ここから本文です

投稿コメント一覧 (248コメント)

  • クラウド業界の代表的企業であるSalesforce.comは、2012会計年度から2014会計年度まで赤字を出している。しかし、粗利率(売上高総利益率)は75%〜80%もあり、赤字の原因は巨額のSales & Marketing費用であり、その金額は売上高の50%を超えている。もちろん、配当はゼロである。しかし、株主に不満はない。なぜなら、目先の利益よりクラウド・ビジネスの拡大を望んでいるからである。クラウド利用企業の拡大のために、マーケティング費用を惜しまないことが、このビジネスで成功するための王道なのである。サイボウズも、クラウド・ビジネスの本質が理解できていない株主の声は無視してでも、マーケティングに力を入れてほしい。

  • 批判をするなら、株を売った方がいい。全部売って撤退すればいい。株主の大多数がそうすれば株が暴落して経営陣も方針を変えざるを得なくなるでしょう。しかし、今の経営陣の方針を指示している株主もいるので、実際にはそうはならない。それが現実です。不満をぶちまけるのは自由ですし、株を売るのも自由です。どんどん売ってください。下げれば喜んで買います。

  • >理屈で言うと・・・皆さんの批判を経営に生かして欲しいと思うのなら・・・ほっておけない様な株数を所有することが何よりの近道だということです・・・。

     はい、まったくその通りだと思います。ただ、現在の経営陣でかなりのシェアを持っていますから、現在の経営方針に賛同してくれる株主だけ残ってくれればよいと、経営陣は考えているのではないでしょうか。
     クラウド企業として世界で勝負してほしい。日本のサイボウズではなく、世界のcybozuになってほしい。そう思って応援しています。余力があるだけ買い増します。どんどん売り崩してください。まずは、マーケティングに投資して顧客ベースを拡大することに注力しましょう。クラウド・ビジネスはストック・ビジネスなので、顧客ベースが拡大すれば、利益はあとからついてきます。また、ソフトウェア・ビジネスの利益の厳選は優秀な人材です。優れた人材が集まってくるように働きやすい会社であることをアピールしましょう。

  • クラウド・ビジネスはストック・ビジネスなので、マーケティングにお金をかけることは、顧客ベースを拡大することになるので、「投資」になります。前にも書いたように同じクラウド・ビジネスのSalesforce.comは売上高の半分以上をマーケティング&セールスにつぎ込んでいます。その結果として赤字になってもよいと経営陣は考えているのです。私は経営陣の戦略に賛成です。

  •  一般的に、株主は中長期的に企業価値が増加することを期待し、経営陣は短期的に利益を増やすことを考えるそうですが、サイボウズの場合は逆ですね。(理由は、経営陣が大株主だからでしょうね)
     ここに書き込んでいる株主の多くが短期的に利益を増やすことを願っているようです。現在、サイボウズはマーケティングにかなりのお金を注ぎ込んでいるので、これを減らせば、一気に利益を増大することができます。しかし、それでは顧客ベースの拡大ペースを落とすことになり、将来の企業価値を小さくしてしまいます。利益を増やせとか、経営陣は退陣しろと書いている株主のみなさんは、将来、金の卵を一杯生んでくれるニワトリの腹を裂いて、いま腹の中にある金を取り出したいと考えているようなものです。

  • >>No. 92763

    >大前研一氏にはぜひ今のサイボウズについても斬って欲しいものである

    大前研一氏は、昨年の11月に開催されたcybozu.comカンファレンス2014に登壇しているし、その前に青野社長と対談していますよ。

    https://cybozuconf.com/2014/
    http://cybozushiki.cybozu.co.jp/articles/m000329.html

  • サイボウズが世界のサイボウズになるのを待ちきれない株主が株を売り待てると思う人が買うという構図ですね。とても分かりやすい。どっちが正しかったかが分かるのは数年後?あるいは来年?

