ここから本文です

投稿コメント一覧 (10089コメント)

  • 見事なまでに連動せず、遂に逃避先とも言えるような買いが支えてプラテンって感じw
    でも状況が良くなればまた出て行きそうな資金なので、また下がるでしょう。

  • >>No. 81

    どうやって回収するの?
    既に韓国企業はくるしいところばかりw
    シンジケートローンとかはどうすんの?
    そんなにみずほが韓国進出が突出して多いなら、普通の貸付以外の取引も沢山あるはずなんだけど。
    どうせ破綻まではさせられないんだから、不安定になればなる程金利上げてやれば良いだけの話で、貸剥がそうにも金持ってないから無理よw
    利息さえ払ってくれたら良いって状態じゃないかね。

  • >>No. 51

    なんかいい事でもあったの?
    インド市場で。
    私は月曜からの阿鼻叫喚で引っ張られてまた買えないか楽しみにしてるんですが、、、
    次は3500円から20円刻みで買い増しです。
    そこまでは買えたので、それ以下になればまたナンピン続けます(^_^)

  • >>No. 4

    やれやれー、他人の喧嘩は見ていて楽しい(笑)

  • >>No. 2

    韓国も含めて相当お怒りなんでは?(笑)
    私は月曜からの阿鼻叫喚が楽しみでなりませんが、どこがどこまで下がってくれるか楽しみで仕方がない(笑)
    そう言う変態しかこの世界残らないんじゃないか?(笑)

  • そんな高度な事求めても無理やろw
    銀行に影響と言うよりも、投資信託やら各種年金とかにも波及する方も問題だが、こんな国と付き合う方がもっと問題だ。
    もし破綻しても影響は一過性、またそこから切り替えたら良い。
    余りに悪質過ぎる、自分たちの立ち位置をもう一度教え込ませなければいけない。

  • そんなもん金融業界全体の話やで、そう思うなら黙って売り建てしてろw

  • あっちがつるんでるのは公然の事実じゃないか?(汗)
    ただGSOMIAみたいな解りやすいものをアメリカ無視して破棄すると言うのは、全部日本のせいでは済まされないと思うが。
    反日反日で自分の経済音痴を賄おうとしても、次の任期まではもたないだろう。
    結局文ちゃんが変わるのを待てば良いんじゃない?
    かりあげクンはせっかく命の保証が貰えそうだったのに、残念だろうな、、、
    結局こいつらみんな感情的な判断しか出来ない半島人なんだし、まともに相手する必要も無いと思うけど。

  • ないない、実際には24日まで期限があるんでしょ?
    日本側の出方を見てるんですよ、これでホワイト国復帰なら文ちゃんフィーバーなんだろうけど、可能性はほぼ0。
    そのくらいの事は安部ちゃんも見透かしてるよさすがに、、、
    そこまでお馬鹿ではない事を祈るが、今のところ安部ちゃんは特に何も言って無いところを見ると、トランプとつるんでる可能性が高まるね。
    こう言う事は想定してたと思うし。

    GSOMIAはトランプに一喝されて継続決定が一番可能性としては高いと見る。
    破棄してくれても大きく問題になる事は無いんだろうけど、これだけアメリカが継続の必要性を説いているにもかかわらずと言うのがミソね。
    アメリカの面目丸つぶれじゃん?w

  • 具体的にお願いします。
    韓国の国家破綻の可能性まで書かれているようですが、それはそれ。
    一過性のものです。
    被害を受けるのは日本だけではありません。
    それに、いきなり国家破綻させるはず無いでしょ。
    あなたこそ恥ずかしい書き込みは自粛される事をお勧めしますよ。

  • GSOMIAの破棄に関しては一旦言ってみて、周りの反応を見てる可能性が高いと思うよ。
    これで日本が折れて来なければ韓国の一人負けだし。
    アメリカも継続を望んでいるというのに、そっちにも背くと言う事は米韓の関係性に至ってもかなりの亀裂が走る炎上案件だし。

    日本がこれで折れてホワイト国に戻す可能性など0だと思うが(汗)
    そもそも不正に流れた先から最終的にどこに行ったのか解りませんって言われて、安心してVXガスまで作れるようなフッ化水素を何の審査もせずに輸出する事は国際的に見て日本の無責任を問われてもおかしくない事だしな。
    ただタイミングがねぇ、、、もっと上手くやれないもんかね。
    こういう所は下手糞としか言いようが無いわな。
    WTOにでもどこにでも提訴して頂ければ良いんじゃないかな?
    多分こっちが負ける事はほぼ無いと思うけど、禁輸した訳じゃないから。

