IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (145コメント)

  • 順調に上がってますね。
    チャート分析だと来週は420まで行きますよ。

  • 株探に連続で掲載されてますね。
    eps来期2倍はすごいと思う。

    自粛経済下でも「最高益」予想、2月期決算企業の“自信”を見よ <株探トップ特集>
    ●PRTIMEはコロナ下でも売上高2ケタ成長続く

     プレスリリース配信サイトを手掛けるPR TIMES <3922> の20年2月期は地方銀行との提携拡大などを背景に、サイト利用企業数の増加が継続し、創業来13期連続の売上高25%超成長と5期連続の経常最高益を達成した。非連結決算に移行する21年2月期は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で売上高の伸び率は低下するが、それでも前期連結比16.4%増と2ケタ増収を想定し、経常利益は同34.5%増の7億5300万円に伸びる見込みだ。なお、業績予想は新型コロナウイルスの悪影響が秋口まで続く前提で算出している。

  • 2020/04/16 18:00

    長くてごめん
    気になって調べたら将来性感じる会社だったから
    他のバイオと比較して海外に強いね

  • No.425

    強く買いたい

    2017年7月 AMED公募事…

    2020/04/16 17:59

    2017年7月 AMED公募事業「平成29年度 再生医療の産業化に向けた評価基盤技術開発事業(再生医療技術を応
    用した創薬支援基盤技術の開発)」の分担研究企業に採択
    2018年4月 米国Q Therapeutics Inc.との合弁会社「株式会社MAGiQセラピューティクス」を日本に設立。iPS細胞を活用した再生医療を開始


    どんどん成長してるじゃん
    この会社将来どうなっちゃうの?未来のトヨタ?

  • No.422

    強く買いたい

    2015年8月 当社事業「大量…

    2020/04/16 17:58

    2015年8月 当社事業「大量供給可能で高機能なヒト iPS 細胞由来心筋細胞の試作品開発」が「2015年度革新的ものづくり産業創出連携促進事業補助金」に採択
    2015年9月 慶應義塾大学と疾患型(遺伝子性の心臓病「QT 延長症候群」)iPS 細胞由来心筋細胞の独占販売に関するライセンス契約を締結
    2015年11月 創薬支援サービス(CROサービス)を手掛けるBiopta Limited 社の株式取得(完全子会社化)
    2016年6月 srRNAを用いたヒトiPS細胞から特定の種類の体細胞への分化誘導法の開発に関して京都大学iPS細胞研究所との共同研究契約を締結
    2016年7月 英国子会社Reinnervate Ltd.とBiopta Ltd.が合併し、REPROCELL Europe Ltd.へ社名変更
    2016年7月 ヒトiPS細胞を用いた効率の良い膵前駆細胞および膵β細胞の生産方法の研究に関して東京工業大学との共同研究契約を締結
    2016年9月 米国子会社Bioserve Biotechnologies, Ltd.とStemgent Inc.およびBiopta Inc.が合併し、REPROCELL USA Inc.へ社名変更
    2016年11月 株式会社キレートジャパンおよび株式会社昇陽との間で共同出資による合弁会社、株式会社リプロキレートを設立
    2016年11月 Steminent Biotherapeutics Inc.(台湾)と同社開発にかかる細胞医薬品「Stemchymal®」の日本
    における共同開発および販売に関する契約を締結
    2016年11月 慶應義塾大学および順天堂大学との共同事業「iPS細胞由来神経細胞を用いた創薬支援のためのア
    プリケーション開発」に対する「横浜市特区リーディング事業助成金」採択
    2016年12月 iPS細胞を作製する次世代RNAリプログラミングキット「StemRNA™ -NM Reprogramming Kit」の販売開始
    2017年2月 造血幹細胞の増幅方法に関する米国特許成立
    2017年4月 REPROCELL EUROPE Ltd.の新施設Centre for Predictive Drug Discoveryの開設
    米国の主要ながん研究施設Fox Chase Cancer Centerと戦略的提携を開始

  • 2012年12月 ReproCELL USA Inc.がボストンに販売拠点を設立
    2013年6月 大阪証券取引所JASDAQ(グロース)に上場
    2013年7月 東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(グロース)に上場
    2013年10月 京浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区として新横浜地区(㈱リプロセル)が採択
    2014年2月 次世代の創薬・医療ビジネスの創造にフォーカスしたベンチャーキャピタルファンド「Cell
    Innovation Partners, L.P.」の無限責任組合員への出資等を行う子会社、RCパートナーズ株式会
    社を設立
    2014年3月 SBIファーマ株式会社との5-アミノレブリン酸(ALA)を応用したES/iPS細胞関連技術に関する共同
    研究契約を締結
    2014年6月 NEDOプロジェクト「2013年度 イノベーション実用化ベンチャー支援事業」に係る助成事業への採

