ここから本文です

投稿コメント一覧 (399コメント)

  • >>No. 738

    ありがたくさん、こんばんは~

    毎日ナノ株を1枚ずつ特定からNISAに移しています。
    今日は珍しくヒットしました!
    朝一パソコンがピピー、チャララーンと鳴り、NISA買い成立
    お昼休みに株価ボード見て今日はあまり動かないかなと思って仕事してたら
    2時前にピピー、チャララーンと鳴り、「ええっって」感じでパソコン見たら
    凄い値動き「何があったの?」ってメール見たらNK105のIR!
    えっ!これで上がるの???って感じでした。
    3時過ぎに株価ボード見たらまさかのマイ転(≧▽≦)

    NISA枠が一杯になるまでこれの繰り返しです。
    いつもはプラマイ0ぐらいの感じでせっせと移しています。

    来るときに備えて!!!

  • 学会発表だけでストップ高?
    なんか変??

    一回張り付いて470円くらいまでそこからまた張り付き!!!
    しかも出来高6,795,200株
    いつものナノだと470円くらいで終わるところ!

    誰か大口さん学会発表の詳細知ってるの?

    と勘繰りたくなる1日でした。

  • 私も見ました!
    ヘイセイジャンプのイノオ君?が
    キングスカイフロントのナノマシンを作ってましたね!

  • IR出ています。
    37th Annual J.P. Morgan Healthcare Conference 発表資料
    (2019.1.9 サンフランシスコ)
    どなたか、翻訳お願いしますm(__)m

  • ホルダーの皆さま、あけましておめでとうございますm(__)m

    昨年はDA PUMPの【USA】がテレビを席巻いたしました!
    今年はナノキャリア社の【USA】がマザーズを席巻することを期待しております!!

    本年もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

  • 今度は日本で第Ⅲ相の計画届出が来た!!
    いい感じ!

    平成30 年12 月13 日
    <各位>
    ナノキャリア株式会社
    代表取締役社長中冨一郎
    ( 4 5 7 1 東証マザーズ)
    問合せ先 取締役CSFO兼社長室長 松山哲人
    電話番号 0 3 - 3 2 4 1 - 0 5 5 3
    国内第III 相臨床試験に関する新規治験計画届出のお知らせ
    当社とセオリアファーマ株式会社(以下、「セオリア」)が共同で準備を進めてまいりまし
    た、耳鼻科領域の新医薬品等の開発候補品における第III 相臨床試験に関し、2018 年12
    月13 日に治験計画届書を、PMDA(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)に提出しました
    のでご報告申し上げます。
    本件におきましては、最初の投与開始より2 年ほどでの製造販売承認申請を目指してお
    ります。
    耳鼻咽喉科領域の市場は2,000 億円規模と言われています。耳鼻咽喉科領域の医薬品販
    売に特化したセオリアと共に開発を推進し、がん領域だけではなく、耳鼻咽喉科領域の患
    者様のQOL向上に貢献する医薬品を国内市場にいち早くお届けできるよう尽力してまい
    ります。
    尚、本件による平成31 年3 月期業績への影響はございませんが、近い将来の自社製品販
    売収入および企業価値向上につながるものと期待しております。
    【セオリアファーマ株式会社】
    所在地:東京都中央区日本橋室町3-3-1
    代表者の役職・氏名:代表取締役社長 金澤 一
    事業内容:医薬品の開発及び販売(武田薬品工業株式会社を通じて製品を販売)
    資本金:30,000 千円
    設立年月日:平成22 年4月12 日
    セオリアは、国内で耳鼻咽喉科領域に特化したスペシャリティファーマとして、抗菌剤、抗ア
    レルギー剤、めまい治療剤などを中心に、本領域で必須とされている基礎的医薬品をはじめ医療
    用医薬品の製造販売しております。また、耳鼻咽喉科領域に加え、その重点領域を頭頸部領域に
    拡大し新薬開発を行っていることから、それぞれの経営資源や両社の強みを融合することにより、
    相互補完が期待できるため、新薬などの共同開発を検討しております。
    以上

  • やっぱり、今年は「USA」か~!!

