ここから本文です

投稿コメント一覧 (513コメント)

  • >>No. 187

    投資の先生?
    バフェットやゲイツに会ったことあるの

    テンバガー 何株も持ってるの?

    投資額に対し 配当利回り10%以上の株を持ってるの?

    > 相鉄&東急にも横浜では惨敗

    笑っちゃうね

    まず、京急Vs東急

    明治時代からの横浜は
    昭和時代(昭和2年)に政令指定の5区に編成

    この5区で三代続いてはじめて浜っ子と名乗れる

    神奈川区 鶴見区 は本物の横浜

    対して東急は、都築郡のため 山っ子地区と呼ばれ
    昭和の頃、新横浜駅のホームから、あたり一面 田んぼ 原っ葉
    当然、ひかりは停車せず
    平成から令和にかけて、引っ越してきた方は、土地持ちと違って
    土地から買わないとなので、ローンの山

    三代続くローン無しとは雲泥の差

    昭和の頃、渋谷から帰るのも、ラッシュアワーは全て各停だったので、品川まわって京急の方が早いと評判だった

    その為、東急は昭和の頃に地方から移住してきた労働者層が非常に多く
    運賃安かろう悪かろうのイメージがついた

    京急Vs相鉄

    横浜市は明治からの
    都心5区で三代続いてはじめて浜っ子と名乗れる

    磯子区(金沢区) 中区(南区 港南区) は明治から本物の横浜

    相鉄は、中区(平沼橋~西横浜)と保土ヶ谷区(天王町~西谷)までは許せるが横浜駅で乗り換える必要あり

    >三浦半島での人口減少が著しく

    ちなみに、
    横須賀線は、日本で1番早くグリーン車が導入したので分かるように
    上級官僚、役員、経営者など金持ちが住む

    三浦半島は労働者が住むのではなく、金と時間に余裕がある人が住む高級住宅地
     分かりやすく、みのもんたが良い例だ

    これからも、三浦半島は、労働者は転出し、富裕層が転入

    > 投資の先生のお話しでした

    東京や神奈川に どれだけ 不動産をお持ちで家賃収入があるの?

    大半の株主や大家が売るつもりないから、固定資産税は下がった方が喜びます

    三浦半島を開発した西武の堤のように、下がれば買い増し

    もちろん、株の配当金収入だけでも、100万単位で保有してますね?

    税理士の顧問料は? 法人成り 資産運用会社にしてますね
    相続対策は公認会計士?

    5区で三代続いてる 知人や投資の先生の話を聞いたことあるの?

    卒業した小学校は国大付属の 横浜ですか? 鎌倉ですか?
    または私立の小学校?

    短期なんて興味なし
    株も不動産も3世代持ち続けて初めて話せ

  • 2020/02/20 13:00

    中国の新エネ車、テスラ3倍、VW6倍の急拡大

    中国における19年の電気自動車(EV)などの新エネルギー車の乗用車市場で、
    比亜迪(BYD)が1位
    外資勢ではテスラが前年実績比で販売台数を3倍
    独VWが6倍にそれぞれ伸ばした

    中国市場の成長が鈍化する中、外資の台頭でこれまで市場の大部分を占めていた中国勢は明暗が分かれた。

    19年の新エネ車の乗用車の販売台数は前年比4%増の110万台
    BYDは3.9%減の22万台
    2位は北京汽車集団で、販売台数は0.9%減の14万9千台
    3位の上海汽車集団と4位の浙江吉利控股集団はともに前年実績に比べ1割

