ここから本文です

投稿コメント一覧 (295コメント)

  • 戦後最大規模の破綻でもタカタの社員は今も「平和」?
    日経ビジネス 5/14(火) 7:00配信

    ●会社価値を沈めた判断

     優良企業を破綻に追い込んだ一因は、長期にわたって社会の「常識」に背を向け続けた自らの姿勢にあった。

     2017年6月26日、世界の自動車業界を揺るがした大手企業が、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。シートベルトなどの安全部品で高い世界シェアを持ちながら、欠陥エアバッグの異常破裂問題を起こしたタカタ。製造業では戦後最大の経営破綻となった。

     同日に記者会見に臨んだ創業家の高田重久会長兼社長(当時)は、「すべての関係者、債権者にご迷惑をおかけすることとなり、心より深くおわびしたい」と陳謝した。米国で最初に製品の異常破裂が確認されたのは2004年。08年に初期のリコール(回収・無償修理)が実施されてからも、既に約10年が経過していた。

     タカタは米国で死亡事故が相次いだ後も、「リコールの是非は完成車メーカーが判断する」との業界の原則論を主張し、消極的な姿勢に終始。トップの説明責任も十分に果たさず、批判の声が高まった。

     態度を硬化させた米運輸当局の指示によって、16年にタカタは世界規模のリコールを余儀なくされる。対象台数は1億台規模に上り、経営状況は悪化の一途をたどることになった。社会の常識と乖離した対応で「社会の敵」と見なされたかのように多くの批判を浴び、苦境に追い込まれた。

     企業が向き合うべき社会的テーマは多岐にわたり、注意すべきは製品やサービスの品質に関わる不正だけではない。対応を誤れば、どんな企業も「明日のタカタ」になるかもしれない。

     あれから2年弱、タカタの社員は今、どんな境遇にあるのか。


    タカタは結局、製造業として戦後最大規模の破綻後、米自動車用安全部品メーカーのキー・セイフティー・システムズ(KSS)に約1700億円で買収された。KSSは中国の寧波均勝電子が親会社で、事実上、中国資本に買収されたとも言える。

     明らかに「手遅れM&A」といえる。買収交渉関係者の間では「もっと高く身売りする方法はいくらでもあった。重久氏のメンツが会社を追い込んだ」との見方が多い。

     ただ、残っている社員がどうなっているかと言えば、「待遇も働き方もほとんど変わっていない。重久氏の側近も駆逐されずいいポストに残っている」と今もタカタ社員と交流が続くOBは証言する。

    ●「腹は立つけどいないと困る」

     というのも、米国でのリコールが問題になって破綻に追い込まれた同社ではあるが、実は国内は「超」がつく優良事業。日本に限れば高い技術力とライバルの少なさから「腹は立つけど、実際に倒れてもらっては困る」(ホンダ関係者)と、仕事は減らなかった。

     また、自動車の開発は販売までに5年以上の期間をかけることもざら。エアバッグをどうするかは設計の初期段階で話し合われ、その後のエアバッグ供給元の変更などは事実上不可能だ。そのため、今はまだリコール問題が大騒ぎになる前に決まった受注でやっていける状態が続いているようだ。

     一連の騒動で転職者が増え人数が既に減っていたため、「買収されてから特段のリストラもない」と現役社員は話す。「だから拍子抜けするほど前と何も変わっていない。何をするにもいちいち米本社の決裁を仰がなくてはいけなくなったのは煩わしいが、正直転職しないでよかった」(同)

     売るべき時に売り遅れても、本当に卓越したビジネスモデルを持っていれば、売却後も社員が「平和」でいられる場合もある、というわけだ。

    “日経ビジネス5月13日号「売られた社員 20の運命 シャープ、東芝、タカタにいた人の今」では、M&A(合併・買収)で売られた会社の社員にどんな境遇の変化があったかを追った。からの引用”


    なんじゃそれ・・・結局は中国に取られ損なだけか・・・

  • 久々に行ってきたけどメガハイボールとか定番の貴族焼きとかまだまだお得感があるように思えたし、味も変わらず美味しく、焼き方もしっかりしてたと自分は感じました。

    年末近くの土曜日で忘年会シーズンってこともあってか自分が入店した5時50分ぐらいは客席稼働率が5,60パーセントでしたが入店後30分ほどでほぼ100パーセントとなり、店を出た7時10分過ぎには結構な並びになってました。

    この時期に閑古鳥が鳴いてたらどうしようって思ってたけど一安心笑

    これからも鳥インフルや不慮の事故?などでの株価の動きに一喜一憂しながら気長にホールドしていこうと思います。

  • いつの間にやら三ケタやん・・・
    賢い人には見限られたって事だろうけど、バカにはちょうどいい♪
    少し買っとこ~っと。

  • IPO公募価格まで落っこちたらちょこっと買って長期で寝かしとこ・・・

  • 決算とか目の前の数字が大事なんだろうけどそういうのじゃないんだよなぁ・・・

    情勢の不安定さなどで銃への依存度が高まる中でも3Dプリンターなんかでの銃の製造は厳罰化され、ノウハウのある老舗銃火器メーカーが盛り返す、みたいなのじゃないと・・・

