IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (78コメント)

  • 最近は目疲れ多く、点眼回数増えています😂

  • 5月20日付けのYouTube「株式戦隊アガルンジャー(櫻井英明氏とシノプス社長の対談)」を見て、とても興味を持ちました。食品→アパレルなど全てがターゲット。遠慮がちにも「ここ最近のワークマンの発展の裏にシノプス貢献」とも😊 今後大いに期待しています!

  • 🎉 さらなる発展に期待❗️

  • 既に投稿あったのかもしれませんが、14日付の日経電子版に以下の記事がありました。
    【GW✖️TNF✖️Spiber】を楽しみにしているので、ついつい他からの追随を心配してしまいます😅

    「スポーツ用品大手のアシックスは14日、投資子会社を通じて人工クモ糸素材を製造するイスラエルのスタートアップ、シービックス・マテリアル・サイエンスに出資したと発表した。出資額は非公表。今後、アシックススポーツ工学研究所と、シービックス社の繊維素材を活用したスポーツ用品の開発を進める。シービックス社は2014年の設立。天然のクモ糸のように軽く、耐久性がある極細のバイオプロテイン繊維素材を製造している。微生物によって分解される生分解性をもつのが特徴だ。

  • >>No. 543

    少し前にネット証券記載欄では本日となっていましたが、改めて見ると5月20日に変わってました😅

  • ここの「ニュース」覧、4月20日16:23付に野村証券の記事(提供 モーニングスター社)が記載されていましたが、嬉しい内容ではありませんでした😢
    でも、その後に色々良い話題があったので、盛り返しを期待しています!^ ^

  • リリース、これ↓ですね👍
    (以下、日本信号HPより一部抜粋)

    【日本初 歩行者信号の情報を提供するアプリケーション 「信 GO!」をリリースいたします
    2020年4月27日】

    日本信号株式会社は、2020年4月24日(金)に、歩行 者信号の情報(青信号、赤信号、青点滅情報)をスマートフォンで表示するアプリケーション「信GO!」 をリリースいたしました。
    当社はSIP※1に参画し、交通制約者の方々の暮らしが、より安心、快適になるように、交通制約者等 の交差点を渡る際の安全確保という課題解決に取り組んでまいりました。その成果として、BLE※2路側機 と歩行者信号の情報をスマートフォンに提供するアプリケーション「信GO!」を、開発いたしました。
    「信GO!」では以下の2種類のサービスを提供します。
    1)歩行者信号情報提供サービス
    歩行者信号の情報を「音声」「振動」「画面表示」によって確認することができます。
    また、交差点名称と方向名称も音声で確認することができます。
    2)歩行者横断支援サービス
    押ボタン機能がある交差点※3 で、スマートフォンから押ボタンの操作を可能とするサービスです。

  • 「中国で上海市から浙江省省都の杭州市を経由し、同省寧波までを結ぶリニア鉄道の計画が発表された。総延長は400キロメートルで、同省はこの計画を柱に交通分野に計3.6億元(約56兆円)を投じるという。 」

    関連銘柄として記載あり。
    台湾に続き、期待してます!😉


  •  ロート製薬は21日、医療機関に医療用マスク30万枚、手袋20万組などの物資を5月上旬から順次寄付すると発表した。社内に設置した「新型コロナウイルス対応医療機関支援室」で準備を進める。

    (産経新聞より)

  • 「優待名人」として知られる桐谷広人さん。2月下旬のコロナ・ショック以降、割安になった優待株を買い進め、保有銘柄はついに1000銘柄に達したという。

    「私は、ずっと買っていますよ。2月末の暴落時には『チャンス!』と思って、たくさん買いました」と桐谷さんは明るく話す。優待と配当を合わせた総合利回りが4%以上で買い、多くの銘柄に分散投資で損切りはしない──というのが桐谷さんの信条。
    (本日記載の日経マネーより抜粋)

    すごい方ですね^ ^

  • 再生医療を化粧品に応用、ロート製薬はコラーゲンに
    ヘルスケア
    2020/4/14 11:00 [有料会員限定]
    再生医療の技術を化粧品に応用する動きが広がってきた。ロート製薬は脂肪幹細胞からコラーゲンの量を調節する化合物を見つけ、化粧品に配合。

    (日経デジタルより一部抜粋 他有料コンテンツ)

  • 何だかもう一つありましたので…。        色々なことに取り組んでいますね^ ^


    「大日本印刷は8日、日本カードネットワーク(東京都新宿区、CARDNET)と、ネットショッピングなど非対面でのクレジットカード決済の安全性を高める本人認証「EMV 3-D Secure」をクレジットカード会社(イシュア)が導入するための認証サーバー「ACS(Access Control Server)」サービスの本格的な提供を開始すると発表した。

