IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (90コメント)

  • 『バケモノ伝説』’20.3.24(13年11ヵ月 連載)

    新コロナ相場は乱高下を繰り返しているが、バナーズ株にとってはジャストタイミングの彼岸底になった。
    今週4月相場に突入するが、バケモノ株に様変わりの気配を感じるのは小生だけか。

    乱高下は、プロにとっては最大のチャンスでもある。
    なにしろ10倍になっても小生の言う「基点の踊り場」に到達しないのだ。
    稀に見るバケモノ株。
    素人には新コロナウイルスのように正体が掴めない。
    だから面白い。

    冥途の土産になる相場だ。
    あの世で是川銀蔵に出逢ったら、バケモノ伝説を聞かせてあげよう。

     大引88円

  • 『バケモノ伝説』’20.3.2(13年10ヵ月 連載)

    「彼岸底」の月に入り投げ売りも終盤を迎えている。
    バナーズにとってこの度の新コロナ相場は、値幅・日柄調整にはとても良い結果となった。

    日銀の金融市場への「潤沢な資金供給」発表で底は見えたし、「谷深ければ山高し」というから、4月以降は期待できる。

    板を見ても売りは枯れ、彼岸までの売りがあとどれくらい出てくるのか興味が湧く。

    何はともあれ浮動株はかなり少ないから、バケモノ伝説の基準である4桁はあっさりクリアできる状態にはある。

    待てない人は売り、伝説に乗りたい人は買いで良い。  大引100円

  • 『バケモノ伝説』'20.1.26 (13年9ヵ月 連載)

    先日、TVの国会中継で代表質問を見ていたら、公明党の斎藤氏が、温暖化による異常気象に鑑み「我が国の炭素燃料比率を、2050年までに0%に・・・」と総理に質問していた。
    総理は「追々に・・・」と答えていたが、「早急に・・・」という表現はしなかった。
    一方東京都は、水素ステーションの設置を加速させると発表した。
    またオリンピックの聖火台も水素燃料仕様にする。

    水素燃料は人類の夢であり、バケモノの夢でもある。
    オリンピック2020は、水素燃料元年と位置付け、壊れかけている地球を修復すべく、官民挙げて、追々ではなく早急に舵を切ってもらいたい。
    『バケモノ伝説』は水素社会を歓迎し応援する。

  • 『バケモノ伝説』'19.12.31 (13年8ヵ月連載)

    今年も暮れた。振り返ると・・・
    10月に大商いがあり、バケモノがその片鱗を見せたが、
    結局、大発会から大納会までの値上がり率は35%に留まった。

    東京市場が数年かけ再編されることとなった。
    プライム(プレミアム)・・・(1部時価総額100億以上)
    スタンダード(2部、ジャスダック、100億未満の1部株)
    グロース(マザーズ)

    バナーズ株が額面相当になればプライムの条件をクリアできる。
    2020年の夢にしたい。
    大納会終値 135円

  • 『バケモノ伝説』'19.12.01(13年7ヵ月 連載)

    伝説も第4楽章に入り、波動もなかなか良い形になってきた。
    何時始動するか目が離せない局面にある。

    日柄、値幅整理は十分で、一連の動きで懲りた者は、もうバケモノ株には手を出さない・・と言うより手を出せなくなっていることだろう。
    なにしろ長期にわたり、儲かった者はごく少数という難解な株。

    この株は、異常気象のように、令和時代を象徴する波瀾の展開が予想される。
    つまり嵐の前の静けさを感じる。

    バケモノが覚醒するのは令和元年かそれ以降か。それが問題だ。

  • 『バケモノ伝説』’19.10.25 (連載13年6ヵ月)

    231円からの下げは予想通りだが、昨日に限って言えば押し不足である。
    確かに投げより買い気が強い状況にあるのは見て取れるが。

    一筋縄には行かぬバケモノ株ではあるが、各自魅力は感じているようだ。
    この先どうなるかは意見の分かれるところ。

    何しろ13年余り書いて来たが、この度、全市場値上がり率トップを2日記録するまで、歯牙にもかけぬ悪評ばかり。バケモノをバカモノと言った輩は、多分
    こうして株価が下げてくると、またぞろ這い出して来るのだろう。

    株式相場での成功には、宇宙から俯瞰するほどの器量が求められる。
    一寸先は闇だと思っているなら、儲けるのは無理だろう。

    儲けたくばせいぜい自分を磨くことだ。 安値144円で、大引146円。

  • 『バケモノ伝説』’19.10.16 号外2

    株の本質を知らない輩は実に始末が悪い。
    お主が買ったところで上がる訳もなく、売ったところで下がる訳もなかろう。
    「力」のない奴が、明日は上がるとか下がるとか喚くな。静かにせい。
    論評したくば、自分の日記帳にでも書くことだ。

