IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (385コメント)

  • 2015/03/09 18:08

    今年のCSゲーム業界は海外の大手ソフトメーカーがいよいよ明確に減速し始める気配。
    開発費の高騰、マンネリによるFPSブームの終焉が、AAAソフトのメーカーを蝕みそうだ。
    PS、箱共に、昨年末から減速傾向に有るのも、ソフトハウスの苦しさに煽られた結果だろうか。
    その中で、独自性の高い人気ソフトをコンスタントに自社生産している任天堂には期待したい。
    特にアミーボは後続の自社ソフトに対するシナジー効果が期待できる。
    CS業界を取り巻く暗雲の存在は既に業界内の常識だが、任天堂の再評価を検討する材料はそろいつつ有る。

  • 2015/03/09 19:21

    アミーボを持つユーザーは、任天堂ソフトを買った場合に、何らかのオマケが得られる仕組みに成っている。
    これは、言わば囲い込みである。
    しかし、本当の爆弾は、今期発売予定のカード型、或いは小型のアミーボだろう。
    これらは国内市場を主たるターゲットにした物だ。
    本命であるポケモン、動物の森は勿論だが、稼げるとあらば、ガンダム、妖怪ウォッチと言った他社の参入も予想されるだけに注目したい。
    どれか一つでもヒットすれば、ゲーム機本体を強力に牽引する事は疑いない。
    仮に発表が有れば、株価に対しても速効性のカンフル剤と成るだろう。

  • 現状のCSゲーム業界は、良いソフトを作るだけでは利益が出にくい状態にある。
    苦しさの中で任天堂が用意した回答の一つがアミーボだ。
    アミーボはプラットホームを越えた新しい顧客囲い込みのテストケースで有り、課金DLC以外でソフトに対する追加収益を得る為の手段でも有る。
    おまけ付きコレクションフィギュア程度の認識しか無い投資家の方は、結構多いのでは無かろうか。
    真のポテンシャルに気付いた時、アミーボの成功に期待する声は増えると思う。
    また、仮にヒットしなくても、極めてローリスクな点も評価したい。
    今、苦しいから、まだ、株価も低水準に有る。それを打開し得る答えが示されているので有れば、中長期的に見て、良い投資対象だ。

  • 2015/03/13 16:16

    レベル5から、妖怪ウォッチ3と、そのスピンオフの2タイトルが発表された。
    機種と発売日は不明だが、夏休み辺りの発売だろうか。
    注目は以下の2点。
    アミーボへの対応は有るのか?
    WiiUへの対応は有るのか?
    どちらかでも実現すれば大きな話題に成りそうだ。
    妖怪ウォッチは、現在、国内専売だが、来期の欧米進出が予定されている。
    海外3DSの牽引役としても注目されそうだ。

  • 2015/04/06 11:22

    ゲーム業界は特殊な業界と言われる。その中でも任天堂は際だって特異な企業だ。
    近年、任天堂は旧来のプラットホームによる顧客の囲い込みから、IPを使った囲い込みに戦略の重心を移そうとしている。
    アミーボに続いてスマホアプリ参入と、自社プラットホームに縛られない商品展開で、ボーダレス化が進むゲーム機ビジネスに対応する構えだ。
    一見、IPによる戦略は斬新さに欠くが、実のところ、ゲーム業界に置いてこの戦略が取れる企業は任天堂をおいて他に無い。
    何故なら、世界的に通用するIPを多数保有するゲーム会社が任天堂だけしか存在しないからだ。
    IPを育てる事に関心の薄いソニーMSは勿論、新興のモバグリ、ガンホー、コロプラもそこが弱点だ。古参の和ゲーメーカー達が、近年駄作を連発して自社IPの価値を棄損し続けているのは、今更指摘するまでも無いだろう。
    詰まりこれは、任天堂にだけしか出来ない独占的経営戦略と言う訳である。

  • 2015/04/06 11:59

    >>No. 311487

    強力なIPが有るのだから、任天堂はもっと早くスマホアプリを出すべきだった。あまつさえ、専用機ビジネスを捨ててスマホに注力すべきだ。
    などという意見は良く耳にするが、これは余りにIPビジネスに対して浅学と言わざるを得ない。
    例えるなら、ディズニーに対して、映画製作とランド経営を辞めて、利益が大きいグッズ販売に特化しろと言う様な物だ。
    IPを育てる唯一無二の方法は長期に渡って良質なコンテンツを提供し続けることだ。それを怠れば、IPは刹那にその力を弱めてしまう。
    任天堂は自社IPをどの企業より大切に育てている。
    だから、F2P課金ビジネスに対する答えが見えるまで、スマホ参入に慎重だったのだ。
    そして、スマホ参入後も専用機ビジネスの手を緩める事は無いだろう。
    何故なら任天堂は誰よりも知っているからだ。自社IPの価値を保つ為には、専用機で良質なソフトを提供し続けることが不可欠であると。

