IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (6コメント)

  • >>No. 938

    何で何番煎じかもわからないパズルを選んだのか本当に驚きました

    今のプリコネの人気見ると絶対エンドロールの方が良かった気がするんですけどね

    それにしてもアクセルマークはゲーム事業による黒転という思惑があるからこれ程割高な株価が許容されてるのに、金が入って除雪と広告でこの株価を維持出来ると思ってる人が沢山いる事に驚きです。そういう地味な事業でしっかり稼いでる会社なら東1に割安な価格でごろごろ溢れてるのに笑

    肝心のコン鯖もβテストやりましたが正直TCGやDTCG触ってる身からすると、アレな出来ですし

  • むしろ逆に聞きたいけどコン鯖のどこに魅力を感じてるの?
    βテストやって700代で全部ぶん投げたんだけど

  • 古参ホルダーがほぼ全て撤退してた時点で普通何かがおかしいと気づくでしょ
    薫さんと旧ザクさんの提言は聞いておくべきだったね
    あの人達はもうこの銘柄を3年以上は売買してたから

  • そもそも買ってる人はβテストやったんですかね?
    それとも他のDTCGやった事無いんですか?(ハースストーンやMTGアリーナ)
    本当に面白くて人気出そうならS高当たり前ですよ

    しかし現実は掲示板で文句の嵐
    βテスト開始前→株価800
    βテスト開始→株価730
    引け→680

    株価が全てを物語ってますよ

  • はい、ピークからは大分削られましたが何とか元気です笑

    こちらこそ薫さんと久々にお話し出来て良かったです
    ものもすさんとはバトルした記憶はあるけど薫さんはどうだろ?
    よく憶えてませんw

    益で逃げられただけでも大した物ですよ
    その上1100でも損切する勇気はお見事です
    流石ですね

    今と昔じゃ悪魔の財政は全然違いますからね
    昔は自己資本比率高かったけど今はもうワラントがいつ振って来るかって感じですから笑
    更に言えばゲーム市場も昔は客が沢山いましたが今は限られたパイの奪い合いです。そういう状況を見ると厳しいように思いますね

    私も今は新興株からは足を洗って割安株のバリュー投資に切り替えています
    もうこのアベノミクス相場も佳境に差し迫って来て恐らく割高で成長性な新興で戦うのは難しいと思うからです

    お互い頑張って生き残りましょう
    では

  • ご無沙汰しています薫さん
    この銘柄で手痛い経験をし時々、薫さんと一緒に売り煽りしてた私です

    投資経験が浅い癖にこの銘柄に固執した結果
    昨年1500で仕込んで一時1700まで行ったのに1400で殆ど手放すという馬鹿をやらかしました笑
    その時のショックで1~2枚だけ損切する気が起きず放置したら大変な事に笑
    300円まで行った時はもう覚悟して心中しようとも思いましたが810まで上がったのでこれは天与の逃げ場だと思い痛かったですが1枚逃げもう1枚はコン鯖βテストに備えました
    何故βテストまで待ったのかというと試遊会で評判が良かったのと私自身カードゲームが好きだったからです。ですからコン鯖には期待していました
    初押しの600でナンピンし(私のチャートの読みは外れ550まで下げてしまいましたが笑)βテストを迎えたのですが....もう酷い事酷い事...
    まるで昔のソシャゲのような古臭いシステムに加え複雑難解なルール、そして極めつけは対戦が自動で行われ見ているだけしかない事
    TCGプレイヤーとしてプレイングが無いゲームなんて論外に等しかったですね
    全部投げました。713くらいだったと思います。引けには680だったので私と同じような方が多かったのでしょう
    今では遂に550の支持線を下にブレイクしてしまいました。どうなるかは分かりませんが売りシグナルが出たという事です

    ものもすさんも旧ザクさんもウォーリーさんもいなくなってしまいました
    そういえば私が損切している間ウォーリーさんは逆に買い増ししてたようですね
    あれほどのトレーダーがいなくなるとは儚い物です
    昔からいた人は殆ど消えてしまいました
    その中で薫さんだけは何とか生き残ってるようで何よりです
     
    正直今アクセルマークを買っている人は何を考えているのだろうと思います
    頼みの綱がコン鯖だけなのに肝心のコン鯖があの出来
    本当に今買っている人はチャートしか見て無いのか?βテストはやったのかとさえ思います
    そういう意味で私は薫さんの売り煽りを支持します

    長文失礼しました

本文はここまでです このページの先頭へ