    外資勢で急成長したのはテスラとVW

    テスラは中国政府の支援を受けて初めての全額出資の製造子会社を上海に設立
    税金の減免などの支援を受け、実質的な値下げを実施

    19年の販売台数を前年実績の2.8倍の4万5千台まで一気に増やした。

    20年は本格的に上海での現地生産が始まった主力のモデル3に加え、
    モデルYも追加

    現地調達率も高め、価格競争力を引き上げる計画で、
    LMCオートは3年後の中国での販売台数は19年の3倍にまで増える

    VWは新エネ車の投入で19年に18年実績の6.3倍の4万3千台まで伸ばした。
    新エネ車のシェアは4%

    VWは中国のガソリン車を含めた乗用車市場で2割近くのシェアを握ることから、そのブランド力が新エネ車販売を後押ししたとみられる。

    他の外資勢では独BMWが4割増の3万台

    シェアは2.8%で13位。
    トヨタ自動車は2万台近くを販売し、シェアは1.7%で順位は14位

    トヨタの現地法人幹部は「これから新エネ車の品ぞろえを拡充して、中国市場で本格的に伸ばしていく」と意気込む。

    5位の奇瑞汽車は3割近く減少
    安徽江淮汽車集団(JAC)、中国長安汽車集団、東風汽車集団が相次いで前年実績を下回った。

    中国ブランド間の競争も激化しており、ブランド力があるとされる広州汽車集団や長城汽車は2倍以上に伸ばした。

  • 2020/01/15 13:36

    成長加速のカギ握る中国市場

    テスラは、どうやら軌道に乗りそうな見込み

    株価は期待を捉えて急回復

    19年6月3日は176.99ドル
    3年3か月ぶりの安値が10月下旬の短い期間で急騰

    20年1月13日は524.86ドル 2.9倍

    今後大きく成長するには、モデル3の成功が不可欠

    19年10月23日の決算発表は一つの転機

    19年7-9月期の純利益は▲54.0%減の1億4300万ドル減益
    3四半期ぶりの黒字確保

    市場は、利益率の低いモデル3の販売は増えるが、
    利益率の高いモデルS、モデルXが落ち、赤字は免れないと

    しかし、生産効率の大幅な向上で黒字転換

    第4四半期の納車台数が10万台を超え、年間の納車台数が36万7515台
    目標の36万台を超えた

    モデル3は量産車で高級車の部類

    競合先は、ジャガー、ポルシェ、メルセデスの高級ブランド車

    アメリカ、欧州は、高級車クラスの競争は厳しい

    更に大きく成長するには、世界最大の市場規模と成長期待の中国市場を開拓が不可欠

    米中貿易戦争が激化する中、逆にそれを逆手に取り、トランプ大統領を通じて中国自動車市場の規制緩和を迫り、それが成功

    ギガファクトリー上海を建設

    着工から1年、20年1月7日に上海工場で生産のモデル3が初めて納車
    自動車購入税は免除され補助金が支給
    消費者負担は29万9000元(472万円)
    他社は37万~40万元(585万~632万円)価格で他社を大きく引き離す

    生産ペースは週1000台 週3000台の生産能力
    将来は年50万台の生産ペースに高める

    上海工場生産のモデル3は国産化率が30%
    中頃に80%
    年末は完全国産化の達成で、利益率は大きく改善

    モデルYはアメリカで19年3月、中国も20年1月7日予約開始
    販売は21年から

    モデルYとモデル3は部品の75%共有

    モデルYはモデル3と比べ性能が高い

    テスラは中国を含め、世界のEV自動車の普及の先陣を切り、
    EV自動車業界が本格的な成長期へ

    中国の人口は14億人でアメリカの4倍

    一人当たりGDPはアメリカの15%、逆に今後の成長余力が大きい

    経済発展が続き、多くの人民が中所得の階層へ這い上がる段階

    生産面は世界で最も総合的に完備

    マスクCEOのようなグローバルに活動する優れた経営者は、中国での事業、貿易、投資を切望

  • 2020/01/14 18:59

    テスラ、初の500ドル台 猛スピードにアナリストの修正追いつかず

    13日の米株式市場では、
    電気自動車(EV)メーカーの米テスラが急伸
    初の500ドル超えとなった。

    一時は前週末比8.5%高の518.80ドルと、
    上場来最高値を更新。

    株価は昨年10月時点の2倍となり、
    ウォール街アナリストの多くは目標株価の修正が追いついていない。

      オッペンハイマーのアナリスト、コリン・ラッシュは、
    テスラの目標株価をウォール街最高の612ドルに引き上げた。

    従来は385ドル。
    投資判断は引き続き「買い」相当

    テスラは数々のつまずきを経て、
    「フリーキャッシュフロー(純現金収支)の持続的な黒字を支えていける
    スケールに到達した」と指摘

      ラッシュはテスラの高いリスク許容度や、過去の過ちから学習する能力、
    同業他社と比べた野心の大きさに言及。

    革新のペースを上げられない、
    またその意志が弱い競合他社の「存続を脅かす」リスクだと指摘

      ウォール街のアナリストはただ、まだ完全に信頼はしていない模様

    同社株価はここ数週間で急伸したが、
    アナリスト目標株価の平均とテスラの株価の差は依然、
    10年の新規株式公開(IPO)以来最大

  • 2020/01/06 22:21

    近年、世界的に急激に太陽光発電のシェアが増加

    それに伴い、電気を貯蔵するためのバッテリー企業に、市場の注目が集まる

    増加傾向は始まったばかり

    19年には660 MW、
    20年に1,700 MWのエネルギー貯蔵設備が必要

    蓄電池市場に注目している投資家は、
    テスラにおける取り組みについて、知っておくべき

    テスラの自動車以外の事業
    「当社のエネルギー貯蔵設備に対する需要は、市場の電力生産能力を上回るほど大きい」

    大規模な製造施設であるギガファクトリー においては、
    需要が生産能力を凌駕している状況

    住宅関連需要と商業、工業関連需要の両方にエネルギー貯蔵設備を販売する事業を構築

    住宅関連は比較的小規模な市場ですが、商業、工業関連は、近い将来大きな成長をする可能性を秘めている

    最近の大規模なプロジェクトとしては、南オーストラリア州のバッテリープロジェクト


    高価なソーラーシステム及びバッテリーの設置により、テスラは7,250万ドルの売上を計上

    バッテリーの設置が増える事で、テスラの将来的な利益率は改善

    ギガファクトリーが1年間で生産可能なバッテリー容量は、50,000 MWh

    それが年間500,000台の自動車用のバッテリーシステムをサポートし、
    平均的な自動車が85キロワット時(kWh)のバッテリーを搭載している場合、7,500 MWhの生産能力が残る