    遠い昔から武器はなくなることなく現在まで在り続けてるのがこの世の中。

    SF映画みたいなレーザー銃でも出ない限り、ここは世の中の平和ボケが解けた瞬間からいつの間にか100ドルぐらいの株価に・・・なってくれれば嬉しいんだけどね。

  • これか・・・

    (5-7月・第1四半期)
    ・1株利益(調整後):0.21ドル(予想:0.12ドル)
    ・売上高:1.39億ドル(予想:1.35億ドル)
    ・粗利益率:37.8%(予想:34.3%)

    (8-10月・第2四半期見通し)
    ・1株利益(調整後):0.15ドル(予想:0.08ドル)
    ・売上高:1.5~1.6億ドル(予想:1.43億ドル)

    (通期見通し)
    ・1株利益(調整後):0.62~0.66ドル(予想:0.50ドル)
    ・売上高:6.2~6.3億ドル(予想:5.97億ドル)

  • 鳥貴族ファンのホルダーなのでいいコメントを投稿したいんですけど、なんていうか、近所の鳥貴族は行く度にメニューが減り、客が減り、活気がなくなってるように感じるんですよね。

    今日は18時過ぎに訪れて19時過ぎに店を出たんだけど、連休前の金曜日っていうことを考えると繁盛具合的にちょっと厳しく感じました。

    色んな地域の色んな店舗を色んな時間帯に訪れてみないと何とも言えないんでしょうけども。

    まぁでも自分のような平民以下の人間にとって貴族焼きと金麦はいつまでも味方であってもらいたいものです。

  • 今回の銃規制法案を成立させることになった高校の銃乱射事件、おかしなもので逆に学校職員に銃武装を認めたり、犯行に使用された殺傷能力の高いライフル銃の販売規制は何も盛り込まれなかったりと、銃などこの世から無くす!こういう事件は2度と起こさせない!的な姿勢は全く見えてきません。

    トランプさんは銃の購入年齢引き上げを見送りましたし、「よく訓練された教師が銃を隠し持つことが認められるだろう。抑止になる」と、規制には程遠い方向性の考えをもってるように感じられるので、今後、よほどの平和主義者、闇の圧力に屈することのない大統領でも就任しない限り、アメリカの銃規制云々はまったく進んでいかないと思います。

  • 長期目線のホルダーにとっては、即座に反映される株価より、こういう会社の方向性、取り組みをどう感じるかのほうが大事ですよね。

  • 国産材料、自店串打ちを続けられれば、メニューのバリエーションなんて豊富じゃなくてもいい。
    ごちゃごちゃ訳の分からないメニューより、スタンダードなものほど飽きが来ない。
    客商売なんでいろんなメニュー、いろんなサービスも必要だと思うかもしれないが、基本は焼き鳥一本で勝負する店なんだから、スタンダードがしっかりしてれば大丈夫。

    ただ、以前よりお得感っていうか、お値打ち感を感じなくなってきたところはありますね。
    なんとか頑張ってもらいたいものです。

  • そうか、でもスタームルガーと違うのは借入金が多いって点だな。
    政策的にこれからどんどん金利を上げていく方向に向かうとなったら厳しいと読むのか?

  • コルトやレミントンの前例もあるし、イメージ的に表面的な世論はどちらかというと銃規制に向いてる感があるから現在の株価がこの水準にあるだけで、現実問題として考えると業績も悪くないし今後の需要も見込まれるであろうここはスタームルガーなんかと比較しても割安感があり、ある意味今がチャンスだという考えはただの素人考えなのか・・・

  • 「ディックス・スポーティング・グッズ」は、2月28日、全店舗で、自動小銃などの販売を取りやめ、21歳未満には銃器を一切販売しないと発表した。

    裏を返せば、21歳以上には今まで通り普通に販売しますよって事。

  • 「Guns don't kill people, people kill people.(銃が人を殺すのではない、人が人を殺すのだ)」

    この全米ライフル協会のスローガンには人それぞれ考え方があるだろうけど、でもやっぱりこの世に人がいる限り、ここはいつ盛り返してもおかしくない。

  • う~ん・・・誰もいない汗
    まぁ、そうだよな・・・

  • 公募価格を超える値段も付けたし配当も出たんだから今更公募云々はあかんやろ笑

    しかし40円/55円の配当に、優待もついてきて最安値更新は「う~ん」だなぁ・・・苦笑
    今回は黒三角の多さと地味な計画の結果かもしれないけど、こういうのは派手にしなくても良いものは良いでそのうち結果がついてくるものだと思って応援するしかないですね。

  • ちょっと早かったか・・・汗
    正直まだ高い気もするけど、ここから水準上がったらもう買う機会はなさそうだし、下がったら下がったで焼き鳥食いながら上がるまで待ちゃいいだけやしね。
    当たり前の話、高値で買ったとしてもそれ以上の高値になるまで持っとけば株で負けは無い笑

  • もうそろそろこの辺りで妥協するかな。

  • ここまできたらまた欲でるんだよなぁ・・・
    あと一声、もう一声安くと 笑
    まぁここにこだわらなくても他にもいろいろあるけど、この店が2000店近く出店出来たときまでの超長期目線で考えると、機会があればあと少し買い増しておきたいのが本音。

本文はここまでです このページの先頭へ