ここから本文です

投稿コメント一覧 (80コメント)

  • 打順
    1番 栗山 秋山の前でよかった。年俸分は死球喰らってでも出塁します。何か去年みたい
    2番 外崎 山川先輩分も頑張ります。走って守ってバントして、時々ホームランを打つことも誓約いたします。
    3番 秋山 チームの勝利ため打点をあげます。フアンに喜んで戴ける様全力で行きます。
    4番 中村 1塁守ります。わがまま言いません。打撃に専念し打点とホームランを量産します。時々三振します。
    5番 浅村 周りがうるさいので今後は、心を入れ替えて時々は打ちますのでお待ちください。
    6番 脇谷 6番は大事なポジションなので何としてでも出塁します。いぶし銀って?誤解されますので断ります。
    7番 森orメヒア Dℍは投手次第で交代となります。ベンチの森は先輩たちの三振をみて勉強します。
    8番 岡田 内角攻めします。銀様より打ちます。銀様任せの投手の方、配球を考える癖を一緒につけましょう。
    9番 水口 3塁守ります。スピードと闘志で頑張ります。時々ヘッスラしてチームに活を入れます。

  • 昨日の7回裏1死1塁で秋山、脇谷のところで工藤監督は森福に変えた。工藤監督は西武ベンチメンバーの把握十分で、秋山と勝負にでた。秋山さえ抑えれば脇谷の代打はいないと読み切っている。田辺監督はこの7回が勝負と考えたに違いないが、脇谷に代打を出そうにも脇谷以上はいなかったのが本音と思う。
    工藤監督にナメラレタと言えばそうだが、森とメヒアを先発させたのが田辺監督らしいとこで、もしメヒアをベンチに置き、そしてメヒアを代打にだせば展開は変わったかもしれないし、球場は盛り上がったと思う。
    当面はメヒアと勝負師大崎をベンチに入れて置くことが必要と思います。

  • 頑張れライオンズ
    長らくお待たせしました。
    今日から本来のライオンズとなり勝ちます。
    レギュラーメンバーに岡田、外崎、斉藤を加えますので
    応援宜しくお願い申し上げます。
    岡田の闘志溢れるパフォーマンスで、投手もついつい気合いが入ります。
    外崎はリストの利いた打撃で、150Kの速い球を打ち走り守ります。
    斉藤は肩に力を入れず勝利に貢献します。

  • クレバーな秋山選手なら既に気づいている事を老婆心ながら
    オリックス、日ハムとの2カードくらいから、
    秋山えの配球、攻め方が変わって来ています。
    外角高目を反対方向にヒットやレフトスタンドに打ち込むのを
    逆手に取り、外角高目一杯ギリギリに強い球を
    次に内角一杯に落ちる球、顔付近ならつ次はアウトローにと
    対角に攻めて来ています。何故か?
    とにかく秋山を出塁させない事に全力を投入しています。
    出せば球場が盛り上がり、2番3番が打てなくても
    4番が打つ可能性があるからです。秋山を抑えた後に
    投手がホットするのか案外、脇谷が打ちます。
    栗山監督の指示は当然で、今日からのホークス戦は工藤監督が
    同じように考えています。フォアザチームの秋山選手には
    一日1本あとの打席は四球を選んで出塁を優先して下さい。
    柳田対策を田辺監督に考えが有りや無きや、興味深いところです。

  • 2~3思うこと
    浅村はバットを肩に担いでボールが見える様になった。
    スランプは終わりこれから打ちまくると思います。
    光成は立派、上本の組立で投げている。
    イデホはオリックス時代から胸元を攻められて
    三振か凡打の繰り返し、素人の私共が覚えているのに・・・
    データを漫然と見ていては、若い投手を潰してしまいます。
    上本よもっともっと真剣に取り組んで下さい。
    田辺さん2勝1敗でいいんです。
    岸、光成で勝ち誠で負ける。野上、菊池で勝ち十亀で負ける。
    但し、野上と菊池の両名は投球の70%はインコース攻めさせること。
    そのうえで膝に死球の時は5万円、胸元に死球の時は3万円を
    ボーナスとして支給すると、またたくまに信頼できる投手になります。
    キャプテンⅭの資質をもつ唯一の野手、秋山よ悩むなよ。打ちまくれ。

  • 貴源治 貴公俊 稽古は出来たか?
    水田や佐藤との決定的な違いは立会いの当たり
    鋭く、強く当り、相手力士を一歩でも半歩でも
    押し込めれば、いい勝負ができる。
    幕内、十両、幕下上位でも立会いの当たりが強いだろう。
    上を目指すなら、足腰を鍛え出足を鋭く強く当たる以外
    方法はない。
    幕下最下位の力士に作戦は必要ない。
    何も考えずに、立会いにブチかませ。

