IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (27コメント)

  • 配当金とQUOカード、ありがとうございます。

  • 配当落ち後、多少は下がると推測し、そこでさらに拾う。
    下がらなければなお良し。

    インド、ミャンマー、ケニア、中国等の
    海外環境機器事業は順調そうですね。
    四季報にも増益基調とあります。

    地味に好印象だったのは、
    毎回足を引っ張っていた住宅機器事業。
    これが好転と表現されている。

    太陽光が前面に出ていた裏で、
    意外に風力も高成長の印象。

    いよいよダイキは強力に伸びていく気がしますね。
    あとは認知されること。出来高伸びないとおもしろくない。

  • >>No. 315

    素晴らしい分析です。

    2Qは一見悪いように見えましたが、環境機器で外注工事費の増加と、補助金収入の減、工事損失の計上という一過性のものが結果的に全体を悪くさせました。

    しかしこれらを除外すれば、(地道な本業のみで)利益面では期初予想をクリアしていたわけです。

    nyankoさんも言われている通り、有価証券の売却益があったために(前中期経営計画の最終年度だったから勝負かけたんでしょう)相対的に今期の当期純利益は落ちるかもしれませんが、要は本業に陰りは一切なく、順調そのものということです。

    3Qの成績がそれを物語っています。

    新中期経営計画は「ファンデーションプラン」と、控えめに称されているものの、下地はかなり整っていると思われます。

    インド、インドネシア、中国、ミャンマーに限らず、ケニアも期待値高い。楽しみです。

  • 2021年までの中期経営計画のタイトルで、
    きちんとダイキは答えを描いてるんですよ、
    make foundationって。
    ファンデーションって下地って意味です。

    この3年間は下地を作ると社長は明言してます。
    中小型の浄化槽をコンスタントに売る体制を作ると。

    大型案件は計画に入れてない。
    (大型がゲットできれば上振れ)
    とも社長は明言してます。

    投資家がろくに中期計画のタイトルの意味を思索せず、
    日々の株価と四半期ごとの成績表に反応しているだけで、
    make foundationという答えはすでに提示されてます。

    きれいな顔が作られるのは
    ファンデーションが終わってからですね。

    問題は、化粧が早い人と遅い人がいるってことです。
    さて、ダイキはどっちかな。

  • 成長を見極めてからでは、儲からないんじゃないのカナ。

    そもそも見極めるという言葉もばっくりしていて謎。

    成長へ期待を感じるから投資して、リターンを享受する。

    失敗した時のリスクより、未来への期待値が上回るから株を買う。それだけ〜

  • 決算説明会資料のインドのページに、Phase1と2に分けて、追加出資の計画がすでに掲載されているので、このIRは突拍子ないものではありません。
    粛々と計画通りに執行しているという印象。

    これを財務の悪化と呼ぶのなら、予定通りの悪化。

    すでに投資家達に発表した計画にのっとり、予定通りインドを攻めてますよ〜という経過発表のIR。
    なのでわたし的にはとても安心。とても楽しみ。

  • 掲示板の流れが、自分と反対の意見に価値があるかないか、という点になってますが、そもそもは礼儀もマナーも理解していない発言(たぶん何も考えずに言っちゃっただけなんでしょうけど)に対して、おかしいでしょうと言ったところから始まっていたんです。さかのぼって読めばわかることです。

    反対意見は参考になるという意見に対して、掲示板の意見が株価に影響するわけない(→掲示板は含み損の集まり→でも有効な情報も得られるからありがたいこともある)みたいな、わけのわからない論理構成を書き込んでくる時点で、たかが知れるなあと思ったりもするのですが。

