ここから本文です

投稿コメント一覧 (658コメント)

  • >>No. 1480

    此処の掲示板にも、韓国の不買運動家と同等の知能程度の輩が多く見受けられるが
    残念なことだ。下記は過去に孫氏が言っていたことだが............?

    世の中に対しても、メーカーに対しても、「あいつは裏切る男だ」と、そういうレッテルを貼られるようなことは、絶対にしてはいけない。情報インフラの提供者としての地位を築くためには、どんなに苦しくても、われわれは中立なんだという立場をつねに取り続けなければいけない。最初から中立でなければ。

  • 節税と脱税を勘違いしているのだろう?自己の利益しか考えない事業家なら、資産は有り余るほどあるのだから、引退して優雅に暮らしているよ。彼は、節税等をしてまで、金銭は事業に回したいだけだよ。下記は過去の彼の格言だ。

    「私の事業で、例えば、世界のどこかの小さな女の子が にっこり微笑む。
    そんな一瞬のために業界ナンバー1になりたい。」

  • アメリカで人種差別や差別主義の原因は何なのかということを調べたものがあり、その原因は頭が悪いからとされています。
    結論としては、差別主義・偏見が強い人・決めつけが多い人は頭が悪いからこんなになってしまうということです。
    過去に行われた差別と人間の知性に関する論文を集めて行ったメタ分析です。
    心理学の世界では差別は頭が悪いから起きてしまうのではないかということは昔から言われており、その説の正しさがメタ分析により判明したということです。
    差別主義者は頭が悪い確率が非常に高く、多くのデータが偏見や人種差別いやいわゆる差別主義から決めつけまでが知性の低さと関連しているということを示しています。

    例えば、 ある研究では10歳の子供の認知機能や情報処理のスピードなどを計測し20年後に再テスト行いました。その結果、10歳の時に知性が低かった子供は大人になった時に差別主義者や人種や性の差別を持っていたり偏見が強い人になりやすかったということです。
    つまり、差別主義の原因は知恵の低さということです。

  • 米雇用22万4000人増=景気の底堅さ示す
    7/5(金) 22:33配信
    時事通信

     【ワシントン時事】米労働省が5日発表した6月の雇用統計によると、景気動向を示す非農業部門の就業者数は季節調整済みで前月から22万4000人増加し、急減速した前月(7万2000人増)から大きく持ち直した。好調の目安とされる20万人を2カ月ぶりに上回り、景気の底堅さを示した。

     業種別の就業者は、前月に伸びが落ち込んだサービスが改善。建設や製造業、運輸・倉庫も持ち直しが目立った。半面、卸売りが大きく鈍化したほか、自動車・同部品が減少に転じた。小売りもマイナスが続いた。

     6月の失業率は3.7%と0.1ポイント上昇。3月(3.8%)以来の水準に上昇したものの、依然低く、景気が腰折れするとの見方は少ない。 
    .



    最終更新:7/5(金) 22:33
    時事通信

  • 賢者は愚者に学び、愚者は賢者に学ばず。

  • 「日経新聞の黒い霧」講談社

    著者の大塚将司さんは、日経新聞の元エース記者で、
    イトマン事件(いわゆる許永中が絡んだ事件)をスクープした人

    著者は、当時の日経新聞社の社長、鶴田卓彦の疑惑(後述)を株主総会で糾弾し、
    会社を不当に懲戒解雇させられます。
    その後、裁判で勝利し、会社に戻ります。

    この本はその日経新聞社の腐敗を暴く本です。
    最初、イトマン事件から入るので、「なんでだろう?」と疑問に思っていました。
    自慢か?と浅はかな思いがよぎったのですが、理由が最後に分かってきます。

    著者がイトマン事件をスクープし、裁判になったとき(1990年頃)
    被告の一人、小早川被告が、「情報収集のために、日経新聞社の社内協力者に1000万円を支払った」と証言したのです。
    日経新聞社では最初、これが誰かを調べていたのですが、会社の信用に傷がついてもいけない、という考えからか調査はなおざりになって、忘れられていきます。