    17年にはわずか358 MWhのエネルギー貯蔵装置の販売に留まりましたので、
    更なる成長の余地がある

    米国エネルギー情報局によると、
    米国は18年10月までの12か月間に太陽から95,189ギガワット時の電力を生成

    16年の太陽光発電量から101%の増加

    エネルギー貯蔵市場は、まだ初期段階

    風力や太陽光等の成長によりエネルギー貯蔵設備は注目されるが、
    投資家は、その市場がまだ始まったばかりであることを忘れないことが重要

    テスラは、太陽エネルギー設備に頼っている商業顧客向けに製品を提供

  • 2020/01/06 07:13

    中国産テスラの出荷開始、中国販売に弾み

    電気自動車(EV)メーカーの米テスラは12月30日、
    上海市の工場で現地生産した主力のセダン「モデル3」の出荷を始めた。

    上海工場はテスラにとって初の海外工場で、
    米国から輸入する車に対して課される関税を回避して
    世界最大のEV市場である中国で売り上げを伸ばす狙い

    中国新聞社電、第一財経日報(電子版)などが伝えた。

    出荷を記念する式典を同日開き、
    車両を購入した中国の従業員に引き渡した。まず15台を納車

    外電によると、今月7日から一般顧客への引き渡しを始める

    本格的な出荷開始を控え、3日には中国産モデル3の最廉価版の販売価格を
    従来より9%低い32万3,800元(502万円)に下げた。

    中国政府による新エネルギー車(NEV)向けの補助金を適用した場合、
    29万9,050元で購入することができる

    値下げによって、中国での販売に弾みをつけたい考え

    19年の生産目標(36万台)を達成したと発表し、18年の生産量を50%超え
    36万台はホンダの年間生産量(500万台)や
    フォルクスワーゲンの生産量(1000万台)と比べると
    大した事ないように見えるが、EV車への市場の期待が伺える

    第4四半期だけで見ると、80%の生産がモデル3で、
    モデルS(高級セダン)から始め、モデルX(一番高いSUV)、モデル3と展開

    ロイヤリティの高い顧客をまず獲得し、
    ボリュームゾーンで利益を取りに行くマーケティング戦略も結果を出している

    発表した19年10~12月期の世界での納車台数は11万2,000台
    モデル3は9万2,550台

    上海工場では、稼働から12カ月未満で既に1,000台近くを生産
    12月下旬には生産能力が週に3,000台を超えた

    ネットメディアの澎湃新聞によると、テスラは昨年12月、
    中国の大手銀行4行と90億元規模の融資を受ける契約を締結。

    米国と上海の双方で
    生産拡大に注力していく方針。調達資金は上海工場の拡張に充てる

    車内で停車中に快適に映画を見る為の
    ネットワークサービスに毎月サブスク料徴収を開始

    ハードとソフトで取りに行く戦略が、今後より増えると期待できる

  • 2019/12/31 19:57

    >>No. 951

    テスラのライバル NIOの決算が予想を上回り株価が急上昇

    19年第3四半期の決算が予想を上回り、
    中国拠点の電気自動車メーカーNIO(ニーオ)の株価が急上昇

    この前には競合相手のTesla(テスラ)が
    NIOのホームマーケットである中国で製造した車両を初めて納車した

    NIOは18年にニューヨーク証券取引所で1株あたり6.26ドルで株式公開

    しかし株価は1.19ドルに迄落ち込み

    第3四半期決算を受けた30日、NIOは1株あたり1ドル以上 44%上昇

    第3四半期では売上高と利益の両方で予想を上回った
    次の四半期では納車台数は急増すると見込む

    Q3の調整後売上高は2億3080万ドル、1株あたり純損失は0.34ドルと予想
    実際は、売上高が2億5700万ドル、1株あたり純損失は0.33ドルだった

    売上高で伸びを確保し、前四半期比21.8%増、前年同期比25%増

    直近の四半期でNIOの自動車販売での粗利率はマイナス6.8%
    1年前のマイナス4.3%より更に悪い

    NIOの主幹事業は売上原価をカバーできず、社全体の営業費用は尚更だ
    同社が金を使うばかりで、更なる資金注入がなければ操業できない
    この点にNIOは決算発表文で触れている。

