸し付け型奨学金を進めたのは自民党・公明党連立政権だ。派遣・非常勤制度を拡大したのも自民・公明だ。18歳選挙権を行使して選挙にいこう。若者をサラ金奨学金地獄に追い込んだ安倍政権を退陣させよう。

    延滞者17万人「奨学金」に追い詰められる若者たち
    3月4日(金)17時11分配信

    学生時代に借りた資金の返済が、卒業後も長期間、重くのしかかって生活を圧迫していく――。そんな奨学金制度の在り方が広く社会で問われるようになってきた。学ぶための資金が、なぜこんな問題を引き起こすのか。取材を進めるうちに見えてきたポイントがある。借りるときは学業を支援する「奨学事業」としての姿が前面に押し出され、20歳前後の若者に最大で月10数万円の資金を貸すという「金融事業」としての実像が見えにくくなっている点だ。借りたお金を返すのは当たり前だが、その大原則の周辺で生じる歪み。奨学金問題の歪みを追った今回は、埼玉県に住む1人の女性の話から始めたい。(以下略)(Yahoo!ニュース編集部)

  • サラ金のような貸し付け型奨学金を進めたのは自民党・公明党連立政権だ。派遣・非常勤制度を拡大したのも自民・公明だ。18歳選挙権を行使して選挙にいこう。若者をサラ金奨学金地獄に追い込んだ安倍政権を退陣させよう。

    延滞者17万人「奨学金」に追い詰められる若者たち
    3月4日(金)17時11分配信

    >学生時代に借りた資金の返済が、卒業後も長期間、重くのしかかって生活を圧迫していく――。そんな奨学金制度の在り方が広く社会で問われるようになってきた。学ぶための資金が、なぜこんな問題を引き起こすのか。取材を進めるうちに見えてきたポイントがある。借りるときは学業を支援する「奨学事業」としての姿が前面に押し出され、20歳前後の若者に最大で月10数万円の資金を貸すという「金融事業」としての実像が見えにくくなっている点だ。借りたお金を返すのは当たり前だが、その大原則の周辺で生じる歪み。奨学金問題の歪みを追った今回は、埼玉県に住む1人の女性の話から始めたい。<(以下略)(Yahoo!ニュース編集部)

  • 「もうあつまらん 海外派兵はまっぴら 自衛隊」

    安倍首相が猛進する富国強兵 少子化で徴兵制も
    (更新 2014/7/10 07:00)

     >戦後70年間、守ってきた日本のブランド、平和国家がついに破られた。安倍政権は集団的自衛権の行使容認を閣議決定した。

     今回の閣議決定で自衛隊が海外の紛争地に送り込まれる可能性が高まったのは間違いない。ただ、それには現実の体制が追いついていないとの指摘もある。軍事ジャーナリストの清谷信一氏がこう語る。

    「例えば普通の国なら、負傷者への縫合手術や投薬などの応急処置的な治療は衛生兵がその場の判断で行える。ところが自衛隊では、医師の資格を持つ医官の指示がないとできない。このまま紛争地に出たら、米軍で犠牲者が1人出るような事態で、自衛隊では10人の犠牲者が出てもおかしくありません。自衛隊にはこうした制度上の不備がまだたくさんあるのです」

     未熟な体制のまま紛争地に赴き、自衛隊員に犠牲者が出たらどうなるのか。防衛庁で教育訓練局長などを務めた小池清彦・新潟県加茂市長はこう懸念する。

    「海外派兵で多くの犠牲者が出れば、若者は自衛隊に入るのを躊躇するようになる。そうなれば、隊員数の維持のため徴兵制を導入せざるを得なくなる。自民党の一部の政治家は以前から『若者に1年間、奉仕活動を義務づけろ』などと主張していますが、これなどは徴兵制に容易につながる発想。徴兵制の導入は決して絵空事とは言えません」 <

  • 「やっぱりな 限界まで走る 過酷労働」の実態を元社員証言

    派遣・非常勤地獄同様 新自由主義の規制緩和で正社員でも過酷労働だ。
    >18日、国土交通省は皆見容疑者が勤める、埼玉県の運送会社へ監査に入った。その結果、先月、皆見容疑者を含む複数の運転手で、基準を上回る運行があり、過労状態で運行していたことがわかった。

     皆見容疑者が勤める運送会社の社員「遺族の方には本当に申し訳ないことをしたと思っています。詳細がわかりましたら皆様にご報告を出せると思います」

     一方、以前この運送会社に勤めていたドライバーは、定められた休憩時間をとれない過酷な勤務実態を証言した。

     皆見容疑者が勤める運送会社の元ドライバー「(運行は)ほぼぶっ通しです。トイレ休憩以外は止まれないような感じで。私は18時間半ですかね。確か、鹿児島から関東に戻るような感じのスケジュールで急ぎだった。とにかく走らないと寝る時間がない、寝ないと次の運行がきつくなるので、とりあえずその日、限界まで走るっていうのが常識な会社なんですかね」

