ここから本文です

投稿コメント一覧 (3137コメント)

  • 決算後一気に居場所が変わりましたね。
    電子契約はまだまだこれから、どこまで行くか楽しみ。

  • ストップ高おめでとう
    この勢いで10000円超え目指してください。

  • まずは8000円回復目指して頑張ってください。

  • 3000円超えおめでとう
    このあたりでしっかり値固めお願いします。

  • 今日はよく上がりましたね
    このあたりからジワジワゆっくりとした上昇でお願いします。

    財経新聞5月20日の記事ですが
    注目は「日本の上場企業の約70%に利用されている。」というところ。
    請求書事業もデファクトスタンダードになりつつあるかんじですね



    ・インフォマートの「BtoBプラットフォーム 請求書」の利用企業数が30万社を突破
    2019年5月20日 13:25
    記事提供元:日本インタビュ新聞社
    ◆約2カ月半で約2万社増、1日当たりでは約270社増となる

    インフォマート<2492>(東1)は13日、同社が提供する「BtoBプラットフォーム 請求書」の利用企業数が30万社を突破したことを発表した。

    2月末に28万社を突破していることから、約2カ月半で約2万社増えたことになる。1日当たりでは、約270社増えていることになる。

    同社は、2015年1月に、企業間における請求書の受取・発行業務を紙から電子化する「BtoBプラットフォーム 請求書」のサービス提供を開始した。2018年度の年間流通金額は、6兆3,490億円(対前年比約98%増加)に成長し、13日に利用企業数が30万社を突破した。

    近年、企業では「人手不足」や「長時間労働」が大きな課題となっている。業務のIT化は、生産性向上が得られることから、働き方改革という面からも、今後ますます普及・拡大していくことが予想される。さらには、2019年10月の消費税法改正に伴い導入される「軽減税率制度」、また2023年からの「インボイス制度」(適格請求書等保存方式)等、経理業務の体制強化が推進される中、企業における電子請求書のニーズは拡大している。

    これらの背景から、導入企業が堅調に増加しており、日本の上場企業の約70%に利用されている。また、サービスの汎用性の高さから様々な業界・業態で活用している。

    ちなみに、具体的な導入企業としては、小田急電鉄、日野自動車、三菱重工業、トライアルカンパニー、サイバーエージェント、野村證券などがある。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

  • 今回の提携は各事業にプラス効果がありそうですね。
    特にフリーランス向け事業のフリーナンスとか…

    あと、1Q決算の説明会動画が配信されているので
    まだ見ていない方はどうぞ。

  • 決算翌日の上放れは跳ね返されましたが、今回はしっかりと上放れましたね。
    来週からの居場所変えに期待したいです。

  • 続きです。


    【 全日本空輸様より、今後の取り組みについて 】

    現在、弊社と取引の多いグループ会社向け請求は、段階的に電子請求書へ移行しており、グループ会社向け全体でみると60-70%ほどです。今後は、これを100%に近づけるとともに、グループ間以外の取引にも電子請求書の発行、そして取引先のご協力のもと『受取』も展開していければと思っています。

    また、働き方改革の観点からもこの電子請求を始め各種デジタル化施策を組み合わせることで、システム化できるものはシステムに任せ、人は、その省力化で捻出できた時間を人にしかできない感性や創造力を要するクリエイティブな領域や余暇の充実に使い、ワークライフバランスにつなげていければと考えています。

  • 大きなIRが出ましたね
    定期的に大企業に採用の発表が出るようになってきました
    次はどこか楽しみです。

    ・「全日本空輸」へ「BtoBプラットフォーム 請求書」を提供
    ~請求書の電子化の拡大で業務効率化と余暇の充実というワークライフバランスを図る~

    【 「BtoBプラットフォーム 請求書」を導入した理由 】
    全日本空輸は、年間旅客数5,000万人を突破する世界トップクラス、国内最大規模のエアライングループとして、航空事業を中心に事業を展開しているANAグループの中核企業です。

    航空事業と直結する空港関連のグループ会社との取引で発生する請求書発行業務の作業ミスの軽減や郵送コストの削減など、グループ全体の経理業務プロセスの強化と品質向上を実現するため、今回の導入に至りました。


    【 導入効果 】(全日本空輸 経理部経理チーム リーダー、マネージャーほかご担当の皆様より)

    ① 電子請求書のメリットは「どんなに遠方でも、発行後に即日で届く」こと

    グループ会社へは、家賃や空調代の経費精算や、整備関連の部品代など月に約300通(全体で月に約1,000件)の請求書を発行しています。

    各部署から届く「債権計上依頼書」に基づき基幹システムに入力し、請求書を入金予定表とともに印刷します。管理職の承認を得た後、ダブルチェックによる封入作業には、時間を要しました。また、沖縄など遠方の空港では、請求書が先方に届くまでに2、3日かかるため、FAX依頼も発生していました。

    導入後は、郵送自体がなくなったことで封入作業の手間もなくなり、どんなに遠方でも即日届くため、FAX対応の手間もなくなり、タイムプレッシャーが軽減されました。また、誤送付や誤計上といったリスクも低減されました。


    ② 『発行』だけでなく『受取』も。広がるグループ間での電子化

    弊社の場合、まずは弊社が発行する請求書をグループ会社で受け取っていただくところから着手しました。その後、電子化のメリットを感じた会社には発行へと展開していただければと考えています。

    現在、実際に「BtoBプラットフォーム 請求書」で請求書を発行するグループ会社も増え、我々も電子での受け取りができるようになってきました。特に、北海道や沖縄など遠方の空港は、請求書が即日届くメリットを実感していただけています。

  • このあたりでしっかり値固めしてください。
    のんびり行きましょう。

  • 分割の発表されましたね
    流動性が向上すれば機関投資家も参加しやすくなるので
    いいんじゃないでしょうか。

  • 6000円回復おめでとう
    次は6500円目指して頑張って。

  • 毎回決算ごとに大幅下落は辛い
    次からは決算資料で詳しい説明を入れて欲しいね。
    前回と同じくゆっくり戻していきましょう。

  • ここはストックの積み上げが大事な事業
    目先の利益より、売り上げを伸ばすことに注力してほしい
    そっちの方が株価にもプラスだと思う。

  • 時価総額が200億円超えてきましたね
    時価総額が増えると新しい機関投資家が参加してくるので期待。

    あと先日、カラーミーショップ アプリストア開始されましたね
    今後の成長が楽しみです。

  • 順調な決算でしたね。
    今期が大型投資期間の最終年度
    しっかり投資して来期からの回収期の前に勢いをつけてください。

  • 特損分を除けば、まずまず順調な決算でした
    去年もそうだけど、ここは下期偏重だから利益が出ないのはしょうがないね。
    …とは言え、株価を上げていくために そろそろ本業の投資を加減して
    段階的に利益を出していってほしいところ。

  • 地合いも最悪だし朝はどうなるかと思いましたが、よく踏ん張りました。
    明日も頑張ってください。

  • 決算説明会動画での社長、相当手ごたえを感じている様子でしたね。
    数年後が楽しみです。

  • 好調な決算でしたね。
    こういう事業は中途半端に利益を出すより、成長を重視したほうがいい。

本文はここまでです このページの先頭へ