    1993年、日経新聞社の社長に鶴田卓彦さんがなります。
    しばらくすると、様々な噂が週刊誌を賑わします
    ・社長が赤坂の料亭に会社の経費で通っている
    ・子会社のTCWがまずいことになっている
    ・コスモ信販の高利預金疑惑に社長が関わっている
      年利二桁の金利で預金していた、と言われている
    社内の人事の動きに疑問を持った著者は、この事件を調べていきます。
    上記赤坂の料亭、「ひら川」は実在する。
    著者は、上の情報提供者、つまり1000万円をもらったのは社長ではないか、と考えている。
    そして、その1000万円と「ひら川」の資本金1000万円は関連性があるのではないか、と疑問を持っています。
    鶴田元社長は、ひら川の女主人平川佳代を愛人にしており、週5日のうち4日お店に会社のお金を使って通っていて、年間数千万円から一億円近く費やしていた
    鶴田元社長は、上の平川佳代の娘、保子も愛人にしていた、という噂がある。
    95年に佳代は取締役を辞任、98年に亡くなっている(自殺した、という噂)

    現在の日経新聞は
    財界の意向に沿った記事を書いていると言われている。

    著者は、本来日経新聞とは、あるべき日本の将来を牽引するような記事を自らのポリシーで記事にしていくはずだったのに、
    最近では現在の情勢に流された記事を書いており、嘆いています。

    日経新聞の闇を見たい人にはオススメです。

  • >落ちるナイフをつかむ必要はないのさ。
    つかんでおかないと床にリバウンドして、自分に突き刺さる場合もある。

  • 「レアアース・レアメタル」とは、リチウム、ベリリウム、ホウ素、希土類(スカンジウム、イットリウム、ランタン、セリウム、プラセオジム、ネオジム、プロメチウム、サマリウム、ユウロピウム、ガドリニウム、テルビウム、ジスプロシウム、ホルミウム、エルビウム、ツリウム、イッテルビウム、ルテチウム)、チタン、バナジウム、クロム、マンガン、コバルト、ニッケル、ガリウム、ゲルマニウム、セレン、ルビジウム、ストロンチウム、ジルコニウム、ニオブ、モリブデン、インジウム、アンチモン、テルル、セシウム、バリウム、ハフニウム、タンタル、タングステン、レニウム、白金族、タリウム、ビスマスを指す(経産省)

  • >過去は振り返っても仕方ないですよね。
    仰せの通りだと思う。下記の様な格言もある。

    「相場に過去はない 相場は明日もある」
    株式投資では、「あの時、あの株を買っておけば儲かったのに…」とか、「あの時、売っておけば、塩漬けにならずにすんだのに」と、反省してもはじまらない。この格言は、いたずらに過去のことを思い返すのでなく、投資には前向きの姿勢が大切、と説いている。

  • >自社株買いはこれからかも知れませんよ

    3月8日以前には自社株買いをしていなかったかも?
    何故なら、自己株式を取得する場合は、財源規制が及ぶため、取得の対価が取得の効力発生日における分配可能額を超えないようにする必要とか、また、自己株式の取得にあたっては、みなし配当や株式譲渡損益が生じるか否か等の税務・会計面からも複雑な問題が絡んでくる。財源を確保しない状況で自社株買いをするだろうか?税務や会計は詳しくないので、解らないが?

  • 2月7日~3月7日の間は証券会社等の買い溜め期間かも?

  • 下記の「取得資金は通信子会社ソフトバンク上場による手取金の一部」から見ると
    自社株買いには、まだ使ってない様に思われるが、どうなんだろう?

    >6000億円を上限とする自社株買いの実施を発表した。規模は過去最大で、自社株買いの実施はおよそ3年ぶり。

      発行済み株式数の10.3%(自社株除く)に当たる。期間は2月7日から2020年1月31日までで、取得資金は通信子会社ソフトバンク上場による手取金の一部を使う。株価は通常取引終了後の電子取引で上昇した。

  • ソフトバンクG、中間持ち株から配当2兆円、通信子会社上場で

    2019/3/7 20:30

    ソフトバンクグループ(SBG)は7日、中間持ち株会社ソフトバンクグループジャパン(SBGJ)の余剰金の配当を決定したと発表した。配当総額は約2兆円で、SBGは8日に配当を受け取る。国内通信子会社ソフトバンク(SB)の新規株式公開(IPO)を通じて調達した資金が原資となる。

