ここから本文です

投稿コメント一覧 (74コメント)

  • 「報告義務」がクセモノですね。
    日々見ていると例外なく売り買いのアルゴが活躍していますが、報告義務が生じない範囲なので表面化せずに闇の中でしょう。
    まあ、今日上がったので良しとしましょうか。

  • 時折、売りアルゴが動いているようですが、気になる頻度でもなさそうです。
    買い板薄いところだったので5円ほど下げていますが、売り抜けには買い板薄すぎますよね。
    油断は禁物ですが、このところ上昇一途だったので調整も必要でしょう。
    今日のところは見過ごしておきますが、更に続くようなら黄色信号も。

  • 板の姿が良いと思います。
    そして、大口さんっぽい影がチラホラ・・・
    これはまだまだ上がりますね。
    安く買いたい人はトランプ君の口害期待しかないかな。
    それでもどこまで下げてくれるか。

  • 今日はカキコ激減。
    毎日眠たくなるような展開で、掲示板に投稿するのも飽きてきましたね。
    私もガチホで黙って見てるだけです。

  • よくあるパターンですね。
    このシナリオはずいぶん先まで描かれているかもしれません。
    利確した方はそろそろ買い戻しを、高値(?)買いの御仁は、お急ぎでなければしばらくガチホを考えられたら如何でしょうか。
    胴元さんはこうやって流動性を高めながら、何時かその時期を狙っているような気がします。
    くれぐれも踊らされないようにね。

  • しかしね、いくら業績が良くても株主還元をケチるとまた売られるでしょ。
    そして、安定株主は離脱し、また空売り屋が叩き易くなりますね。
    僅かな金券や大勢に影響なさそうな自社株会など、姑息な手段はもう通用しません。
    2年続けて株主還元を疎かにすると、株主とすれば継続保持する意欲は薄れます。持ってる意味が無いですからね。

  • 好決算を先取りした動きは歓迎ですが、そうなると決算発表時がピークで、以降下降線ということもありますね。
    そうならないためには、是非ともインパクトの強い株主対策としてのIRが求められます。
    堅実過ぎる次期見通しと、微々たる自社株買いで配当据え置きならば、昨年の二の舞となり、今度こそ優良なる安定株主は去っていくでしょう。

  • 意外に頑張っていますが、強いと見せかけておいて・・・
    まさに疑心暗鬼というやつですね。
    どうも素直に信用できなくてね。
    あの悪徳空売り屋の弊害ですよ。
    まだ巣食っているんでしょうか?
    ここまでの安値148円は買いだったかどうか???
    しかし、終値150円割れも想定の範囲内。
    やはり私も黙って見てるだけにしておきます。

  • 空売り屋さんの残高、7日に減らしていますね。
    報告義務消失まであと僅かで、撤退は時間の問題でしょう。
    あの3Qの内容では、怖くて早く回収したいでしょうね。
    しかし、撤退と見せかけて、ある程度上がったところで再度参入してくるかも。
    上昇局面が到来しても、弱小個人が買うのは現物ですぞ。

  • 今日は値下がり銘柄が圧倒的に多いようですが、ここは案外頑張っています。
    こんなに粘り強かったかなと・・・
    或いは後場に下げるのかもしれませんが、少し前までの雰囲気とは明らかに違いますね。下げるとそこそこ買われている証でしょうから、先々楽しみであることは間違いありません。

  • 日経全面安!
    これで上がるのは材料持ちか余程のヘソ曲がり株。
    今日は天候同様に良いお湿りかと。

  • > 662
    御意。
    何か手が入っているような感触なので、余計なことは書かず、お邪魔にならぬよう黙って見ていましょう。

  • ここが我慢のし所ですね。
    売らされては敵(?)の思うつぼでしょ。
    敵は空売り屋だけではないかもね。
    通過点と認識し、少なくともあと3カ月は放置!