  • 2015/04/06 12:32

    >>No. 311489

    今後、ゲーム業界においては、プラットホームによるソフトメーカーの囲い込みが、ますます困難になって行くだろう。
    反面、スマホやタブレットと言ったツールが普及したことで、ゲーム機を普及させなくても利益を確保出来る環境が生まれた。
    この様なプラットホームのボーダレス化は、今後益々顕著に成って行くと思われる。
    そうなれば、強力なIPを持つ企業がさらに有利に成る事は疑いない。
    長く成ったが、自分が個人的に任天堂に期待している理由は以上だ。

  • 2015/04/11 12:29

    >>No. 311865

    ゲーム機とスマホの中間的な物なら、かなり前にSONYが出して、派手に失敗したね。
    更にSONYは、スマホ上に自社プラットホームを立ち上げて、インディーソフトを集めようとしたけど、これもサービス停止に追い込まれた。
    今の時代、プラットホームを売り込むことで利益を出すのは難しいよ。
    3DSやPS4も本体の利益なんてほぼゼロ。自社ソフトやネットサービスで利益出さないと大きくは儲からない。
    だからこそ任天堂はプラットホームビジネスからIPビジネスに軸足を移そうとしてるんだよ。
    そのIPを育てる為に、高品質ソフトの開発は不可欠だ。その為なら発売が多少遅れる位は安いリスクですよ。
    利益に成らない本体(スマホも含めて)よりも、利益に繋がるIPの創出に経営資源をさいて行く。
    それで良いんじゃないかと思う。

  • 2015/04/11 13:33

    >>No. 311880

    販売数を増やすには、圧倒的に安いか、圧倒的なブランドアドバンテージが必要なのがスマホ本体の世界なんだよ。
    任天堂がガジェット的なスマホを出して売れる位なら、それこそゲーム機がもっと売れてる筈。
    岩田社長はスマホアプリ市場は甘く無いと断言してたけど、スマホ本体市場は、其れより上の修羅の道だと思ってる。
    日本勢がほぼ全滅状態なのが現実を物語ってるじゃないかな?

  • 2015/04/11 14:30

    面白い話題が出てるのでちょっと便乗します。
    スマホゲーが家庭用機を駆逐することへの不安は確かに根強いですよね。
    しかし、自分は其れに対して、少し穿った見解を示したいと思う。
    先ず、ゲーム機がスマホに喰われたら、生粋のプラットホーマーであるSONYとMSが真っ先に市場を去ります。
    自社ソフトを売る為にハードを作っている任天堂は、残ったマニアと若年層を相手に独占的に高品質のソフトを提供し続けることでしょう。
    そして、いよいよもって、スマホの次に流行る革新的端末が、完全にゲーム機を飲み込んでしまったら?
    その時はまた、任天堂のターンですよ。
    ソフトメーカーに専念した任天堂は、更に強力に成ったIP群を率いて、多くのユーザーを得て、多額の利益を得ることでしょう。
    まあ、それって十年位は先の話に成るけどねw
    近況の株価で言えば、このまま上がるも良し。一度下げてもまた美味しいってところかな?

  • スマホゲーが普及したのに、ゲーム専用機が生き残っている理由とは何だろうか?
    それは、スマホで作れるゲームと、任天堂や他の世界的ソフトメーカの作りたいゲームの間に、まだかなりの差が有るからだろう。
    インターフェイスや処理能力、規格の統一性など、スマホには幾らかの制約が有る。
    そして、少なく無いゲーマーが、スマホで作れないタイプのゲームを支持している。
    だから「今はまだ」ゲーム専用機は無くならないのだ。
    しかし、今後携帯電話が進化し、ゲームを作る上での制約が無くなれば、そのとき、ゲーム機は市場から消えるだろう。
    では、電話機がゲーム機を飲み込む未来は、確かにやって来るのだろうか?
    いいや、それは実に不確実だ。

  • >>No. 311974

    次世代の携帯電話がゲームに合わせた進化をするとは限らない。
    仮に、腕時計型や眼鏡型の携帯が主流になれば、スマホゲーは終わりだ。
    電子手帳の流行を思い出して欲しい。
    あれは電話の出来ないスマホの様な先進的携帯端末で、ゲームも遊べた。
    しかし、次に流行った携帯端末は、極めてシンプルなポケベルだった。
    歴史は繰り返さないとも限らない。ゲーム業界は特殊で不安定なのだ。
    だからこそ、任天堂はIPの育成にこだわる。
    どんな未来が来てもゲーム需要が無くなりはしないだろう。そして、そこで求められるのは、常に高品質なソフトだ。
    強力なIPは、いつだってハードの不安定さを担保してくれる。

  • スマホアプリって、CSのソフトより利益率が高いのが魅力。
    でも多くのソフトハウスがボロ儲け出来てないのは、ヒットを出す確率が低いからなんですよね。
    少数のヒット作品が出した利益を多数の赤字ソフトで削ってしまう。
    開発運営に人員を取られた挙句に、1年ちょっとでサービス停止の減損処理とかね。
    だから、打率は超重要。
    任天堂のスマホ展開においても、打率には注目したい。
    必然的に最初の一本が重要に成って来るね。

