IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (631コメント)

  • >>No. 244

    自己レスです、もう少し補足説明したくなったんでね。

    レオパレス商法の胆は大きく二つあると思います。

    1  サブリース関連の法律に一般人が詳しくない事。実際には日本の法律は借り手に有利なので、後で契約条件をオーナーに不利に変える事は比較的簡単なのですが意外と知られてない。

    2  一度建ってしまえば、施行不良は表ざたに成りにくくばれ難い。この施行不良率の高さは、ある程度...に見えます。
    一度建ったアパートの再調査とか誰がするかって事ですね。

    このビジネスモデルその物が、破綻してしまった様に思えます。
    此処の場合新築の請負いが重要な収入源なのですから、致命傷でしょう。

  • >>No. 243

    何かに似てるとずっと思ってましたが、ようやく理解しました。
    武富士とかのサラ金が大量に倒産した時と似てるんですよね、だからデジャブ。

    有る時期まで日本にはグレーゾーン金利「利息制限法と出資法の矛盾」という物が有りサラ金はそれを利用して大儲けしてきました。
    実際に事実上の罰則が有るのは出資法のみなんですね、だから利息制限法の上限を超える利息を取れました。

    でも、突然法改正でグレーゾーン金利は無くなり、更に過去の過払い金「利息制限法を超えたお金」の返還訴訟まで可能に成り、サラ金は軒並み過払い金の返還訴訟の引当金で債務超過状態に成ってしまい大量に潰れてしまいました。

    この、訴訟起こされたら確実に負けるであろう事実上の債務が大量に突然湧き出して対策が無いって所は似てると思います。

    あの時も、武富士とか潰れる訳無いって力説する人多数でしたがね。
    残念ですが、全ての大前提が崩れたんですから倒産しかないと思います。

  • >>No. 179

    ですよね、全ての大前提として交渉相手の一本化が必要です。
    此処の場合、プロの金融業者じゃなくて無数の個人オーナーが相手なのですから無理だと俺も思う。

    交渉相手の一本化が大前提なのですが、それが可能に思えない。

  • >>No. 123

    あのな、病人に例えれば「早ければ来月、来年の正月は厳しいのでは?」って状況まで追い込まれてる訳よ。
    冗談抜きで、来年の桜なんて「鬼が笑う」状況でしかないよ。

    此処救うのに幾らかかるんだよ、当座でも数百億規模の増資いるだろ、誰が出すんだよ。

  • もうこの段階だと大株主や会社関係者は迂闊に売る事は出来ません。
    其の為、倒産直前なのに意外と株価が維持される不思議現象が良く起こる事が有ります。
    株価は需給関係ですから、現物で投げられる人が全部投げて仕舞えば意外と釣り合ってしまいますので。

    注目すべきは出来高の少なさですね、売りたいけど売れない人多数にしか見えません。

  • タカタの時、管理職が大量にインサイダー取引で捕まったね。
    インサイダー取引の定義は、公開されてない情報根拠に売買する事なのでこうなると胡乱に売れんのよな。

  • ザイマールさんは、オーナーなんで其方で後戻り出来ない額つぎ込みしてるんだと思いますよ。
    まあ、マルチとかに嵌った人の行動パターンとしては普通。

    不思議な事に逃げるのが最善手なのに、逃げるって選択肢が無いんですよね。

    Q如何しますか?

    1  静観する

    2  更にもう一棟レオパレスで建てる

    3  レオパレス株5000株買う

    4  レオパレス株を更に難平20000株買う

    5  レオパレス株を大人買い50000株買う


    6  レオパレス株処分「ブー警告音その選択肢は禁止です」駄目です選べません
    禁止です、禁止です。

    こんな感じで脳味噌がバグをおこしてる感じ。

    知り合いにマルチに嵌った人居た、なんて言うかデジャブ。

  • そうでしたか、正直この方面は詳しく無いんで申し訳ないです。
    レオパレスのアパートが何処に分類されるのか分からなかった物で。

    せっかくですので、その辺に付いて良ければ詳しく説明していただけないでしょうか?
    正直その辺の建物の分類とかに興味があります。

    実際に中古の売買とかされてる方のお話には大変興味が有りますのでお願いします。

  • 安い賃貸アパートは、世の中に必要とされてる商売でしょうね。
    でも、その事と現時点での株主の権利の保障とは別の話でしか無く、貴方は話をすり替えてる様に思えます。

    仕様書と違うのですからオーナーに訴訟起こされたら確実に負けます。
    そして、全部補修工事するだけの資産が会社には存在しないのは確実ですね。

    そして、倒産が確実視される状況で敵対的オーナーが訴訟を躊躇う理由も無い訳でして。なんで債務超過状態で潰れないと思うの?

