IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (8621コメント)

  • 皆さん、お早うです!


    ムクダ^^:

    豪州ドル円は85円実現ですね。じつは、
    ヒナさんと同じで長期チャートで
    単純に90円超えと思ってますがw もちろんいったん調整後です^^

    市場は、次の政権後の強烈な金融緩和読んでますかね・・・


    ーーー

    ラーメン大好きw

    あるデスカント専門の店で
    某有名店の付け麺スープが大量に安売りされてた市価の半額以下?
    作りすぎて期限切れが近いのでバッタ屋に流れたか?w^^;


    ☆FXしたりする倶楽部☆

  • 皆さん、お早うです!

    ムクダ^^:

    JJさんや、みなさんの予測どおりの展開ですか^^

    一応、私も、いったん調整でも、中長期で豪ドル円は
    90円超えとw
    下のほうで買ったのがあるのですがw 
    何しろ枚数が少ない・・・も少しほしかった^^;

    金利がそれなりに付くうちは売らないw


    ーーーーー


    ☆我我板☆

  • >>No. 17541

    みなさん、お早うです!^^

    ムクダ:

    アメリカの大恐慌は、これも時系列で見るとわかりやすいのですが、

    きっかけの株価の大暴落は、1929年の10月です。

    このときの大統領は、共和党のフーバーですが・・・

    フーヴァーは今日、当然、評判が良くないですが、
    最近読んだフーヴァー
    についての記事だと それまでの歴代大統領でも経済通の人だった
    ようです。回想録などでも非常に経済がわかってるようにかかれてる
    ようです。
    しかし、知識と実際に行動はまた別で^^;

    株価暴落の原因についてはいろいろあるようでそれは別の時にでもw

    この1929年時点のFRB議長は、ヤングという人で、フーヴァーは
    1933年まで大統領ですが、次々にFRB議長が交代してます。
    次の議長が、メイヤー、その次がブラックという人・・・

    アメリカでは、FRB議長はたいてい長期勤めるのに頻繁に変わったと
    いうことは、
    要するに、うまくいかなかったということかと・・・

    フーヴァーの期間は金本位制ですね。

    財務長官はメロンの言う人ですが、FRB議長を含め当時の人たちの
    経済学は古典派経済学なので、不況時は
    緊縮財政で、金本位制維持で高金利政策です。
    財政が健全化すれば、いずれ景気は回復すると言う考え方ですね。

    失業者対策はされたでしょうが、いずれ産業間で調整されるので
    対策はその技術訓練を手助けするなど程度で、大規模な公共投資など
    やってないわけです。

    フーヴァーの後はルーズベルトですが、
    1933年からで、当時は3月が大統領の交代です。

    実は、意外なのは、ルーズベルトも当初は、緊縮財政です。
    当時はそれが、オーソドックスだった。
    大統領就任演説でも、均衡財政の予算を打ち出したとか・・・
    金本位制は離脱したのですが、

    しかし、1934年になっても一向に経済回復のめどが立たない
    ということで、ルーズベルト周辺に、当時からすれば異端の経済学者や
    実務家があつまって提言するようになってきたそうです。

    その代表的人物が、マリナー・エクルズという銀行家ですね。

    この人は、実業家ですから、現場をよく知った人で、今のままでは
    一向に経済が改善しないと提言し、大規模な金融緩和と公共投資の
    必要性をルーズベルトに訴えた・・・

    1934年に、ルーズベルトが、このエクルズをFRB議長に推薦した。

    エクルズは、この後、1949年までFRB議長を務めたそうです。

    FRB議長就任前後のエクルズの言葉がありますが、

    ー  政府当局は「この事態(大恐慌)が自然に底を打つという誤った哲学
       − 政府は自然の法則に介入すべきではなく、
       デフレを放置すべきである 」 という考えを抱いている。

    ー  (政府の)財政は民間の信用が拡大している時だけ緊縮し
       民間活動が低下している時は拡大すべきである。

    ー  債務の拡大なしに繁栄した時代はなく、反対に、債務の
       縮小なしにデフレに陥った時代はない。
      

    アメリカのフーヴァー大統領の任期期間の1929〜1933年に
    緊縮財政の「おかげ」で政府債務と民間債務は14%ほど減ったそうです

    しかし、同時にGDPは、ほぼ50%も減ってしまった^^;

    大恐慌は、通常の景気循環では、なかったわけです。


    ーーーーー


    今日も元気で!