     今回の事故で犠牲となった丸岡節枝さん(65)。18日夜、雨の中、通夜がしめやかに営まれ、多くの人が参列した。

     警察は、皆見容疑者が速度規制を超えて運転していた疑いがあるとみて調べを進めている。<

  • 「やめないと、紛失、流失、マイナンバー被害」

    国は強制的に導入したが、被害や事故に責任持たず、成り済まし犯罪、詐欺の被害にあうのは国民、
    被害に遭うまで番号変更もままならず、被害が出てからでは遅い、

    例えば、勝手に

    銀行口座を作られ犯罪に使われる。知らないでいると犯罪者にされる。
    クレジットカードのを作られ引き落とされる。みるみる貯金が減る。
    借金をしていることになる。おそろしい取り立て人が突然やってくる。
    知らない人と結婚していることになっている。
    自分名義の車が犯罪に使われる。捜査の手が名義人にかかってくる。
    住民票が移転されていて、誰かが住んでいる。
    印鑑登録されていて色んな契約が交わされている。請求が突然やってくる。
    携帯電話の契約がされていて犯罪に使われる。警察が操作に来る。

    などなど、多くの悪用のされ方がありますし、アメリカでは毎年数千~数万人ほどの被害があり、数億円~数千億円の被害額があるとも言われています。

  • 『野党一致 してそなえよう 同時選」

    衆院選協力、協議入りを=志位共産委員長
    時事通信 3月20日(日)19時53分配信

     共産党の志位和夫委員長は20日、次期衆院選について「安倍政権が党略的に早期解散に打って出たとしても、返り討ちにできるよう野党協力の態勢をしっかりつくる必要がある」と述べ、早期に具体的な候補者調整の協議に入りたいとの意向を改めて強調した。

     京都市で記者団に語った。

     志位氏は、候補者絞り込みに当たり、「地方、地方の(各党間の)力関係を考えなくてはいけない」と指摘し、各党の地域ごとの集票力を加味すべきだとの考えを示した。

  • 「よびこむな 海外派兵で ISテロ」

    安倍自民党・公明党が戦争法を発動し自衛隊を海外派兵し、外国で武力使用すれば、平和国家日本の信用は崩れ、憎悪の応酬がはじまり、海外のテロを呼び込む危険が増大する。東京や大阪・神戸など安心して歩けなくなる。爆弾破裂で市民に犠牲がでる。右翼も無党派も保革関係なく市民が犠牲となる。安倍内閣の憲法違反の戦争法発動を止めよう。夏の参院選で!


    <ベルギー連続テロ>「戦場のよう」通勤時間帯の惨事
     >【パリ賀有勇】「がれきの中を逃げた。戦場のようだった」。欧州連合(EU)が本部を置く「欧州の首都」の空港や地下鉄を狙った連続テロ。空港で爆発に遭遇した人々は、黒煙を上げ、窓ガラスが大破したビルを背に険しい表情で走って逃げた。パリ同時多発テロの容疑者逮捕劇から4日後。通勤時間帯を襲った惨事に、ブリュッセル市内は再び厳戒態勢に包まれている。(毎日新聞)<

  • 安倍自民党・公明党が戦争法を発動し自衛隊を海外派兵し、外国で武力使用すれば、平和国家日本の信用は崩れ、憎悪の応酬がはじまり、海外のテロを呼び込む危険が増大する。東京や大阪・神戸など安心して歩けなくなる。爆弾破裂で市民に犠牲がでる。右翼も無党派も保革関係なく市民が犠牲となる。安倍内閣の憲法違反の戦争法発動を止めよう。夏の参院選で!


    <ベルギー連続テロ>「戦場のよう」通勤時間帯の惨事
     >【パリ賀有勇】「がれきの中を逃げた。戦場のようだった」。欧州連合(EU)が本部を置く「欧州の首都」の空港や地下鉄を狙った連続テロ。空港で爆発に遭遇した人々は、黒煙を上げ、窓ガラスが大破したビルを背に険しい表情で走って逃げた。パリ同時多発テロの容疑者逮捕劇から4日後。通勤時間帯を襲った惨事に、ブリュッセル市内は再び厳戒態勢に包まれている。(毎日新聞)<

  • 「乱暴な 海外派兵して 国守る」

    やられる前に出兵し、先に攻撃して日本を守る…どこかで聞いた国防論理だな。そうだ昭和天皇と戦犯軍人の論理だ。
    その結果、大日本帝国壊滅、一兵卒を始め310万人の戦死・餓死・爆死だ。原子爆弾2発投下され27万人放射能死
    その戦争の悲惨さは忘れまい。子々孫々に伝えよう。平和の日本は平和憲法のおかげ。

本文はここまでです このページの先頭へ