IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (1772コメント)

  • >>No. 463

    音楽と出会う場も変わっていく
    現在、音楽ストリーミングの世界では、TikTokやTRILLERといったソーシャルビデオ的なストリーミングアプリが、新しい音楽の発見において、非常に重要な役割を果たしています。

    日本でもTikTokは音楽を知るプラットフォームとして確立していますが、個人的に2020年は「TRILLER」に注目しています。サービス登場時は日本で今ひとつ流行り切らなかったですが、グローバルではTikTokのライバルとして存在感を示していますね。
    ニールセンのレポートも「2020年、アーティストはさまざまなプラットフォームからストリーム音楽再生を獲得する戦略をとり続ける必要がある」として、締めています。(以上 東京indieより)

      音楽を身近に感じる投資家は
     世界中にいる。

  • 2020.05.25
    「ユニバーサルミュージック、コロナ禍でも音楽サブスクリプション好調で売上増加。将来の課題も浮上」

     これを読むと
     要は、今や主軸収益源は、ダウンロードやCD販売ではなく
     音楽サブスクリプション/ストリーミングである。
     そのためにTikTokやInstagram、Trillerなどの無料アプリが生み出すオーディエン スを、短期に音楽ストリーミングへ誘導させる
    としている。
     
     Trillerと音楽業界は今以上に深い関係になるということを示す。
     TikTokはアメリカにおいて、そこが弱い。

  • 今回のファンドを立ち上げた
    相棒のAnis Uzzamanさんの
    Facebookやら記事を読むと
    どうしても今回の事も期待してしまう。

    アメリカの大学はもちろん
    東工大、首都大出身でもあるので
    日本にも目を向けてくれている。

    スペースXにも出資している。
    DLEを信じられない方でも
    この人は信じられると思うが。

  • Triller 社のもつアプリで、主要なストリーミングプラットフォーム( Apple Music、Spotify 等)と統合、及びメジャースタジオ/レーベル( Warner、Sony、Universal)と契約をし・・・

     TikTokのアメリカにおける弱点は
     上記のような契約が結べなかったと思われる点であります(Appleとは契約してい
    るかも)。
     
     TikTokの売上げのほとんどは、中国国内での売り上げ。
     確かにその額はすごいが、DLEにとっては
     アメリカでどうかであります。

  • アメリカのミュージシャンが
    プロモートの手段として
    Trillerを選んでいることが大きい。

  • Trillerのダウンロード数、課金売上げ等の
    変化がどうなっているのか
    最新情報が出るまで、ヨコヨコなのでは?

  • ぼろ株が
    這い上がっていくところを
    見たい。

  • Triller 社のもつアプリで、主要なストリーミングプラットフォーム( Apple Music、Spotify 等)と統合、及びメジャースタジオ/レーベル( Warner、Sony、Universal)と契約をし・・(この間のIRからの抜粋)

     音楽ストリーミングサービス(有料)はどこが人気なのか
    AppleMusicとSpotifyは誰もが知っている世界的なレベル。
     レーベルの3社もそう。スマホで音楽聞いてる人以外は
    ピンとこないかもな。

     TikTokの会社ByteDanceが契約したかった会社を
    根こそぎTriller社が契約したという
     
     上記のIRが凄くて、ここから離れなれない。

  • サンバイオは、世界初の
    慢性脳梗塞の薬が間もなく完成見込みです!
    が、ダメでした!
    となったからね。

  • 3日間のうちに出来高があるものの、すべて午後立会終了時に成立した売買によるものである

    8日(月)は朝一瞬崩れたはず。つまり月曜の出来高は午後立会終了時だけではない
    となると
    今のところ、火,水の2連続だから明日のストップは905円

  • 業績が悪く
    大株主は簡単には株を処分しない固い株主である事
    そして、貸借出来て
    小型である事

    ここは、仕手株の4大条件にピッタリ。

    しかも超人気アプリを食おうかというアプリ。
    当然、こうなるわな。

  •   仕手株として狙われやすい銘柄

    ①小型株である事
    小型株とは、発行済み株式数が6000万株未満の株を指します。(東証基準)
    小型株でなくても時価総額(発行済み株式数×株価)が低い銘柄も対象となります。