    ☆我我板☆

  • あらためてw^^

    ムクダ:

    そうですね。あ〜さんのおっしゃるように、結局、
    アメリカにコントロールされるというか・・・

    インフレ率なんかも実質2%は離れてないとダメみたいですね。
    アメリカのほうの金融緩和が行き過ぎて、たとえば、5%くらいのインフレ
    になれば、日本もデフレ脱却できるかもしれないかもw^^;

    ーーー

    そういえば、別に安部さんをかばうわけじゃないけどw

    野田さんとか、阿部さんの政策では、ハイパーインフレ
    なるとか言ったそうでw
    比喩として言ったんでしょうけど、言葉が正確でないw
    年率13000%ですからね、いくらなんでも・・・w

    それと、国債引き受けがどうとか、

    国債引き受けなどと言っていないようですね。
    買取のことですよね。引き受けは禁じ手とかいうけど、

    別に、買取と変わらないです^^;
    買取でも政府の借金だけど、アメリカもヨーロッパも今は
    やってることで・・・デフレが問題だから、まずデフレ脱却と
    思うのですが・・・^^;

    ☆FX☆

  • >>No. 69870

    中国通の宮崎O弘さんのブログの記事から転記ですが


    中国冶金科工集団はアフガニスタンのメスヤンヤクで銅鉱山を掘り当て、1000億ドルを投資して銅を掘り尽くす予定だった。

    ところが試掘の最中に地中からシルクロードの古代都市が発掘され、考古学者が一斉に採掘中断をもとめた。

    すくなくとも古代都市遺跡を先に発掘しおわるまで、銅鉱山の採掘は延期すると決定されたため同冶金集団は、およそ30億ドルの損失を出した(アジアタイムズ)



    こういう採掘には、中国人も大量に動員されてるようですが、
    治安が悪いので警備はアフガニスタン政府軍がおこなってるそうですが、

    アフガニスタンでは、欧米が軍隊派遣して、散々血を流して、
    そして、今現在の政府軍には、主に日本からの援助で給料が
    支払われてるそうで・・・

    利権は中国w・・・しかし、遺跡がw^^;

    なんかお笑いというか^^;


    ーーー

    ☆FX☆

  • みなさん、こんにちは!^^

    ムクダ:

    少し、FXに関係ないけど、休憩の小話w^^;

    ニュースで、NCAA(全米大学体育協会)のバスケットゲームで138点
    を一人の選手があげた、と出てますが・・・

    プロでは、どのくらいかというと、未だに、

    1962年3月2日の
    フィラデルフィア X ニューヨーク戦でフィラデルフィアの
    ウィルト・チェンバレンがあげた100点ジャストゲームだと
    思いますw^^;

    この人

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%B3

    216cmですからw、センタープレーヤーです。

    神様といわれたマイケル・ジョーダンでも69点が最高。

    でも、何年か前のアメリカのスポーツ誌でみた、
    アメリカバスケット至上最高の選手はというランクで、
    1位は確か、ビル・ラッセルだったと思います。

    ラッセルは、チェンバレンの最大の
    ライバルだった選手で、確かボストンの選手ですね。
    史上最大のディフェンス・プレイーヤー・・・

    何事も防御・リスク管理が大事w^^;


    ☆我我板☆

  • みなさん、お早うです^^

    ムクダ:


    今週は、動きましたけど、売り買いしてないから
    あんまり関係ない^^;

    豪ドル長期Lでも、在庫はほんの少しw


    ーーー

    けろたさんのサッカーの話、そうか、相手がやる気がなければ
    いくらでも点が入る。まして、自陣にゴールすればww

    それで、思い出したw


    バスケットも、100点などというのは、ほぼ一試合の全得点ですから、
    すべて、一人でいれたようなものでしょ。相手も途中でやる気を
    失う・・・

    昔は、ほとんどシュートしかしない選手もいたw

    1960年代の話ですが、
    プロでも活躍したけど、ルイジアナ州立大にピート・マラビッチと
    言う選手がいて、父親もチームの監督で、子供のころから英才教育で
    シュートの技術も磨いたので、この選手がボールを持つと必ず
    即シュートだったそうで、毎試合50点くらいあげてたそうで、
    いまだに、得点の全米大学記録もってるそうです。

