ここから本文です

投稿コメント一覧 (248コメント)

  • No.543

    強く買いたい

    江崎グリコ<2206.T>が2…

    2019/08/21 19:26

    江崎グリコ<2206.T>が21日の取引終了後、自己株式の消却を発表した。消却前の発行済み株式総数の1.36%に相当する94万5900株を8月30日付で消却する。

  • 互応化学工業の19年4~6月期、純利益0円
    2019/8/9 15:34

    互応化学工業が9日に発表した2019年4~6月期の連結決算は、純利益が0円となった。売上高は前年同期比1.9%減の17億円、経常利益は前年同期比54.6%減の6900万円、営業利益は前年同期比51.2%減の6200万円だった。

    反応系製品の中で繊維関係は、国内市場は衣料用、資材用とも低迷し前年同期を下回る結果となったが、海外市場においてターゲットとする高級衣料分野が好調に推移し前年同期を大きく上回る結果となり、全体では前年同期を上回る結果となった。工業用分野は、水溶性ポリエステル樹脂の国内市場の主要分野であるフィルム向け、繊維向けとも前年同期より持ち直し、海外市場も包装材料が好調に推移し、全体としては前年同期をやや上回る結果となった。

    2020年3月期は純利益が前期比41.7%増の3億1000万円、売上高が前期比6.3%増の76億円、経常利益が前期比10.3%増の4億3000万円、営業利益が前期比2%増の3億8000万円の見通し。

  • No.750

    強く買いたい

    (6998)日本タングステンの…

    2019/08/08 17:52

    (6998)日本タングステンの19年4~6月期、純利益50.8%減1億2900万円

  • ユアサ・フナショク<8006>が8月5日に発表した2020年3月期第1四半期の経常損益は397百万円であった。また同日発表された業績予想によると通期の経常損益は前回予想を据え置き、5.5%増益の2,200百万円を予想している。尚、中間の経常損益は1,100百万円を予想している。

  • 日本電産 <6594> 上期最終を35%下方修正。

  • 保育園の紙おむつ、定額使い放題 ユニ・チャームが業界初
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190722-00000146-kyodonews-bus_all

     紙おむつ最大手のユニ・チャームが、保育園向けに乳幼児が使う紙おむつを定額で使い放題とするサービスを始めたことが22日、分かった。保護者がおむつを持参する必要がなく、需要が多いと判断した。ユニ・チャームによると、メーカーによる子ども用紙おむつの定額制導入は初めてという。今年初めに本格展開を始め、導入先は既に13都府県の100カ所近くに上っており、普及が加速しそうだ。

     保育士の人材サービスを手掛ける大阪の企業と提携して実現した。月額は週5日登園で0歳児が3240円、1歳児が3024円、2歳児が2700円。おむつの大きさは5種類を用意した。(共同)

  • 株主総会は無風と言って良い状況で静かに終わりました。社長の一連の事業者報告等は原稿棒読みで、危機感を全く感じられませんでした。

  • No.718

    強く買いたい

    2,017円(5/21終値) …

    2019/05/21 21:18

    2,017円(5/21終値)

    PER(連結) 6.6 倍 配当利回り 4.21 %
    PER(単独) 6.7 倍 株式益回り 14.90 %
    PBR(連結) 0.48 倍 ROE(連結) 8.503 %
    PBR(単独) 0.54 倍 ROE(単独) 10.89 %

  • No.685

    強く買いたい

    ( ゚∀゚)o彡゜握力!握力!

    2019/05/17 09:33

    ( ゚∀゚)o彡゜握力!握力!

  • No.652

    強く買いたい

    5/14終値 2,175円 …

    2019/05/14 18:35

    5/14終値 2,175円

    PER(連結) 6.3 倍 配当利回り 4.13 %
    PER(単独) 6.6 倍 株式益回り 15.14 %
    PBR(連結) 0.53 倍 ROE(連結) 7.532 %
    PBR(単独) 0.63 倍 ROE(単独) 7.18 %

  •  互応化学工業 <4962> [東証2] が5月14日大引け後(15:30)に決算を発表。19年3月期の連結経常利益は前の期比54.7%減の3億8900万円に落ち込んだが、20年3月期は前期比10.5%増の4億3000万円に回復する見通しとなった。

     直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比32.7%減の7400万円に落ち込み、売上営業利益率は前年同期の5.6%→4.2%に悪化した。

  • No.642

    強く買いたい

    2019年3月期決算発表は05…

    2019/04/24 10:00

    2019年3月期決算発表は05月16日です。

    昨年は14:30の発表でした。今年の本決算は期待出来ると思います。

  • No.594

    強く買いたい

    本日はSMBC日興証券にて行わ…

    2019/03/19 18:46

    本日はSMBC日興証券にて行われた個人投資家向け会社説明会に参加してきました。
    説明者は後藤社長、約1時間にわたり同社の事業内容等の説明をされました。
    要旨は下記の通りです。

