ここから本文です

投稿コメント一覧 (135コメント)

  • >>No. 294


    エボラ熱で新たな死者、終息宣言のリベリアで

    CNN.co.jp 7月1日(水)11時56分配信





    .


    (CNN) 5月にエボラ出血熱の終息を宣言した西アフリカのリベリアで、6月28日に少年1人がエボラ熱のため死亡していたことが分かった。同国保健省が明らかにした。

    死亡したのはリベリア空港の近くに住む17歳の少年で、6月21日に発症していた。当局は死亡するまでの1週間の間に少年と接触した人物の確認作業を進めている。両親ときょうだいは自宅で隔離された。

    当局者は「パニックを起こす必要も、恐れる必要もない。事態は制御できている」と強調している。

    現地入りしている米疾病対策センター(CDC)の専門家も、今回の症例について状況調査に乗り出した。ほかにも感染者が出る可能性もあると見て、接触した人物全員の特定を急ぎ、経過を観察する方針。

    世界保健機関(WHO)は5月9日にリベリアのエボラ熱終息を宣言していた。少年がどのような経緯で感染したのかは不明。まだ流行が続いているギニアやシエラレオネへの渡航歴があるかどうかは確認できていない。

    少年は発症後に診療所を受診し、マラリアと診断されていたという。同国のエボラ熱は7週間以上前に終息が宣言されていたことや、症状が他の疾患と似ていることから診断を誤ったとWHOは見ている。

    死亡した当日に両親がエボラ熱専門のホットラインに電話で相談し、係員が急行して遺体を安全に埋葬した。

  • >>No. 279


    エボラ出血熱 ギニア帰りの静岡の男性、検査へ

    産経新聞 7月1日(水)12時56分配信





    .


     西アフリカで流行が続くエボラ出血熱で、ギニアから帰国した静岡県の男性が1日、エボラ出血熱の疑いで県内の医療機関に運ばれたことが県などへの取材で分かった。男性には発熱などの症状があるが、現地で患者との接触はないという。男性の血液は国立感染症研究所村山庁舎(東京都武蔵村山市)に運ばれ、感染を調べる検査が行われる。

     厚生労働省によると、国内でエボラ熱感染が疑われる患者が出たのは8人目だが、これまでに感染が確定した患者はいない。

  •  出典:ヤフーより   良かった<<<<米国株が続伸、企業決算が予想ほどは悪化せず

    ロイター 2015/5/5 07:14 ロイター
    [4日 ロイター] - 週明け4日の米国株式市場は続伸して取引を終えた。企業決算が心配されていたほど悪くなかったことが好感された。



    http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20150505-00000027-biz_reut-nb




    >>>

  • 正式に責任を持って誰が行うのか??  WHO??? 

     自然消滅か??


    ・・・・・ギニアでは抗ウイルス薬ファビピラビル(商品名アビガン)の臨床試験に継続して協力。2月第2週にはエボラ回復者の血漿を用いる試験も開始する予・・・・・ の情報も在るが。。。

  • >>No. 40

    二、三年掛かっても、¥千円超え!。 大量ホールドします。

  • 非表示モードについて:行う人は、自分だけの事しか眼中にない人 でしょうね。 消しても株価には、影響ないでしょうに!
    しかし、非表示モードに他の人が出来るのが良くないですね。

  • >>No. 308

    最高の買い場!!!!。
    最高の買い場!!!!

  • >>No. 294

    "5万株、手放し" 少し寂しいのでは?。

  • 出典:国境なき医師団(MSF)日本>エボラ流行に関する報告書の日本語版「極限まで、そしてその先へ」より
    以下。アビガンの記載部  組織の一部の ””””対応の不味さを言って居る”””と思う。
    ・・・・・・・・・・・・・・8月。MSFは、設立以来、初の決断を下した。他の研究機関、WHO、流行国の保健省、製薬企業などと協力して、実験段階にある治療薬ワクチンの臨床試験に乗り出したのだ。流行の深刻さを考慮して出した結論だった。2014年12月17日、西アフリカで初となる実験的エボラ治療薬「ファビピラビル(商品名アビガン)」。ギニアのゲケドゥ県にあるMSFエボラ治療センター・・・・・