    「弊社は赤字続きで債務超過。弊社のキャッシュバランスは十分でなく、
    今後12カ月間操業を続ける為の運転資本と流動資産を賄えない。
    第3四半期の監査前財務情報準備の前提となる連続した操業ができるかどうかは、外部から十分なエクイティか借入金融を確保できるかにかかっている。
    弊社はいくつかのファイナンスプロジェクトを抱えているが、完了できるか不確定。適用される法律に基づいて進展ないし情報を発表する」

    NIOは更に多くの資金が必要

    操業を続け、会社を成長させるのに必要な資本を調達する必要があるが、
    幸運にも株価が上がった御蔭で、同社は株を売り込み易くなった。


    今後の展望は、
    19年第4四半期に8000台超の納車予想
    第3四半期の納車台数より3分の2多い。今期売上高は過去3カ月より大幅増

    これは、テスラ創業者Elon Muskと彼の会社がまとわりつくとしても、
    NIOにとってはいいニュース

  • No.347

    強く買いたい

    LAで「全自家用車の3割をEV…

    2019/12/30 23:02

    LAで「全自家用車の3割をEV化」計画、2028年迄に達成へ

    慢性的な交通渋滞が問題のロサンゼルスが、
    排ガス規制に対する新たな構想を

    28年オリンピック開催都市であるロサンゼルスは、温室効果ガスを25%削減

    市は日産、テスラ、BMW、アウディ、
    EVバスのプロテラ(Proterra)」、BYD、公営・民営の電力会社の協力を仰ぐ

    エリック・ガーセッティ市長をトップに、
    ロサンゼルス市や周辺コミュニティ、民間企業で構成される
    交通の電動化を目指す団体は、9年後の具体的な目標を設定

    ロサンゼルスの道路を走行する自家用車の30%をEV化

    ロサンゼルスとロングビーチの港を出入りする商用トラックの40%を無公害に

    目標を達成する上で、EV用充電インフラを充実させる事が不可欠

    ロードマップにはEV充電器を一般車両用に8万4000台、トラック等の輸送車両用に9万5000台設置

    「気候危機に対応する為に、官民が協力し、排ガス規制を強化し、無公害の輸送手段の導入を加速させる必要。ロサンゼルスの取組みが世界中の都市のモデルケースに」

    「将来に渡り人々の健康と生活の質を向上する為の政策の実現やグリーンエネルギーの導入に力を注ぐ事を期待」とガーセッティ市長は声明

    ロサンゼルス地区は米国で既に最大のEV市場

    州や市による補助金交付や、充電設備の充実もEVの普及に大きく貢献

    環境志向は企業の生き残りにも必須

    加州がトランプ政権の定めた内容よりも厳しい燃費規制を設定

    「ロサンゼルスにおけるEV普及への取組みをはじめ、新型バッテリーや水素を燃料とする燃料電池自動車の開発は、メーカー各社が正しい方向を向いている証拠」と加州大気資源局の局長Mary Nicholsは指摘

    「次世代に勝ち残りたいメーカーは、慎重に行動を見極めている。彼らは新たなテクノロジーの研究や他社との提携を模索したり、新規事業の開発も試みている。今はエキサイティングであると同時に、非常に不確実な時代だ」

    「1人乗り車両を20%削減し、無公害な公共交通機関や自転車に転換する」

    「経済のあらゆるセグメントや、政府・公共セクターが協力して目標の達成に取り組む。南カリフォルニアは大気環境の大幅な改善が見られるが、まだまだ道のりは長い。大気汚染や温暖化の最も大きな要因となっている輸送や物流の改善が必要」

  • 2019/12/30 22:40

    中国産テスラ出荷開始 上海工場から、関税回避

    中国の工場で生産されたモデル3の出荷式典

    テスラは30日、上海の自社工場で生産した量販車「モデル3」の出荷を開始

    上海は初の米国外での生産拠点で、関税を回避して
    世界最大のEV市場である中国で売り上げを伸ばす

    出荷記念の式典をこの日開き、車両を購入者に引き渡した。

    モデル3の価格は35万5800元(555万円)から

    中国政府はEVなどの新エネルギー車の普及を進めており、
    モデル3も購入の際に補助金が適用

    記念式典開催

    30日、上海工場で生産したモデル3の納車を開始し、記念式典を行った。

    式典ではモデル3を購入した15人が車両を受け取った。

    上海工場の着工から357日で納車を開始したことになり、
    世界の自動車メーカーによる中国での記録としては最短

    中国製のモデル3の価格(補助金給付前)は35万5800元(5万ドル)