  • どうした貴源治 三番共同じ取り口
    立会いで2~3発突いたところで
    反撃にあい土俵際まで押しこまれて負ける。
    勝ちたい、勝ちたいの気持ちが先立ち
    上体が力んで足腰に構え力が入っていない。
    基本の突き押しは膝を折り腰を割って
    足を運びながら、ぶつかり稽古するのではないのか?
    相撲は相手がいるのだから、こらえる足腰がいる。
    立会いは呼吸を合わせ落ち着いて仕切ること。
    出来ないときは仕切りの途中で、一度深呼吸するとよい。
    立ち合ったら目線は相手の胸元に腰を構えて突っ張る。
    結局毎日の稽古で攻めの足腰、防御の足腰の構えを
    考えながら身体にしみこませて欲しい。
    頑張れ貴源治

  • 日本新記録
    秋山 翔吾 外野手
    おめでとう御座います。

  • 秋山の出塁は安打216四死球64エラー出塁を含むと
    全143試合で1試合平均2回出塁している。
    秋山の得点は108で、出塁2.64回して1回ホームインしている。
    西武は1番と4番5番はいるが3番がいなかった。
    1番が出て3番が打ち得点する、これがなかった。
    故障持ちの中村32才に打ち続けてもらうには1塁とⅮℍをメヒアと
    交互にする。3塁には3番打者としてメジャー経験者か3Aから獲得する。
    外野に森と脇谷をシフトして2番脇谷5番森6番メヒア
    今後10年はライオンズ仕様として3塁は外人で固定する。
    内野は2塁と遊撃をドラフトで1名、外野も層が厚くなるがドラフト1名
    今年から1年おきに都市対抗のベスト8から打てる捕手をドラフトで補強。
    山川は1塁Ⅾℍのバックアッパーでベンチに入り4番打者を目指させる。
    森を炭谷と差し替えると、外野は誰になる?炭谷に毛の生えた程度の野手?
    8月頃から楽天ウイーラーなら3番サードと期待したが、放出なしのようで
    それと同様で森の捕手もリップサービスで終わるかも。

  • 来年大ブレイクするのは森と郭
    森は3割25本程度は、ほぼ間違いない。
    森には声援に応える向上心と考える力がある。
    郭はNPBに馴れた。只投球後1塁側に体が流れるのが気がかり。
    来年は1番秋山が出塁し、3番サードの新外人が打ち返し
    その3番のランナーを5番の森が打って得点につなげる。
    いわゆる1回表ないしは裏の先制攻撃で先発の援護をする。
    1番3番5番打者の打率は3割を打てる選手に任せたい。
    新外人は3割10本位でよい。西武のホームラン打者は来年も健在だから。
    中村とメヒアは並べない。得点のチャンスがしぼむ。
    メヒアと浅村は6、7番でプレッシャーなく打たせれば成績を残す。
    外野は2番ライト脇谷、5番レフト森、これでソフバンと互角になる。
    課題の捕手は今ドラフト1~2巡目で社会人を取ること。
    躊躇してると巨人に取られる。
    捕手は岡田とドラフト新人で賄う事になるが充分可能である。
    投手は抑えに藤川、先発は左腕の外人を補強すればソフバンと互角になる。
    これが出来ないようだと、来年は最下位も十分あり得る。
    まずは補強を考えて欲しい。

  • 頑張れライオンズ 頑張れ秋山選手
    オフシーズンもTV等メデイアで西武のイメージアッツプに貢献
    まことに有難う御座いました。
    昨シーズン後に侍ジャパンの一員として参加した
    プレミア12は何か感じることが、あったのではと思います。
    2遊間を抜けると思ったゴロが抜けずに捕られ
    右中間をライナーで抜けると思った打球がギリギリ捕られる
    疲れや不運ではない、もう一段ステップアップする為に
    必要なこと、自身に足りない何かがハッキリしたのでは。
    別の侍ジャパン選手が打った同様の打球が抜けていくのを見て
    パワーアップが必要だと、分かったのではと思っています。
    来るシーズンは1番打者として、2塁打を量産して頂きたい。
    3番が打って先制点を獲得するためには2塁打が必要です。
    ところで今年3番は誰だろう?口をついて出るのは浅村?
    他には?昨シーズン同様、顔ぶれは変わらず層が薄い
    昨季のメンバーがそのまま今季の先発メンバー
    昨季が4位で今年は飛躍の年になるかな?

  • 初場所初日
    貴源治 白星 おめでとうございます。
    貴源治 大きくなったなあ
    幕下上位と見間違うほど力強い勝ち方でした。
    場所中も稽古に励んで研鑽して下さい。
    貴公俊と共にTVで紹介されていたが
    慢心することなく、優勝めざして
    おおいに客席を沸かしてください。

  • 貴公俊 2連勝おめでとうございます。
    貴公俊 大きくなったなあ
    カチアゲから突っ張り最後は四つに組んだ勝ち相撲。
    カチアゲを相手は読んでいる
    相手を一発で跳ね返すカチアゲを鍛錬して下さい。
    白鵬は東京オリンピックまで綱を張ると言ってます。
    貴公俊と貴源治は白鵬と勝負できます。
    兄弟で白鵬に引導を渡して下さい

    所で、負けて足早に引き上げる稀勢の里の後を
    何とも言えない顔をして一生懸命ついていく
    序二段東78枚目の足立はカワイイナー

本文はここまでです このページの先頭へ