ここから本文です

投稿コメント一覧 (7コメント)

  • 2015/06/20 19:49

    私も500円割れがあるかも知れないと思っておりましたが、それは先週までのこと。高騰時からの制度信用期日やアメリカの金融政策を意識したもので、買うにはチャンスだと待ってましたが買えませんでした。
    ギリシャ問題のくすぶりはあるものの、明らかに来週からは需給が良くなり、きれいな右肩上がりのチャートを描いていくと思います。
    鞍替えの思惑、スティックPC、MADOSUMAはもとより、その他製品もパソコンがより個人個人に浸透していけば、メーカーとして、その真価はみなおされて行くのでは、と思います。
    CMには少しがっがりでしたが、株価もですが、MCJというメーカーが変貌を遂げていくような気がしてなりません。

  • ピコレッタのCM見ましたが、あのおじさんの起用は避けて欲しいものです。

  • 今日の下げは昨年12月の急騰時から調度半年、信用取引の期日でもあり、当然と考えていいのではないかと考えております。むしろ先週も下げると予想してたのにもかかわらず、強い動きでした。それは、市場がこの会社の変貌を感じているのではないかと思います。
    むしろ今日の下げは、上がるための調整、明日もしくはここ数日の調整はあるかもしれませんが、その後、循環も良くなり、今月後半からいくつかのIRにより、大相場を迎えることとなるように思います。

  • 同感です。
    停滞しているパソコン業界にパソコンメーカーとして、マドスマにしてもスティックパソコンにしてもこれまでのパソコンのありかたに一石を投じようとしているのですから、確固たるブランドの確立のためにも一部への上場変更は有利であり必要でもあり、今回は絶好の機会ですからね。

  • No.1739

    強く買いたい

    Re: 今日は

    2013/03/19 19:35

    >>No. 1738

    先読み作戦指令室=日本リーテック:整備新幹線、耐震工事、強靱化など環境に明るさ
     09年4月に千歳電工と保安工業が合併してスタートした総合電気設備工事の日本リーテック<1938.T>をマークしたい。

     13年3月期の連結営業利益は25億円(前期比23.4%減)の見通しだが、整備新幹線工事などの好調から第3四半期(12年4-12月)は19億6800万円(前年同期比58.6%増)と業績進ちょく率が高く、受注高も383億4400万円(同17.7%増)と増加、通期業績の上方修正の期待も出てこよう。

     3月期末一括配当は7.5円(前期末7.5円)の計画だが、12月末の株主資本は256億4500万円強(うち利益剰余金210億7800万円強)あり、今期の1株利益は100.95円の見通しとなっており、増配余力はあろう。

     受注の好調や国土強靱化政策だけでなく、主要ユーザーのJR東日本<9020.T>が今後5年で総額3000億円の耐震補強工事を実施することを打ち出していることや、太陽光発電システムの寄与などから14年3月期以降の事業環境は一段と明るさを増しそうだ。

     株価は3月12日に540円高値を付けたあと、高値圏でもみ合い、18日には再度556円と高値を更新してきたが、月足を見ると長期にわたる300-400円台のもみ合いを離脱したばかりと相場は若い。じっと押し目を狙いたい。

  • No.1738

    強く買いたい

    今日は

    2013/03/18 10:24

    会社四季報の影響でしょうか、動意づいてきましたね。
    このまま、上昇すれば、値上がりランキングに出て、注目され価格更生へ向かっていくのではないでしょうか。
    期待したいです。

  • No.1737

    強く買いたい

    ここは

    2013/03/13 00:46

    収益に関しては、ここ数年、1株当たり100円以上の純利益を確保しており、13年3月期通期予想、1株当たり100円とし、前年比減益と控えめにしているが、2月に発表した3半四半期決算ですでに一株利益が103円、売上や営業利益を前年と比較しても、今季の大幅増益は間違いなく、150円位になるものとみております。
    また、一株当たりの純資産の本年と決算時には1000円を超えることは間違いなく、ここまで割安になってることを知っていただきたい。
    残念なのは、(予想では7.5円)配当が少ないということ。
    他方、ここのところの株価の上昇でテーマごとに物色され、急騰しては下げといった銘柄も見られますが、ここ日本リーテックは、地味な会社とはいえ正当に評価されれば、株価1500円位であって正当いえるのではないでしょうか。

本文はここまでです このページの先頭へ