    ゲーム会社みたいに一発逆転が望める業界なら債務超過状態での増資の例も有りますが、此処は無理です、もう積んでるです。

  • 賃貸アパートには減価償却って概念が有るのでその分の収入が無いと赤字ですよ。
    確か鉄筋アパートで19年だったかね。その辺理解してないでしょ。

  • 株式市場で、些細なスキャンダルを過大に見積もり暴落した前例なら幾らでもあるんですよ。情報がまだ部分的にしか出てないときは、最悪の状況を想定し過ぎて逆バブル現象とでも言う出来事が良く起きます。

    例えば過去にバイアグラで死亡例が出たと言う報道が出た時、ファイザー社の株価が暴落したりね。
    バイアグラの作用機構は心臓病で出される硝酸系の薬と同じ為、既に硝酸系の薬剤処方されてる人の場合血圧が下がりすぎる可能性があるのです。

    結局これは医師の処方箋が必要な薬に成っただけで、株価は回復しました。

    レオパレスが安普請なのは昔から有名でして、問題は必要最低限の条件を満たしてたか如何かでしょ?
    此処の問題がネイルシリーズのみなら倒産しないって判断も有りだと思います。

    実際には、全棟検査したらとても補修工事費用が払えない程の施行不良「斜め上」が出てきましたけど。
    この情報はどの時点で確定しましたか?

    人間は意外と後で過去の記憶書き換える為に、「俺には最初から結果が見えてた」って思い込み安いのです。
    去年までは具体的な数字は出てなかった気がしますけど?

  • そういう書き込みには好意を持てませんね。あなたが言ってるのはその時点では見えてない牌を根拠に屑手だと言ってる様な物。

    去年なら未だ其れなりの株主資産有りましたし、補修工事費用だって「事の始まりのネイルシリーズのみなら」足りてました。
    実際、問題のネイルシリーズの補修工事は保々100%終わってるらしいですから。

    問題は全棟検査したら他にも施行不良が大量に見つかった事。そして全部の補修工事をする費用が如何考えても足りない事。


    流石に、此処まで大量の施行不良が出てくる事を予想しろは無茶でしょう。
    「最初から俺は解ってた」は、馬鹿に成るのに最良の思考法です。

    その時点で見えてる牌で知恵を絞らないと駄目なんです。

  • 正直、公表されてる決算書だけでも普通の判断力なら倒産を連想します。
    債務超過確実で、切り売り出来る資産も無く、支援してくれそうな所もない。

    倒産って言うのは会社側がやる以外に不渡りの事も言うんで、この段階では事実の公表でしか無い気がします。

    敵対的オーナーが、会社側の資産隠し警戒するのも当然の状況ですしね。

  • そりゃあ、レオパレスのオーナーなんで後戻り出来ない額つぎ込んでるやろ。
    100万が、端金に見えるくらいの。

  • この段階で値段が付いてるのは優しい相場だと思いますけどね。
    突然のネガティブサプライズで逃げる事も出来ず倒産した会社とかもあるし。

    博奕と思うなら、完全に外したのに半金戻るって優しいよ。
    村上さんの増資が無くなった時点で此処は終わったんですよ、なのに半金回収出来る優しい相場状況です。

    船が沈没前に、何故か逃げ出すのに最適の状況が維持されてます、ひと月も。

    でも、何時沈没するか分かりません、早く逃げた方が。

  • 含みって事は処分してないんですね。此処は奇跡が起きない限り潰れます。
    未だ損切れる事を感謝して、他の株に乗り換えた方が良いですよ。
    大株主はこうなると全部処分すら出来ません。

  • 前期末の決算には、約13億円の繰り延べ税金資産が含まれてます。
    これは将来黒字出た時に現実化するもので、実体は希薄で無いも同然ですよ。
    無理矢理債務超過回避したんだなってよく解る手口です。

    其れでも株主総会までに増資相手が見つかれば取りあえず当座は凌げたのですが。

    これで第一四半期決算またずに債務超過なりましたね。

    もう、財産隠しの段階かもしれません。

  • この二年で解った事は、此処のビジネスモデルには定期的な新築注文が不可欠って事ですよ。補修費用をけちろうとしたら、新築が無くなり逆に首が絞まりました。

    後知恵ですが、最優先で補修工事した方が未だしも生き残る可能性有りでしたね。
    まあ、其れでもお金が足りたか解りませんが、現状よりはましでしたでしょう。

    とはいえ、今更言っても仕方ない、もう助からないと思うんで。

  • 確か、良く有るオーナー持株会って有った気がしますね。
    記憶によると、600円位の時に作ってたと思いますよ。問題発覚前は今では信じられないですけど自社株買いまでしてた。

    しかしなんて言いますか、ガイア砲前は株主資産1600億円も有ったんです。

    流石に、これが全部無くなるのは予想外でした。
    にも拘わらず、臨時株主総会で会社側支持した馬鹿...(-_-;)

  • タカタにしろ、日本海洋掘削にしろ、債務超過なれば意外と勝負早かったでしょ。

    予想外の救済は、その昔の瑞穂銀行ぐらいですよ。此処は他所が欲しがるような特別な技術が有るわけではないんですから。
    ビジネスモデルも、補修工事終わらせないと新築こないから無意味。

    意外と糞株好きですが、ここは既にあかん所通過してます。

本文はここまでです このページの先頭へ