    ニックネームが、早打ち「 ピストル・ピート 」と言った
    そうです^^; ほんとの話ですw


    ーーー

    スポーツはお互いに全力でやらないと面白くない。
    個人競技でも団体でも・・・

    そういえば、また格言のようなものがあってw

    鉄砲のハンティング(狩)をスポーツという人時たまいるけど、
    ( 撃った獲物の数を争うなら、そうともいえなくないけどw^^; )

    人間と動物の関係からいうと、

    ーハンティングはスポーツじゃない
     参加してることを片方は知らないのだから

    参加者が、
    ルールをわかってないとスポーツは成立しないのですよね。

    メキシコのコメディアンが言ったそうです^^;





    くだらないこと言ってますw


    ☆我我板☆

  • >>No. 17599

    日本は、本日休日ですが、

    ムクダ:

    一応、昼前に出ますw

    また、ビデオや小説の話題で恐縮ですが、

    今、大手ビデオ屋の つOや のみ だとおもいますが、

    スウェーデンやノルウェー舞台にしたビデオドラマが2本でてます。
    1本みたけど、「 ヘッド・ハンター 」という映画。

    俳優もあちらの人みたいで、オスロが出てくるからノルウェー映画
    かもしれません。自然の美しい風景が、たびたびでてきますし、
    内容もユニークです。

    もう一本は、これはスウェーデンらしい、ストックホルムが出てくるらしい
    からスウェーデンの話です。題名も エージェント・ハミルトンと
    スパイ物のようです。


    JJさん、マウスさん、ツタヤでしか出してないらしいけど
    お暇でしたらw^^;
    マウスさんは、ビデオ屋さんが遠いですか?


    ーーー


    ☆我我板☆

  • >>No. 17600

    続き・・・

    ムクダ:

    時代小説の素人論評ですがw

    時代小説で
    木戸番が主人公の小説ですぐ思い出すのは、女流作家の
    北原亞以子さんの、深川澪通り木戸番シリーズというのがあります。
    最近は書いてないようですが・・・
    このシリーズはほんとに惚れ惚れするくらい文すばらしいです・・・

    以前、NHKで、神田O輝さんで、ドラマ化された。すこし小説と
    イメージが違うような。
    北原さんの代表作では、町奉行所の同心が主人公の 慶次郎シリーズという
    のがあります。これもNHKで、高橋O樹さんでドラマ化w

    北原さんは、非常に文章がうまい人ですが、
    ちょっとしたエピソードがあって、、まだ駆け出しのころ、
    北原さんは、パーティで大御所の池波正太郎さんに編集者に
    紹介されたそうです。

    そしたら、池波さんが、

    君が北原君か、君は文章がうまいけど
    話ができすぎだよ! といわれたとか・・・作りすぎちゃいけない
    ということでしょうか・・・
    池波さんの小説の文や会話はシンプルですよね。



    あとは、私にとってはなんと言っても、

    大江戸番太郎シリーズです。

    喜安幸夫という人の作品。
    喜安さんの作品は、地味だけど、非常に時代考証がしっかりしています。

    この番太郎シリーズは、こんどの新作で24巻目です。
    佐伯さんの一連のシリーズに匹敵します。隠れベストセラーですw

    いぜん、猫パパさんと、やり取りがあったw
    流しの鋳掛け屋と羅宇屋が、脇役で登場、町を流すから
    いつも情報収集してくるw

    また、関係ないこと長々と^^;

    ーーー


    ☆我我板☆

  • >>No. 17603

    ムクダ:

    カール・セイガン 宇宙科学者?

    推奨といっても、好みがが偏ってますw^^;

    女流時代小説作家の方は、総じて文章がうまいというか^^;

    特に、先ほどの
       北原亞以子
       諸田玲子
       宇江佐真理
       和田はつ子 とかいう人たちは、いつ直木賞とっても
    おかしくないような^^;

    松井今朝子という人は、すでに取った?ですよね。
    この人の文は、懲りすぎて読みずらいというかw

    それと、最近、時代小説では、高田郁(かおる と読む)という人が
    評判で、女性に人気があるようです が 私は、一冊しか読んだこと
    ない・・・恋愛はなしとか出てくると、すぐ読みたくなくなるw^^;


