ここから本文です

投稿コメント一覧 (67コメント)

  • 初めて投稿します。
    短期的にはまだまだ下げるのでは?
    売上は期末に集中する上、多額の広告費、大手と提携しても収益化は当分先な気がします。
    個人向けも会社計画が強気で未達もあり得るかと。
    販売店での販促活動が見られないですからね。
    そもそもNTTの件から+7000はやり過ぎ。
    しかし、すぐに切り返さなくとも、この程度の時価総額が天井になる企業とは思えないです。
    長期で保有して応援したいと思います。

  • ここは1度大きく下げた方がいい。
    ホルダーの方も、このまま上がり続ける何て思ってないですよね。

    下期偏重は分かっていた事。
    前期は3Qで微益→失望売りの始末。

    PTSで投げ売りの方は、1Q爆益、サプライズを想定されていた?
    致命的な読み違いです。これを機に退場をおすすめします。

    通期赤字もあり得ると思います。
    市場価格の倍の価格のソフトがCMだけで7億売れる程甘くは無い。
    不正送金被害が増えても、自分のパソコンが被害に会う確率は何%?
    まだまだ他人事。

    8000円辺りからは少し仕手化しすぎていましたね。
    1度、大きく戻し、数年後の実積と共に上昇を期待します。

  • 2015/08/16 23:29

    個人向け予算の7億は今のままでは難しいと思います。
    会社に入る単価がいくらか分かりませんが、仮に5000円/個と仮定すると、
    (全然金額違うかも。)
    販売本数→約14万個
    1月辺り→約15000個
    1日辺り→約500個
    (計算違ってたらすみません。)
    こんなに売れてる様に見えないんだよな~

    ヤマダの店舗見たけど、全く良さが伝わらないね。
    並べてラベル売っただけで、こんな高いソフトが売れる訳無いと思うな。

    優秀なソフトなのは分かるし、いつかは売れるだろうけど、期待されている様な直近の決算には何も望め無い気がします。

    Windows10が搭載されたPCの発売と共に、ヨドバシ、ビック、ケーズ、エディオンなんかで販売したら期待出来そうだけどね!

    家電店に社長、社員が販促キャンペーンで行くくらいの本気が見たいな。

  • >>No. 18360

    昨年11月頃のTV出演は後場の場中で、出演後に急伸し、ストップつけましたね。
    当時とは時価総額も違うので分かりませんが、いいお誕生日になるといいですね!

  • >>No. 21068

    そうですね。

    社長も昨日のTVで、『不正送金被害30億円はまだまだ初動』みたいな事を言っていましたね。
    300億、3000億となる日も来るかも知れません。
    それでも家電店はパターンマッチングのソフトを売りますかね?
    間違った説明で購入して、被害にあったら訴訟問題にもなりかねない。
    その時に、この株を買おうと思っても、多分手遅れ。

    社長も言っていましたが、通常、3Qまでは赤字。
    昨年の1Qはイレギュラー。
    今年も3Qまで赤字でOK!
    下方修正で株価が下がるなら買い増すのみ!

    CMは個人にもそうですが、企業、販売する側に対する啓蒙としてもとても効果的。

    株価はまだまだ上下するの思うので、含み損抱えるのがイヤならさっさと売った方がいい。
    自信があるなら回転もいい。

    長期で応援しましょう。

  • 社長は先日のTVで『現在の市場約1200億円は本来必要の無い物(WindowsDefenderがあれば)が売れてしまっている。いずれシュリンクする。』と話していました。

    私もそう思います。
    会社が何もしなくとも、TV、週刊誌が既存のセキュリティソフトの危険性を騒ぎたてる日が来ると思います。
    その時に、やっとみんなが今のCMを思い出すのではないでしょうか?

    まだ何も始まって無いですよ。
    価格設定も妥当です。
    液晶テレビ、ブルーレイ、LED電球、最初は高かったですよね(笑)
    多数の量販店を回って、頭下げて、ベンチャーだから足元見られて値切られて、そんな事をするより今のままでいいです。
    あれだけCMやれば量販店から食いついて来るでしょう。

    勝手な妄想です。
    大事なお金です。無理は禁物。

  • 皆さん、始めまして!

