ここから本文です

投稿コメント一覧 (116コメント)

  • ついに明けて12日になりました!
    本日がそーせいホルダーにとっで歴史的1日になりますように!


    ガンバレ、そーせい!
    空売り機関を焼き尽くせ!(カウントダウン)

  • 明日の決算も順調でしょうが
    CVCも順調なもようです
    ステムリムも忘れないで下さい(^ ^)
    minaも順調
    J&Jも近々あるかもしれません、忘れないで下さい(^ ^)
    全て順調です(^ ^)






    * ビジネス
    iPS細胞だけではなかった!京大発ベンチャー 神経細胞再生医療のオリゴジェン
    2019-11-11

    * 24カ国で特許が成立済み
    * アルツハイマー病の治療も
    オリゴジーニーは脳を構成する3つの主要な細胞のうち、神経軸索周囲に髄鞘と呼ばれる絶縁体を作るオリゴデンドロサイトに効率良く分化できる細胞である。この細胞によって、有効な治療法がない神経疾患に対し、新しい治療法を生み出すことが可能となる。具体的には慢性脊髄損傷、先天性白質形成不全症、筋萎縮性側索硬化症、加齢黄斑変性症、多発性硬化症、アルツハイマー病などが対象となる。
    オリゴジェンは競合他社の神経幹細胞よりも純度が高く(99%超の純度)、治療効果を示すのに重要と考えられているオリゴデンドロサイトへの分化効率が5倍以上高いという特徴を持つ。
    また胚性幹細胞やiPS細胞から誘導した神経幹細胞やオリゴデンドロサイト前駆細胞と比べると、がん化する可能性が低く、凍結解凍も可能であるため、安全性とコストの面で優位性がある。
    オリゴジェンは2017年8月に、そーせいCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)、ニッセイキャピタル、京都大学イノベーションキャピタル、SMBCキャピタルから総額1億1105万5000円の資金調達に成功している。そーせいCVCとニッセイキャピタルはそれぞれ1人取締役も派遣した。
    現在はオリゴジーニーをプラットフォームテクノロジーとして、再生医療製品の販売や新薬の共同開発が可能な企業を探索中で、近い将来、現代の医療技術では治療困難とされている脊髄損傷やアルツハイマー病などを対象とした治療薬の登場に期待がかかる。

    文:M&A Online編集

  • >>No. 50

    そのとうりだと思います!

    SMBCなんかは中沢氏から川村氏に変更となり、散々な評価(レーティング)にされてしまいました。。。
    川村氏は本当にそーせいの事業やパイプラインの質を精査したのか疑問です!

    よっぽどこちらの掲示板や5chのchiさんやツイッターの賢者の方々のほうが情報も多く、冷静に分析し、バイオに関して詳しいと思います!

    アナリストを信用してしまっている人(主に御年配の方々)やレーティングに影響されてすぐ狼狽売りする人がいるからこそのこの価格帯はチャンスとも言えなくもないですが…
    (おかげさまで自分は実際下がったところを希望枚数まで買い増しできました)



    ガンバレ!そーへぷたむらかーぎるぐらーふ!
    空売り機関を焼き尽くせ!(もうまもなく)

  • いいですねえ(^ ^)

    2019年クライマックスに相応しい素晴らしいシナリオだと思います(^ ^)
    タムヤンがどう仕掛けて来るのか楽しみです(^ ^)


  • 決算前にビビって売った人はまたどうせすぐ売るからもう買わないでくださいね
    ガチホした人(長期現物組)のみ歓喜に酔いしれましょう!

    自分はQVM日本承認申請は決算同時発表と予想します!




    (再投稿版)
    QVM日本承認申請について自分がIRに電話確認したところ、遅くとも11月12日(決算日同日の可能性もあり)までには開示するとの事。

    欧州の適時開示の後に日本承認申請したとの事でした。
    マイルストーン受取がなかった為(受取は最初の欧州申請1回のみ)、適時開示をまだしていなかったと説明をされました。



    ガンバレ!そーせいへぷた〜れす!
    空売り機関を焼き尽くせ!(もうまもなく)

  • 決算前にビビって売った人はすっ高値で買い上げ役に回ってください!
    ガチホした人のみ歓喜に酔いしれましょう!
    自分は3Q武田一時金入金は15億〜20億と予想します!