    見当違いなことを書いてあとで読み返した時、きっと恥ずかしい思いをする。

    『バケモノ伝説』を13年以上書き続けているが、私は一度もブレたことはない。
    だから読み返しても恥じ入る部分は全くない。
    当初からバケモノ株の本質を見抜いているから、どれだけ下がっても上がっても驚きはしない。

    無配だったころ(株式併合の結果ではあるが)1万円を付けた株だ。
    だからこんなのは上がったとは言わないでしょう。

    では1万円を付けたころ何か「材料」があったのか・・・皆無だ。
    これが「株の本質」の答えだ。

    そこが分からない輩は、株で儲けることは出来ないだろう。
    人生を無駄にするな。

  • 『バケモノ伝説』 号外

    日本の全株式市場において バナーズ株値上がり率トップ

    だが本日は打診買い ほんの小手調べだ

    野球に例えれば 草野球の練習程度

    外野席で騒ぎたてるほどのことではない!

  • 『バケモノ伝説』‘19.9.30 (連載13年5ヵ月)

    今年もあと3ヶ月。本日は引用のみ。

    「乾杯」    長渕剛
    固い絆におもいを寄せて
    語りつくせぬ青春の日々
    時には傷つき時には喜び
    肩をたたきあったあの日

    あれからどれくらい経ったのだろう
    沈む夕日をいくつ数えただろう
    故郷の友は今でも君の
    心の中にいますか

    乾杯
    今君は人生の大きな大きな舞台に立ち
    遥長い道のりを(歩き始めた)
    君に幸せあれ

    この伝説では( )の部分は(歩いてきた)が良い。

    もう一つ親鸞の御文から、人生のはかなさを引用。
    「朝(あした)には紅顔ありて夕べには白骨となれる身なり」

    『バケモノ伝説』は死して後止む。

  • 『バケモノ伝説』’19.9.3 (連載13年4カ月)

    なかなか面白くなってきた。
    化ける株は目に見えないニュアンスで先が読める。

    現在の株価は117円で、あまり変化が見られない・・・と思うのは素人。
    面白くなってきたと感じるのは玄人。

    素人には儲けにくい株があり、バナーズはその最たるもの。
    つまり、簡単には読めないからこそ大化けする。

    「知ったら終い」・・誰が言い出したか知らぬが、言い得て妙。素晴らしい格言
    である。バケモノは得体が知れぬから・・終いはないのだろう。

    とりあえず基点まで・・・行け。

  • 2019/08/01 17:02

    『バケモノ伝説』’19.8.1 (13年3ヶ月連載)

    機は熟した。
    楽しみである。

    23課題はあるがクリアするだろう。

    本日大引 125円

  • No.131

    強く買いたい

    『バケモノ伝説』′19.6.2…

    2019/06/28 00:34

    『バケモノ伝説』′19.6.28 (連載・13年2ヶ月)

    140万株の自社株買いが完了し、第70回定時株主総会も無事終了したことで、『バケモノ伝説』も4年を1楽章とすれば、いよいよ第4楽章(最終章)のクライマックスを迎える時期になったと言える。
    349万株になった自己株口は、株式交換によるM&A等の経営戦略に使われるのではないのか。

    今日から開催される大阪G20では、地球温暖化が原因と観られる異常気象についても取り上げられる。
    最終的に地球を救うエネルギーは今のところ水素燃料以外に無い。
    そして、自動車メーカーの中で最も水素自動車の開発に力を注いでいるのがホンダである。

    バナーズがホンダのデイーラーであることに注目している。
    これが本日のヒント。

  • 『バケモノ伝説』’19.6.4 (連載 13年1ヶ月)


    令和になって、米中関係はますます険悪になり、国内でも連日悪いニュースが報じられている。5月の気温は観測史上初の高温を記録。近いうちに大震災も予想されている。2020が無事終わる保証はないが時間は刻み続ける。

    バケモノ伝説は13年を経過したが、これ以上悪くなり様がないところにある。
    自社株買いがどうなったのか待っていたが、発表がないため論評が出来ない。
    いずれ結論が出てから・・・。

    バケモノ株が諸君にとって、令和時代の数少ない朗報の一つとなれば幸いである。

  • 『バケモノ伝説』’19.4.30 (連載 13年)