  • 仕込みが終わったので、ゆっくりと上昇を期待。

  • >>No. 92796

    >役員報酬もらわず返納しろ
    >株主をなめてんのか?
    >次期、利益出せないならば経営陣は退陣しろ

    それは無理な注文ですね。なぜなら、経営陣が大株主なので、退陣はありません。株主をなめているわけではなく、株主のための経営をしているのです。
    クラウド・ビジネスで成功するための戦略を取っているために利益がでないだけです。
    株主は毎年の利益より、企業の将来価値の上昇を選ぶのが一般的です。経営陣(大株主)もそう考えているのですから、その戦略が間違っていると思う株主は、持っている株を売るしかありません。株式会社という制度はそういうものです。

  • >自分の意見に同調しない人間は排除する排他的集団。

    企業経営に「少数意見の尊重」という原則はありません。株主が取締役を選び、取締役会で代表取締役が決まる。経営を託された経営陣が戦略を決めて実行する。それだけです。同調しない人を排除するわけではありません。同調しない人でも、ずっと株主でいられます。それは株主の意思次第です。嫌いな会社の株を持つのも自由です。
    まあ、自由にご意見をどうぞ。(もしかして、株価をもっと下げて、安く株を買おうという高度な戦略? だとすれば尊敬します。)

  • >>No. 92821

    そろそろ上昇するのかも? まあ、売り崩されたら、もう少し仕込んでもよいので、上がっても、下がってもOK。

  • >>No. 92827

    青野社長に恨みでもあるのかしらん? それとも単にサイボウズ株で損失を出しただけ?
    サイボウズ、いい会社ですよ。

  • >>No. 92832

    過去ログを読むほどの時間がなくてね。ほんとうに申し訳ない。まあ、年寄りだから勘弁、勘弁。

  • 「投資の神様」バフェットは、会社の持っている本質的な価値を見出して、そのビジネスが長期的に発展するだろうと考えたときに初めて投資をするそうです。「バフェットの考え方では、投資とは『その企業が世の中のために頑張って行っているビジネスに投資すること』、おカネを通してその事業に参加することです。だから彼は自分が理解できるビジネス、尊敬できるビジネスを展開している会社にしか投資しません」(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/42664?page=2)素晴らしい言葉ですね。まったく同感です。それで選んだのが、このサイボウズです。この1年間、コツコツと買い続けています。まだ株価が低迷を続けるようであれば、もう少し買い増ししてもいいと思っています。

  • >>No. 92927

    なるほど、3月末に間違えて100株ね。その前にサイボウズで損失を出して、、、そういうことなのですね。サイボウズ経営者に対する感情的とも思える批判を投稿していた理由がわかりました。まあ、投資ポリシーはひとそれぞれ違うから何とも言えませんが、株価が高騰してよかったですね。私は3分の1ほど売却し、株価が下がった時点でまた買い戻す予定です。(万が一、ストップ高になれば、また3分の1ほど売却しますが、まあ可能性は小さいですね)

  • >>No. 92949

    それは別人。よく読めばわかるでしょうに。ともあれ持ち株の3分の1ほどを売却したものの、今日は思ったほど下がらず買い戻しはなし。もちろんストップ高にならなかったので、追加売却もなし。しばらく様子見。「休むも相場」といいますからね。しかし、急騰すると人が集まりますね。短期投資はやらない私のポリシーは、安く買って高く売ること。急騰している株を買うなんてとてもできない。まあ、そういう人がいるので、助かっているのですけれどね。ありがたや、ありがたや。

  • >>No. 93025

    ひとそれぞれだから、それはそれで。投資歴30年、この10年間で売買した銘柄は67、損益を計算すると60勝7敗。現在、株式で運用している資産の64%がこの10年で得た利益になる。まあ自慢できる数字ではないですが、「放り投げるか、塩漬け放置となるケース」はほとんどなかった。たぶん、こういう投資ポリシーは証券会社からは、売買回数が少ないので、あまり喜ばれないかもしれませんね。基本は業績や将来性が過小評価されている銘柄を安値で購入し、上がったところで売却するだけです。あまり時間は取られないし、仕事をしながら投資するには最適な方法です。比較的小さな株価の上下は無視することが重要です。ちょっと下がって損切りしていては資産がどんどん減るばかりです。そんな投資方法を採用していませんか? ああ、ちょっとおせっかいでしたね。失礼しました。

  • >>No. 93027

    すばらしい洞察力ですね。(間違っていますけどね)その洞察力で騰がる株を見つけてください。健闘を祈っています。

  • >>No. 93025

    誤解があるといけないので、断っておきますが、バフェット氏と同じ投資方法を採用しているわけではありません。割安の株を買って、目標値まで騰がったら売る。それだけです。「放り投げるか、塩漬け放置となるケース」はほとんどないと書きましたが、7敗のうちのいくつかは該当するものがありますね。これは確かに失敗でした。ただ、常時、15から20の銘柄に分散投資しているので、大きなダメージにはなっていません。ご参考まで。

  • >>No. 93091

    まだ、ン万株持っています。もう少し下がったら買い増ししようと待っています。ファンですから。気に障る発言で申し訳ない。

本文はここまでです このページの先頭へ