  • 2015/04/28 15:32

    サイレントヒルズ消滅…
    あれは嫌なニュースだったね。
    急にゲハっぽい話題が増えたのも、その余波かな?
    据置ゲーム用のソフトで利益を出す事の難しさ。そして、何よりIPを育てる事の難しさを再認識させられる悲劇だった。
    欧米のゲームソフト市場は、寡占化が激しく、販促費用が大きい上に、売れ残りに対する小売への補償などリスクも存在する。
    日本のソフトメーカで勝負が出来る企業は、どんどん少なく成っているね。

  • ゲーム機って本体売ってもほとんど利益でないんですよね。
    任天堂なら自社ソフト。SONY、MSならネットサービス。これらの売上こそが利益の種。
    任天堂の今期はソフト販売の比率が上がるので、利益が出しやすく成る。
    逆ザヤのwiiuは無理な販促をやらない方針だから、良くも悪くも大きな伸びは無いだろう。
    今期は安定収益の上にスマホ事業の利益が乗っかるイメージかな。
    ちなみにガンホーの1-3月の営業利益が236億円。減少気味とはいえ、任天堂の昨期1年分か。
    任天堂アプリにも期待したい。

  • 2015/04/29 14:12

    ハードが売れた方が良いのは当り前だよね。
    でも、本当に大切なのはアクティブユーザー数が減らないこと。
    ユーザーが離れなければソフトは売れ続けるからね。
    べつに3DSでもWiiUでもスマホでも構わない。任天堂ソフトで遊んでるユーザー数が増やせれば、利益も増えるよ。売上高なんてお化粧程度の物だと思う。
    3DSは既に5千万台以上の販売台数を記録していて、今からは収穫期。強力な任天堂IPがそちらでも結果を残す事に期待したい。
    E3が楽しみだ。

  • 2015/04/29 16:16

    まさに、窮地にあったDeNA にとっては渡りに船。任天堂の強力なIPと相乗り出来るのは心強いはず。ホルダーさんはラッキー!
    任天堂にとっても、貴重な開発者をシステムの運営構築に割かずに済むんだから、願ったり。利益を追求する上でとても効率的だ。
    売り出すアプリはほぼ間違いなくF2Pでしょう。
    3dsで複数のヒットを飛ばした実績が任天堂には有ります。
    ガチャ課金無しでも世界一になれる事は先にクラクラが証明してくれた。
    ハズレの有るガチャはヘイトを集めるから、避けるのが正解。
    任天堂らしい課金システムの構築にも期待したい。
    任天堂はF2Pに対する世間の理解が深まるのを待っていた。今こそスマホに踏み出す時。

  • 今期の具体的な数字を予想するのは本当に難しいですよね。
    特にスマホアプリはロンチ前に収益予想するの無理だと思う。
    自分が注目してるのは、夏に発売予定の3DS用のアミーボリーダーです。
    とても地味ですが、これが普及すればアミーボの収益力が格段に上がる。更にはアミーボを買ったユーザーが、今後も任天堂ソフトを買い続ける動機に成ります。
    こう言う足下固める商品が売れてくれれば、更に収支のバランスは良くなる。
    スマホアプリの爆発力に期待が傾くのは当然だけど、アミーボも予測不能な実力を秘めてると思う。日本でブームを作れれば、面白いんだけどね。

  • 正直言ってビックリした。
    まさか本当にテーマパーク参入しちゃうとはね。
    USJって言えば、先日、レベル5が妖怪ウォッチで参入を発表したけれど、あれに出てきたタブレット端末がちょっと気になってたんですよ。あと、新玩具の名称が妖怪ウォッチ「U」プロトタイプ ってのも。
    任天堂がユニバーサルスタジオと組んだことで、一気に話が繋がった?なんて思うのは、自分の考えすぎでしょうかね。
    しかし、WiiUのパッドを使ったアトラクションとか、普通に有って良さそう。それこそ販売促進になるしね。
    まあ、少し穿ち過ぎだったり先走り過ぎな意見ですが、一応、期待ということで。
    それにしても、近所なのに一度も足を運んだ事が無かったUSJ。ついに乗り込む日が来るか・・・

  • 2015/05/10 13:00

    スマホとゲーム機のかけ橋として、極めて重要な新しい会員サービス。
    詳細は不明ですが、スマホで課金した人が、「ゲーム機でも遊ばないともったいない」と思う様な特典を配布する感じに成るのかな?
    ゲーム機の優待価格での販売や、旧作ソフトのDLコード。両方持ってる人には、アミーボのプレゼントとか良いかも。身近に置いて愛でて貰うのが、IPビジネスの基本だしね。
    しかし、露骨にやり過ぎると逆効果。大事なIPに傷が付かない様に慎重にやって欲しいです。
    テーマパーク参戦で、必然的にグッズのラインナップが増えるので楽しみだ。
    ミッキーと一緒にヨッシーやポケモンのグッズを並べて飾る人が増えると良いな。

本文はここまでです このページの先頭へ