    2014年7月 3次元培養デバイスの開発・製造・販売を手掛けるReinnervate(英国)の株式取得(連結子会社
    化)
    2014年9月 ヒト生体試料のバンキング及び提供を手掛けるBioServe(米国)を株式取得(連結子会社化)
    2014年10月 iPS細胞向け研究試薬の製造・販売を手掛けるStemgent(米国)の iPS 細胞事業部門を米国子会社
    ReproCELL USA により事業買収し、同子会社名を Stemgent に社名変更
    2014年11月 リプロセルグループ各社製品の相互販売開始
    2014年11月 株式会社スリー・ディー・マトリックスの研究試薬「PuraMatrix®」と当社細胞製品
    「ReproHepato™: ヒトiPS 細胞由来肝細胞」の培養製品キット化に向けた包括研究開発を開始
    2014年12月 東京女子医科大学との共同研究開発「ヒトiPS細胞由来心筋細胞の大量製造システムの開発」に対
    する「横浜市特区リーディング事業助成金」採択
    2015年1月 造血幹細胞の増幅方法に関する国内特許成立
    2015年3月 遺伝子情報の大量解読装置 次世代シーケンサーを導入
    2015年6月 慶應義塾大学と疾患型(肥大型心筋症)iPS 細胞由来心筋細胞の独占販売に関するライセンス契約
    を締結

  • リプロセルってこうやってみると将来性かなり高いな
    赤字の理由も事業拡大と研究開発費だしこれから化けそう

    2003年2月 東京都港区西新橋において株式会社リプロセル(資本金10百万円)を設立
    2003年5月 東京大学医科学研究所と共同研究契約を締結
    2003年6月 京都大学と共同研究契約を締結
    2003年12月 本店を東京都千代田区内幸町に移転
    2004年8月 当社の第一号ビジネスとして、Nanog抗体の製造販売を開始(研究試薬)
    2005年4月 ヒトES細胞用の培養液、剥離液、凍結保存液の製造販売を開始(研究試薬)
    2005年6月 東京都港区白金台に研究所を設立
    2006年12月 衛生検査所登録を行い、臨床検査事業を開始
    2007年6月 本店を東京都港区白金台に移転
    2007年11月 京都大学山中伸弥教授がヒトiPS細胞を発明
    当社の培養液がヒトiPS細胞の樹立及び培養に使用される
    2009年3月 世界で初めてiPS細胞の樹立方法に関する知財の商業利用ライセンスをiPSアカデミアジャパン㈱か
    ら取得
    2009年4月 世界で初めてヒトiPS細胞由来心筋細胞の製造販売を開始(細胞製品)
    2009年6月 当社製品であるES/iPS細胞用剥離液の特許が成立(特許第4317337号)
    2010年6月 本店を横浜市港北区新横浜に移転
    2010年10月 世界で初めてヒトiPS細胞由来神経細胞(ドーパミン神経)の製造販売を開始(細胞製品)
    2010年12月 医薬基盤研究所(大阪府茨木市)の水口裕之チーフプロジェクトリーダーのグループと「iPS細胞
    由来肝細胞の創薬応用技術開発」の共同研究開発契約を締結
    2011年1月 ReproCELL USA Inc.を海外子会社としてアメリカに設立
    2011年4月 当社製品であるES/iPS細胞用凍結保存液に関する特許が成立(特許第4705473号)
    2011年5月 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の研究開発プロジェクト「ヒト幹細胞
    産業応用促進基盤技術開発」に採択
    2012年6月 世界で初めてヒトiPS細胞由来肝細胞の製造販売を開始(細胞製品)
    2012年6月 世界で初めてヒトiPS細胞アルツハイマー病モデル細胞の製造販売を開始(細胞製品)
    2012年9月 2012年度産学官連携功労者表彰・厚生労働大臣賞を受賞

  • あーこれは1700円くらいまで行きそうかな
    信用売りが多いのは確かに危ないですね
    いま底値圏での売りは気を付けたほうがいいですよ

  • 日本人はすでにめちゃくちゃ感染してる
    そして治ってる

    こんなの医療機関で働いてる人間ならみんな知ってること

    12月くらいから呼吸機関の痛み訴える患者多かったから
    私もかかったが

    特にお台場と銀座がスポットになってたように思う

    それでもシ者は少ない、原因はいまだもって不明

  • >>No. 10729

    シ者の数は去年より少ない

    その理論はつじつまがあわない

  • 日本人はなぜかシ者少ない

    インフルエンザと肺炎含めても去年より少ない

    シ者は誤魔化せない

  • >>No. 10681

    肺炎のシ者数増えてないぞ

  • 外出制限は基礎疾患ある人と高齢者だけにするべき

    高齢者との同居はもちろん禁止

  • コロナヒステリーにつける薬はない
    老人は新型のインフルエンザでも免疫ないからコロリやぞ
    インフルエンザで自粛するのか?

  • コロナヒステリーなんとかしたい

    中国は全力で賠償させるとして

    コロナヒステリー自粛はそろそろやめさせたい

  • カラオケが駄目ならラブホも駄目やろ

    ラブホが駄目ならホテルも駄目

    ホテルが駄目なら満喫も駄目

    満喫が駄目なら図書館も駄目

    図書館が駄目なら、、、すべて駄目😳

  • >>No. 10322

    2ヶ月前にたぶん感染したと思う症状でて電話したけど見てもらえなかった

    一週間くらい呼吸と心臓痛くて筋トレ出来なかったけどインフルエンザほど辛くもなかったよ

    インフルエンザって立つのも辛いけど、ほとんどの若者コロナ患者は普通に働けるから広まってるわけやしね

本文はここまでです このページの先頭へ