    来年1月25日から始まる春節(旧正月)休暇迄に納車を開始したいとしていた

    世界最大のEV市場である中国で攻勢を強めるテスラにとり、
    重要な節目となる。

    モデル3は蔚来汽車(NIO)や小鵬汽車など中国メーカー、
    BMWやダイムラーなど海外メーカーのEVと競合する

    上海工場の製造担当ディレクター、ソン・ガンは、
    同工場では現在、週1000台強を生産

    向こう1年間で2倍のペースに引き上げることを目指している

    中国の工業情報省は今月6日、
    テスラが中国国内で製造するモデル3を補助金対象に指定

    最大2万5000元(39万円)の補助金を受けられる

    27日には更に、
    10%購入税の免税対象のリストに中国製モデル3が入る等、
    追い風が続いている。

    事情に詳しい複数の関係者によれば、テスラは来年、
    中国での部材調達を拡大する

    コストを下げ、中国製セダンの価格を20%以上の引き下げを検討している。

  • 2019/12/24 17:01

    >>No. 904

    お待たせしました 米IT広告収入、日本で計上へ
    グーグルとフェイスブック

    米巨大IT企業のグーグルとフェイスブックが、
    日本の広告事業の売上高を日本法人に直接計上する方針を固めた事が分かった。

    法人税率が日本より低いシンガポールとアイルランドで
    それぞれ売上高を計上していた会計処理を改める。

    両社は日本での存在感に比べ納税額が過少との見方があったが、
    変更により法人税納付は増える見通しだ。

    巨大IT企業は過度な節税策が問題視され、課税ルール作りが進んでおり、
    両社の意思決定に影響を与えたとみられる。

    アマゾン・コムも2017年12月期から
    通期で売上高を日本法人に計上する方針に転換。

    国際的にもこうした流れが進む可能性がある。

  • 2019/12/24 04:22

    テスラ車の中国登録台数、11月は前年同月比14倍

    減速下で健闘している

    テスラの11月の中国新車登録台数が前年同月に比べ14倍となった。

    上海新工場からの納車開始に備える同社は
    世界最大を誇る中国EV市場が減速する中で健闘

    自動車業界のデータを集め公表する政府系の中国自動車工業情報網によると、
    テスラ車の登録台数は
    11月に5597台。 前年同月の393台から急拡大。


    台数としては5カ月ぶりの大きさ

  • 2019/12/20 11:23

    モデル3の好調で世界的に市場を拡大中

    19年第3四半期
    新車販売台数が四半期として過去最高の9万7000台
    前年同期(8万3500台)比16%増

    モデルS、モデルXと1000万円を超える高級車でEV市場を切り開き、
    モデル3投入で市場規模拡大

    モデルYとサイバートラックの競争力高いモデルが発売され、
    世界各国のテスラの存在感は高まる

    中国のギガファクトリー3で出荷開始

    ドイツもギガファクトリー建設

    ポーランドやルーマニア、ハンガリー、東欧諸国も予約開始。20年に納車

    グローバルで市場拡大の勢いが目立つ

    テスラが自動車産業の天下を取る説が現実味

    脱炭素化に向けたライフスタイルの変革


    自動車は100年に一度とも言われる変革期

    米ビッグスリーのドル箱 ピックアップトラック市場へ参入

    既存ガソリン車に近い環境規制対応のEVに比べ、インパクトは強烈

    マスクCEOは、新車発表から5日間で予約が25万台に達したとツイート

    作業用途で保守的ユーザーが多いピックアップトラック市場へファーストコンタクトは成功

    韓国市場もモデル3が売れてテスラが輸入車ブランド5位
    モデルSやXよりも手頃な価格で買えるモデル3で、
    グローバル市場拡大が続く

    11月からデリバリーが始まった韓国も、
    モデル3のヒットとテスラの躍進が驚きの論調で

    韓国メディアがテスラの躍進に驚愕
    中央日報が12月4日に
    『テスラが輸入車の5位に脅威の躍進〜モデル3が1200台売れた』

    モデル3の販売が快調で、テスラの躍進を驚きと共に伝えた

    たった51台だったテスラが11月22日に
    モデル3の販売台数が9日間で1207台を記録。テスラの合計が1258台

    日本も同様?

    モデル3は、ベンツEクラス2621台、BMW5シリーズ1670台、ワーゲン ティグアン1640台に続き4位

    ブランド別もテスラを5位に躍進させる原動力

    12月に入っても納車は順調でモデル3の販売好調は続く

    数十台だった韓国テスラの展開は日本と比べ遅く、
    最初のスーパーチャージャーが17年5月

    テスラに対し充電インフラが不足し、
    アメリカに比べ車両価格が高い不満も、
    24カ所のスーパーチャージャーが年内に仁川、釜山など8カ所拡充し
    釜山などにサービス拠点のテスラセンターを新規開設が好意的に映った模様

  • No.44

    強く買いたい

    PG&E、山火事被害者と1.4…

    2019/12/18 21:34

    >>No. 39

    PG&E、山火事被害者と1.4兆円の賠償で和解

    経営再建中のカリフォルニア州の電力・ガス大手、PG&Eは、
    同社の設備が火元となって発生した山火事の被害者らと
    総額135億ドル(1兆4600億円)の損害賠償で和解したと発表

