ここから本文です

投稿コメント一覧 (28コメント)

  • >>No. 1790

    > メモリーでも粉飾の疑いがあるとの投稿を見受けますが、誰かさんのTwitterの投稿だけが根拠でしょうか?他にネタがあれば教えて下さい。

    (1)選択5月号 (これが、上記Twitterの直接の根拠かも)

    (2)2015/11の記事「東芝の不適切会計で報告書に重大な疑惑 なぜ室町正志社長への言及ない?」
    h ttp://news.livedoor.com/article/detail/10863821/
    記事より以下引用となります。
    「筆者は、7月21日に第三者委員会の報告書が発表されたときから、NANDフラッシュも粉飾会計をやっていたのではないかという疑惑を持っている。その理由は、ディスクリートやシステムLSIは臨時の標準原価改訂を行ったときに利益のかさ上げをしていたが、NANDフラッシュを製造している四日市工場も、09年3月期から14年4~12月期の間に2回(11年度と12年度)、臨時の標準原価改訂を行っていたからである」

  • 米サザン電力の東芝に対する、債務保証履行の要求のニュースで下げているのではないかな?
    このニュースは米国発ですよね。
    日本の報道(4200億円の債務保証履行の請求)では、まだ内容の一部分しか報道していないみたいですが
    全容はどうなっているのかな。

  • それに同調しそうな、マスコミ。。

  • 今のところは監査法人が変更できない可能性のほうが高いのではないでしょうかね。
    率先して引き受けたいというところは無いでしょうし、
    監査の性格からして、監査法人を変えて黒を白にするというのは、
    東証ですら都合が悪いと思っているでしょう。

  • WHの追加費用40億ドルで計4基の原発を完成させるという算定が当初より意味が分からない。
    これまでの工事費用と工事進捗からすると、無理に思える額なのだが。
    工事の効率性がこれまでより良くなると合理的に判断した結果なのか。
    以前に策定した、2020年までに完成させるという計画と辻褄を合わせるための額なのか。
    東芝の出している減損/賠償額と辻褄を合わせるための額なのか。
    今後1~2年間の食い扶持を確保するための工事続行の口実の額なのか。
    (でも、嘘まがいの論拠で工事続行した後、工事が頓挫したら、背任的な行為で重い罰を受けると思うのだが。)

  • 鴻海3兆(本音は1.5兆くらいでしょう)とか日本連合とかアップルとかグーグルとかアマゾンとか
    大手マスコミは何を言っているのだろう。
    御用記者なのでしょうね。
    鴻海以外は、名前を出された企業は迷惑でしょうね。

  • 詳細な解説をいただきましてありがとうございます。

    >  電力2社からの賠償が来ないように、原発工事を続けるようだが、原発工事を続けて、かつ、将来発生する費用負担増加を遮断する方法は、普通は、存在しない。
    >
    >  唯一の方法は、東芝も、倒産させる方法だ。

    東芝が履行保証を負い、原発工事を続けるのであれば、その通りと考えます。
    今の報道では、ここの過程を省いて、東芝再建を言っていますね。

    ステークホルダー以外には、再建の過程で「東芝倒産」するかどうかは重要ではないと考えて、報道しているのか。
    意図的にネガティブ要素を報道しないようにしているのか。
    報道も眉唾なのでリスク管理も難しいと感じています。

  • アドバイスありがとうございます。
    2017.3期に見積もっていた減損7000億円(こちらも損害賠償に回る)
    にプラスしての追加損失3000億円で、総額1兆円程度の金額を出しているのだと考えています。
    ただ、こちらも見積りの最小金額だと思います。

  • >  ウエスチングハウスが、履行できない場合は、東芝が代わりに履行する約束だから、東芝の責任で、原発を完成させるように要求される。

    上記の東芝の履行義務は報道もされていましたが、実際のところ、この契約は存在しているのでしょうか。
    東芝はWHのC11適用後は追加損失3000億円で米原発から手を引けるという報道をされることも多いと思います。

  • でも100%減資・倒産しなければ、上場廃止決定で
    逆に50円以下で株を買い集められて、安全保障上の問題が出てきてしまう懸念がありますね。

  • 東芝を守るために脱法的対応を重ねることで、
    どこの誰が裏にいるか分からないところに東芝株を買い占められて
    日本(さらにはアメリカなど同盟国)の安全保障にも害を及ぼす。
    倒産(100%減資)をまずすべきと思います。

  • なぜ、ブラックロックとキャピタルリサーチは東芝株を大量に持ち続けるのでしょうか。
    ここ3ヶ月においても、また、現在においても、倒産や上場廃止の可能性は(低いか高いかは別として)存在していますと思います。
    2社は、倒産や上場廃止になることは無い・株価は将来において上昇すると考えているのでしょうか。
    または、東芝株への投資規模は2社の全体の投資額から見ればわずかであるため、
    株価が1桁台に近くなっても、投資成果への影響は少ないため、放置しているのでしょうか。

  • > 東芝の倒産なら『V字回復』とは書かないでしょう。

    会社再生法後のV字回復のことを銀行&記者は本当は言いたいのかな
    と変な読み方をしてみたのです。。
    やっぱり、普通に読むべきですかね。。

  • ご回答ありがとうございました。
    記事では「債権を確実に回収できるとの思惑」とありましたので、
    銀行側で回収に強い確信が持てる、法的または経済システム上の権利のようなものが生じるのかと思いました。

    確かに、ご回答にある理由によって、銀行は回収見込みについて明確な金額を見積もることは可能ですね。
    少し、「回収に強い確信」とは違うとは思ったのですが、
    記者は、ご回答いただいたような意味で書いたのかもしれませんね。

  • 東芝によるWHの破産法適用の早期申請について、朝日新聞デジタルの記事で以下の記述がありました。

    「早期の申請は、WHの損失拡大を懸念する主力取引銀行からも求める声が強まっていた。申請で東芝に対する債権を確実に回収できるとの思惑に加え、「今年度中に損失を処理し、新年度に『V字回復』する」(主力行幹部)とのシナリオを描いている。」

    「申請で東芝に対する債権を確実に回収」することが可能になる理由が上記文章には書かれていないと思います。
    (1)
    この理由は何でしょうかね。
    私の拙い考えでは、「WHの破産法適用に合わせて、東芝も倒産することにより半自動的・半強制的に回収モードに入るから」という理由くらいしか思いつきません。
    (2)
    また、日本の大手マスコミは「東芝の倒産」を明記するすることは憚られるため、あえて、書いていないということなのでしょうか。

    皆さんはどのようにお考えになりますか。

  • > 「政府系」の東芝支援に高いハードル 革新機構は出資のスキームが構築できず…
    先週の出資検討の話、あきらめたということ?
    何が本当なんでしょう。

  • 確かに日本人からみても日本市場の信頼性は地に落ちてます。
    色々とご教示ありがとうございました。

  • コメントありがとうございます。
    すると、監査法人と日本の監査システムが危機的状況であり
    これを完全に改める必要があるということですね。

  • そうなら、ある程度納得できますので、そうであってほしいです。
    粉飾決算の嘘をつかれて、お金を貸したのであれば、ある程度は銀行も被害者と思いますので。
    でも、銀行の融資担当は、東芝の粉飾決算を見破れなかったのかな。

  • 仮に東芝メモリの1/3に政府系が出資しても、
    採算度外視で出資したら、WHに出資した東芝みたいになるだけ。
    国民の税金ということを忘れないでくださいね。

本文はここまでです このページの先頭へ