IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (2928コメント)

  • >>No. 209

    このゲス男、一寸下がると直ぐにゴキブリのように出て来る。

    ・一瞬白木教授を悪人と勘違いさせてしまう図々しさには程がある。
    ・レス内容に一貫性が無く支離滅裂。(結果時たま、?な赤チェックが多い)
    ・平気で嘘を書くからまともに読む価値のないレス内容。
    ・単なる売り煽り以外に、一寸得体の知れない意図を感じる。


    FF,大引けでは+転の予感がして来た。

  • 別に目新しいものでは無いが「アビガン」日経最新情報。

    素人の単純な疑問。

    ・なんで、承認に年内も掛かるのか?レムは超スピードで決まった。その後レムの効果はどうかも報道されていない。テレ朝では、「10月中承認」と言っていた。
    ・治験って、こんな少人数の結果で決められるのか?こじ付けとしか思えない。

    ★但し、今日の地合いは悪そうだが昨日のように逆行するのではと思う。たとえ逆行しなくても今回に限っては政権が替わったことで、前回のように直ぐに「信用害イナゴタワーの崩壊」には成らないような気がしている。


    ●コロナ薬アビガン申請、来月にも 富士フイルム 厚労省、年内承認か
    2020/9/24付[有料会員限定] 日経

    富士フイルムホールディングスは23日、10月にも新型コロナウイルスの治療薬として、アビガンの製造販売の承認を厚生労働省に申請すると発表した。臨床試験(治験)でアビガンを投与することで症状が早期に改善することを確認した。厚労省は早ければ年内に承認する可能性がある。

    治験では107人の肺炎患者にアビガンを投与し、偽薬を使った49人と比較した。症状が改善してウイルスが陰性になるまでの日数の中央値は、アビガンを投与した患者が11.9日だったのに対し、偽薬では14.7日だった。安全性に関する新たな懸念は認められなかったという。
    略)

  • 新たな材料で短期間騰がれば良いという物では無い。
    イナゴタワーが崩壊したら、夢も何も無く又憂鬱な塩漬けか損切りしかない。

    新しい1段上の株価のステージにそのまま定着出来るかどうかである!
    今回のFFは、ホルダーの期待に応えて欲しい!

  • FFは「アビガン」ばかりでは無い。こんな記事もある。

    ●富士フイルム、フェースシールド素材の生産5倍に
    2020/9/23 11:00[有料会員限定] 日経

    富士フイルムはフェースシールドに使う透明なフィルムの2020年度の生産量を前年度の5倍に引き上げる。フィルムに水分を吸収する加工を施し、呼気などで曇りにくいのが特徴で、医療機関向けの製品などに使われている。新型コロナウイルスの感染拡大で、店舗やオフィス向けでも需要が高まると判断した。

    増産するのは、液晶パネルの主要部材である偏光板に使われるセルローストリアセテート(TAC)のフィルム。水分を吸収するため湯気に2分さらしても乾いた状況を保ち曇りにくい。フィルムの表面には水の膜ができる加工を施し、水滴も付きにくくしている。

    液晶用フィルムの生産ラインを一部活用し、フェースシールド向けに増産する。4~6月の生産量は前年同期の約3倍だったが、さらに増やし、20年度は数十万平方メートルと、前年度の5倍を計画している。顔全体を覆うフェースシールドでは約1千万個分に相当する。
    略)

  • やや有名人も言っていたが、下の内容は嘘に決まってる。
    だが、今日のような雰囲気では「ポジティブな記事」として挙げておきたい。


    ●富士フイルムは後場一段高、アビガンの第3相臨床試験で主要評価項目を達成
    配信元:みんなの株式 著者:MINKABU PRESS投稿:2020/09/23 13:16