    (再投稿版)

    自分がIRに電話確認したところ、ジェネンテックと武田では契約内容が若干違うとの事。

    ジェネンテック一時金は3Qに一部、武田一時金は3Qに全額受領しているとの事です。
    一時金の額は非開示との事です。



    ガンバレ、そーせいへぷたーれす!
    空売り機関を焼き尽くせ!(もうまもなく)

  • No.830

    強く買いたい

    mGlu5も追加や増員で期待で…

    2019/11/09 11:43

    mGlu5も追加や増員で期待できますね!
    時間は多少延期になりますが期待の表れととらえしましょう!




    chiさんより
    (グーグル訳)


    ClinicalTrials(NCT03785054):フェーズ1、mGlu5 NAM HTL0014242の健康被験者、安全性、忍容性、薬物動態試験:アームズ追加。 (11/8更新)

    調査状況:
    ・記録検証(変更):2019年4月→「2019年11月」
    ・推定一次完成(変更):2019/7/14→「2020/4/30」
    ・修了見込み時間(変更):2019年8月→「2020/5/2」
    詳細な説明:
    ・(変更)48件→「72件まで」
    ・(変更)6つの計画グループ(グループ1〜6)→「最大9つの計画グループ(グループ1〜9)
    ・(追加)「さらに6人の被験者がクロスオーバー食品効果群に参加します。」
    ・(追加)「摂食と絶食の両方で被験者に投与される食物効果群を除く。」
    ・(変更)グループ1〜6のそれぞれ→「グループ1〜9のそれぞれ」
    ・(追加)「食物効果群では、6人の被験者が、摂食状態と絶食状態の両方で、14日間隔でHTL0014242の単回投与を受ける。
    研究デザイン:
    ・武器数(変更):6→「10」
    ・武器実験(追加):「コホート7」、「コホート8」、「コホート9」、「フードエフェクト」。
    ・登録(変更):48→「78」人。

  • No.425

    強く買いたい

    順調なもようです いつM1再…

    2019/11/07 22:09

    順調なもようです

    いつM1再開発表されるかQVM日本申請と併せて楽しみです!

    また変な空売り機関が再INしてきましたが、それまでに買い戻しできるのでしょうか?!




    chiさんより
    (グーグル翻訳)

    ※米国特許出願(Heptares)
    「ムスカリンM1受容体および/またはM4受容体としての二環式AZA化合物」。 (11/7公開)
    ・文書の種類と番号:米国特許出願20190337925 A1
    ・発行日:2019/11/07
    ・譲受人:Heptares Therapeutics Limited。
    抽象:
    本発明は、ムスカリン性M1受容体および、またはM4受容体のアゴニストであり、ムスカリン性M1 / M4受容体媒介疾患の治療に有用な化合物に関する。
    化合物を含む医薬組成物および化合物の治療的使用も提供される。
    化合物には、Q、R1、R2、R3およびR4が本明細書で定義されるとおりである式1による化合物またはその塩が含まれる。



    ガンバレ、そーせいへぷたーれす!
    空売り機関を焼き尽くせ!(もうまもなくか)
    明日は地合いよさそうですが、マザーズ(そーせい)に資金来ますように!

  • No.926

    強く買いたい

    久しぶりに妄想いきます^ ^ …

    2019/11/01 00:59

    久しぶりに妄想いきます^ ^



    IR担当
    「社長!ジェネンテック&武田の一時金の件やQVM日本申請の件やM1再開の件で株主様から問い合わせの電話がありえないくらい掛かってきてますが…」

    田村社長
    「そうかそうか、もうちょい待つよう言うといてや~」

    IR担当
    「日本承認IR→超絶決算発表→M1再開IRと小分けに出したほうがよろしいのではないでしょうか?」

    田村社長
    「ちょまてい!ゴホッ、ゴホッ!」

    IR担当
    「社長大丈夫ですか?」

    田村社長
    「わしもそう長くは現役をやれん!
    株主様とわしが社長任期中に最低でも時価総額3000億までには必ずすると約束したのじゃ…」

    IR担当
    「ではどのように開示いたしましょうか?」

    田村社長
    「11月12日に全て一気に出すのじゃ!!S高5連チャンくらいさせて、ここで奴等との遺恨試合に終止符を打つのじゃ!」

    IR担当
    「では11月12日の15時30分に
    ▪️3Q超絶黒字決算
    ▪️QVM日本承認アナ
    ▪️M1再開アナ
    を一気出しでよろしいのですね?

