ここから本文です

投稿コメント一覧 (1429コメント)

  • 双日など、政府官公庁や企業に向けたサイバーセキュリティー事業に参入

    2014/11/17
    日経BP IT PRO

    エヌシーアイと日商エレクトロニクス、双日とともにサイバーセキュリティ事業に本格参入

    〜コンサルティング、導入支援、システム構築、監視・運用・情報分析をワンストップで提供〜

     双日グループであるエヌシーアイ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:橋本晃秀 以下、エヌシーアイ)と、日商エレクトロニクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:河村八弘 以下、日商エレ)は、双日株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:佐藤洋二 以下、双日)とともに、政府官公庁や企業に向けたサイバーセキュリティ事業に本格参入します。

    http://itpro.nikkeibp.co.jp/atclact/activer/nkpr/RSP374128_17112014/

  • No.380102

    ちなみに

    2014/11/12 09:25

    トレックスセミコン
    決算は金曜

  • ペプチド
    もう少し
    売り希望w

  • No.73371

    なるほど

    2014/11/12 08:26

    ペプチド
    S安には
    してくれんのかい

  • No.68414

    ちなみに

    2014/11/12 08:17

    ペプチド
    成り売り
    現在6600

  • 富士フィルム

    『アビガン』

    『アミロイドβ』

    ダブル材料登場ww

  • PET検査にてアミロイドβを可視化する放射性医薬品
    「florbetapir(18F)注射液」の共同開発契約を締結

    2014年11月4日
    富士フイルムRIファーマ株式会社

    富士フイルムRIファーマ株式会社(本社:東京都中央区/社長:熊野 嘉郎、以下 富士フイルムRIファーマ)と日本イーライリリー株式会社(本社:兵庫県神戸市/代表執行役社長:パトリック・ジョンソン、以下 日本イーライリリー)は、このたび、PET検査にて脳内アミロイドβ(ベータ)プラークを可視化する放射性医薬品「florbetapir(18F)注射液」の、日本国内における共同開発契約を締結しました。

    アルツハイマー型認知症(AD)は、アミロイドβというタンパク質の脳内への異常な蓄積が発症原因の一つと考えられています。「florbetapir(18F)注射液」は、脳内のアミロイドβの蓄積を可視化することができ、ADが疑われる認知機能障害を有する患者に対して、診断的評価を補助する目的で使用されます。

    富士フイルムRIファーマと日本イーライリリーは、「florbetapir(18F)注射液」の国内での共同開発体制構築により、より多くの医療機関で同剤を使用したアミロイドイメージングが行えるようになることを目指します。高齢化社会の進展に伴って急速に増加している認知症の診断精度向上に貢献できるよう、両社ともに企業努力を重ねてまいります。

    http://fri.fujifilm.co.jp/information/detail/141104.html

  • 世界初
    血液検査で
    アルツハイマー検知

    アミロイドβらしい


    //////////////////////
    富士フイルムRIファーマと米Eli Lilly社は、米国で2012年に承認された脳内アミロイドβプラークを評価するPET(陽電子放射断層撮影装置)脳画像用放射性診断薬「florbetapir(18F)」の共同開発契約を締結したことを、2014年11月4日に発表した。

  • No.378921

    おそらく

    2014/11/11 12:58

    トレセミ
    円安で
    進捗率解消かw

  • No.377946

    ちなみに

    2014/11/10 22:21


    地盤ネット空売り

    2014年11月06日 GOLDMAN SACHS
    買戻し46,200
    残179,100株

    2014年11月04日 GOLDMAN SACHS
    買戻し34,400
    残225,300株

  • No.375659

    ちなみに

    2014/11/10 08:32

    エンバイオ
    謎の4桁連隊
    裾野に集結中w

  • 2014/11/10 08:28

    WGインしたいが
    予算的に断念(>_<)

  • 中国の“異常”な大気汚染対策 2千社が操業停止、1900社が減産、1700カ所で工事休止…

    2014.11.8
    産経新聞

     8日の新華社電によると、中国河北省で同日までに、大気汚染を防ぐため約2千社が工場などの操業を停止、約1900社が減産措置を取った。同省に隣接する北京でアジア太平洋経済協力会議(APEC)の関連会議が開かれていることに伴う措置とみられる。

     同省の当局は、1700カ所の工事現場でも作業を停止させたという。

     中国政府は、北京市中心部の車の交通量を大幅に規制するなどして、多数の外国首脳らが集まるAPEC期間中の大気汚染対策に躍起になっている。

     インターネット上では、中国政府のメンツがかかっているためAPEC期間中は青空が望めるとして、ここ数日の晴天を「APECブルー」とやゆする書き込みが相次いでいる。(共同)

    http://www.sankei.com/smp/world/news/141108/wor1411080048-s.html

  • 中国土壌汚染対策がビジネスに

    ジェトロセンサー
    2014年10月号

    工場跡地の再開発が進む都市部などで土壌汚染が問 題となっている。2014年4月には全国の土壌汚染状況調査の結果が公表された。中国政府は現在土壌汚染対策法の策定を進めており、汚染対策の強化を見据え て企業や地方政府に土壌の調査・修復のニーズが生まれている。高度な技術力や専門的な知見を有する日系企業にも参入に向けた動きが見られる。

    ///////////////////////

    《JETROが注目する中国の土壌汚染対策市場に進出している日系企業》

    国際環境ソリューションズ(日本アジアグループ)

    アイ・エス・ソリューション/江蘇聖泰実田環境修復有限公司(エンバイオホールディングス)