    富士フイルムは後場一段高、アビガンの第3相臨床試験で主要評価項目を達成 富士フイルムホールディングス<4901.T>は後場一段高している。

    この日、傘下の富士フイルム富山化学が、新型コロナウイルス感染症患者を対象とした抗インフルエンザウイルス薬「アビガン」の国内第3相臨床試験で主要評価項目を達成したと発表しており、これが好感されている。

    なお、富士フイルム富山化学は今後、同試験の詳細なデータ解析及び申請に必要な業務を迅速に進め、10月中にも製造販売承認事項一部変更承認申請を行う予定としている。

    出所:MINKABU PRESS

  • BSフジプライムニュースで国連でトランプは、「WHOは中国の言い成りに成って、『人から人へはうつる事はない』と言った」意味の中国批判演説をしていた。

    思い出すに、確か1月後半頃画像の厚生省のスポークスマンが、「今回の武漢ウイルスは、人から人にうつることは有り得ません」と言ってた場面を明確に思い出した。

    テドロスが批判され始めた頃思った事は、「絶対に安倍政権を忖度した発言」としか思えなかった。この男は、菅に凍り付かされた結果かも知れない。

  • しかし、古参の方々が殆ど出て来ない。
    偶にはご意見を聞かせて欲しい。

  • 今「アビガン」のウォッチで忙しいが、あのPSSはどうしたんだ⁉️

    次の決算発表で大きく↑と期待してるが🎵

  • そう言えば、記憶の限りではトランプが「アビガン」と声かTwitterで発した記憶無し。

    10月の承認に絡み,タイミング良く発したらと思うと笑いを禁じ得ないが、期待したい❗

  • ザラ場中は水を注すので言わなかったが、又以前のような機関に釣られたイナゴの信用害で騰がり、結果どもっ!の独壇場に成ってしまうようなドスン⤵だけは絶対に勘弁して欲しい。

    ★飽くまでも「次のステージの4桁台(例えば6500台定着)」に成って行くことを切に祈りたい!

    ★次の4桁台ステージが実現されれば、「アビガン仮説」が無ければ誰かがしょっちゅう言ってる「10000台」も実現しただろうに。。。

    明日は、5500台突破を祈る!
    そして、そう遠く無い将来「株式分割」IRが来れば、いうこと無し!

    (参考までにネットから)

    株式分割のメリットは株の流動性が高まることです。 発行済み株式の総数が増え、株の価格が下がるため、それまでと比べると細かい売買ができ、投資家が株の売買を行うことが容易になります。 その株を保有している投資家の数が増えれば、株主総会などで意見をより集めやすくなります。2019/09/27

  • 今明確に「アビガン来月中にも申請承認へ」とニュースが言っとる!

  • 如何に戻り売りが多いか値動きで分かる。

    唯、売った者の心境は、

    もう二度とFFには絡みたくない<下がったら又買いたいので値動きを注目したい

    の構図だと思う。自分は近頃「S高」や「今が買い時」等挙げたことは無い。

  • 先日「カメラの話題に口ごもって無い」記事も挙げている。

    >カメラは苦戦したが、好調な事業がリスク回避になっている

    ・・・・・・・・・・

    富士フイルム日経最新情報。

    【ウキペディア】から
    飛地(とびち、飛び地)とは、一つの国の領土や行政区画、町会等の内、地理的に分離している一部分である。土地の一部が「他所に飛んでいる」と見られることからこう呼ばれる。

    ●[ニュース一言]富士フイルムHD 助野社長
    2020/9/19付

    新型コロナウイルス禍で、多様な事業を持つのはコングロマリット・プレミアムだと確信した。カメラは苦戦したが、好調な事業がリスク回避になっている

    富士フイルムホールディングスは、複数事業を抱えて企業価値を損なうコングロマリット・ディスカウントだと批判されてきた。事務機器や医療関連など幅広いが、助野健児社長は「写真フィルムの技術がベースで飛び地はない」と話す。


    > アビガン祭りはもう勘弁してほしい。堅実にコツコツ上がっていってほしい。バカ丸出しのアビガン連呼するしか能のないにわか株主はカメラの話題になると口ごもりやがる。

  • >緊急医学会・集中治療医学会の発表、藤田医科大代表研究者の独白記事、共同通信社の報道、

    藤田医科大代表研究者の独白記事は、自分も挙げましたが、
    共同通信社の報道に付いて、URLか標題、日付けを教えて頂けるでしょうか?



