ここから本文です

投稿コメント一覧 (333コメント)

  • 昨日ある証券会社との付き合いで、仕方なくブロックトレードで僅かばかり買いました。懸念した通り特筆するものもない屑株です。値動きもなく配当利回りも低く、魅力のない過去の遺物のような会社の株ですね。早速下げです。担当者に電話で「元気に下げているね」と皮肉を言ってやると、「長い目で見てください」と。これで貸しを作ったので、しっかり返済していただきます!長い目で見ていたら、死に体になっているような企業です!果して2030年まで生き残っているかな?

  • 孫さんのビジョンファンドは10兆円の原資があるとのこと。孫さん自身がSBを有望な投資先と見るなら、その金を使えば、明朝には間違いなく1500円ですよ!

  • 今日の上げは主幹事の買い支えの頑張りのみ‼いつまで続くことやら。
    世界的な景気減退が顕著です!NYは今夜も下落。明日にも日経平均2万円割れ!主幹事はいつまでSBとお付き合いできるかな?

  • すでに公表済みかもしれませんが、オーバーアロットを主幹事は買うのでしょうかね?主幹事が買わないとなれば、見切ったということですね!

  • 株式投資に経験のある個人投資家なら、こんなこともある程度経験済みの自己責任ですが、配当5%をあてに初めて株式投資を始めた方にとっては最悪の結果でしたね‼郵政3社のときもそうでしたが、これで株式投資の怖さが身にしみて、二度と株はやらないという人がたくさんの出る方が、将来の日本の株式市場には大きな損失です!その意味でも証券会社は深く反省すべきです。結果的には証券会社は、自らの首を自らの手で締めたのです!

  • 皆さんが書いているように、早々にO.Aを放棄していたのなら、多分需要申告などで、SMBCは初値大幅下落を予想していました。
    私は当初ブランド名で飛びつきましたが、分配金利回りと格付け、時価総額を知り、早々に需要申告を辞退しましたから、お陰様で無傷です。
    日本プロロジスやGLP、三菱地所物流、三井不動産ロジの一流物流系4社から判断すると、ここには分配金利回り4.25%超は欲しいですね。
    このリートは上場時から利益超過分を、分配金にプラスすると言っています。ただ額が未定ですから含めなければ、公表されている分配金は初年度3,678円です。
    従って私は86,500円以下で指値を入れたいと思います。この勢いなら週末には期待出来ますね!
    毎年7~9月にはリートは下落しますから、9月25日の権利確定日の終値が楽しみです‼
    SMBCをかばう訳ではありませんが、上に書いた一流の物流系リートのIPOの主幹事は全てSMBCです。ちなみに私はこれらをIPOでかなり買いました。
    投資はすべて自己責任ですよ‼まあ災害がなけれは、3年後には公開価格の103,000円にはなっていますよ‼
    リート投資は株価より分配金が目的ですから、「果報は寝て待て」です‼

  • 皆さんが書いているように、早々にO.Aを放棄していたのなら、多分需要申告などで、SMBCは初値大幅下落を予想していました。
    私は当初ブランド名で飛びつきましたが、分配金利回りと格付け、時価総額を知り、早々に需要申告を辞退しましたから、お陰様で無傷です。
    日本プロロジスやGLP、三菱地所物流、三井不動産ロジの一流物流系リート4社から判断すると、このリートには最低でも分配金利回り4.25%は欲しいですね。
    このリートは上場時から利益超過分を、分配金にプラスすると言っています。ただ額が未定です。含めなければ、公表されている分配金は初年度3,678円です。
    従って私は86,500円以下で指値を入れたいと思います。この勢いなら週末には期待出来ますね!
    毎年7~9月にはリートは下落しますから、9月25日の権利確定日の終値が楽しみです‼
    SMBCをかばう訳ではありませんが、上に書いた一流の物流系リートのIPOの主幹事は全てSMBCです。ちなみに私はこれらをIPOでかなり買い、現在も保有しています。リート保有は株価より分配金が目的ですから。
    投資はすべて自己責任ですよ‼まあ災害がなけれは、3年後には公開価格の103,000円にはなっていますよ‼
    私は30銘柄のリートを持っていますが、売却したのは1銘柄だけです。今ではこの1社の売却も後悔しています。
    まあ「果報は寝て待て」と言いますからね。

