ここから本文です

投稿コメント一覧 (21コメント)

  • 予想どおり本決算期日前に業績修正が発表されましたね。
    売上高:満点以上、営業利益:赤点以下、経常利益:形式上爆益、純利益:もともとの会社予想が無ければ上出来。
    総合的には営業利益以外が業績上昇と言っていいのですが、当初の会社業績予想が中計にのっとての予想だったので業績未達との市場評価だと感じます。

    問題は来期の業績予想がどうなるかですね、あくまでも中計にのっとて予想を出してくるか、四季報予想に近づくかによって次の山場が来ると見ます。
    業績(中計)に結び付きそうな、お金の匂いがプンプンする材料でも発表されればいいのですが。

  • >>61 質問
    >>62 回答
    回答有難うございました、各証券会社(売り機関)が中立なのはわかりましたが、ヘッジファンドの手口として再度ご教授願います。
    売りを仕掛けているヘッジファンドが現物を機関を通じて大量保有にならない程度に仕込んでおいて、一般の信用売り残を燃料にして現物で利益を上げ、機関の売り残分を現物返済する手法はあるのでしょうか?

  • 2Qの結果が会社予想のマイナスなら日頃の出来高が少ない分、信用買い残の数量もあり少しの見切り売りでも、思った以上に値崩れする可能性も考えられる。
    通期は予想どうりとして、ポジションを軽くするなり、ナンピン余力を十分に用意するなり対策をした方が良いのかもしれない。

  • >>No. 630

    深読みせずに衝動的に10月7日にナンピンをしてしまったが、早まったのか?
    機関の動向を見ると各社報告義務消失となっているが、信用買い残が100万を超えている状況では美味しい餌にしか見えてないのではと勘ぐってしまう。
    2Qの結果がそんなに悪い評価でなくっても、力業で売りを仕掛けてくる為に力を蓄えているのか?
    飛行機会社のデジタルコンサル復活は来年度も期待薄と見る、他の補填に期待。
    ポジションを軽くして改めて仕切り直しした方が良いだろうか。

  • 売り機関の手口としてお伺いしますが、
    売り機関合わせて約6.5%の空売りをしているわけですが、それ以上の現物株を仕込んでおいて、好材料により株価暴騰後に空売り分をこえる現物株は売り抜け、その後に空売り分を現物返済するという手口はあり得るのでしょうか?
    素人の考えですが機関の手口に詳しい方ご教授願います。

  • 何が何だか、自己株式購入期限が2019年12月19日である事から、会社は一部鞍替えを意識したものとは思うが、売り機関は一部鞍替えが叶わないと情報入手しているのか?、他の下げリスクが今のところ見当たらないと思うのだが。
    買戻しには、信用買い残の追証による売りが確実であるが、あまりにも機関売り残+個人売り残が、個人買残との乖離が激しすぎる、現物が補うほどの売りが出るとも思えないのですが?
    さっぱり売り機関(個人売りは機関動向に乗っかっている?)の考えが分からない。

  • そろそろナンピン出動の頃合い?
    底値感も出てきたし、ゴリラ(株)のIR、デジタルコンサルも補填が開始されつつあるようですし。

  • はたして市場はどう見ているのでしょうか?
    今回の株価は三つの山場があるように思えます。
    1つ目は本決算の行方、下方修正されるかどうか(まだ、下げ止まった感は見られないが株価に織り込みつつある?)。
    2つ目は来期の会社予想が四季報予想に近づくか?
    3つ目は、まだ先(来年くらい?)2019年3月発表の中計の修正。
    の山場があるように思えますがいかがなものか、リバウンド狙いでナンピンするか悩むとこです。

  • ここは誠実に業績修正を出す会社のようです、2017年本決算が特別損失でなく業績悪化による時でも決算発表前10月20日には下方修正を発表しています、もし今回も下方修正するとなれば10月20日以降今月末までには発表するのではないかと推察します(あくまで私見)。

  • あまりにも堅い、業績予想は堅い(堅実)でいいのですが会社の将来、未来に対する野心野望が見えない(アピール不足)、ビッグマウスでホラを吹けとは言わないが、ラジオ日経によく呼んでもらってもHPに出ている事しか言っていないような印象しかない。
    たまには、将来を熱く語ってアピールしてもらいたいものですね。

  • >>No. 802

    年末、年越し後でないと動き始めない、まさか本決算まで動かないのか?
    買増ししたいがあまりにも動かなすぎる、本当に腐っちゃいます。

  • >>No. 340

    仲村トオルさん起用の動画公開で認知度が上がる?
    あまり期待出来ないですね、会社のHP上ではね?認知度の低い会社のHP訪問者がどれほどいるかですね。
    最低でもユーチューブなどに露出しないと、それとイメージだけでなく会社の魅力(子育て、働きやすい環境)、強味(経済動向の対応力、成長戦略)などもっとアピールしてほしいですね。

  • 本決算が四季報予想となるか、会社予想となるかで今後の株価に影響が出るでしょうね。
    四季報予想となれば、中計の信ぴょう性が揺らぎ、株価の底がぬける(400円を切る)?
    会社予想で未達でも90%程度の達成となれば、中計の信ぴょう性が増して、見直し買いが入る(750円以上)?
    四季報予想に近いなら、本決算発表前に業績修正が発表されるか?しばらく様子見かな。

  • この銘柄がいつ認知度を上げるか、今回の紙版四季報は決算予想の修正が間に合わなかったから、12月の四季報から徐々に認知度が高まると予想。
    仕手化しない限りは、短期売買には向かない小型株。

  • >>No. 326

    情報ソース ラジオ日経 相場の福の神 2019.02.01 ttp://podcasting.radionikkei.jp/podcasting/fukunokami/fukunokami-190201.mp3

  • 超長期投資銘柄、2021年グループ10社、従業員1000人、売上80億、営業利益3億、2030年グループ50社、売上300憶、営業利益24億を目指すと会長は述べています。
    今は先行投資の時期、大量採用でも利益を伸ばしている優良企業です、長期投資の一銘柄として保持に適した銘柄と考えています。
    今は、目立つ銘柄ではないが、今後半年で高値づかみはさけて仕込みたい銘柄と思います。

  • 悲観的な意見を記述しましたが、下げ要因が今のところ見当たらない。
    一般信用売り残(東証+日証金)310万、機関空売り残410万、一般信用買い残200万 あまりにもバランスが悪すぎる、利益追求プロ集団の機関が素直に焼かれるとは思えない。
    何でもありの機関取引で、1月以降の一定株価相場で現物を仕込み、時機を見て現物返済する事はあり得るのだろうか?(個人的な妄想です)
    ゴールドマンの空売り48万だけは気になる要素。

  • 機関の入り込んでない銘柄で、ここまで株価が下がるとは、確かに1Q、2Q共にお粗末な結果でしたが、最終決算も未達に終わると一般投資家は予想しているのか?
    来期は大幅増益予想だが、いつ反転する、来期1Q迄このままなのか。

  • 今後の株価の動きはどうなるのだろう。
    4000円の高値から半値を割った状態では、しこりが多く上値が重い状態?
    一般の信用売り残が増えている事から、現株価が割高と感じる人が増えている?
    最近の機関は目立った動きは無いが、じりじりと株価は下がると見ている?
    ポジションを軽くして様子を見るべきなのか。

  • ここは、機関のディ-ル初心者の教育銘柄?相場に影響の出る取引はして無いようだが、信用買い残35万株が目障り、何かしらの材料、ニュースで出来高が増えて株の新陳代謝を起こさないと、だらだら下げは勘弁してほしい。

本文はここまでです このページの先頭へ