    先ほどの、北原さんの池波さんのエピソードで、すごいのは、
    まだ無名の北原さんの小説を大作家の池波さんが、読んでいたことですよね。


    ☆我我板☆

  • みなさん、お早うです!^^


    ムクダ:

    今週は、みなさん儲かりましたか!
    私は、長期L中なので関係なかった^^;

    ーーー


    今日は休みですが、一応、留守番というか、も少しで出かけますw^^;

    矢沢さんのコンサートは、奈良百年会館?ww

    シロさんは、ローマ字入力ということは、また、台湾かな^^


    ☆FX☆

  • >>No. 17608

    また、無駄話w^^;

    ムクダ:

    羅宇竹って普通の竹と違いますよね。
    細い種類の竹?
    もともとは東南アジアのラオスの竹なんですか・・・
    キセルもカンボジア語・・・ですかw

    ーーー


    ラオスの隣のタイ語では、お酒をラウというそうです。
    ラオスのことも、やはり、タイ語でラウというw

    酔っ払うという意味にもなるようで、ラオスの竹でタバコ吸うと
    酔っ払ったようになるのか(あの片は、アヘンの栽培が盛んだからw)

    東南アジアによく行ってた人から聞いた話で、ほとんど与太話
    かもしれません^^;


    ーーー


    喜安さんの番太郎シリーズの羅宇竹屋の竹次郎は、羅宇竹に
    彫刻刀のような刃物で、笹の模様を入れるので人気があると・・・w

    雁首と吸い口にうまくはまるものですね。実際の作業は見たことないw

    鬼平犯科帳の長谷川平蔵のキセルは、父親の形見で、京都で
    あつらえたもので、オール銀製で、だから羅宇竹は使わないw


    ーーー


    ☆我我板☆

  • 皆さん、お早うございます!^^


    ムクダ:



    中国人民銀行総裁は、周小川という人が10年務めましたが

    今回、退任で、後任に 郭樹清という人が、今のところ最有力のようです。
    四大銀行といわれる、建設銀行のトップを務めた人で、50代半ばの
    人です。

    http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPTK823835020121114

    日銀総裁人事より、よっぽど世界の注目w



    ☆我我板☆

  • みなさん、お早うございます!^^

    ムクダ:

    以下、また、勝手なこと書きますがw^^;


    時代小説とか歴史小説も 結局、フィクション
    なわけです。実在の人物が登場して、実際の史実は変えられないけど
    それ以外はいかようにも描ける・・・^^;

    しかし、
    経済小説などで、たとえば、比較的近い時代の、昭和などを扱って
    実在の人物が登場する場合は、作家が影響力がある人だと特に
    信じてしまう傾向がある・・・

    ーーーーー

    若田部という早稲田の経済学の先生が、
    新著で、その例として、

    経済小説の第一人者だった城山三郎さんの、「 男子の本懐 」と
    「 官僚たちの夏 」について触れてます。

    ( 男子の本懐のほうは昔読みましたw )

    男子の本懐 は 以前、一度、触れたことありますがw

    昭和のはじめの、金解禁(金本位制)を断行した首相浜口雄幸と
    大蔵大臣の井上準之助が主人公の話です。

    浜口と井上が、経済の安定と軍部の台頭を阻止するために
    命がけで、金解禁に取り組む、信念の政治家として熱く描かれる・・・

    志半ばで、二人ともテロが原因で、最後は亡くなる・・・

    そして、彼らの後の政権が、軍部の圧力に負け、ひどいインフレになり
    日本は戦争に突入していく・・・

    まったくの
    間違いではないのですが、一方的に都合よく描かれてるのは
    否めないというかw^^;

    ーーー

    まず、金解禁するということは、交換比率をどうするか問題な
    わけですが、

    当時日本経済は、貿易赤字で、国内経済も弱い状態
    だったので、実体経済にあわせて平価切下げをおこない新平価で
    金本位制にすべきだった・・・

    実際、民間から、東洋経済の石橋湛山(戦後の首相)や高橋亀吉
    (戦後の著名な経済評論家)は金本位制を導入するにしても実体経済に
    合わせ平価切下げすべきと強く論陣を張っていた・・・