  • もし皆さんが書いているように、早々にO.Aを放棄しているのなら、SMBCは初値を予想していたのですね!私は需要申告を早々に辞退しましたから、

  • 通常オーバーアロットメントは、割当先である主幹事が全て買います。上場株価がはね上がったら、主幹事の利益に直結します。それも役得です。
    反対に株価が想像以上に下落した場合は、買わないこともあります。
    損すると分かっていて引き受けるバカはいません!さてSMBCはどうしますかね?
    買わない場合は、主幹事にも見捨てられた株です。
    N証券の場合は結構シビアですから、主幹事でも買わないケースがあります。
    あとは三井住友FGと伊藤忠との関係次第です!ちなみに三菱地所物流リートの場合は、主幹事のSMBCは全て買いました。
    通常結果は1ヶ月以内にわかります。もちろん大事な情報ですから、開示されます。

  • 物流系リートは過多ですから、やはり時価総額がものを言います。一日も早く日本プロロジスやGLP、日本ロジに追いつく程度に規模を拡大すること。
    それに格付けAAを早急に取得することが価格(株価)を上げる道です。
    日銀もETFの買入を縮小するようですし、その上金利上昇が重なれば、もう打つ手はありません!
    ただ同じ伊藤忠の住宅系リートのアドバンス・レジデンス投資法人と1:3の合併をして、総合系リートを目指すなら、株価は急上昇するでしょう!なんと言ってもアドバンス・レジデンスは住宅系リートでは最大級の規模ですからね!
    リートもこれからは合併が増えてくるでしょう!三井不動産系、三菱商事系、東急不動産系、三井物産系など、各社が投資先別にたくさんのリートを作りましたから、そろそろ整理が必要ですね!
    最後にものを言うのはやはり看板(ブランド力)です!

  • まだ多少上下するでしょうが、今月末には間違いなく3,000円の公開価格に届きますね!
    今月は機関投資家の利益確定の売りが凄まじいですから、もしかしたら公開価格を割り込むかも?
    台風や北海道地震の被害は、外国ではかなり大袈裟に報道されていますから、海外投資家の日本株売りもかなりの圧力になりますね。

  • まだまだ下がります。適正価格は分配金利回り4%ですから92,000円以下。上場初日でこの株価ですから、年内には間違いなく90,000円以下ですね。
    今物流系REITは過多です。ラサールやGLP、三菱地所、三井不動産ロジなど軒並み最安値です。
    格付けや分配金利回りが低いREITは今後もかなり苦戦するでしょう!
    主幹事のSMBCが売出価格を守れなかったのですから、義理買いの売り圧力はかなりのものだったと思います。
    今月は金融機関が利益確定のためにかなりREITを売っていますから、9月上場には当初から無理がありました!
    あの伊藤忠ですから、あわてて上場しなくてもAA程度の格付けを取得して、初年度から4%超の分配金利回りを出していれば、こんな恥をかかなくても良かったと思います。担当者は大変ですね!
    「果報は寝て待て」です!

  • >>No. 22


    >〉PO価格決定以降わずか3日で7,000円超も上昇。あり得ない値動きです!
    >
    >値決めがあった21日の引け値は111,900円でした。3日後の24日引け値は114,600円。3日での値上がりは、どう計算しても2,600円です。
    >7,000円超になる計算はどうすれば出てくるのか、計算根拠を教えていただければと思います。

    21日の終値から決定した売出価格は107,130 円ですから、24日の終値との差額は7,470円です。

  • >>No. 29

    >取引2件申し込み勧誘がありました。見合わせがいいですか?

    それは自己判断ですね!
    あくまで私の場合の例ですが、人気のあるIPOには証券会社からの勧誘はほとんどありません。
    あなたに余裕の資産があれば、証券会社との付き合いだと思えば良いのです。なんと言ってもあの伊藤忠ですから、恐らく紙くずにはなりませんよ。
    投資はすべて自己責任ですから、ご自身がどう判断されるかです‼