    ②信用取引が可能な銘柄である事

    ③業績が悪い銘柄である事
    業績の見栄えがよくない銘柄を選ぶのは、上記で説明した信用売りを呼び込みやすい為です。

    ④オーナー企業である事
    小型株では時価総額が少ない為、仕手集団の資金量で株価が大きく動きます。
    多少値動きが激しくなっても絶対に売らない大株主がいないと仕手筋は困ります。

    オーナーが安定株主である一族企業はまず売ることはない為、仕掛けの対象となりやすいのです。

    この四点が仕手株の共通点として挙げられます。

  • アサカ理研 257万株
    クボテック 414万株
    DLE   1270万株
    アクロディア 1953万株
    テラ  2340万株 
            以上、浮動株式数

    急上昇して天井を打つまでにかかった、ストップ高の回数割合を調べた。
    それも寄付きのストップか、もみ合ってのストップかを区別して。

    当たり前だが、アサカ理研はトントントン。
    テラは一見派手だが、よく見ると地道に。

    よって、DLEはミックスバージョンで進むのが普通。

  • 「TikTokは米国が問題視するもう1社の中国企業」JBpress
    を読む限り,米国でのTikTokは終焉か。

    「TikTokのアプリ内課金額が過去最高 一方で海外では規制強化の波」KrJapan
    を読む限りでは、ダウンロード数、課金売上げ等は中国が大部分。

    TikTokがアメリカで伸びかけたタイミングで
    Trillerが取って替わるという感じか。

     あとは
    (腕に覚えのある資金集団が軽量株、空売り状況という特性に着目して
     大相場を演じようとしている)

     いつか急落する日が来ても、簡単には
     買値までには戻らない感じがする。
     そう思うと、なかなか手放せないとなる。

  • 2012年夏~2013年夏のガンホー社。
    パズドラのダウンロード数とともに
    株価はすごいことになったのは周知の事実。

    お化けアプリを舐めたらアカン。

  • アメリカやイギリスでも大人気のTikTok は
    顔写真、位置情報、個人情報が中国政府に掌握されているのでは
    ということで、要は使うなという流れになっている。
    軍では使用禁止。

    アプリダウンロード数が圧倒的に多いのがインド。
    アメリカよりも多く、日本の7倍くらいか。
    インド映画は踊りの映画であるように
    TikTokの人気がすごいらしい。
    ただ最近は、中国との国境での小競り合いの影響で
    中国アプリを排除するアプリが大人気。

    音と踊りを重ねる点で、Trillerの方が便利だから
    急速に伸びている + 上記のような政治的な流れ
    から、Trillerはどう考えてもかなりの有望アプリ。

    よって、どう考えても純粋に買いが殺到する状況だと思う。
    株をやっている人は悲しきかな
    インスタグラム、TikTokが身近にないので
    たかだか300円台で空売りを入れてしまった。
    そう思う。

  • 「インスタ映え」はもう古い?若者に人気の動画アプリ「TikTok」

    こういった記事を、去年暮れから
    よく見かけるようになった。

    Trillerは音入れが先なので
    圧倒的にTikTokよりも扱いやすい。
    このアプリ
    大爆発人気となるのは間違いない。

  • まずは、KIBIT製品のなかでも昨今引き合いが増加している電子メール監査システム 「Email Auditor 19」と、日本マイクロソフトが提供する統合ソリューション「Microsoft 365」の連携を強化します。

     言語は違えど365の仕様は世界共通。

  • >>No. 1361

    投資顧問。
    以前、投資顧問会社から買う情報が
    本当にその通りになるのか実験してみた。

    1件の情報を買うのに10万円のA会社と
    1件の情報が3.5万のB会社を使い
    年間100万円使った。
    結果は大損。

    仕掛けた奴が、逃げ切る時に
    利用されただけだった。
    要は、逃げ切る前日ぐらいに銘柄を教えてくれたという事。

    逃げ切る時は、確かに一瞬は上がるが
    その後は下がり続け、2度と上昇しなかった。

    世の中、甘い話は信じるな
    だね。

本文はここまでです このページの先頭へ