ここから本文です

投稿コメント一覧 (1921コメント)

  • >>No. 180

    > 446万の信用買い残も、買った時から6ヶ月後までに決済して売らなければならないんでしょう?
    >
    > ルールがあるからな〜
    >
    > 6ヶ月以内に決済しなければならない信用の買い玉446万株だとすると、誰も、急いで買おうなんて思わない!

    はい、君は買わなくて良いですよ。

  • > 下期に偏ってるのは今期(予想)と2017年1月期だけです
    > そして上期の事業収益が前期の開発協力金(事業収益)繰延額とほぼほぼ一致します そして下期単独で4億2900万円の事業収益がある
    > この3つの事を偶然と見るか、理由があるのかですね

    この会社の売上は、現状開発協力金とマイルストーンしかないんですよ。過去の決算の上期・下期を比べても意味がないと思います。


    > 費用の計上と収入があまりにもかけ離れる場合は、未収金などで処理で対応能なんじゃないですかね

    そこの所がIRからは見れませんから。

    いずれにしても、私の解釈だと今季下期に何らかの事業収益を予定しています。
    それが何なのか・・・・・・・・・・・。

  • > 患者の頭にドリルかまして投与した治療が手違いでしたで許されるわけないだろ?
    >
    > 馬鹿は馬鹿なりに頭使ってから投稿しろよ

    治験対象者にはきちんと説明し同意を得た上で、誓約書も交わして施術している。
    頭使うのは・・・というかサル並の頭脳で日本語書けただけ褒めてやるよ。

  • > ④返済等の条件
    > A 開発が中止になった場合、費消済の補助金は、返済不要。
    > B (一括返済オプション選択の場合)(i)フェーズ3臨床試験期間中に選択した場合、 20百万ドルの返済、(ii) FDAの販売承認取得時に選択した場合、20百万ドルと利息の支払い。
    > C (一括返済を選択しない場合)上市の年から売上に対して2%のロイヤリティを10年間(又は最大180百万ドルまで)支払い。
    >
    > これですね。以前本スレでも話題になっていたんですね。p2bに一度失敗しても治験続行する限りは返済義務は生じないのでは?
    > 一括返済オプションの意味分かる人いますか?
    > 補助金は営業外収益である以上無条件で返済義務が生じるとは思えませんが、「上市の年から売上に対して」上市しても返済義務が生じる場合がある、これがよく分かりません

    返済義務は生じません。
    データの捏造等が有れば別ですが。

  • > 皆さんにお聞きしたいのですが,
    > 3月14日の決算までには,ある程度,今後の方向性などを示す,というような文言を森氏は言ってませんでした? わたしの勘違いでしたでしょうか?

    言ってましたけど「治験の内容を精査して」と言う前提での発言です。
    今回のIRでまだ精査できてないという趣旨がきちんと書かれていますよ。

    言葉尻だけ捉えてはだめです。

  • > 人の細胞なんて身体に入れたない。

    もっと勉強しなさい。

  • >事業収益イコール開発協力金がなんで下期に増えるのか、、、

    今までのIRから推測すると、単純に開発費を折半して支払っているのではなくサンバイオが開発費を一旦支払って大日本住友製薬へ請求していると思いますよ。一ケ月ごとなのか45日ごとなのかQことなのか治験の途中の区切りごとなのかは解りませんが。

  • >結論をいうと開発協力金収入と補助金の今期上乗せは4億3千3百万円と
    >3億9千3百万円 合計8億2600万円の上乗せになるのではないでしょうか>実質的には4億3千3百円と考えますが
    >CIRMの補助金についてはもうちっと調べる必要はありますが

    それは常識的に考えて、ないでしょうね。
    最新のIRでCIRMの補助金が4億9千5百万円と書いているので、今期CIRMから受け取る補助金は今のところトータルで4億9千5百万円と考えるべきですよ。

    1月のIRの期ズレによる売上減と今期上期の売上がほぼ同じ金額です、気になるのは今季下期の売上ですね。新たな導出なのかマイルストーンなのか開発協力金収入なのか・・・・・。
    新たな導出であれば、下期は数か月以上先なので売上予定に入れるとは考えにくい。
    マイルストーンでもなさそう。
    そうなると大日本住友製薬からの開発協力金収入の可能性が一番高いです。決算報告書に記載している以上、大筋で治験継続の合意が得られていると思いますよ。

    今季上期と下期の経費を比較すると上期の方が多くなる予想になってます。何故上期の経費が高いのか、何か理由が有る筈です。TBIの承認申請なのか治験継続なのか・・・・・・。

  • > 来期(20年)
    >          売上    経常利益
    > 会社予想15日   713百万  -5,390百万
    > コンセンサス14日 945    -2,396
    > 何でこんなに開きが