  • 大丈夫だって、かなりの高金利でやってるはずだからw
    日本企業がLC枠の債務保証を受けるのだって、優良企業でも2%は割らないレベルだから、同じ事してるんであれば15%~20%は取ってるはず。
    こんなのすぐに破棄できるから、更新しなければ実害はほぼ無い。
    あっても十分に元は引けてるでしょ。
    そもそもそんな大規模な債務保証をしているとは思えないしね。
    それより貸し付けてるお金の方が厄介なんじゃないか?
    国家破綻されたら日本だけじゃなく、海外もかなり困るだろう。
    生かさず殺さず今度は助けないでIMFに丸投げでよろしい。
    中国に通貨スワップがあるんだし、実行されるかは知らんがすぐには逝かんだろうが、お先は今のところ見え始めたな。
    今後国債の格下げ等も考えられる。
    凄まじい負のスパイラルに入っていくだろうね。

  • 皆様安く買いたいようで相対的に悲観を煽る内容が多いけど、GSOMIAが破棄されても円高の目立った進行も無ければダウに至っては上げてるんだよね、、、
    韓国が単純に北朝鮮の非核化に必要な仕組みを一方的に破棄して来たってだけで、日本は特段何もしてないしなぁ、、、
    いっその事韓国製品の不買運動でもやってみるか?
    若者の間ではそう言った声も上がり始めているようだし、メイドインコリアは買わないって運動でも政府主導でこっちもやってみたらどうだ?w
    自分たちもやってるだけに、さすがに文句は言えんだろう。

    世界のサプライチェーンの中に韓国が残る必要は無いよ。
    台湾あたりが代替国として機能するはずだから。
    まだ台湾の方が信用できるわ。

  • フッ化水素はまだ輸出許可が一件も下りて無いんじゃないかな?
    これでまず下りないか、限界ぎりぎりまで3カ月待たせた挙句、些細な書類の不備とかで指し戻すんじゃないか?
    勝手に徴用工への報復だの日本製品の不買運動だの慰安婦財団の解体だの好き勝手やって来たんだから、日本が何でも大目に見てくれる世代はもういないって事を骨の髄まで理解させてやらんと、、、
    北朝鮮は大喜びしてるだろうけど、結局そんなに良い事は起きないような気もするけどな。
    せっかくトランプ在任中に北の将軍さんの命の保証が取り付けられそうだったのに、これで明らかに遠のいたやんw

  • みずほはリーマンで巨額損失を計上した期も期初の配当は維持している。
    まして今は赤字ではない。
    今期の配当が確約されているわけでは無いが、減配が始まるとしても来季からの公算が極めて高い。

  • どのように焦げ付くの?
    基本LCって納品されなきゃ代金の支払いは起きないし、焦げ付きようがないんだけど。
    そんな焦げ付くような事が無いようにするのが輸入信用状って言う仕組みなんだけど、何かと勘違いしてない?

  • 韓国はGSOMIAの破棄で国際的な信用を相当落とす事になるだろうし、トランプの逆鱗に触れかねないんじゃないかな?
    そうまでして抵抗したいならどうぞご自由に、こちらは国交断絶でも構いませんので。
    世界一の海外資産保有国日本を舐めんじゃねーぞw

  • 別段みずほだけじゃなく、他のメガも地銀も信金レベルだってLCの信用状くらいやってる話であって、そう騒ぐことなのか?
    仕組み知ってて騒いでます?
    向こうにも銀行が付いて、その銀行が債権保証しないと日本側の銀行も信用状は出せないし、それは中国だろうとアメリカだろうとどこの国でも同じ事。

    まあ問題点と言えば、本当はやってはいかんのだがこの信用状を担保にして相手が金借りて納品して来るパターンだね。
    別に出した仕事が正常に納品されて、輸入信用状で回収できれば、その回収した代金で韓国企業は担保にしたLCのお金を返済するって訳だわ。

    ただの手数料取引だし、別段やっちゃいかん事は無いよ、ただしユーザンスとかは金利高めになるだろうけどね、、、

  • それも問題だと思うが、東京・大阪・福岡・愛知あたりの人口は今後も減らないだろうけど、それ以外が減って行く。

    私が思う一番の問題は少子化問題を本気でやらなかった事。
    既に手遅れ感はあるが、本気で日本を考えるならまずはここを何とかするべきでしょう。
    晩婚化は一律先進国では珍しくないのだから、不妊治療が非効率的過ぎる。
    保険適用しろとまでは言わないが、四の五の言って無いでさっさと卵子提供を認めるべきだろうな。
    提供者にもリスクはあるんだし、一定程度の報酬を受けて何が悪い?
    臓器提供や骨髄移植を認めておいて、一番悩ましい晩婚化で子供が産めない夫婦を救ってやるべきだ。
    先進国もそれ以外も含めて宗教的な問題がありそうな国ですら認めている国が圧倒的に多い。
    これを認めればかなり改善するはずだ。

本文はここまでです このページの先頭へ