ここから本文です

投稿コメント一覧 (1823コメント)

  • kawaseさんお元気でなによりです。

    38度線の近くの韓国側の地雷を爆破。
    北を監視する監視台の破壊。
    近くの自国の飛行の偵察を廃止
    青瓦台の極左の選択。
    大法院の私物化

    文何がしは、民族統一と言う、一見耳障りの良い言葉を用いて北に従属、南をそっく北に渡そうと思っているのか?
    けれどそうは簡単には行かない。
    米軍が引く時は、南半島の経済の大壊滅を意味する。
    何故なら現在の南半島の大半は外資が支配している。
    自国にあっても自国の企業では無いのです。
    赤化統一の前に一斉に外資が引いて南半島の経済は廃墟となるでしょう。
    日本の援助とパクリによって成し得た今の繁栄も瞬時に藻屑と化してしまうでしょう。
    また以前の李王朝の頃に戻ってしまう事でしょう。

  • 「関係悪化を避けたい」とは南半島人が日本に対する言葉だ!
    少なくとも日本人が彼の民族に言う言葉ではない!
    日本は南半島の真摯な謝罪、関係者の処分を強硬に訴えるのみ。
    そしていずれ来たるべき南半島の赤化統一に備えなくてはならない。
    その時は近い!

  • ほらはら南半島、矢張りまた始まったよ。

    レーダー問題の動画を一部自衛隊が発表したら、今度は南半島の防衛省は'「その様な動画は認められない」などと発表している。
    よりにもよって、空の電子要塞P1哨戒機に向かっレーダー照射しておいて証拠が残って居ないと思っているのかな?
    瞬時に米軍とも連絡が取れているとも聞く。
    おめでたいと言うか、なんか無知?そしてお決まりの火病?
    素直に非を認めて関係者を処分すれば事はそれ程大きくならなかったのに!
    嘘を嘘で塗り固める愚かな民族ですね。

  • >>No. 222

    いえいえ決してreiさんの事を言っている訳では有りませんよ。勘違いをなさらないで下さいね。

  • 半島を相手にしてはいけないと言う、良い経験(?)をしたと思って諦めるしかな無いかもね。

  • >>No. 213

    そうですか。先人伊藤博文公の言葉を思い出しましょう。
    彼の国とはまともな契約は出来ないと思うべし。
    彼の国に温情をみせてはならない.与しやしと思いつけ上がる。etc
    要するに、畜生と一緒。牙を向いて向かって来たら尻をかおもいっきり叩いて思い知らせることが
    必要。

  • 移民が必要としてもわざわざ、生粋の反日の国より募集しなくては良いんじゃないかな?
    もつと親日のアジアの国より受け入れたら良いんじゃないかな?

  • [国家情報法]と言うスパイ法の有る国、及び反日捏造報道や嘘に嘘を塗り込める半島人からの移民は止めよう。
    と言ったら早速意味不の反論があった。
    そんな輩は日本国民では無いね。
    彼大陸の住人か、日系何とか、はたまたスパイあたりかな?
    少なくともまともにな日本人では無さそう。

  • 今の所日経先物、ダウ共に上がっている、
    明日は取り敢えず、日本の株は上げそう!

  • 現役の報酬を半分にして、税を逃れて、退社してからその報酬を貰う?
    そんな事が合法的に事出来るなら、自分もやりたいよ!
    少なくとも会社を経営の経営者なら、皆んなそう思うね。
    何せ税金が半分近くになるんだからね。

  • kawaseさんお元気でなによりです。

    国家情報法にて、他国にいる自国民をもスパイにさせてしまう国、及び反日で嘘を嘘で塗りつくす民族。
    後で禍根を残さない為に、彼らを日本に移民させてはならない。

  • [驚くべきスパイ法案]

    「『まさか、中国がここまでやるとは……』。2017年6月28日に中国で施行された新法の内容に、日米の安全保障関係者は言葉を失った。新法の名は『国家情報法』つまり『いかなる組織及び個人も、国の情報活動に協力する義務を有する』と明記する。
    中国は既に、中国国民の成人などを、国家の有事の際に動員できるようする『国防動員法』を施行していたが、今回の国家情報法はその『インテリジェンス版』だ。(後略)」

    こんな国から移民を受け入れるなんて事は、してはならない。
    大陸の人は、いざと言う時は、自分が好むと好まざるに関わらず、皆スパイになってしまうと言う恐ろしい法律だ。
    いよいよ全世界が大陸からの人を監視せざるを得なくなって来た。

  • >>No. 168

    矢張りね。
    国賊N村のやりそうな事だ!
    少し前、ここに投資を依頼したご老人が、手数料、手数料で、ほとんどその資産を散逸してしまったと言う事実があった。
    今ではパソコン一つで株のやり取りが出来るのに、可愛いそうな事でしたね。