  • この掲示板の投稿数がこのリートの注目度や期待値を表しています。
    何だかんだと言っても投資はギャンブルです。
    投資は主幹事会社の力のある担当者とするもの。そうすれば顧客の重要度でそれなりの割当があります。
    リクルートやLINE、メルカリ、HEROZでも数量の多少はありますが、欲しい美味しい物は必ず手に入ります。
    その代わりたまには、証券会社の儲けになる投資信託や割当の国債にも付き合います。まあお互い持ちつ持たれつです!
    だから富裕層は更に上に。貧困層は資金も少なく辛抱も出来ないから、巻き上げられて更に下になります。
    証券会社の申告番号や割当抽選というものは、なんとでもなります。公正な第三者が複数人立ち会う訳でもありません!まあ立ち会っていてもいい加減ですがね。
    IPOの割当に公正も何もありません。主幹事のさじ加減です。
    投資に限らず受験、就職、昇格など、この世界にはもともと公正や正義なんかありませんよ!力のある者へは常に忖度が働きます。

  • 伊藤忠は上場が先延ばしになっていた銘柄です。以前から噂には上がっていましたが、私は遅くとも今春上場だと思っていました。私募リートがSMBCの強引な勧誘でIPOを目指したと思います。ファミマを完全に配下に治めたので、その気になったのでしょう。
    これに資金を持って行かれたらたまらないと感じ、急遽POを始めたのがGLPです。
    目一杯意図的に株価を下げ、格付け、配当利回りも圧倒的にこちらが良いと誘引したのです。その結果、想像以上の人気になり完売。PO価格決定以降わずか3日で7,000円超も上昇。あり得ない値動きです!
    それに負けじと参戦したのが三菱地所物流リートです。こちらも来週月曜日から目一杯株価を下げ、激しい争奪戦が始まります。この戦も格付け、分配金利回りで三菱の圧勝ですね。
    私は長年リート投資をして、毎日値動きを監視していますから、わずかな動きも見逃しません!
    伊藤忠は上場延期か撤退が賢明な施策です。さもなければ関連会社や取引銀行、主幹事が強引に買わされて、格好だけの上場に終わりますよ!

  • 朝方の3,335円の最安値が、この株の価値を素直に表していますね!
    今日買われた方はご愁傷様です!
    株価の動きのパターンは、昔から何も変わっていません。人間の欲と希望です。それ以外何の根拠もありません。

  • 私は上場60法人のうち30銘柄のリートに昔からかなりの資金を投資しています。
    投資基準は格付け、配当利回り、投資先の話題性や将来性、日銀やGPIFの買い入れ額、本体のブランド価値です。
    物流系は日本プロロジス、GLP、三井不動産ロジ、日本ロジス、ラサール、三菱地所物流など、格付けAAはすべてIPOで購入しました。
    今回伊藤忠と聞き、23日朝早速担当者に需要申告しましたが、先程電話で需要申告を取り消しました。格付けAAの名門三菱地所物流リートですら配当利回りが4%超なのに、伊藤忠は仮条件の上限だと3%、さらに無格付けだと聞き、IPOで買わずとも2カ月程度すれば、配当利回り4%の78,075円まで落ちてくるはずです。無理してわざわざ損するバカはいませんからね。
    それに物流系リートは上場60法人のうち既に7銘柄もあり、総合リート系の物流を含めると、かなりの数になります!今の7法人でも過多だと言われており、さらに日銀の買い入れ縮小もささやかれていますから、無格付け、3%では話になりません。
    三菱地所物流リートも今日のPOで今年再度の公開価格割れです。
    私の需要申告の取り消しは賢明な選択だと、今もこの先も確信しています。みなさんはどうしますか?投資はあくまで自己責任ですからね‼

  • さすがに朝から最安値を大幅更新したので、主幹事の大和証券や三菱MS証券も仕方なくかなり買い入れたようですね!
    でも一度投資家からの信頼を無くすと、坂道を転がり落ちるのは速いですよ!
    いよいよ8月末には公開価格の3,000円に届きますね!
    将来をまともに語れない経営者には上場の資格はありませんよ!
    2019年6月には、あんな会社もあったねと、語りぐさになっていますね!

  • やはり先日のGLPのPOにかなりの資金を持って行かれましたから、仮条件は下限ですね!分配金利回りや格付けも明らかにGLPより下で、PO価格も107000円程度でしたから、伊藤忠の見劣りは避けられません!勿論伊藤忠上場を見据えてのGLPのPOでしたから、勝負ありでした。これで主幹事のSMBCも大変ですよ‼

本文はここまでです このページの先頭へ