    簡単でしょ。
    会社予想に関してはIRを読み解けばよい。
    コンセンサスに関しては、自分で調べればよい。

    当たり前のことだけど。

  • >グローバルデータとは日本以外での治験データを指します。
    >日米合同治験データは中間であろうが最終であろうがグローバルデータです。

    そんなの当たり前だからさ。
    だから、学会発表の中間報告で何かが変わるって?
    それはね、ちょっとさ。

    しかも四季報なんて、いつの聞き取り調査を基に作成しているか不明だし。

    あとね、21st Century Cures Actは日本と違ってハードル高いよ。そこんとこ理解している?
    だからSB623慢性期脳梗塞プログラムのフェーズ2b臨床試験はハードルを上げてチャレンジしたんじゃないかと、俺は勝手に思ってるけどね。
    年齢・性別・脳梗塞になってからの期間も制限設けないでやったから、実質的にFⅢと同じレベルの治験だったからね。

  • > TBIのグローバルデータは来月4月の米国脳神経外科学会で詳細が出ますが、慢性脳梗塞は詳細解析がまだ終わって無いので出ようがありませんw
    > 疑問に答えてあげてもお礼も無いような人にはもうレスしたくないです。
    > 他の親切な方に答えてもらってください。

    米国脳神経外科学会のアナウンスでは中間発表となっていますが?
    グローバルデータなんて記述どこに有ります?

  • 「GPUはコストが高い」ここの処は。
    デバイスの製造コストだけじゃなく特許絡みもあるから。
    まぁ、解る人は解ると思うけど。

    それにしても、スゴイさんは何で出てこないのかなぁ?
    半導体のど素人丸出ししてたからかな?

  • PALTEKとRistの協業か・・・。
    医療分野か・・・。

    以下PALTEKのIRから引用
    株式会社Rist 代表取締役社長 遠野宏季氏は次のように述べています。
    「これまでディープラーニングの実行にはGPUを用いることが一般的であり、当社が開発したソフトウェアも
    GPU環境での使用を推奨して提供してきました。GPUはコストが高い、消費電力が大きいなどの問題を抱え
    ていますが、それでもGPUに頼らざるをえないというのが現状です。このような状況を打破すべく現在盛んに
    研究開発が行われているのが、FPGAを用いたディープラーニングです。FPGAはGPUに比べディープラーニ
    ングの推論をより高速に低消費電力で実行できるという利点があり、さらにはそのポテンシャルをエッジで発
    揮できるという強みがあります。今回の協業を機に、当社はFPGAでのディープラーニングの研究開発に着手
    し、より利便性の高い推論環境の構築、提供を目指してまいります。」

  • 京大の学食は息子に聞かないと解らないけど、と言っても息子が卒業して10年近いので当時の学食がそのまま残っているかどうか・・・。

    一口に京大と言っても医学部と教育学部の実技専攻とかだと偏差値20ポイント位違うから、IQ110ちょっとの超おバカでもお金掛ければ「京大」の隙間学科に入学出来るんだよ。

  • > 日経平均株価、
    > 過去最大の暴落がやってくるぞ?
    >
    >
    > 投資歴40年

    そういうのいるんだよね。
    この仕事〇〇年やってるとかいうやつ、使い物にならないのに職歴だけは長い(笑)。

  • > 脳梗塞主要評価項目未達って出たのに、なんで安易にやり直しとかいう言葉が出てくるのか理解できません。ホルダーも創薬馬鹿にしすぎ。社長は口が裂けても立場上言えないだろうけど。
    > 外傷性脳損傷の国内承認申請が、当面のゴールと思います。

    解ってないね。
    平たく言うとガソリンの評価をするとして、原チャリ・大型バイク・軽自動車・国産のファミリカー・国産の高級車・外車、ガソリンに点数を付けるのに同じ評価方法では無理だろ?

    TBIと脳梗塞では評価項目も評価方法も違うんだよ。
    精査するには数か月掛かるだろうよ。

  • こいつ、名古屋の日雇い労働者で軽自動車に乗ってるんじゃなかっけ?

  • > 信用買いもしてます。
    > 男ですから・・・。

    貧乏人が背伸びして買ってるんですね。
    お好きなように。

  • > 今回の大暴落は機関の売り仕掛けというより、勝手に個人投資家がうろたえて売りが止まらなかった感じ。

    まぁ、それも有るだろうけど。
    思惑が先行して株価が上がり、貧乏人の信用買いが増えて・・・。
    ちょっとした悪材料で、貧乏人の信用買いは投げ売りせざるを得なかった。

    一口100万円かそこいらの株を信用で買うなんて、身の丈に合わない投資をすること自体疑問。

本文はここまでです このページの先頭へ