    同社はすでに地元自治体や保険会社との交渉を終えており、
    山火事被害の請求権を持つ全ての主要グループとの和解に達した

    同社は損害賠償などで300億ドル超の債務を抱える可能性があるとして、
    19年1月に米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)を申請して経営破綻した。

    今回の和解では、個々の山火事被害者を代表するグループとの合意に達した。

    PG&Eが起こした15年以降の山火事で生じた全ての申し立てを解決するとしている

    合意内容は策定中の再建計画案に盛り込まれ、
    連邦破産裁判所が最終的な決定権を持つ

    PG&Eは20年6月末までの再生計画案の承認を目指しており、
    最大の請求権を持つ山火事被害者らとの和解によって
    法的整理の手続きが前進する

    ビル・ジョンソン最高経営責任者(CEO)は声明で、
    「この合意に至った多くの利害関係者の努力に感謝する」と述べた。

    PG&Eでは現在、
    山火事の再発を防ぐため、
    乾燥や強風などの気象条件が重なった地域で
    送配電網の稼働を止める計画停電を頻繁に実施

    ジョンソンCEOは声明の中で
    「システム全体でリスクを軽減するためにできる限りのことを続ける」

  • 2019/12/18 18:24

    中国製モデル3、来年の値下げ検討 購入喚起狙う

    モデル3の価格を来年に20%以上引き下げることを検討

    テスラは現地の部品を使うことでコスト削減を目指す

    電気自動車(EV)メーカー、テスラは
    中国で生産するセダン「モデル3」の価格を来年に20%以上引き下げることを
    検討

    計画に詳しい複数の関係者が明らかにした。

    世界最大のEV市場が減速する中で購入を喚起する。

    情報が公になっていないとして匿名を条件に話した関係者によると、
    テスラはより多くの現地の部品を使うことでコスト削減を目指している。

    上海の新工場で組み立てられ、
    35万5800元(560万円)からとなるモデル3の価格は
    来年後半から引き下げられる見込みだという。

    値下げ幅や時期は市場環境次第で変わる可能性もある

  • No.951

    強く買いたい

    知られざるEVメーカーNIO …

    2019/12/18 10:26

    知られざるEVメーカーNIO

    最新SUV「ES8」にも迫る

    0-100km/h 4.4秒 航続距離は650km

    広州モーターショー2019で、とりわけ海外からの取材陣に注目されていた
    メーカーが
    「上海蔚来(ウェイライ)汽車」またの名を「NIO」


    テスラの隣にあったブースには、EVのスポーツカー「EP9」をはじめ、「ES6」と「ES9」を並べた

    「ES6」はミドルサイズのSUV

    NIOは自動運転の研究にも熱心に取り組む

    カリフォルニアでいち早く実験を行った

    フォーミュラEにも熱心

    EV普及を使用者目線で捉えているのも、NIOが話題を呼んできた点

    専用のパワーチャージング・ステーションをはじめ、バッテリーパックの交換サービス「パワースワップ」を提供


    オーナー同士の交流場所「NIO HOUSE」を、本社のある上海や北京の4個所に開設

    車両の技術も高い
    「ES8」を例にとると、全長5022mmに達する3列シートのボディに、84kWhの大出力バッテリーを搭載
    静止状態から100km/hまでの加速に要する時間はわずか4.4秒
    満充電時の航続距離は650km