     今回、サービスの提供にあたり、カード会員の利便性の向上と、市場へのサービスの浸透を図るため、同社とCARDNETの共同出資によるJ&D有限責任事業組合(LLP)を設立。同サービスのシステム開発と運用はLLPが行い、イシュアとの営業窓口は同社とCARDNETが行うという」

    提供 モーニングスター社

  •  大日本印刷は7日、Sky(大阪府大阪市)と協業し、文部科学省が推進する、子ども一人ひとりに最適な学習をICTにより実現し多様な人材育成を目指す「GIGAスクール構想」に向け、小中学校向けの「DNP学びのプラットフォーム リアテンダント」のAI(人工知能)ドリル教材を、Skyの「Sky安心GIGAタブレット(スカイあんしんギガタブレット)」に搭載し提供すると発表した。

     今回提供する「リアテンダントAIドリル教材(GIGA対応版)」は、小中学校向けに算数・数学・英語のドリル教材。児童・生徒の理解度に応じて復習問題を反復、または自動選択で表示するという。自動採点機能と連携させて学習履歴(スタディ・ログ)を蓄積・分析することで、児童・生徒1人ひとりに合わせた「アダプティブ学習」を行うことが可能としている。

    提供 モーニングスター社

  •  大日本印刷は1日、3月31日にJTBのグループ会社で観光関連の販促事業を行うJTBプランニングネットワークの株式95%を取得して子会社化し、同時に社名をDNPプランニングネットワークに変更したと発表した。

     同社では、JTBプランニングネットワークをDNPプランニングネットワークとしてグループに加えることで、旅行・観光業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進を支援し、業務品質の向上や情報発信などの分野で新しい価値を創出する。また、大型国際イベント等における空間デザインや運営、地域創生の取り組みなども積極的に推進し、事業拡大を図る方針。

    提供:モーニングスター社

  • 大日本印刷は、26日、5G対応製品向け透明アンテナフィルムを開発したと発表した。

     本製品は、透明なフィルム上に、目に見えないほどの金属配線を超微細なメッシュ(網目)状に形成したも。優れた透明性に特長があり、5G対応製品の透明表面材にアンテナを設置でき、アンテナ設置場所に余裕のなかったモバイル機器や窓ガラスにおいて、視認性を損なうことがないという。

    提供:モーニングスター社

  • ロートは24日、同社および大阪大学との研究グループが、眼周囲間葉(POM)細胞の単離に有用なレポーターiPS細胞株の樹立に成功したと発表した。

     同社および大阪大学 大学院医学系研究科の林竜平寄附講座教授、川崎諭特任准教授、西田幸二教授の研究グループは、これまでに、ヒトiPS細胞から眼全体の発生を模倣した、さまざまな眼の細胞を含む多層状コロニー(SEAM)の誘導に成功しており、今回開発したレポーターiPS細胞株を用いてSEAMを誘導すると、その中にPOM細胞が含まれることが明らかになったという。さらに、SEAM中で誘導されるPOM細胞は緑色蛍光を目印に単離することが可能で、単離後の培養も可能であることを示すことができたという。今回の成果により、POM細胞を由来とする角膜内皮細胞や角膜実質細胞など、眼科領域の再生医療に応用可能な細胞の分化誘導研究が促進されることが期待されるとしている。

    提供:モーニングスター社

  • ロート製薬は16日、ウェザーニューズ(WNIウェザ)と、気象を軸に両社の強みを生かしてより多くの人にきめ細かいヘルスケアを提供していくことを目的に、同日から協業を開始すると発表した。 (提供 モーニングスター社)

  • ここの「ニュース」枠で目標株価が3/6に4600円と書かれていたこと見逃していました😅そうなれば良いですが…、でも、この状況なら無理かな⁉️

  • 円高は厳しい?
    まだPER的に高い?

    でも、「良いものは良い」。
    医療の世界では特にオンリーワンがあれば、生き残れるのが必然と思います…

  • 粛々と拾っていますが、まだ下落傾向なのかな?
    ここは地味ではあると思いますが、コロナの直接の影響が私には良く理解できません😅(経済全般の下降は分かりますが…)大江戸線、台湾受注、顔認証システム、自動運転インフラなど、未来の要素たっぷりと思いますが。PERも低いし、来年以降が楽しみです!

本文はここまでです このページの先頭へ