  • こうなったら絶対に上方修正出してもらわないと困りますね。
    出なかったら、また叩かれ大暴落でしょ。昨年と同じになりますよ。
    基準を満たしていなくても、好業績なら株価対策として必要だと思います。

  • 相変わらず最後に抑えられますが、最近の動きを注視していると「おやっ?」と思う場面があるように思えます。また空売り屋が買い戻しのために株価上昇を抑制しているとも考えられられるし、少々値幅が取れだしたので日計り組の成り売りかもしれませんが、それだけではないようにも・・・
    多分に株価上昇の願望からの偏見かもしれませんが、先週末の信用買い残の状況が大いに気になります。
    全体では40万株程度の減少ですが、制度信用は80万株ほど減少して100万株程度の残。もう目の色変えて狙われるほどの買い残ではありませんね。
    一方、一般信用は逆に増加して60万株弱にまで増やしています。これをどう見るかですが、私は密かに(もう書いちゃいましたが)近い将来の株価上昇を期待してみたいと思っております。或いは、集められているのでは?と。
    大口さん、通期決算発表あたりでお願いします!

  • まあ、そのうち上がるでしょう。
    でも、相変わらずあの空売り屋がおりますので、このあたりの株価では買い増しする気にはなれません。私も破格バーゲンのときにナンピンしましたので、もうお腹いっぱいですしね。
    ここは1年でも2年でも、ガチホのまま黙って気長に見てるだけです。
    いまバイオ関連銘柄を握って一喜一憂していますので、明日もそちらがメインかな。少々博打っぽいやつなので、いずれ急落する前の利確時期をはかっています。

  • 赤字でも仕手化して暴騰する場合もありますから、逆があっても不思議ではないですね。
    とは言え、ここは長期に下げ過ぎで、関与している機関の倫理観を問われるべきでしょう。企業たるもの、株主に対する責任と同時に社会的責任も無視できないのでは? 空売り屋会社は、まさに企業価値はゼロですよ。それとも、外資なら許されるのでしょうか? そうであれば制度悪で、証券業界は胡散臭い者どもの集合体として今後の発展などありえないでしょうね。
    日経全体はほぼ無風状態で、業績が良く、とりわけ当面の悪材料もない会社の株を買っても大きく下がるのであれば、よほどの博打好きな御仁でないと株など買わなくなりますよ。
    このような現象は、業界全体にとっても大きなマイナスでしょう。

  • まさに、板の姿は良い感じですね。
    久々に前向きなコメントが書けそうです。
    しかし、前年の事も多少脳裏にありますので慎重に行きます。

  • 甚だ身勝手なことを言わせていただくとしたら、「誰か安く売って空売り屋の買い戻しを助けてやってくれ!」でしょうか。
    自分はガチホのくせに、本当に身勝手ですね。

  • 引けで300枚ほど買われ、本日の最高値で終了。
    現象だけ見れば喜ばしいことですが、来週の3Q決算発表を前にして、何か恣意的で警戒感を抱かせます。
    出来高や約定経過を見れば、人気化して買われているとは到底思えません。

    ここで昨年の事を思い出してみましょうか。
    3Q決算は増収増益で、既に通期目標達成でした。
    しかし、株価が動いたのは翌々日で、某投資顧問の煽りと時期を同じくしています。
    そして5月1日には前場で335円と年内最高値を記録しました。
    5月中旬にはバークレイズとスイスの空売り残高が公表されていますので、1日以降の早い時期に両者が参入したものと思われます。
    その後は空売りで叩かれ、7月上旬には200割れ寸前まで下げられたところでモルガンが参入。
    以降はモルガンの異常なほどの空売りで、年末には106円まで売り叩かれました。
    この間、特段の悪材料が出たわけではありません。
    結局、株価は高値から少しづつ下げられ、空売り屋関与が公表された時点(株価300円前後)が利確の時期であったということでしょうか。

    さて今年はどのようなシナリオを描いているのか、興味をもって見届けるつもりです。まさか、同様の演出とは思えませんが。

本文はここまでです このページの先頭へ