    2019年に販売開始されたES8は、最新の運転支援技術を搭載しているのが大きな特徴

    実現したのは、インテル傘下にあるモービルアイの最新画像処理チップ「EyeQ4」

    従来チップに比べ、高速で演算が出来る

    ES8は3列シートの大型SUV

    小型SUV導入へ

    インフォテインメント・システムは「NOMIメイト」のAIエージェント付
    音声のみで、さまざまな操作が出来る。


    NIOは、2019年9月にニューヨークで上場したのも話題

    オーナーのリー・ベンは、中国のイーロン・マスクとも呼ばれる

    今年6月には、SUVの第2弾「ES6」のデリバリーも始まった

    バッテリー発火事故が起こり、同月には4800台のリコールを実施

    株価が急落し、売り上げも落ちた。

    「その問題は解決していますよ」と、ショー会場で広報担当者は笑顔で応じた

    もちろん、そう信じたい

    10月以降は、落ちた売り上げが回復傾向にある

    NIOは近い将来、小型SUV「ES3」の導入も検討


    これからのNIOのSUV戦略に注目したい。

  • 2019/12/09 12:56

    自動運転の時代になれば世界は一変

    自動車は保有する物から利用する物に

    タクシー、トラック、バスの自動運転や自動配送ロボット

    カーシェアリングが進む
    好きな車を時間単位で借りれ、どこでも乗り捨て可能

    ロボタクシーを呼べば、運転手のいない車が到着
    目的地迄行き乗り捨て、帰りはロボタクシーを呼んで帰宅

    個人が保有せずタクシー会社が保有し事足りる

    稼働率が顕著に上昇
    自家用車の稼働率はたったの4.2% ほとんど駐車

    ロボタクシーで稼働率が上昇

    1台当たりの走行距離も延びる

    欧州は、
    車両保有台数は2億8000万台超から、30年に2億台へ25%減少。米国も22%減少

    新車販売台数は欧州で34%増加。米国は20%増加

    ロボタクシーの普及が進めば、
    保有台数は14%減。新車販売台数が50%減少

    自動車産業が大きく変わる

    20世紀の経済は、自動車産業中心に発展 鉄鋼業や石油産業も成長

    変化が生じれば構造が変わる

    自動運転車で重要なのはハードウェアでなくソフトウェア

    自動車産業の主役がメーカーでなくなり、AIの自動運転にシフト


    携帯電話は2000年代に変化

    スマートフォンの移行でハードウェアを作る携帯端末メーカーから
    OSを提供するソフトウェア企業へ主導権が

    結果、アップルとグーグルが業界をリード

    自動車の自動運転は、
    グーグル子会社であるウェイモが実験車の走行等で圧倒的リード

    スマートフォンと同様の変化が

    研究開発の重点が自動運転にシフトし、日本から海外に出ていく

    メーカーだけでなくガソリンスタンドや修理工場も

    駐車場も不要

    シェアリングが進めば、同様の変化

    駐車場が激減

    ビルの建築形態や都市の土地利用が変わる

    人口の減少で土地に対する需要が減少

    駐車場激減で土地の供給が増大

    免許制度は不要に

    ロボタクシーで
    レベル5の完全自動運転で免許証なしの利用

    タクシーに乗るのに免許証を必要としない事を考えれば、当然


    カリフォルニア州は、自動運転車のドライバーは
    運転免許証を必要なしの方針で、連邦政府に認可請求

    免許制度や教習所も変化

    完全自動運転で交通事故が8割減少

    交通警察も縮小

    警察は自動運転で影響を受ける分野の一つ

    交通事故が激減すれば、自動車保険も減る

    自動車保険の構造も大きく変わる

  • アリババ出資の香港企業、自動運転で他社追い抜くか

    アリババから出資を受けているオートX(AutoX)が、
    加州でセイフティードライバーが乗車しない公道試験走行の免許を申請

    オペレーターが遠隔で運転を監視

    自動運転の試験走行は通常、ソフトウエアが何らかの異常を検知したり、運転席に座っているセイフティードライバーが不具合に気づいたりしたときに、マニュアルに切り替える。オートXの車両では、その役割を遠隔のオペレーターが担う

    オートXは16年に設立された香港とシリコンバレーに拠点を置く企業

    アリババなどから1億4300万ドル(155億円)

    ドライバーなしの配達車や「ロボ・タクシー」とも呼ばれる無人配車サービス用の車両を開発しており、深センや上海、カリフォルニア州サンノゼで試験走行を実施

    グーグル系のウェイモに次ぐ自動運転開発企業に
    今回申請した免許が交付されれば、オートXはグーグル系のウェイモに次ぐ自動運転開発企業となり、ウェイモに対する初の挑戦者に

    ウェイモのジョン・クラシクCEOは10月、セイフティードライバーが乗車しない配車サービスを米アリゾナ州のフェニックスで始めた

    この無人運転サービスを利用しているのは、ウェイモと秘密保持契約を結んだ数百人。サービスに関する情報は公表されていない。彼らがソーシャルメディアなどで情報を共有する事も禁止。

    ウェイモが本格的に展開しているのは、「ウェイモ・ワン(Waymo One)」と呼ぶ、セイフティードライバーが乗車するサービス。これは利用者から運賃を取る旅客自動車運送事業だが、地域はアリゾナ州フェニックスと周辺のチャンドラー、メサ、テンピ、ギルバートに限る

    グーグルは加州で「自律走行車旅客サービス試験プログラム」の認可を取得
    ドライバーが運転席に座る乗客輸送サービスで、乗客から料金を取れない

    60社以上が公道試験走行、開発競争激化

    加州車両管理局によると、延走行距離が最も長い企業はウェイモ
    GMの「GMクルーズ」が次ぐ

    EV大手のテスラや
    配車サービス大手のウーバー、リフト、アップルも加州で公道試験走行の認可(セイフティードライバーの乗車が必須)

    今回オートXに、ドライバーなしの免許が交付されれば
    オートXは、これらの名だたる企業の中で一歩先んじることになると
    ロイターは伝えている

  • No.900

    強く買いたい

    Teslaのピックアップトラッ…

    2019/12/05 14:05

    Teslaのピックアップトラック、すでに予約は25万件

    ステンレス剥き出しで直線的なデザインが話題になったテスラの
    新型ピックアップトラックだが、すでに25万件の予約が入っているという


     その1つがドバイ警察で、ドバイ警察のTwitter公式アカウントは、
    2020年の導入を示唆した2020というキャプションと、
    同警察ロゴ入りのサイバートラックの画像をTweet