    ・2019年3月期第3四半期の各セグメントは機械部品事業、電機部品事業ともに
     好調。
    ・特に主力のNTダイカッターは基山工場の増築した建屋もフル稼働の好調ぶり。
    ・NTダイカッターのメンテナンスの取り込みを狙い海外拠点の抑え込みも進む。
    ・カテーテル用タングステン製品は引き合い多く、将来の成長性が期待できる。
    ・半導体関連では利益率高い磁器ヘッド基板用セラミックスが順調に推移。
    ・液晶関連ではコータバーが好調、今期上ブレの実績。
    ・自動車用電装部品用電極はEV市場拡大見込み生産能力を1.6倍へ設備投資予定。
    ・現在の株価・各指標の状況は「恥ずかしい」。今後はIR・PRにより力を入れる。

    社長のお人柄でしょうか、朴訥とした感じでたんたんとお話されていましたが、
    もっと自信を持ってお話されてもいい内容であると思いました。伝統的に控えめな将来予測をたて堅実な経営をする企業と思っていましたが、若手社員を中心に2020年中期経営計画を作成するなど、創立100年(2031年)の同社のあり方を見据え根本的な変革が始動していると感じました。

  • 日本タングステンは戻り歩調、19年3月期大幅増収増益予想で上振れ余地2019年3月18日

    日本タングステン<6998>(東2)は超硬合金製品、セラミックス製品、金属材料製品、電気・電子材料製品を展開している。19年3月期大幅増収増益予想である。第3四半期累計の利益進捗率が高水準であり、通期予想に上振れ余地がありそうだ。株価は下値を切り上げて戻り歩調だ。出直りを期待したい。

    ■超硬合金製品など展開
     タングステンやモリブデンの加工で、超硬合金製品とセラミックス製品の機械部品事業、金属材料製品と電気・電子材料製品の電機部品事業を展開している。


    ■19年3月期大幅増収増益予想で上振れ余地
     19年3月期連結業績予想は売上高が18年3月期比13.5%増の126億円、営業利益が31.0%増の9億90百万円、経常利益が13.2%増の11億10百万円、純利益が19.2%増の8億30百万円としている。

     第3四半期累計は売上高が前年同期比15.6%増の95億09百万円、営業利益が52.2%増の9億08百万円、経常利益が28.0%増の10億39百万円、純利益が24.1%増の7億51百万円だった。機械部品事業、電機部品事業とも好調に推移した。主要製品では衛生用品関連のNTダイカッター、自動車関連のEV用接点が好調だった。

     通期予想に対する進捗率は売上高75.5%、営業利益91.7%である。通期予想に上振れ余地がありそうだ。好業績を期待したい。

    ■株価は戻り歩調
     株価は12月の安値1993円から下値を切り上げて戻り歩調だ。出直りを期待したい。3月15日の終値は2408円、今期予想連結PERは約7倍、時価総額は約62億円である。
    (情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

  • SHOEI、モーターサイクルショーにHUD搭載スマートヘルメット出展

    SHOEI(台東区)は「第46回東京モーターサイクルショー」でオートバイ用スマートヘルメット「IT-HL(仮称)」を出展する。
    バイク用ヘルメットを手掛けるSHOEI。自動車用メーターやヘッド・アップ・ディスプレー(以下HUD)を開発・製造・販売するNSウエスト(広島県)と共同でオートバイ用スマートヘルメット「IT-HL(仮称)」を開発した。
    「プレミアムヘルメット」に求められる高い安全性・機能性・デザイン性を犠牲にすることなく、NSウエストが車載用HUDの開発で培った光学技術と電子技術を生かし、HUDをヘルメットに内蔵した。
     これにより、スマートフォンからBluetooth経由で送信されるナビゲーションなどの情報をシールド内のディスプレーに表示。ライダーは最小限の視線移動で情報を得ることができる。将来的な量産を視野に入れる。
    今回の展示では、来場者に体験機会も設ける。
    「第46回東京モーターサイクルショー」は3月22日~24日、東京ビッグサイトで開催される。

  • いずれにせよ、上場廃止はほぼ全てのステークホルダーにとって避けたい事態でしょうから、319円はひとつの目途として捉えていいのではないでしょうか?

  • 上場廃止に係る猶予期間からの解除:(株)省電舎ホールディングス 他1銘柄
    https://www.jpx.co.jp/news/1021/20190201-01.html

  • No.518

    強く買いたい

    2019年02月07日平成31…

    2019/01/30 19:22

    2019年02月07日平成31年3月期第3四半期決算発表

    楽しみです♬(ノ゜∇゜)ノ♩

  • 薄商い相場でも強さ発揮、脚光浴びる東証2部の好業績・割安株 
    <株探トップ特集>
    https://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20190128-00000189-stkms-stocks

    ●日本タングステン、用磁気ヘッド基板や電気自動車用接点製品が好調

     日本タングステン <6998> [東証2]は昨年11月8日、19年3月期通期業績予想と配当計画の修正を発表した。経常利益見通しを従来の8億1000万円から11億1000万円(前期比13.3%増)に引き上げたほか、年間配当を従来計画比30円増額の90円とした。売上高予想も113億円から126億円(同13.5%増)に上方修正した。ハードディスクドライブ(HDD)用磁気ヘッド基板や電気自動車(EV)用接点製品が好調なほか、衛生用品関連のNTダイカッターも堅調に推移していることなどを反映した。

本文はここまでです このページの先頭へ