    > どっちかって言うと菅政権がアビガンを認可したがっているように思えますがいかがですか、
    > 緊急医学会・集中治療医学会の発表、藤田医科大代表研究者の独白記事、共同通信社の報道、
    > 偶然とは思えないまるで既定路線であるかのような・・

  • アビガンを中国頼みにしないように、「チーム日本」で作る記事が有る。
    工作員のように、古い記事で印象操作(情報操作)しないように!

    ●富士フイルム、アビガン国内供給網を確立 15社が協力
    2020/7/22 15:15 (2020/7/22 18:53更新)

    富士フイルムホールディングスは新型コロナウイルス治療薬として承認を目指す「アビガン」を国内で安定生産するための供給網をつくる。原料メーカーのデンカやカネカなど約15社が協力し、9月からの月30万人分の生産にメドをつけた。海外からの原料調達は移動制限など物流面のリスクがあり、国内調達に移行する。

    アビガンは新型インフルエンザ薬として承認されており、政府が備蓄を完了した2018年を最後に生産を中断していた。新型コロナの感染拡大に伴い厚生労働省が要請し、富士フイルムが3月上旬に生産を再開した。

    アビガンは以前は主に中国で原料を調達して加工し、薬になるまでの途中段階である「中間体」の形で日本に輸入。錠剤にするなどの複数の過程を経て薬にしていた。ただ、コロナ禍ではヒトやモノの移動制限が生じた。今後も物流が不安定な事態が生じかねないとみて、原則として国内で完結する供給網(サプライチェーン)を作る必要があると判断した。
    略)

  • 常識的に考えても普通ならFFの株価は、パンデミックの時代なので誰かが言っていた「将来、任天堂超え」に成っても、余りおかしくない。

    にも拘らず、

    ・メディアの言う「外交の安倍」は、この状況を国益に於ける千載一遇のチャンスと捕らえて徹底的に利用し、世界に訴えたか?

    ・開発製造元の古森会長は、一世一代の社運を賭けて世界中に宣伝したか?

    ・ノーベル賞候補と成っても不思議ではない白木教授は、共同開発者の一人としてアビガンの効能を世間(世界)に向かって説明し続けたか?

    ・コロナ禍が始まって以来、誰か公人、準公人が「今話題の中国でのアビガンモドキは、富士フイルムからのパクリだった」と事実を公言したか?

    ・以上の簡単な疑問からみても、「アビガンの承認が9月中にどうたら」と言うレベルのミミッチイ話では無い筈だ!

    ・ここに「アビガン仮説」が、生まれた❗

    (だからと言って、今の状況では今後何も変わる訳ではない。せめて承認されたら、より不純物の少ないFFの純正「アビガン」が世界標準に成って欲しい)

  • 「ヒロシです」の自虐ネタまで出るくらい「アビガン承認」への関心は大きい。

    そろそろ市場も、コロナ前の感覚と変わる事を期待したい。

    矢張りここ迄コロナパンデミックが進めば、市場は「業種」による差別化即ちFFのような銘柄への世界規模での見直しは必要だと思う。

    今も「ワイド!スクランブル」で「アビガン承認は、良いニュースですね」とやっていた。

  • WBSによると欧米の株価下落は、コロナ患者の増加への不安が絡んでいるらしい。

    「アビガン」の承認は、改めて世界中に再認識されFFの株価が円高に関係無く同じ4桁でも次のステージに昇り定着したら、ホルダーへのこの上ない幸せだが・・・。

本文はここまでです このページの先頭へ