    今日の変動相場制でも同じですよね。世界中の国が通貨価値を下げ
    貿易を有利にしてるw

    べつに、通貨価値を下げても、金本位制だから、財政は膨張
    しなかったのに・・・

    浜口・井上はより緊縮財政で、財政再建したかったようです。

    結局、金解禁後、実体経済以上の通貨価値だから、円は売られ
    また、金本位制停止にせざるえなくなり、円は暴落です。
    わずか一年しか持たなかったわけです。


    井上の後、大蔵大臣になったのが、高橋是清ですが、
    金本位制を停止して、
    当初、通貨は暴落したけど、ひどいインフレにはならかった・・・

    城山さんの、男子の本懐では、この高橋の金本位制停止で、

    ー通貨暴落で、輸入品の価格はいっせいに高騰しはじめた。
     衣料品など、高騰を見越して買いあさり客が殺到・・・

     城山さんは、井上の予言どおり、果てしないインフレに
     ころげこんでいった と
     
    そして、それが、更なる軍部の台頭を許し、戦争になったような
    印象で小説は描かれてます・・・
     


    しかし、高橋財政で、実際は失業率は下がり、物が売れ始めて
    前年のマイナス成長から、プラスに転じたわけで、インフレ率も
    高橋が大蔵大臣の期間1931〜36年は、
    せいぜい2%強ほどで安定していた。

    日本が、ひどいインフレになるのは、高橋がやめた後、
    ( 2・26事件で暗殺された^^; )
    日本が戦時経済になり、軍部に誰も対抗できなくなってからです。

    そうなってしまったら、金本位制だろうとなかろうと、

    どんな制度でも関係ないですよね。

    高橋の国債引き受けも 今でも評判が悪いわけだけど、
    どんどん野放図に国債が発行されたのは、高橋財政以降の
    戦時体制からで、そのこと自体で、
    白川総裁が、日銀史100年の最大の愚策というのは おかしいような
    気がします。

    白川総裁の東大でのゼミの恩師は、たくさん学生を大蔵官僚や日銀マン
    送り込んだ小宮隆太郎という先生ですが、この人からが、

    ー国家権力を掌握した軍国主義は、日銀引き受けによる国債発行の
     前例があろうがなかろうが、自分たちの望む軍事費を調達した
     であろう

    と述べてるそうですが、

    それが、本当のところだと私でも思いますが・・・^^;


    ーーーーー

    今日はのんびり \(⌒ー⌒ )/


    ☆我我板☆

  • >>No. 17633

    お早うございます!^^

    ムクダ:


    その記事の中の、「 平成の鬼平 」と三重野総裁を持ち上げたのは
    最初は、

    評論家の佐高信さんだと思います。佐高さんには、藤沢周平さんや
    池波正太郎さんの作品の評論が多いです。

    池波さんの大ファンらしく、だから、三重野総裁を「平成の鬼平」と
    持ち上げたわけです。

    また、佐高さんは、経済の業界誌記者出身だから、城山さんと親しく、
    ご承知のように、経済誌などで、たびたび対談してたです。
    そして、自分の好む人物の評論をたびたび行った。

    浜口も井上も、そして、官僚たちの夏 の モデルとなった
    佐橋滋という通産省の事務次官を持ち上げたわけです。

    佐橋さんという人は、天下りしなかっためずらしい事務次官なので
    ふたりは、絶賛するわけです。

    でも、かなり、通産省の省益のために、民間企業を規制した人でも
    あった。

    ようするに、政府が民間を指導し、国の産業を導くという立場の
    人だった。
    日本経済が順調の高度成長の時期はそんなこと必要なかったのに・・・

    民間の経営者の方が、はるかに経済を知っていたわけです。

    佐橋さんら通産官僚の思惑どうりだったら、本田自動車は、四輪車を
    作ってなかったといわれてます。
    排除されると思って、本田さんは、あわてて採算を度外視して
    四輪車を作ったそうです。

    トヨタ、日産の2社体制で、本田は四輪車から排除されている
    ところだったそうです。

    ーーー

    バブルつぶしを果敢に行ったとされる三重野総裁ですが、

    記事にもあるように、消費者物価は、バブルでもあまり
    上昇してなかったんですよね。
    資産インフレにはなってたけど・・・

    いまからみると、90年に株価が大暴落した後も、さらに金利を
    切り上げて、それを91年段階でも維持して、結局、
    日本経済をオーバーキルしてしまったというのが今日の評価かと
    おもいますが・・・^^;

    経験がなかったとはいえ、アメリカのFRBなどと比べると、
    金利の上げ下げの転換が明らかにまずかった、遅かったようですね。

    ーーー

    すみまるくん 見たことありますw

    こうした巡回バス各地にありますね。

    そういえば、茨城の

    つくば市には、つくバス というだじゃれぽいネーミングの
    バスがありますw^^;


    ーーー


    人類の知性の進歩は、下り坂?