    ///////////////////////

    http://www.jetro.go.jp/jfile/report/07001840/07001840.pdf

  • 中国土壌汚染対策がビジネスに

    ジェトロセンサー
    2014年10月号

    工場跡地の再開発が進む都市部などで土壌汚染が問題となっている。2014年4月には全国の土壌汚染状況調査の結果が公表された。中国政府は現在土壌汚染対策法の策定を進めており、汚染対策の強化を見据え て企業や地方政府に土壌の調査・修復のニーズが生まれている。高度な技術力や専門的な知見を有する日系企業にも参入に向けた動きが見られる。

    鉱山や工場からの汚染物質の流出、耕地での化学肥料の過剰投与などで土地が汚染されると、住民の健康や農産物の生育に大きな影響をもたらす。従来中国では土壌汚染の状況は公開されてこなかったが、環境保護部と国土資源部が 2014年 4 月、共同で「全国土壌汚染状況調査」を発表した。同調査によれば、調査対象面積の約16.1%で汚染基準値の超過が確認された。 土地利用別に耕地、林地、草地、未利用地という4分類の汚染状況を見ると、耕地が19.4%、他三つはいずれも 10%内外だった。他方、重度汚染企業用地や工業団地などでボーリング調査した結果、重度汚染企業用地(36.3%)、工場跡地(34.9%)、工業団地(29.4%) では、いずれも土地の約 3 割に汚染が見られた。

    http://www.jetro.go.jp/jfile/report/07001840/07001840.pdf

  • 中国土壌汚染対策がビジネスに

    ジェトロセンサー
    2014年10月号

    工場跡地の再開発が進む都市部などで土壌汚染が問 題となっている。2014年4月には全国の土壌汚染状況調査の結果が公表された。中国政府は現在土壌汚染対策法の策定を進めており、汚染対策の強化を見据え て企業や地方政府に土壌の調査・修復のニーズが生まれている。高度な技術力や専門的な知見を有する日系企業にも参入に向けた動きが見られる。

    ///////////////////////

    《JETROが注目する中国の土壌汚染対策市場に進出している日系企業》

    国際環境ソリューションズ(日本アジアグループ)

    アイ・エス・ソリューション/江蘇聖泰実田環境修復有限公司(エンバイオホールディングス)

    ///////////////////////

    http://www.jetro.go.jp/jfile/report/07001840/07001840.pdf

  • 中国土壌汚染対策がビジネスに

    ジェトロセンサー
    2014年10月号

    工場跡地の再開発が進む都市部などで土壌汚染が問題となっている。2014年4月には全国の土壌汚染状況調査の結果が公表された。中国政府は現在土壌汚染対策法の策定を進めており、汚染対策の強化を見据え て企業や地方政府に土壌の調査・修復のニーズが生まれている。高度な技術力や専門的な知見を有する日系企業にも参入に向けた動きが見られる。

    鉱山や工場からの汚染物質の流出、耕地での化学肥料の過剰投与などで土地が汚染されると、住民の健康や農産物の生育に大きな影響をもたらす。従来中国では土壌汚染の状況は公開されてこなかったが、環境保護部と国土資源部が 2014年 4 月、共同で「全国土壌汚染状況調査」を発表した。同調査によれば、調査対象面積の約16.1%で汚染基準値の超過が確認された。 土地利用別に耕地、林地、草地、未利用地という4分類の汚染状況を見ると、耕地が19.4%、他三つはいずれも 10%内外だった。他方、重度汚染企業用地や工業団地などでボーリング調査した結果、重度汚染企業用地(36.3%)、工場跡地(34.9%)、工業団地(29.4%) では、いずれも土地の約 3 割に汚染が見られた。

    ///////////////////////

    《JETROが注目する中国の土壌汚染対策市場に進出している日系企業》

    国際環境ソリューションズ(日本アジアグループ)

    アイ・エス・ソリューション/江蘇聖泰実田環境修復有限公司(エンバイオホールディングス)



    ///////////////////////

    http://www.jetro.go.jp/jfile/report/07001840/07001840.pdf

  • 原因は隣接事業所のドラム缶 盛岡・羽場の油流出

    2014年11月9日
    岩手日報

     盛岡市羽場(はば)の水路から染み出した油が近くの木伏(ひっぷし)川に流出した事故で市は7日、水路に隣接する事業所のドラム缶から漏れた使用済みエンジンオイルが原因と判断した。油の成分分析結果を受けたもので、事業所に水路への流出遮断措置と汚染土壌の浄化など対策を講じるよう指導する。

     市によると、成分分析を行った業者から同日、軽油か重油、または潤滑油と推測される―と報告を受けた。水路から約25メートル離れた事業所敷地内のドラム缶の穴からオイル約200リットルが流出したことが分かっており、ほかに油漏れなどもないため、原因と結論づけた。

     穴が見つかったドラム缶は2013年10月に満杯にして塀の近くで保管。下部に開いた1センチほどの二つの穴は塀側にあり、死角になっていたという。

     事業所の油を回収する業者によると、穴の形状から「腐食が原因とは思えない。熱でも加えなければこうはならない」という。事業所はドラム缶のあった場所に油の吸着剤をまき、ほかのドラム缶を屋内に移した。社長は「油漏れは事実。監督不行き届きだった。再発防止に努めたい」と謝罪した。

    http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20141108_9

  • No.373167

    ちなみに

    2014/11/08 18:21

    GSの地盤ネット大作戦

    2014年11月04日
    買戻し34,400
    残225,300株

    つづくwww

本文はここまでです このページの先頭へ