ここから本文です

投稿コメント一覧 (440コメント)

  • 恥ずかしながら
    10銘柄全部が
    真っ赤に染まってます…😭

  • 昨日、今日下がったから
    多分今週はずっと
    下がりっぱなし!



    思っていれば
    楽になれる😃

  • ほんとまだまだ余力ありそう😆

    明日以降また
    アゲアゲタイムといきましょう!

  • いきなり
    みんかぶ予想に
    2位に出てきてるぞ!

  • bba※※※

    こいつ!
    何が言いたいのかね⁈

    馬鹿丸出しだね 笑笑

  • 楽天、今期売上高1兆円超に 創業20年で達成
    【イブニングスクープ】
    ネット・IT
    2018/12/6 18:00 [有料会員限定]
    楽天は2018年12月期に売上高にあたる売上収益が1兆円を突破(前期は9444億円)する見通しだ。1997年の設立から約20年での大台乗せとなる。90年以降に新規に立ち上げた日本の事業会社で売上高が1兆円に達するのは楽天が初めて。本業の電子商取引(EC)を核に、M&A(合併・買収)を駆使してクレジットカードや銀行など金融事業や旅行事業などに展開する戦略が成長に結びついている。

    利益面も好調だ。今期の連結営業利益(国際会計基準)は1700億円台と前期比で2割前後増えそう。2期連続で最高益を見込む。金融事業で「楽天カード」の利用者数、証券口座数、住宅ローンなど個人向けの貸出金が伸びる。年内に結婚情報サービス子会社オーネットを売却して譲渡益も計上する。ベンチャーキャピタル(VC)を通じて米ライドシェア大手のリフトなどのスタートアップ企業に出資しており、評価益で業績が上振れする可能性もある。

    日本経済新聞社の集計では90年以降に設立した事業会社で年間の売上高が1兆円に達したのは23社。ただ、NTTドコモやJFEホールディングスなど大企業の一部が分離したり、既存勢力の合併で新たな企業になったりしたケースばかりだ。楽天の売上高が1兆円を超えれば、90年以降にゼロからスタートした事業会社としては初となる。新たな成長企業の不足が問題になってきた「ニッポン株式会社」にとっては前向きな動きとなる。

  • 楽天、今期売上高1兆円超に 創業20年で達成
    【イブニングスクープ】
    ネット・IT
    2018/12/6 18:00 [有料会員限定]
    楽天は2018年12月期に売上高にあたる売上収益が1兆円を突破(前期は9444億円)する見通しだ。1997年の設立から約20年での大台乗せとなる。90年以降に新規に立ち上げた日本の事業会社で売上高が1兆円に達するのは楽天が初めて。本業の電子商取引(EC)を核に、M&A(合併・買収)を駆使してクレジットカードや銀行など金融事業や旅行事業などに展開する戦略が成長に結びついている。

    利益面も好調だ。今期の連結営業利益(国際会計基準)は1700億円台と前期比で2割前後増えそう。2期連続で最高益を見込む。金融事業で「楽天カード」の利用者数、証券口座数、住宅ローンなど個人向けの貸出金が伸びる。年内に結婚情報サービス子会社オーネットを売却して譲渡益も計上する。ベンチャーキャピタル(VC)を通じて米ライドシェア大手のリフトなどのスタートアップ企業に出資しており、評価益で業績が上振れする可能性もある。

    日本経済新聞社の集計では90年以降に設立した事業会社で年間の売上高が1兆円に達したのは23社。ただ、NTTドコモやJFEホールディングスなど大企業の一部が分離したり、既存勢力の合併で新たな企業になったりしたケースばかりだ。楽天の売上高が1兆円を超えれば、90年以降にゼロからスタートした事業会社としては初となる。新たな成長企業の不足が問題になってきた「ニッポン株式会社」にとっては前向きな動きとなる。

  • み〜んなで
    死んだフリしましょ⁇

    1000は
    年明け早々にはいくでしょう✌️

  • 楽天、インド・バンガロールに「楽天技術研究所」を開設

    - ディープラーニングやマシンビジョン、物流ロボティクスを中心に研究 -
    シェア:



     楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、インターネットの未来を予測し、新たなテクノロジーを創出するための研究機関「楽天技術研究所」(所在地:東京都世田谷区、代表:森 正弥、設立:2005年12月)の新規海外拠点として11月30日付で、インドのハイテク産業の中心地であるバンガロールに「楽天技術研究所 Bengaluru」を開設しました。

     「楽天技術研究所」(以下、「同研究所」)は、すでに東京をはじめ、パリ、ボストン、シンガポール、サンマテオに研究拠点を開設しています。今回新設する「楽天技術研究所 Bengaluru」は、インドにおいて初の拠点、世界では6拠点目となります。ディープラーニングや、マシンビジョンのほか、物流倉庫業務における無人ロボット運用に関する領域を中心に、先進技術を使った革新的なサービスにつながる新しい研究を推進します。

    【「楽天技術研究所 Bengaluru」における主な研究開発領域】
     ・フィンテック領域におけるディープラーニングを活用した不正検知技術の研究
     ・主にEコマースや医療分野における画像認識の応用技術(マシンビジョン)の研究
     ・物流ロボティクスなどを活用した倉庫内業務の自動化による、物流効率化の研究

     同研究所代表の森 正弥は次のように述べています。「今回インドに研究拠点を新設できたことをとても嬉しく思います。インド・バンガロールは、コンピューター科学が活発な地域であり、今後現地の研究者との共同研究を通じて、最新のテクノロジーを研究・開発していけることに期待を寄せています」

     「楽天技術研究所 Bengaluru」代表のSunil Gopinath(スニル ゴピナス)は次のように述べています。「インドは世界的にも専門的な人材を多く有しており、研究者たちは学術的な研究と実際のビジネス分野での応用を絡めた先進的な仮説実証に関して深い知見があります。『楽天技術研究所 Bengaluru』はそんなインドにおいて、楽天のEコマースやフィンテック、デジタルコンテンツといった様々なサービスについて、テクノロジーを駆使することで、さらなる利便性の向上を目指すという同研究所のビジョンのもと設立されました」

     同研究所は、インターネット企業の技術研究機関として、産学連携にも積極的に取り組み、教育機関との人材交流や、学術的な最先端分野を取り入れた研究を進めています。今回新設した「楽天技術研究所 Bengaluru」は、インドの様々な研究大学との連携の拠点となるとともに、現地の優秀な技術者と、ITや世界中で展開される楽天グループサービスの開発に関わる研究を行う機会を創出します。

     楽天は今後も、テクノロジーを活用した、サービスのさらなる利便性向上を目指し、同研究所の活動を加速してまいります。

    ■「楽天技術研究所 Bengaluru」について 
    名 称: 「楽天技術研究所 Bengaluru」
        (英表記: Rakuten Institute of Technology Bengaluru)
    設立日: 2018年11月30日
    研究リード: Sunil Gopinath (スニル ゴピナス)
    研究領域: フィンテック領域へのディープラーニングの応用、マシンビジョンの研究分野、物流ロボティクスの研究分野など

    以 上

  • 2018/12/03 14:54

    いや!
    935だっ!ワラ

  • パクパク
    上値めっちゃ食ってますねぇ🙌

  • 俺もです😂

    びっくり😂

  • な〜んにも

    心配いらないね😆

  • さぁぁ❗️

    楽天猛烈なアゲアゲで

    本日もお願いします🤲

  • 上方修正ってことだね🤗

本文はここまでです このページの先頭へ