ここから本文です

投稿コメント一覧 (53コメント)

  • 1300円と1450円の往来相場と思っていましたが。1500円まで行ったのには驚きました。最悪の決算に向けまっしぐらですので、下手をすれば先の安値を見に行くかもしれません。私は初心貫徹。1300円で待ち受け、1400円台で売却するのみです。

  • 意外と小じっかり上げて来ました。これでニューヨークに連れ高で全体が上昇局面に入り、三井化学にお鉢が回ってくれば、年初来高値2963付近まで吹き上がる可能性があります。

    ところでとっても迷惑な 〜爺さんの投稿、マイページから無視リストに登録しておけば、見なくて済みますよ。

  • 届いた報告書によると、鋼鈑需要の減少による生産調整とコストアップ、在庫単価の見直しなどを、期末大減益予想の理由に挙げている。オリンピック特需化でこれなら、来年以降はもっとひどくなるかもしれない。それを見越しての補正予算だろうが、とっても先行きを楽観できる状況ではない。昨今の戻りは一過性で、もう一度下に行き、しばらくはそのまま張り付き、来年末頃にようやく市況回復の兆しと言うのが順当な見方では。少なくとも、最悪の決算に向かってまっしぐらが今の状況でしょう。

  • 突っ込みが大きすぎたせいもありますが、まるで小型株並みのものすごい戻りですね。米中緩和期待と対韓雪解け期待、そして売られすぎた反動がすべて作用したようです。この動きはまだしばらくは続きそうで、先の1410円がらみまでは戻す可能性が大きそうです。但し、米中は今のような悲喜感を繰り返しながら時間ばかりが経過し、やがて最後は香港問題で決定的な衝突に入る可能性があります。対韓ではもう一度大きな地殻変動があり、GSOMIA延長見直しという暴挙に韓国が走る可能性すらあります。そもそも文政権と安倍政権がうまくいくはずはないしい、日本国民の多くもそれを望んでいない。ずれにせよ、しばらくは1300から1400のレンジで小型株並みのマネーゲームが出来そうで、楽しみです。

  • 2019/11/25 11:20

    ガイシはその名前の通り、電力事業関連、送電設備の会社である。蓄電システムであるNAS電池も又電力施設や大口需要むけである。しかし、この度CEATECで展示発表された新しいリチウム二次電池は、通信機器、家電、自動車、医療機器向けの製品である。しかも新商品は極めて高性能で、早くも多岐にわたる企業が大きな興味を示している。この先ガイシは事業形態が大きく変化するかもしれない。電力設備関連だけではなく、通信ハイテクや医療、自動車など多くの産業に必要不可欠な企業に脱皮する予感が大きい。更に、従来のNAS電池事業にも技術革新を取り入れ、より安全性と操作性、エネルギー効率を高めることが出来れば、ガイシは電気エネルギー関連で世界を制する可能性がある。長期に保有したい夢に満ちた会社である。

  • TOB後も田辺三菱が今迄通りの配当をすれば、2010円で取得した株は⒈4%の利回りとなる受取配当がある。つまりは三菱ケミカルは経常利益が半期配当としても35億程増える。全体に占める割合は2%と微々たるものだが、目先の話としても決して悪い話ではない。問題は、この経営統合が将来的に益するか否かである。益する行為とすれば、この下げは絶好のチャンスと言えるかもしれない。

  • >>No. 664

    やはりこれは資産で、資本ではありませんね。普通は保有有価証券として、買い取った価格すなわち簿価で計上します。株式保有会社の資産や上場している場合の株価は、決算数字に何ら影響を与える事はないと思います。

  • 今日の下げは、株価が企業実態や個々の行為を把握できていない代表的事例とも言える。三菱ケミカルのヘルスケア部門の売上比率は14%程で、バランスのとれた企業成長の為にはこれを20%超まで高める必要がある。その為の投資が今回のTOBであり、積極的に歓迎すべき行為である。又、値段が高いという評価もあるが、価格が4000億であっても6000億であっても、決算上はそのまま簿価に反映されるので、資金繰りや資金調達コストの事を除いては、買取価格が決算や会社経営に与える影響は無い。
    早晩下げは是正され、将来を期待した上層相場に続いていくと予想できる。

  • 18ヶ月に及ぶ下降相場が反転したようです。夜は必ず開けるということでしょう。谷深ければ山高し。この先8ヶ月程度の上げ相場として、3200円程度を目指すのでしょうか。頑張れ。

  • 相場がつまらない以上に、掲示板がつまらない。
    つまらない投稿に、まじめな投資家はみな逃げて行った。
    三菱ケミカルがうらやましい。
    つまらない掲示板にしている2~3名に猛省を望みます。