    含み損で困ったら、一度売って買い直すといいですよ(*^^*)
    手数料を損しますが、マイナス●●●万て、見なくてすみますからね!
    それだけですけど(笑)

    まーここはそれをやっても再度含み損になりましたが(°▽°)
    でも、不思議と頭に来ないんですよね、ここ。
    オプティム、頑張れ~

  • 2015/08/26 10:03

    そうですね!

    良い意味での泥臭さの様な物を感じます。

    IT企業は人材サイクルが早いと言われていますが
    、この様な経営者の会社は定着率が高い気がします
    (*^^*)

  • 次から次へと、いろいろ出ますね!

    本当にワクワクさせてくれる会社です(*^^*)

  • 2015/08/28 01:48

    なんだか風向きが変わりましたね(*^^*)

    相当な含み損なので上がるのは嬉しいですが、ここはカメさんでいいです(笑)
    ウサギさんはお隣さんに任せてね!

    ながーいながーい目で応援しましょう。
    ジュニアNISAに入れられます様に♪

  • いろいろな新規事業をしながら、無借金経営で、しかも毎年増益続き。
    とにかく、楽しみしかないです。
    ジュニアNISAに入れたいけど、80万では買えなくなってしまうかも(^^;

  • >>No. 645

    ですね(*^^*)

    IPOでもベンチャーキャピタルを使用しなかったり、何だか社長の信念の様な物を感じますね。

  • >>No. 671

    昨日はともかく、株主ほぼ含み損の値動きをしている掲示板とは思えませんね(*^^*)
    どこかで、タブホは新卒社員が企画し、交渉も行ったとの記事がありました。
    新卒社員からして、この企画力、行動力(°▽°)
    楽しみしか無いです。

  • 2015/09/04 17:32

    3500円辺りで行われた臨時株主総会が底でしたね。
    まさかその後にこんな展開とは(笑)

  • ここの技術は本物です。
    いつかは売上を伴い、高値を抜く日も来ると思いますよ(*^^*)
    上がるも相場、下がるも相場で信じているなら待つのみです。下がるのが嫌なら売れば良いだけ。
    これ以上マネーゲームになるのは会社も望んでないでしょう。
    ですから、分割などはまず無いと思います。
    せっかく良い会社に出会えたのですから、長い旅を楽しみましょう。

  • >>No. 31993

    その通りだと思います。
    でも、どちらも凄い会社だと思いますよ。
    この2つの会社が連番で並んでいる事は奇跡だと思います。
    きっとこの先は時価総額で抜きつ抜かれつになるのではないでしょうか(*^^*)
    どちらも楽しみです。
    ただ、私はどちらも保有していますが、オプティムの含み損はそれは酷い(笑)
    数年後、2014年のIPOは宝の山だった、となるといいですね!

  • >>No. 32046

    はじめまして。
    それはご自身で決められたら良いと思いますよ。
    私は長期ホルダーです。
    ただ、2Qは赤字拡大と予想しています。
    個人向けが売れてない上、CM費用がありますから。
    ストップ安もあるかも知れません。
    最悪、4000まで落ちる覚悟もしています。
    それでも良いと思える株数を現物で持っています。
    これ以上IRに期待して上値を夢見るのはただのギャンブルだと思います。
    いつかは上値を更新出来ると思います。
    待てるか、どうかです。
    無理は禁物。

  • >>No. 32088

    セキュリティソフトだけを買い換える人はあまりいません。
    しかし、これからは家電店にWindows10搭載のPCが順次並びます。4Kと並んで冬商戦の目玉になると思います。
    特需のチャンスはあると思っています。

    密かに期待しているのが、どこかのメーカーのPCに初年度無料で実装されないかな、なんて思っています。
    費用はメーカー負担で、それも個人向けの売上に経常されるでしょうからね。
    ま、期待し過ぎない様にします(笑)

    お互い三年寝太郎で応援しましょう\(^^)/

  • 日経がどんなに下がっても、オプティムは関係無いですよ(^o^;)
    どんなに世界経済が混乱しても、MDMの市場は伸びるし、教育現場のタブレット活用は増える。
    タブホは格安スマホと共に伸びるし、ドローン、コスメ、遠隔医療もいつかは金になる。
    来週の株価なんてどうでもいいです(*^^*)
    時価総額350億はバリューですね。
    ここは現代のエジソンだと思います。
    日経と無関係です。
    連れ安すれば、買い増しです!

本文はここまでです このページの先頭へ