  •  <<<<アビガンっも記載されています。 18ページ>>>
    【エボラ出血熱】症例数減少も終息には課題…報告書で世界の対応を批判

    DMMニュース 2015/4/16 22:50

    MSFは、西アフリカにおける過去1年のエボラ流行に関する報告書の日本語版「極限まで、そしてその先へ」を公開した。エボラ対応に携わったスタッフ数十人への取材を基に構成され、1年前ギニアで流行が拡大していた早期のMSFの指摘、初期における流行国政府の否認、集団感染が周辺国を巻き込む一方で国際社会の無反応に直面し、MSFがやむを得ず踏み切った異例の措置を伝える。エボラ危機に臨む国際社会の対応の不備を明らかにしつつ、症例数が減少する中でも、流行は依然終息していないと警鐘を鳴らす。

    レポートURL
    http://www.msf.or.jp/library/pressreport/pdf/MSF1YearEbolaReport_23031.pdf


    MSFインターナショナル会長のジョアンヌ・リュー医師は同報告書を「史上最悪のエボラ流行を振り返り、MSF自らの対応と、国際社会の対応に批判的な視線を投げかけるもの」と表し、「公衆衛生と援助体制が、緊急事態にどれほど効果がなく時間を要するものかという現実を突き付けた」と指摘する。

    MSF自身の課題

    報告書はほかにも、この1年間にMSFが直面してきた課題と、特定の治療法や十分な資源のない中で踏み切った困難な決断に関しても詳しく伝える。リュー医師は「MSFは流行が最も深刻だった時期に、患者の受入を拡大し、最善の援助を提供することができませんでした。これは有志の医療従事者の団体として痛恨の極みであり、MSF内でも白熱した議論と緊張を呼びました」と述べている。

    MSFは引き続き省察を進め、今後の流行発生の際に活かせる教訓を得る考えである。同時に患者のデータを記録・分析し、エボラの致命性に寄与するさまざまな要素を検討していく。エボラのワクチン、治療薬、診断技術の継続的な研究開発に向けた、世界的な戦略の確立も不可欠だ。

    終息に向けて残る課題

    今回のエボラによる傷は、人びとに保健医療施設への不信を、医療従事者に士気の低下と医療サービス再開への不安を、そして、地域社会には人命の喪失と衰退と疑念をもたらした。流行3ヵ国では、過去1年の間に計500人近くの保健医療従事者が命を落とし、エボラ危機以前から深刻だった人手不足に猛烈な追い風となってしまった。西アフリカ地域の公衆衛生システム再建の第一歩として、保健医療サービスを利用できる環境の復旧が急務だ。

    報告書は「今回の流行では国際社会の過ちが露呈し、その代償として大勢の人が命を失った。開発途上国の保健医療体制が抱える弱点にはじまり、国際援助活動の行き詰まりや停滞まで、この流行から得た教訓は、あらゆる人たちの役に立つはずだ」と総括する。

    ※情報提供:
    国境なき医師団(MSF)日本>

  • 誘惑!!   高値¥4699を見て、¥4649で、購入。
    5月WHOの、アビガン承認を期待!!!

  • 『<<『アビ承認と決算発表で一気に爆発〰💣💥期待します。』>>』・・・・・・・・・・・・大賛成!!
    ギリシャと5、6月問題が無ければ、  月曜日は、 買って・買って・買って・買い捲ろう。。。


  • 出典:ヤフー/日経電子版より    利確定して待とう! 我慢。。
    <<<<<世界の株式、欧州株の下落目立つ ギリシャ不安再燃
    公開日時2015/4/18 13:30



     今週(13~17日)の世界の株式市場では、ドイツやイタリア、スイスなど欧州株の下落が目立った。ギリシャの債務不履行(デフォルト)懸念が再燃し、信用不安が高まった。前週、ユーロ圏景気の持ち直し期待など…

     >>>>>


  • 出典:ヤフー/日経電子版より    利確定して待とう! 我慢。。
    <<<<<世界の株式、欧州株の下落目立つ ギリシャ不安再燃
    公開日時2015/4/18 13:30



     今週(13~17日)の世界の株式市場では、ドイツやイタリア、スイスなど欧州株の下落が目立った。ギリシャの債務不履行(デフォルト)懸念が再燃し、信用不安が高まった。前週、ユーロ圏景気の持ち直し期待など…

     >>>>>

  • あまり言うと、心が揺れるのでは!!!!


  • 出典:ヤフー/日経電子版より    利確定して待とう! 我慢。。
    <<<<<世界の株式、欧州株の下落目立つ ギリシャ不安再燃
    公開日時2015/4/18 13:30



     今週(13~17日)の世界の株式市場では、ドイツやイタリア、スイスなど欧州株の下落が目立った。ギリシャの債務不履行(デフォルト)懸念が再燃し、信用不安が高まった。前週、ユーロ圏景気の持ち直し期待など…

     >>>>>

本文はここまでです このページの先頭へ