  • PS
    私は中小企業の社長では有りません。
    あくまでも、私の知り合いの話です。
    事は深刻の様です。

  • 大企業の中小企業叩きを辞めさせて下さい。
    私の知っている中小企業の社長は口を揃えて言います。
    [大企業は不景気な時は、景気が悪いから納入価を下げろと。景気が回復したら、今度は下げなかったら、仕事を他に回すと。以前は景気が良い時はお互いその景気を甘受していたものだったのに。]
    と。
    不景気な時にも内部留保を増やし.景気が回復しても、かつての甘い汁を忘れら無い大企業。
    どこまで貪欲なんだ。
    私の知っている範囲で、これにより会社の存続を断念した中小企業の社長がかなりある。中小企業いじめは止めさせなくてはいけない。

  • 総理!
    これだけ株が下がってきている。
    以前、貴方はリーマンショックにも値する程の事があったのなら、消費税を延期する、と言われておられましたね。
    今回の株の下がり方は、どうなんでしょうか。
    消費税増税を延期しませんか。

  • もし南半島で、クーデターが起こらなかつたら、ムンなしがに依る、赤化統一となるでしょう。
    その時、勿論圧倒的に有利な北の陸軍により、瞬時に南半島は占拠され、ムンなしがは、処分されるでしょね。
    両雄並び立たずだよ。
    こんな事さえ理解できない南半島の長は本当イカレてれていると思得ない。

  • 南半島の大法院の決定は、青瓦台そのもの方針だよ。
    ムンなしがしは、大法院の判事を自分の都合のいい様にすげ替えた。
    つまり大法院はムンなしがねの雇われと言う事だ。まともな判決がでる訳が無い。
    今彼の国の反政府勢力が、色々と訴えを起こしている様だけど、大法院の大多数を握っているんだから、どうしようも無いね。あとはお得意のクーデターかな。

  • 伊藤博文の言葉(再掲)

    一、朝鮮人は対等の関係を結ぶという概念がないので、常に我々が優越する立場であることを認識させるよう心がけること。
    一、朝鮮人には絶対に謝罪してはいけない。勝利と誤認し居丈高になる気質があり、後日に至るまで金品を強請さるの他、惨禍を招く原因となる。
    一、朝鮮人は恩義に感じるということがないため、恩は掛け捨てと思い情を移さぬこと。
    一、朝鮮人は裕福温厚なる態度を示してはならない。与し易しと思い強盗詐欺を企てる習癖がある。
    一、朝鮮人は所有の概念について著しく無知であり理解せず、金品等他者の私物を無断借用し返却せざること多し。殊に日本人を相手とせる窃盗を英雄的行為と考える向きあり、重々注意せよ。
    一、朝鮮人は虚言を弄する習癖があるので絶対に信用せぬこと。公に証言させる場合は必ず証拠を提示させること。
    一、朝鮮人と商取引を行う際には正当なる取引はまず成立せぬことを覚悟すべし。
    一、朝鮮人は盗癖があるので金品貴重品は決して管理させてはいけない。
    一、朝鮮人には日常的に叱責し決して賞賛せぬこと。
    一、朝鮮人を叱責する際は証拠を提示し、怒声大音声をもって喝破せよ。
    一、朝鮮人は正当なる措置であっても利害を損ねた場合、恨みに思い後日徒党を組み復讐争議する習癖があるので、最寄の官公署特に警察司法との密接なる関係を示し威嚇すること。
    一、朝鮮人とは会見する場合相手方より大人数で臨む事。
    一、朝鮮人との争議に際しては弁護士等権威ある称号を詐称せる者を同道せる場合がある。 権威称号を称する同道者については関係各所への身元照会を徹底すべし。
    一、朝鮮人は不当争議に屈せぬ場合、しばしば類縁にまで暴行を働くので関係する折には親類知人に至るまで注意を徹底させること。特に婦女子の身辺貞操には注意せよ。
    一、朝鮮人の差別、歴史認識等の暴言に決して怯まぬこと。証拠を挙げ大音声で論破し、沈黙せしめよ。
    一、朝鮮人との係争中は戸締りを厳重にすべし。仲間を語らい暴行殺害を企てている場合が大半であるので、呼出には決して応じてはならない。

    正に現代に通ずる名言ですね。
    いかに伊藤博文公が彼の民族を的確に認識していた事が分かりますね。
    最後まで半島とは関係を持つなと、言われていたましたね。
    こんな愚かな民族に暗殺された彼が無念でしょうね。

  • ほら南半島、嘘を嘘で塗り始めたよ。
    始めは北の船の🚢難波の為のレーダー照射だ、と言ってた。これがおかしい事だと気がついたのか、今度はそんな事実は無いと言い始めた。
    無茶苦茶だね。
    彼奴らは畜生と一緒だよ、噛み付いてきたら思いっきりケツを叩かなくちやあ。骨身にしみ無いんだよ。

本文はここまでです このページの先頭へ