    田村社長
    「そーせい」



    と妄想してみました(^_^*)

  • No.912

    強く買いたい

    【QVM革新的医薬品】 期待…

    2019/10/31 23:45

    【QVM革新的医薬品】

    期待大ですね!




    ※Novartis Q3 2019結果:(10/22)
    規制決定待ちの革新的医薬品プロジェクトの一部:[QVM149 Asthma]:
    ・提出完了:「EU:(Q2 2019)」。 「日本:(Q3 2019)」。
    進行中の試験の結果とその他のハイライト:
    ・QVM149およびQMF149の肯定的な第III相試験の結果は、肺機能の統計的に有意な改善を示すと発表されました。 2019年第2四半期にEMAで、2019年第3四半期に日本で提出されました。
    ※Novartis Q3 2019結果投資家向けプレゼンテーション:(10/22)
    2019年のパイプラインのマイルストーン予想:
    ・2019年下半期の主要な提出予定:「QVM149喘息(EU / JP)、達成」。
    2019年の勢いを維持すると予想される2020年の触媒:
    ・潜在的触媒:主要な承認:QVM149喘息



    明日も地合いなんかに負けるなガンバレ!
    そーせいへぷた〜れす!
    空売り機関を焼き尽くせ!(もう間も無くか?)

  • 申し訳ありませんがo2hについては確認の問い合わせしてません。。。

  • まさにそのとうりでした!

    IRに確認電話したところ、遅くとも11月12日(決算日同日の可能性もあり)までには開示するとの事。

    欧州の適時開示の後に日本承認申請したとの事でした。
    マイルストーン受取がなかった為(受取は最初の欧州申請1回のみ)、適時開示をまだしていなかったと説明をされました。



    明日もガンバレ、そーせいへぷた〜れす!
    空売り機関を焼き尽くせ!

  • 導出ラッシュ来期(今期も)に期待です!


    「Sosei Heptaresの求人-創薬および開発ポートフォリオの管理を強化するために、経験豊富なコマーシャルアナリストおよびポートフォリオマネージャーを募集しています。詳細については、ジョブポータルをご覧ください。」

    ※Sosei Heptares Jobs Portal:「コマーシャルアナリスト&ポートフォリオマネージャー」。 (10/21)
    会社概要:
    Sosei Heptares(Sosei Group Corporationのコーポレートブランド)は、東京証券取引所(TSE:4565)に公開され、東京、ロンドン、ケンブリッジ(英国)に拠点を置く、研究に特化したバイオテクノロジーグループです。
    私たちの使命は、世界中の人々の生活の質と健康の向上に大きく貢献することです。
    これを達成するために、世界をリードする特許で保護された技術とプラットフォームを通じて、世界中の患者にとって最も革新的で効果的な医薬品を発見、設計、開発します。
    私たちの主な焦点は、独自のGタンパク質共役受容体(GPCR)をターゲットとするStaRテクノロジーと構造ベースの薬物設計(SBDD)プラットフォーム機能に由来する新薬の発見、設計、開発です。
    私たちは、神経学、免疫腫瘍学、胃腸病学、炎症、その他の希少/特殊疾患を含む複数の治療分野にわたって、新薬の幅広く深いパイプラインを進めています。
    当社の主要な臨床プログラムには、アルツハイマー病の対症療法(Allerganを使用)および次世代の免疫腫瘍学アプローチ(AstraZenecaを使用)を目的としたパートナー候補が含まれます。
    追加のパートナーおよび協力者には、武田、ジェネンテック、ノバルティス、ファイザー、第一三共、PeptiDream、Kymab、MorphoSysが含まれます。
    創成ヘプタレスの従業員数は約145人で、グランタパークの新しい研究開発施設に勤務しています。
    会社の規模は、早期発見から臨床開発までのすべての活動間の透明なつながりを保証します。