    平成が終る今日、『バケモノ伝説』は13周年を迎えた。
    平成を振り返ると、あっという間の30年であった。

    昭和34年(1959)4月10日の今上天皇ご成婚パレードの日の朝、私はお茶の水のホテルから世田谷の下宿先に向かう2トントラックの助手席にいた。
    「今日は道路が規制されているので、外苑を抜けていきます」引っ越しの運転手が言った。
    あれから60年。きみまろの「あれから40年・・・」より長い。

    それに比べると『バケモノ伝説』はまだ13年である。
    伝説と呼ぶには尺が足りないとは思うが、そろそろ4桁に乗せなくてはならないだろう。
    額面基準の1000円になれば、本年1月の底値100円の10倍になる。
    とりあえず令和の出世株となり、バケモノ株の面目躍如。

    始動せよ! 生きているうちに・・・

  • 『バケモノ伝説』’19.3.31(12年11ヶ月)

    平成は終わるが『バケモノ伝説』は続く。
    新元号になり、バナが1000円に代替わりするのも、オリンピックもたのしみである。認知症になっている暇はない。

    この目で確かめてからのち鬼籍に入ることに決めている。

    4月からの動き、5月の自社株買い後の動きがたのしみである。

  • 『バケモノ伝説』’19.2.28(12年10カ月連載)

    順調な動きである。
    しかし、この株に限って言えば、ご存知の人もいるとは思うがチャートは当てにならない。
    それでも20分の1に株式併合されたゆえ、基点の1000円になってもらわねば伝説は始まらない。
    そのスタンスは永遠に不変である。

    本日上昇中。ザラバ134円。

  • 『バケモノ伝説』2月3日(12年9カ月連載)

    大底を打って着実に動いている。
    長期相場の中でも超が付く大相場である。

    近視眼的な相場観はそろそろ修正しておいた方が賢明であろう。
    バケモノなんぞ見たことがないという投資家は、
    バブル時代に暴れまわった「ユダヤのバケモノ達」の存在を知れば
    その凄さが分かるはずだ。
    準備に16年もの歳月をかけた「ユダヤのバケモノ」は日本市場を喰った。

    バナーズの1000円は通過の基点に過ぎない。
    自社株買いの手助けをしたい者は、早く140万株になるように売って欲しい。

    今日のヒントはこのくらいにしておこう。  週引け 121円

  • 『バケモノ伝説』12月29日 12年8ヶ月連載

    自社株買い発表後の株価の動き

    物を買う時、予算内で出来るだけ安く買いたい。
    売るときは少しでも高く売りたい。それが人情。

    当銘柄もそれだけの話である。

    2億円という決められた予算で、140万株を出来る限り安く買いたいのだ。
    経営戦略上株主の為にも当然のことである。
    ここまで押せば、額面相当の1000円までは10倍ということになり、
    切りも良く楽しみが倍増する。

    来年は、伝説も最終章に入るだろう。
    売りたい人は、出来る限り早く売って伝説の早期完結にご協力を・・・

    新年は104円からスタート

  • 『バケモノ伝説』11月5日 12年6ヶ月連載

    当然のことではあるが、人は、持ち株が上がれば「良い株」と言うし、下がればくそみそに貶す。
    私も同じであり、人生の何分の一かを使ってこの株の「伝説」を書いてきた。
    いずれ「非常に良い株」になることを信じて・・・。

    信じる者と書いて「儲け」という字になるが、「伝説」の儲け株になるかを確かめるために勝手に書いている。
    だから賛同は要らないし批判も受けない。

  • 『『バケモノ伝説』9月30日 (12年5カ月連載)
    2度の株式併合により、修正額面が1000円になったという話は何度か書いた。
    併合により株価も20倍に修正された。そして今株価は155円である。

    黒字が続いているし配当もあるのだから、配当が無かった株式併合前の株価に戻っても不思議ではない。
    しかし株価は低迷。なぜか?  人気がないからである。 人気のある株は赤字でも上がる。

    無配であった15年前の株価を考えるとき、1000円は全く無理のない水準である。
    誰が吠えようと意に介さない。それを見届けるまでは信念を持って書き続ける。
    最初からその覚悟がなければ、バケモノ伝説などというタイトルはつけない。
    バナーズを持つならそれくらいの覚悟が必要。嫌なら数多ある別の株を買えばよろしい。
    自分の買値を基準にして騒ぎ立てたところで、他人様には全く与り知らぬことゆえ見苦しいだけである。

    誰かが儲かった分を誰かが損をするのが株だ。勝ち組になれるか否かは他でもない自分が決めることなのだ。

本文はここまでです このページの先頭へ