    SBGJはグループ傘下の事業会社の株式を保有する中間持ち株会社。昨年12月のSBのIPOに伴い、SBGは保有するSB株のうち約16億株(34%弱)を売却した。調達資金はSBGJが一時的に受け取っていたが、今回、配当のかたちでSBGに移す。

    SBGは2019年3月期の個別決算で2兆697億円を受取配当金として計上する。子会社からの配当であるためSBGの連結業績には影響しない。

  • >>No. 777

    失礼だが、借金とか、ファーウェイ問題とかを貴方に説明しても解らないと思うので、通信関係だけ説明しておくが
    抑々、sprintはファーウェイを使わない条件で買収したのだよ。知らなかった?。それに、此処は将来の5Gで不利になり大幅な減益になる可能性がある。何故なら、5Gは周波数が高く光のような性質の指向性の強い電波を使うため、全国に本格展開されるようになると、小型基地局が大量に必要になる。ソフトバンクは政府から、広範囲に届く電波帯を貰えなかった為、多くの小型の基地局を作ることで電波の届く範囲をカバーしてきた。これは5Gでは有利になる。即ち、低費用で、直にでも5Gに切り替えられる。これに比べ、小型基地局の少ない此処は莫大な費用が掛かる。ファーウェイが問題にされているが、機器にかかる費用等はしれている。 大きな費用がかかるのは基地局なんだよ。これから考えても、皆が逃げていくのも当然だろう思うが?

  • >>No. 768

    それはね、日経平均が急落して、原因は管氏の携帯料金4割値下げ発言から始まり、この時は選挙がらみの可能性が有ったが、さらに、ファーウェイ問題で、米国の機嫌取り、自分の発言が日本の経済界にどの様な影響を与えるのか、全く考えてないと言うことを、皆が理解し始め、寧ろ、孫氏は被害者という見方が広がりつつあり、値下げ発言に協力して、天下りを通して政治家と繋がりのある此処を売り、ソフトバンクの株を買う輩が、多くなったからでは?。これからもファーウェイ問題に関係が有り、株価が下落しつつある企業の株主も売り始め暴落の可能性さは避けられないかも?

  • そもそも日経平均が、下がり始めたのは、管氏の携帯料金4割値下げ発言からだ、この時は選挙がらみの可能性が有り、さらに、ファーウェイ問題で、米国の機嫌取り、自分の発言が日本の経済界にどの様な影響を与えるのか、全く考えてない。日本の国を潰すための官房長官かと思ってしまう。それに此処の投稿者も、孫氏が悪いような投稿が多く見られるが、私は、寧ろ、被害者だと見ている。今の状況を作り出した主犯をどうして皆、非難しないのだろうと思うが.................。

  • まあ、主幹事はこれで終わったわけではない。何か考えているよ。
    IPOが終わっても、IRサポート、公募増資などの直接金融による資金調達時の指導助言、株価についての助言、様々な情報提供 等の役割が有るのだよ。

  • >もはや下値を探ると言うレバルではなく

    もはや投稿するレベルではなく、幼稚園からやりなおせ。

  • 何故、此処は株価が下がると、程度の低い輩が押し寄せてくるのだろう。株価単価が高くて買えない貧乏人、社会不満を持つが、気が小さくて表に出せない輩が、投稿数の多い此処で解消、富裕層の多いホルダーへの妬み、天下りを受け入れない為公務員層からの反発等、の色々な理由があるのだろう。まあ、ホルダーは、孫氏の様に静かに見守っていれば良いと思うよ。何時ものことだが、どうせ、大波が来て、ゴミと一緒に流されていくのだから。

  • 長期ホルダーは、知っていると思うが、マスコミのIPO叩き、其れに相乗りするバーチャル投稿者等の批判、今まで何度もソフトバンクの成長過程で経験してきたはず。孫氏が静かな時は、大波の来る前触れだということも・・・・

本文はここまでです このページの先頭へ