    そういえば、ソクラテスやプラトンに時代と今の人間の考えることは
    さして違わない・・・というより落ちてるのか
    ギリシャよ、偉大な先人ほど知恵がまわらない
    のか・・・

    ☆我我板☆

  • >>No. 17640

    こんにちは!^^

    ムクダ:

    いつも、FX売買に役に立たないことばかりかいてますがw^^;

    ーーー


    半歩先さん・・・^^

    石井久という人は、あぁ立花証券の創業者なんですか。
    名前だけは知る程度です^^;


    以前、産経新聞だか夕刊フジだったかw
    相場師列伝みたいのがあって、経歴が掲載されてたような^^

    高橋亀吉という人については、

    金本位制の話になると必ず名前が出てくる人ですよね。

    この人も(今経歴をネットでみたら早稲田に行ってたらしいですが)
    民間のエコノミストとして、ほとんど独学の人と聞いたことあります。
    非常に尊敬されてた人と聞きました・・・

    先輩の石橋湛山は戦後、首相になりましたが、

    病気で数ヶ月でやめてしまった・・・

    時々、この人が首相を続けてたら、その後の
    日本も、ちょっとは、違った形になったとか言う話も聞きますが・・・

    戦前の話もですが、

    90年のバブル崩壊についても、ほとんど
    私の場合、後付の本や雑誌の知識に過ぎないです^^;

    バブルが発生した時も、やはり、今から見ると、
    アメリカに気兼ねしたのかどうか知りませんが、
    日銀の金利政策のミスがあったといわれますよね。
    三重野さんのまえの総裁ですが・・・

    実際に当時すでに投資していて
    タイムリーに状況を知ってる方々の経験は貴重な話と思います^^

    今後もよろしく^^

    ーーー


    今日はのんびり!


    ☆我我板☆

  • >>No. 17638

    こんにちは!^^

    ムクダ:


    アイムさん・・・^^


    猪瀬さんについては、そういえば、佐高さんが、本などで天敵の
    ように批判してますよね。

    ずいぶん以前、二人が、テレビの討論会に一緒に出たとき、

    猪瀬さんは、佐高さんのことを、
    批判ばかりじゃ何も進歩がない、
    主張もころころ変わる人と逆に批判してましたw

    ようするに薄いパンフレットに書くような主張をしてる人と・・・
    猪瀬さんは、自分は作家でよく取材もしてるという自負が
    あったみたいです。

    先ほどの、平成の鬼平 とかネーミングもそうなんだけど、
    佐高さんは、すぐ、つまらないその場限りのネーミングをする・・・

    亡くなった小渕総理のときも、「汚物総理」とか言ってた・・・
    つまらないこと言う人だと思いましたがw

    そんなミーハー的な批判より、一応、評論家なら政策の批判を
    すればいいのにとか いつも思ってましたけど・・・
    批判のための批判をするという印象の人です^^;

    私自身、あまり批判してもですが、これは素人だから
    許されるww^^;

    ーーー

    つくバスは、そうですw
    着く と ツクバ の語呂合わせみたいです^^
    運行し始めた時は、無料で、市役所や筑波山の山ろくを走ってた
    ようですが、今は、適度に料金取ってるようですw

    埼玉の越谷あたりには、
    タローバスという巡回バスがありますが、これは、
    運行してるバス会社の名前みたいです。
    黒猫ヤマトみたく、犬の
    タローの愛称だと思ってたw
    それにしては犬の絵がバスになぜないと・・・ww

    ーーー


    ☆我我板☆

  • >>No. 17647

    お早うございます!^^

    早く目が覚めたw^^
    日曜だけど、一応、マンションなのでゴミだししてきましたw

    ムクダ:


    はせさんの所の近所には、白鳥で有名な湖があるんですね^^


    マウスさんの、

    そういえば、総量規制というのありましたね。
    貸ししぶり、貸しはがしになってしまった。
    これも、大蔵省はなかなかやめなかった^^;
    不動産壊滅しました・・・

    ーーーーー

    三重野総裁の前の澄田総裁は、
    バブル発生の戦犯ですよね。

    85年のプラザ合意後、日本が円高に
    なってしまって、その円高不況への不安から、金融緩和して
    その低金利をずっと続けた・・・結局最後まで続けたんですからね。
    なんというか・・・・^^;

    明らかに不動産など資産インフレに
    なってたのに・・・これでとんでもないバブルになった・・・

    アメリカでは87年10月に、
    ブラック・マンデーがあったから、金融緩和になったので、
    日本は、アメリカの顔色をうかがって、金利をあげられなかった^^;
    アメリカのこと考えて、自国のバブルを放置した^^;
    結果論という人もいるけど、やはりおかしい^^;


    ーーーーー


    ☆我我板☆

  • 皆さん、お早うございます!^^

    ムクダ:


    スペインやギリシャでバブルが起こったのはECBが
    一時景気が悪かった時のドイツ経済の
    あわせて、低金利政策をとったからも一因といわれてますよね。
    その時スペインやギリシャは別に景気が悪くなかった^^;



    同じユーロ圏のドイツやフランスから資金がどんどん流入して、
    それらからの輸出品もどんどん入って、何しろ共通通貨で、関税もないですし・・

    財政を立て直すのも、通貨を勝手に下げられないし、
    公共投資するお金もないし、金融政策も
    とれないから、緊縮財政で増税路線で再建するしか方法がない^^;

    たとえば、ポルトガルなど、
    付加価値税を 2011年に 21%から23%にして、
    電力などや観光のホテルサービス分野などの軽減税率も廃止して
    増税を行って税収増を図ったわけですが、国民に増税を強いても
    かえって政府は減収です。

    PIGSといわれる国々は、2008年以来どこも減収です。
    EUなどの予測では、今を耐えれば、2014〜5年には改善と
    いうのだけど・・・^^;

    ーーーーー

    日本から海外に出る人は、毎年1600万人くらいで、来る人は
    700〜800万人くらいらしいですが・・・

    ヨーロッパへの海外旅行に詳しくないのですが、

    ちょっと雑誌で読んだんだけど、今、日本からギリシャ直行便の
    飛行機がないようですね。
    そうするとパリやローマなど経由でアテネですか?

    たとえば、ローマに日本人が入国すると、当然パスポート提示ですよね。
    しかし、そこから同じユーロ圏のアテネだと、アテネでは入国審査がない
    ですよね。
    そうすると、その際のギリシャへの日本人観光客の数の統計はわからない
    のですよね。パスポートにスタンプ押さないですし・・・^^;

    別に、どうでもいいのですかね^^;


    ーーー


    ☆我我板☆

  • みなさん、お早うございます!

    ムクダ:



    アイムさんの紹介の

    その本は、少し立ち読みしたような^^;

    共産党とのやり取り部分の記述は覚えてます^^

    猪瀬さんの著作だと、ミカドの肖像 というのは力作ですよね。
    これだけ読見ました。内容ほとんど忘れました^^;


    川村記念美術館は佐倉市ですか・・・

    そうか正確にはタローズバスですねw^^;


    ーーー

    本屋で見かけたといえばw、

    昨日、海外の実在の人物を題材にした小説が多い
    作家の佐藤賢一さんの「女信長」という小説が出てますね。
    信長は女だった・・・もちろん架空の話ですがw

    なんでもドラマ化もされたとかw・・・

    戦国武将で女性説がある人で割りと有名なのは
    上杉謙信ですよね。
    有名な肖像画は、あごに不精ヒゲ(武将w)はやした
    ごっつい男の人に描かれてますがw

    そういえば、将軍の家光や吉宗を女性にしたてた映画も
    あったような・・・w



    架空の話ではなく、

    海外映画では、唐時代を中断した、
    悪名高い女性の則天武后が
    でてくる、「 王朝の陰謀 」という中国映画がビデオででてますね。
    中国至上唯一の女性皇帝だそうです。清の西大后は皇帝にはなってない
    ですから・・・w


    ーーー




    ☆我我板☆

本文はここまでです このページの先頭へ