    【ポジション】
    【Sosei Heptaresは、当社の創薬/開発ポートフォリオの管理を強化し、意思決定を促進するために組織全体で商用サポートが提供されるようにする必要性を認識しています。
    この役割の目的は、さまざまな機能にわたって実用的な洞察の提供を最適化するために、組織内の内部と商業に焦点を当てた外部機関とのパートナーシップの両方でそのような活動を調整することです。】

  • おかんも底値圏からのあかさんぺーですね!
    23日どのような動きになるかそーせい共々楽しみです!

    そーせいが東1いくまでおかんもガンバレ!

  • モルモルでなんかしてますかねこれ!?
    決算前に逃げ切ろうとしてますかね!?



    休み明けからもガンバレ、そーせいへぷた〜れす!
    空売り機関を焼き尽くせ!

  • No.825

    強く買いたい

    あかさんぺーからの9/18〜9…

    2019/10/21 14:23

    あかさんぺーからの9/18〜9/24の再現してほしいですね!
    22日ノバルティスから何かでたらサプライズ!


    ガンバレ、そーせいへぷた〜れす!
    空売り機関を焼き尽くせ!

  • ほんとなんなんでしょうね(`_´)ゞ

    土日&連休が怖いというビビリなヤツ(信用買いも)はそーせいを二度と買わないでいただきたい!
    五味さんに鼻で笑われますよ!
    いろいろと迷惑極まりない!

    ただでさえまだマザーズで、さらにバイオなんだから、肝がすわってないと耐えられませんから!

    【漢】連中だけの株主集団になる事を強く希望する!



    がんばれ、そーせいへぷた〜れす!
    空売り機関を焼き尽くせ!

  • そーせいは他ク◯バイオと比べたらもちろん【圧倒的】な提携です!



    本日もあともうちょいがんばれ!(2300は死守)
    そーせいへぷた〜れす!
    空売り機関を焼き尽くせ!

  • いちよしの担当者はおそらく何故か山崎氏から他のバイオ初心者に変わったものと思われます。
    日本のバイオ担当者は極めてレベルが低く(SBIやSMBCは最低最悪う◯こ)、山崎氏のみ冷静に評価できる方だったので残念です。



    AERA 2019年2月25日号より抜粋

    「バイオ・創薬ベンチャーに投資する場合、チェックすべきポイントは、その会社の提携先です」(いちよし経済研究所の山崎氏)

    ビッグファーマと呼ばれる世界の巨大製薬メーカーとの提携件数が目安になるという。

    「研究内容が専門的で理解しにくい場合も、ファイザー社やノバルティス社のようなビッグファーマに買ってもらえる技術があれば、製薬のプロが有望と判断したことがわかります」(同山崎氏)

    提携先企業が少ない会社は、商品化までたどり着かないリスクもあると認識しておきたい。

  • 再投稿になります。

    たしかに日本では大気汚染やタバコによる疾患は多いとは言えませんが、中国では患者が桁違いなのです。

    統計によると、中国のCOPD患者数はほぼ1億人で、そのうち自分たちの病気を知っているのは2.6%だけ。

    慢性閉塞性肺疾患の世界的な発生率は約11.7%で、世界中で約4億人が罹患。

    2018年には、COPDもWHOによって世界で3番目に多い疾患、中国で4番目に多い疾患としてランク付けされた。

    シーブリ→市場での希望小売価格は415元/箱(Glycopyrrolate 50μg* 30カプセル)で、1日の平均治療費は13.8元

    ウルティブロ→市場での希望小売価格は620元/箱(Indapura 110μg/ Glycopyrrolate 50μg* 30カプセル)で、1日の平均治療費は20.7元

    1元=約17円計算で
    13.8元=約230円
    20.7元=約340円
    (両方保険適用)

    【中国COPD薬売上予測】

    2020年→約5000億
    2025年→約1兆円(5年で倍以上)
    すごい数字です…


    10/22期待しないで期待します(^_^*)

本文はここまでです このページの先頭へ