    ドバイ警察のAbdullah Khalifa Al Marri署長は、
    新しい車は観光地でのセキュリティの存在感を高めるのに役立つとコメント



     サイバートラックは、現在テスラ公式サイトで予約を受け付けており、
    予約金は100ドル(日本での予約金は1万5000円)。

  • 2019/11/27 07:55

    テスラ「自動運転タクシー構想」始動か

    ニューヨークのイエローキャブにモデル3が初のEVタクシーとして正式認可

    自動運転車両を使ったライドシェアサービスを計画しており、その第一歩

    同サービスには個人所有車も参加でき、
    タクシー会社だけでなく日本車にも脅威となる可能性

    ニューヨークのイエローキャブは日本車が目に付く

    イエローキャブにテスラの低価格EV(電気自動車)「モデル3」が加わった。

    街で目に付くのはトヨタRAV4や日産NV200

    ニューヨーク市のタクシー・リムジン協会の認可リストには確かに2019年製のモデル3が加えられた。

    同市でEVタクシーが正式に認可されたのはモデル3が初めて

    13年から日産のEV「リーフ」が実験的に運行していたが15年に終了

    テスラ車をタクシーに採用する動きは、他にオハイオ州やウィスコンシン州

    モデル3は従来のEVと異なり、圧倒的に投資対効果を高めた車両

    車両価格は3万5000ドル(380万円)からと安い

    マスクCEOはモデル3の高い耐久性とランニングコストの低さをアピール

    イエローキャブがどんどん「テスラ化」する可能性

    日本車にも脅威に

    日本メーカーの脅威になり得るが、これはその序章にすぎない

    テスラが今年4月に発表したテスラネットワーク計画

    自動運転車両を使ってライドシェアサービスを提供

    ウーバーテクノロジーズなどライドシェア大手サービスを、運転手なしで実現

    主に同社が所有するクルマで構成するが、個人所有のテスラ車も参加できる

    タクシー会社がこのネットワークを運営するパートナーとなる可能性
    タクシー会社はパイを奪われる

    オセロのコマがひっくり返る可能性は個人所有の市場も同じ

    個人所有のテスラもネットワークに参加できる

    未使用の間、車両が勝手に出勤して移動サービスを顧客に届ける

    1日16時間稼働で年間3万ドルの収益がオーナーの手に

    1年間、車が働けば初期費用が回収できる

    所有者にとっても魅力的

  • No.733

    強く買いたい

    正直が最後には勝つ ウェ…

    2019/11/23 12:48

    正直が最後には勝つ

    ウェルスナビが減資 資本金を 20億6600万円から 1億円に減らす

    ウェルスナビを知った時、
    「こんなのに騙されるようじゃ、投資はしない方がいいよ」
    とアドバイス

    『ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づくアルゴリズムを利用している』
    この文章ひとつ取っても詐欺の匂いがプンプン

    これが認められる国だから、日本から振り込み詐欺は減るわけない

    リサーチ&クオンツグループの
    シニア・クオンツ・リサーチャーの吉江雅史さん?
    UBS(世界最大手のスイス系プライベートバンク)で、富裕層向けの投資一任勘定の運用を担当?

    UBS自体、あやしいし有限責任。 つまり責任はとらない。
    プライベートバンクと言いながら責任は取りません。
    きちんとした無限責任を負う銀行しか信じません。

    柴山 和久なんて財務省から次官への競争で負け 天下り
    その後、転職を繰り返し、学生に戻ってから卒業しても
    本人も言っているように
    「即戦力にならないと思われたからか、20社近く書類選考や面接に落ち続け」

    就職できずに自営(経営者)になった。
    キャリア出身の為なら、
    いくらでも、宣伝してくれる所はあるので、国民を信用させるのなんて簡単でした。

    言い方わるいですが、元院長の方が、定年まで国民の為に、
    体をはって、外国と闘ってくれたので今の日本が、これだけ不景気でも、
    ほとんどの日本人が大人になる迄、最低限の飯が食えているのは事実だし。

    自動車事故の数人も大切なのは重々承知のうえで、
    元院長がいなければ億単位、何千万人、何十万人、小さく見積もって何千人もの命が大人になる迄に飯が食えなかったかもしれない。

    国民の為に命を張ってきた日本人と、国民をないがしろにして、資金を集めた日本人 どっちが罪でしょうか

    これからも、テスラのように、正直な会社に長期投資をしたいものですね

    窓ガラスにしても
    正直が最後には勝つと信じたい

本文はここまでです このページの先頭へ