    平成30 年12 月12 日
    <各位>
    ナノキャリア株式会社
    代表取締役社長 中冨一郎
    ( 4 5 7 1 東証マザーズ)
    問合せ先 取締役CSFO兼社長室長 松山哲人
    電話番号 0 3 - 3 2 4 1 - 0 5 5 3
    米国第I相パート臨床試験の主要評価項目達成のお知らせ
    NC-6300 エピルビシンミセル
    当社は米国において、NC-6300※1の第I/II 相臨床試験を実施しております。これまで、
    NC-6300 の安全性・忍容性の検討、ならびにNC-6300 の推奨用量の決定を目的として第
    Ⅰ相パートの臨床試験を実施してまいりました。この度、第Ⅰ相パートについて、主要評
    価項目を達成しましたのでお知らせいたします。
    第Ⅰ相パートでは、肉腫を含む29 名の固形がん患者への投与が実施され、NC-6300 の
    安全性が確認されました。
    ■MTD(最大耐用量)は185 mg/m2 と決定しました。エピルビシンの一般的な臨床用量
    (乳がん例:60 mg/m2 または100 mg/m2)よりも高用量での投与が可能でした。
    ■NC-6300 に特異的な有害事象は発生せず、エピルビシン特有の副作用である悪心・嘔吐や
    骨髄毒性は認められましたが、発現頻度の減少や重症度の低減傾向が認められました。
    ■長期投与例においても、臨床的に問題となる心機能低下は認められませんでした。
    ■登録された血管肉腫(軟部肉腫の1 種)2 例中2 例については、ともにPR(奏功)が認め
    られました。
    ■免疫チェックポイント阻害剤の投与で不応となった悪性黒色腫の症例においても、長期に
    SD(病勢安定)が認められました。
    今後、世界的に著名ながんセンターであるDana-Farber Cancer Institute やMemorial
    Sloan Kettering Cancer Center に所属する軟部肉腫の専門家との会議を経てFDA と優先
    審査や迅速承認などの開発方針を確認した後に第Ⅱ相パートに速やかに移行する予定です。
    第II 相試験は、既報の通り、希少がんである軟部肉腫※2 を対象とし、抗体医薬であるオラ
    ラツマブ※3 との併用を計画しております。NC-6300 の開発におきましては、いち早く上市
    すべくFDA と協議を進めてまいります。

  • もう使い道がないと思っていたNISA枠残4万円
    1枚追加!
    喜んでいいのか悲しむべきなのか???

  • でっかちゃんさん

    Coinsのポスター見ました!ありがとうございますm(__)m

    リンク消されたみたいですけど、ナノ社もアキュルナも頑張っていますね!!!

    期待できますね(^^)/

  • さあ、明日から実りの秋相場!
    切り替えていきましょう(^^)/

  • ※開発マイルストン総額 8百万USドル

    やったね8億円のインカム!

  • 青息吐息・・・何とか生きてます。

    全部現物ですから、2020年まで辛抱強く待ちます!!!

  • 「願いが正しければ、時至れば必ず成就する」徳川 家康

    を信じて「鳴くまで待とうホトトギス」的にじっと我慢の私です!!!

  • 「減資」って、ただ単に自社の貸借対照表の見栄えをよくするためだけだと思いますけど・・・

    「総会対策」か「提携先への配慮」かな?

    私見ですけど、とにかくあまり気にしなくても大丈夫だと思いますよ!

  • 含み益がなくなったっていうか、含み損になったので毎日少しずつNISAに移し替えています。
    あと1枚で今年のNISA枠が一杯になります。

    セオリアとの業務提携の検討期限もあと2カ月となりました。
    承認製造への動きかなと思っていましたが・・・

    イスラエルのVB-111も残念でしたが、まだ他の疾患への適応もあるので淡い期待も持ってます。

    アメリカの6004どうなっているのでしょうか?

    IRからは何のアナウンスもなく
    掲示板の皆さまが英文の資料を見つけて「IR]してくださったり・・・

    一発どでかいIRをお願いします。

  • 大手製薬会社ってこの写真の1~3位くらいかな?

  • IR、下方修正よりはマシですね!

    大手製薬会社との契約一時金って、2億円くらいかな?

  • しばらく、茫然自失・・・

  • あらま、「卵巣がんⅢ相」は昨年に始まったばかりだったんですね!
    詳しく調べずに投稿して、ごめんなさいm(__)m

  • VB-111はまだ「卵巣がんⅢ相」と「甲状腺がんⅡ相」があります。

    少しだけ期待しています(汗)

本文はここまでです このページの先頭へ