    そして、なぜ掲示板(に)は、含み損で余裕のない連中が多いと断言できるのか、すごすぎるわけですが。超能力者なんでしょうか。

    いずれにせよダイキアクシスがんばってほしいです。
    がんばってほしいから(ande・or 儲かりたいから)応援するわけです。

  • よっぽど腹立ってたんだなあ。
    無視リスト入りなのでレスしても意味ないけど。

    もともとは、質問したらお前が調べてこいって言われて、え?ってなっただけなんだけどな。

    IR説明会の内容とか、冷静に言葉選んで紹介したりしてたんだけど、狼狽さんには火元が自分にあるということが理解できなかったようです。

    掲示板の皆さんすみません。

    狼狽さんのような人は、無視リストに入れても「おれの反論してるのか?」と気になって解除して、また強烈な返信がありそうですけど。

  • 狼狽さん、5年以上も前の記事url、ありがとうございました。

    「ちょっと調べればわかるだろ」と言い放った内容、比較的最近のものだと思ってたら、5年以上も前の材料を指していたんですね。

    すみません、私の時間軸がずれてました。
    でも笑えました。
    さすがナイスチョイスです。5年前の記事♪

  • 949さんは、ちょっとネットで調べた程度らしいので、想像力が働かないんだと思います。

    大亀社長は新中期計画において、この3年間を『ベースをしっかり作る』と表現してました。

    大型の特別案件は除いて、中小型の浄化槽をきっちり売って、種をまく時だと考えているわけです。

    とはいえ、種をまいている間に、大型案件が刈り取れることもあるでしょうから、大変楽しみです。

  • え?
    そういうの調べてからじゃないと質問ってできないんですか?
    大変ですね。。

    それと、ちょっとネットで調べたことを、
    狼狽するほどインドで水ビジネスが難しいとか
    火中の栗を拾うビジネスと表現するのはおもしろいと思いました。

    狼狽って言葉のチョイスも素敵ですね。
    ありがとうございました。ご苦労様です。

  • え?なぜです?

    ある人が意見を言う。
    それに対して疑問を持つので聞く。
    それに対して自分で調べてから聞いて来いって、結構な言い方だと思いますけど。

    不思議な人ですね。

  • なぜ難しいのか、なぜ火中の栗なのか、具体的にお願いします。

  • 配当金ありがとうございました。

  • 既出情報も多々ありましたが、東京のIR説明会で個人的に感じた部分を列挙します。


    ■環境機器関連事業

    ・国内浄化槽メーカー十数社の中で、工場を持って東南アジアに進出しているのはダイキだけ

    ・一貫したメンテナンス体制に強み。ファミマの1/3〜1/2を引き受けている。DCMグループの全店舗も担当している

    ・売上2021年12月期30億円(計画)については大型案件を含めていない(つまり中小型のみで30億計画なので、大型が入ってくるとさらに上乗せ)

    ・インドにおいてはトイレ設置のニーズから排水処理へのインフラ投資が増加。地下水は飲料以外には使ってはいけないとの法律が先月でき、これを契機に、浄化槽のニーズを顕在化していく(このニーズを拾い上げればとんでもない数字が確保できる、と社長)

    ・ケニアでは需要の掘り起こしができていないものの、環境省主催のミーティング?が行われ、ダイキがそこで浄化槽について説明したところ、水環境に関する専門家委員会が立ち上がることになり、今後より強く需要が出てくるのではないか、とのこと


    ■住宅機器関連事業

    ・四国においてはTOTOのシェア40%以上確保、環境機器関連事業との相乗効果も狙っている

    ・DCMグループの出店数、青森サンワ、山梨のくろがねや、関東圏のケーヨーとグループに加入する店舗が増えており、ここに向けて特にリフォームのニーズを狙っていきたい


    ■数値
    2021年12月期の計画は必達(と社長明言)。


    質疑応答ではお二人が質問されましたが、お一人はよくわからない激励に終わり、もう一人も、社長からインパクトある回答を引き出すような質問ではなかったように思います。

    経産省が検討しているという売電終了リスクについて質問しようと思いましたが、2問で終わってしまったためできず。社長が説明会に遅れて、式次第が前後してしまったというのもあったんでしょうか。

    風力発電期の動画や、息子さんの大亀新常務の動画などおもしろかったです。お土産もおいしく頂きました。

  • 今日の株式講演会、参加してきます。生社長楽しみ。

  • 先行投資の支持不支持についてを主題としただけで、短期と中長期、どっちの方が有利子負債のリスクインパクトが大きいですか?みたいな話しをを主題にしてない。

    あなたの言われる通り、わたしも大いに気になりますが、投資しないと何事もリターンは得られないでしょっていうことです。

  • 株価上がれ、利食いさせろというなら、先行投資を誰よりも支持すべきなのに、短期で儲けようとする人間に限って、自己資本比率がどうの、有利子負債がどうのと言う。

    そこ心配してたら、あなた方が望む株価や利食いはできませんよ。だって、現状維持を続けたって高いリターンは得られないんだから。

  • 底を買うことは難しいというのは賛成ですが、(おそらく底を)「買う必要も無い気がします」っていうのはちがいますよね。

    誰もが安く買って、高く売ることをめざしてるんだから。

    おそらく、底を狙って買うことは難しいから「必要ない」と言ったんでしょうが、必要ですよね。

    だって、底で変えるならあなたも買うんだから。

    必要無くはない。

  • 第1四半期の短信に、インド製浄化槽は第2四半期から販売見込みとある。

    成否はわからないけど、トライアルマーケティングを重ね、数年越しを見据えた戦略の結果が楽しみ。

    前傾姿勢の打って出てる感が、ダイキを支持できる要素のひとつ。

本文はここまでです このページの先頭へ