  • しかし鉄鋼株はみな安いですね。2010年頃の鋼材価格と比較すれば確かに安いですが、それでも建築屋さんは鉄が高いとぼやいています。スクラップは確かに少し安いが、製品は高止まりしている。これで鉄鋼会社の業績が悪い意味が分からん。米中のムードが多少良くなってきて、早くも化学株は上昇が始まりそうです。鉄鋼株もソロソロ転換期が近いと思うのですが。

  • 2019/08/02 00:48

    5月に予想した通り、2017年12月前後から始まる下げ相場が18ヶ月の時を経て、いよいよ化学株相場の大転換が始まったとみます。本当は三菱ガス化学に大きな妙味があると思いますが、三井化学も12ヶ月先か18ヶ月先には3500を突破していると見ています。恐らく米中の和解がそれを後押しする筈です。散々安値を見てきたので、売り急がない事です。せめて年末までは。

  • JFEの北野社長は、韓国との関係を憂慮し融和への努力を政府に期待するとの見解を表明している。
    更に、鉄鋼が兵器に転用される事はなく、輸出規制の対象外であるとも。
    株主の一人として何とも痛まれないトップの発言である。
    長年の相互忌避感情、取り分け韓国の反日感情を問題にせず、経済関係だけを築くことに奔走し、その利益を享受して来たのは
    鉄鋼業界であり造船業界であり、半導体業界であった。そしてこれらの技術の多くは強かな韓国に吸収され利用され痛い目に
    合わされて来た。
    今、日本は戦後の対韓政策を見直す千載一遇の時である。相手に対する敬いと友好の情がなく、憎しみと怨みばかりが
    先行する人々に対する処方箋は無い。
    先ず韓国自らがその事に気づき、友好関係を望む事のみが改善の第一歩である。
    慰安婦合意の10億にしても、言われなき徴用工判決にしても、ある意味では起こるべくして起こった韓国リスクとも言える。
    勿論、損失を取り返す努力は最大限払うべきであるが、同時に相手を陥れようとしている国への与信審査、信頼の基準が甘かったと言う事である。
    こんな時期に、未だ何の本質的変化も期待できない相手に商いをしたいと訴えるJFEの社長の人間性を疑うと共に、株主として
    与信リスクを指摘せざるを得ない。
    今儲かれば何をしてもいいと言う事ではない。
    それは、対韓70年の歴史とその結果としての今を見れば分かるはずである。

  • 特定のお方のグダグダばかり。何故かつまらない掲示板ですね。業績のこと、株価見通しのこと、売り方買い方のお考え。景気感。皆んなここから逃げ出したとしたら、罪深いことですよ。

  • ここの会社は今期業績見通し一切を発表していません。信越化学もそうだし、最近こうした未発表の会社が増えつつあります。健全な投資を促し、上場会社を監視する上からも、業績見通しの原則発表を義務化していただきたい。監督官庁しっかり仕事をしてください。

  • 一昨年の高値からほぼ18ヶ月に及ぶ下げ相場。そろそろ売り疲れと、株主の入れ替えも進んだようです。入梅雨と共に大きく相場転換が生じて、中期上昇相場がスタートする予感がします。

  • 本日参戦しました。三井化学のホルダーですが、この株の割安感にたまらずゲットしました。遠からず4桁乗せを期待しています。

  • >>No. 1029

    残念ながらあなたは既に朝鮮人に洗脳されている。文化も、稲作も漢民族が伝えたもので、朝鮮半島は海路上の寄港地であったに過ぎない。そしてそれらは朝鮮民族には咀嚼できなかったので、根付かなかった。この事は、始皇帝の重臣であった徐福の来朝ルートからも分かる。朝鮮半島から来たのは、今の韓国人の祖先と言われる、侵略者新羅に追いやられた百済民族が畿内に住み着いた事による生活文化の流入と、後は安土桃山時代の井戸茶碗と言われる抹茶茶わんくらいです。これとていわゆる唐物に比べると、多くは雑器そのもので、侘び寂びにこだわった風流人がもっぱら評価したものです。韓国評価は福沢諭吉が明治初頭に看過した通りです。

  • 勿体無い!今日はゴルフで寄り成り行き買いできんかった。わけてくれー

  • 2018/06/25 11:38

    私は宇部興産のファンです。何度も儲けさせてもらいました。
    ここまで下がれば流石に買いたいし、この水準で買っておけば2年のスパンで見ればかなりの利益が期待できるでしょう。
    しかし、ファンなればこそ、ここは断じて見送るべきと思っています。
    なんといってもガバナンスがひどすぎる。そしてコンプライアンスのなんたるかも全くわかっていない。
    チラノ繊維という夢の商材を開発し、第二の信越化学に大化けする夢を抱かせる会社だからこそ。
    この酷い隠蔽体質と反社会的価値観をここで一掃してもらいたい。
    役員の3割は退陣させなくてはいけない。
    そのためにも、ここから500円は下落させるべきである。
    全ては将来の宇部興産のために。

本文はここまでです このページの先頭へ